人気ブログランキング |

<   2020年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

スペインで買った物

ワタクシ、今回初めて知りました。
オリーブオイル専門店の「LA CHINATA」



エストレマドゥーラで産まれたオリーブオイルのブランド。
食品だけでなく、ボディケア製品もあるのだとか。
ビルバオにも支店がありましたので、行ってみました。



スペインで買った物_b0129725_13323928.jpg

我が家は、石鹸派なので、アレコレ沢山買っちゃいました。


スペインで買った物_b0129725_13333824.jpg


事前に、HPで効能などを読んで、買いたい石鹸はピックアップしていましたが、
香りが少し強い物もあったので、好きな香りの物を選びました。



スペインで買った物_b0129725_13353187.jpg

洗顔用。
泡立ちがクリーミーで、香りが良いです。

ボデー用に買った大きな四角い石鹸は、2カ月半くらいもちました。



スペインで買った物_b0129725_13370091.jpg

何といっても一番気に入ったのが、
オリーブオイルとハチミツとシアバターが配合されたハンドクリーム。
しっとりするのにベタつかな~い♪
リップクリームも、ほんのりハチミツの甘い香りがする美味しい味。


スペインで買った物_b0129725_13391454.jpg

チョコレートも買てみたけど、まだ開封してない。
なんだか、勿体なくて。
ヘーゼルナッツとトリュフ入り。


スペインで買った物_b0129725_13402910.jpg

ヴェガ・シシリアの、バルブエナ・シンコ・アニョス
ラ・ヴィーニャ・デル・エンサンチェで、バイ・ザ・グラスで飲めちゃう高級ワイン。
いつ開けようかしら♪ワクワク♪


スペインで買った物_b0129725_13422017.jpg

スペインは、アーモンドの産地。
生産量こそ土地の広さでアメリカに負けますが、
アメリカにアーモンドを伝えたのは、スペイン人宣教師だったそうですので、
はるか昔から、スペインに自生していたと言う事ですね。

でもなかなか、スーパーでスペイン産のアーモンドを見つける事が出来ませんでした。
唯一、これだけ。

クルミもスペイン産が一番好き。

サフラン、4ℊ
これで、40ユーロ、くらいしちゃいますのでね、大事にいただかなきゃ!




スペインで買った物_b0129725_13524564.jpg

右上の青い缶は、バター。
有塩を2缶購入。

マラガ産の干しぶどう。
レーズンとは思えないジューシーさ。めちゃ美味しい。
難点は、種があることかな。
種も食べれるのだけど、やっぱり気になってしまう。


バター、干しぶどう、クルミを使って、パウンドケーキを焼きました。

スペインで買った物_b0129725_14051723.jpg

パウンドケーキにすると、種も気にならず、食べられちゃう。



スペインで買った物_b0129725_14162993.jpg

マンチェゴに添えたりしても良いわ。



スペインで買った物_b0129725_14062752.jpg

スペイン関係ないのだけど、イタリアのバッビ。
エル・コルテ・イングレスに、クラブ・グルメと言う高級食材を扱うコーナーがあって、
スペインだけでなく、他国の食材もアレコレ揃ってるのです。

バッビのワッフェリーニ、イタリアでも都会でないと買えないので、
にゃお氏にオーダーしてもなかなか買えないもののうちの一つで。
思わず購入してしまった!


スペインで買った物_b0129725_14101427.jpg

美味しくて、何列でも食べれちゃう。
ぁ~、美味し。

by miccahang | 2020-03-30 14:21 | ・バスク美食の旅 | Trackback | Comments(0)

スペイン土産にチーズ

ビルバオのリベラ市場と、エルコルテイングレスで購入したチーズ達。




スペイン土産にチーズ_b0129725_17212902.jpg

このポップの可愛さにやられます。
初めて出会ったチーズに大興奮!

スペイン語でチーズは「Queso」ケソ、ですが、
こちらは、ガリシアの言葉で「Queixo」ケイショ、と。
ガリシアは、牛さんのチーズの宝庫で、
他にも「ケイショ」と表記されるチーズがありますので、
「ケイショ」=「ガリシアのチーズ」とすぐに解った。
知ってて良かった♪


スペイン土産にチーズ_b0129725_17263599.jpg

農家さんが作る、立派な鏡餅の1段目くらいの大きさ。


スペイン土産にチーズ_b0129725_17272603.jpg

むっちむち。
ヨーグルトみたいな酸味があって、クセが全く無いけど、
そのまま食べるには、ちょっと物足りないかな。


スペイン土産にチーズ_b0129725_17284304.jpg

なので、アリゴにしてみました!
美味し過ぎた!




「尼さんのおっぱい」と呼ばれる、テティージャ。
これも、ガリシアのチーズなので、「ケイショ」って表記されてます。


スペイン土産にチーズ_b0129725_17363119.jpg




こちらも、ガリシアのケイショ。
サンシモンダコスタ。
コーヒー牛乳の味わい。ってよく言われるけれど、
そこは、やはり、「カフェ・コン・レチェ」味と言いたい。
こちらは、日焼けした、南国の尼さんのおっぱいかな♪


スペイン土産にチーズ_b0129725_17372070.jpg




これは、ずらーーーーっと並ぶハードタイプのチーズの中から、
断面から美味し~よ~と誘って来たので買ってみた。
羊さんのチーズ。



スペイン土産にチーズ_b0129725_17402802.jpg


ちょろっと付いてる紙を剥がしたら、



スペイン土産にチーズ_b0129725_17463058.jpg

羊さん出て来た!
かわゆい!!


スペイン土産にチーズ_b0129725_17470184.jpg

美味し!

もう一種類、羊さんのチーズ若い熟成の物を購入したのだけど、
ワタクシのヘマで、中にまでキレイに青かびが生えてしまった。
それはもう、元々、青かびチーズだったのでは?と思うくらいキレイに。
写真に残しておけば良かった。



これは、ワールドチーズアワードで賞に輝いているチーズ。


スペイン土産にチーズ_b0129725_17501582.jpg

本当は、トルタ・デル・カサールを買おうと思っていたのだけど、
買えなかった。
チーズ屋さんのお姉さん、それならば、と。
「これが似ているよ」と、オススメしてくれたチーズでした。

目立たない所にあったので、気が付かなかった!

わーん♪
知らないチーズに出会えて、ラッキー!


スペイン土産にチーズ_b0129725_17532774.jpg

手のひらに乗るくらいの小ぶりなサイズも可愛い。
ウォッシュタイプのチーズで、
上部を蓋の様にパカッとな、開けて、中身の柔らかい所を頂きます。

ん~~~~~~~~~♪
クサイ♪


ワタクシは、臭ければ臭いほど、萌えますが、
にゃお氏は、「んーーーー、クサ過ぎる」ダメでした。




スペイン土産にチーズ_b0129725_18023283.jpg

ケソ・マンチェゴ
包み紙の中は、真空パックになっているので、カビの心配なしです。



リベラ市場のチーズ屋さんは、真空パックをしてくれましたが、
ビルバオのエル・コルテ・イングレスでは、真空パック出来ませんでした。
前回は、真空パックにしてもらった気がするんだけどな。
変わっちゃったのかな。



by miccahang | 2020-03-28 08:46 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(0)

菜の花と小湊鉄道

お天気の良い週末に房総にドライブ。
向かうは、小湊鉄道の「里見駅」


菜の花と小湊鉄道_b0129725_15285216.jpg

上下線でも、一時間に一本あるか、ないか、の時刻表なのに、
時間も見ずに来ました。
タイミングゥ良く、あと、15分で列車がやって来る。


菜の花と小湊鉄道_b0129725_15305708.jpg

来ました!



菜の花と小湊鉄道_b0129725_15312260.jpg

このシブ過ぎるツートンカラーが似合うわ~



菜の花と小湊鉄道_b0129725_15320091.jpg

電車好きには、こういうグッズがたまらないらしい、にゃお氏の一枚。



菜の花と小湊鉄道_b0129725_15325853.jpg

次にやって来たのは、ファン垂涎の「飯給駅」←いたぶ駅、読めないわ~
無人駅です。


菜の花と小湊鉄道_b0129725_15351268.jpg

この駅には、有名なものがありまして。
塀に囲まれたコレ。
中に入ると。

菜の花と小湊鉄道_b0129725_15362524.jpg

ポツンと


菜の花と小湊鉄道_b0129725_15364770.jpg

んん??


菜の花と小湊鉄道_b0129725_15370499.jpg

トイレなのです~。
その名も、「世界一広いトイレ」グーグルマップ様にも載っています♪


流石に、カーテンをオープーンな状態では出来ないので、
カーテン、閉めましたが、
なんだかそれも勿体ないので(何が?)
少しだけ開けてみました。
少しだけでも、開いてると、落ち着かないもんですね。



菜の花と小湊鉄道_b0129725_15465921.jpg

とってもステキ。
まだ、桜は、2部咲きくらいでした。
この週末には、満開の桜と菜の花の凄いコンビになりますね。



菜の花と小湊鉄道_b0129725_15491444.jpg

来ましたよ~


菜の花と小湊鉄道_b0129725_15493849.jpg


普段は、乗降者数一日平均6人と言う駅だそうです。
いつもは、トロッコ列車が走るのですが、
今年は、3月は、運休。
仕方がないけど。
4月も運休になっちゃうのかな。





菜の花と小湊鉄道_b0129725_15541493.jpg

映画やドラマにも度々登場する小湊鉄道。
シブさ満点の里山の風景は、千葉の財産だなぁと、しみじみ思ったのでした。

by miccahang | 2020-03-26 16:02 | ・ Chiba | Trackback | Comments(4)
ビルバオのラウンジで、軽く朝食。


ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10025411.jpg

カフェ・コン・レチェ、ヨーグルト
大好きなクアハダ(チーズの赤ちゃんみたいなヤーツね)


ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10032973.jpg


アロス・コン・レチェは、ちょっとイマイチね。


ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10040769.jpg




ビルバオ → パリの機内食
生ハムが出る辺り、スペインっぽくて良いね。
肉厚の生ハム好き~



ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10063096.jpg


空が明るくなっていくさま、ずっと見ていられる。


ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10072384.jpg



シャルルドゴール空港での乗り継ぎに、6時間ある。
シャンパーニュでも飲んで、のんびり過ごします。



ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10085529.jpg


開けたばかりのローランペリエが4本♪
さすが、おフランス♪



ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10100449.jpg

チーズは、モルビエが良い香りを放っていました♪

日記を書いたり、本を読んだりしてたら、6時間なんてあっという間ね。
日本へのロングなフライト前にラウンジでシャワーを浴びて、さっぱりして機内へ。


ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10132208.jpg

ワタクシ、窓側に


ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10135543.jpg


アメニティのポーチが往路と復路が同じだと、ちょっとつまらないねぇ。


ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10165892.jpg


アミューズ


ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10191096.jpg

ヘーゼルナッツ入りセロリアックのピュレ カモ胸肉の燻製
ん♪
美味し♪



ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10203520.jpg

またフォアグラ?って感じ^^
フォアグラ頼りのエールフランスだねぇ。
好きだから良いけどネ。




ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10224937.jpg

ラム肉のオリーブ・レモン煮
ピスタチオとピーマン入りクスクス

これも結構美味しい
レモンの風味でラムちゃんの臭みが軽減されてて良い感じでした。
でも量が多いな。



ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10244186.jpg

ハードタイプのチーズは、
オーベルニュのチーズ、カンタル♪



ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10270493.jpg

おデザも、ちょっとイマイチだったなァ~
ビジネスクラスとは言え、機内食だもんね、そこまで期待しちゃイケナイよね。



ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10280397.jpg


エスップレッソで〆て、映画観て、寝る。
ァ~、ビジネスクラス、サイコー。


ビルバオのラウンジ、パリのラウンジ 帰国の途へ_b0129725_10291317.jpg

朝食
マッシュルームとほうれん草のフラン
これもなかなか美味しいのだけど、半分くらいしか食べられなかったー

左上の白いもの
クワルク
ドイツ圏のフレッシュチーズね♪
イチゴのソースを掛けると、美味しーわ。






4泊6日の旅を長々と事細かに書いていたら、3月も後半になっていた。
お付き合いありがとうございました。

あとは、お土産に購入したチーズの事をちょこちょこ書きたいと思います。

by miccahang | 2020-03-23 11:09 | ・バスク美食の旅 | Trackback | Comments(4)
元旦の朝、ビルバオを出発して帰国の予定です。


ホテルにチェックインした際、
帰りのタクシーの予約をお願いしていました。

朝05:15

ロビーに降りていくと、困り顔のホテルスタッフ達。
見ると、ホテルの入り口の階段で寝ている若者たち。

あらあら。

昨晩は、相当な盛り上がりでしたもの。
困りながらも、寝させてあげてる。


予約した時間を10分過ぎてもタクシーが来ない。
ちょっと心配になって来た。


すると、タクシー運転手のお兄さんが、歩いてやって来た。

聞けば、
ホテルから1分程の所にある公園に若者たちがわんさかと押し寄せていて、
道には散乱物、酔った人達が道を占拠して歩いていたりして危険。
ホテルの前の道路が警察によって封鎖されていて、
タクシーが入って来れなかったそうなのである。

昨晩の大盛り上がりの会場がホテルからそんなに近い場所だったなら、
あの騒音も納得であった。

少し離れた所に停められたタクシーまで歩いて行き、乗り込む。
空港へ向かう。

街中には、
グロッキーな女の子の背中をさする女の子。
ビール瓶などが散乱する道。
以前の良くなかった頃の渋谷のハロウィーンを思い出す。

昨晩は、出歩かなくて良かった。
と思いました。

すると、
タクシー運転手のお兄さん
・時間に遅れてしまって申し訳ない
・こんなにダーティーなビルバオを見せて申し訳ない

と何度も謝るのです。

遅れた事は、お兄さんには何の落ち度もないのに、それを人のせいにせず、謝れる。

そんなスペイン人がワタシは好きだ。
と思ったのでした。


by miccahang | 2020-03-19 12:33 | ・バスク美食の旅 | Trackback | Comments(2)
ランチのバルのハシゴを終えて、
旧市街をパッセジャータ。


川辺の散歩から部屋飲み買い出しに @ビルバオ_b0129725_13541543.jpg

大晦日、
だんだんと、人々がウキウキして来ているのが伝わって来ました。
「2020」と言うカチューシャを付け始めたりね。


川辺の散歩から部屋飲み買い出しに @ビルバオ_b0129725_13562752.jpg

今回の旅で心配だったのは、
大晦日にバルが営業するのか?って所でした。
スペインに住んでいた友人に聞いてみると、
「ランチまではやってるけど、夕方からは閉まっちゃう店が多い」
との事でした。

丁度、ビルバオに住んでいるお友達がいるようで、聞いてくれました。
ありがたい!

やはり、
夕方にはキッチンは閉めちゃうので、
ピンチョスが残っていたら食べれるバルもあると思うけど。
と言う感じでした。




川辺の散歩から部屋飲み買い出しに @ビルバオ_b0129725_13574125.jpg

ビルバオも観光客がとっても増えたそうで、
営業するバルも増えてきている。
と、伺いました。


川辺の散歩から部屋飲み買い出しに @ビルバオ_b0129725_14050471.jpg

ランチは、どこも人でいっぱい。
本当に夜には閉めちゃうのかな?
なんて思いながら、川辺を散歩。


川辺の散歩から部屋飲み買い出しに @ビルバオ_b0129725_14090208.jpg

風も無い。
散歩日和。
中央の建物がリベラ市場。


川辺の散歩から部屋飲み買い出しに @ビルバオ_b0129725_14101380.jpg

ジョナさんには、大晦日なんて、関係ないわね。
一度、ホテルに帰って、シエスタ。


夕方18時頃、街のバルの営業具合を確認しに、旧市街へ出掛けてみた。

本当に、バルの閉店作業に取り掛かっていた。

新市街に戻ってホテル周りのバルを調査。
人で溢れている。
きっと、新市街のバルは、営業する店もあるんだろうな。


バルが営業していたら、絶対に、バルに行くつもりでしたが、
浮足立った若者達の姿が目立って来たので、
なんとなく、ね。
バル巡りは、止める事にしました。

最後の夜なので、バルを楽しみたかったけど、
「大晦日」に「浮足立った若者」
この2つのフレーズが合わさった時には、
何かが起こってもおかしくなさそう。

安全第一♪



川辺の散歩から部屋飲み買い出しに @ビルバオ_b0129725_14261670.jpg



エル・コルテ・イングレスでアレコレ購入。
ワレワレ、
旅行中にホテルの部屋で食事を済ませる事は、まず無いので、新鮮な気分。




川辺の散歩から部屋飲み買い出しに @ビルバオ_b0129725_14284289.jpg

ホセリートのベジョタも食べ納め。
また、きっと、食べに来ます。


大晦日の夜は、爆竹が鳴り響いて、大盛り上がりとなっておりました。
やっぱり、部屋で食べる事にして良かったなと、
翌朝のビルバオの町を見て、ひしひしと感じたのでした。




by miccahang | 2020-03-16 14:49 | ・バスク美食の旅 | Trackback | Comments(4)
ポストレは、
またまた、GURE TOKIに戻りまして。

先程の来店時に、ピンチョスが並ぶ中にコレを見つけて、
〆は、決まりだな、と思ってました!



GURE TOKI の タルタ・デ・ケソ @ビルバオ_b0129725_15502996.jpg



タルタ・デ・ケソ
チーズケーキ♪


綺麗に1ホール残っている。
ビルバオの人は、食べてないね~。


前回ビルバオに来た時には、
GURE TOKIに、タルタ・デ・ケソは無かったので、

もしや、
サンセバスティアンのラ・ヴィーニャから産まれた「タルタ・デ・ケソ」が
日本で何故か、「バスクのチーズケーキ」と呼ばれて大人気となり、
ビルバオのGURE TOKIにブーメランの様に戻って来たのかな?

なんて、想像しちゃう。



少々焼きにムラがあったけど、
もちろん、美味しかった!
でもやっぱり、
ラ・ヴィーニャのタルタ・デ・ケソは、
焦げ目が美味しくて、
あれは、唯一無二だなぁ、と思ったのでした。

by miccahang | 2020-03-15 11:01 | ・バスク美食の旅 | Trackback | Comments(2)
GURE TOKIを出て、ヌエバ広場を一周。
次は、どこに入ろうかな~。

そう言えば、大好物の「パドロン」を食べてない!

メニューにパドロンの文字を見つけたので、こちらに入ってみた。


大好物のパドロン  @ビルバオ_b0129725_12423860.jpg

大晦日だと言うのに、18度くらいまで気温が上がって暑い~。
またまた、スリート。



大好物のパドロン  @ビルバオ_b0129725_12443087.jpg
AMSTELも大好きなビール!



大好物のパドロン  @ビルバオ_b0129725_12473094.jpg

パドロン~♪
正式には、「ピメントス・デ・パドロン」
パドロンは、ガリシア州にある町の名前で、唐辛子の産地なのです~。
全然辛くないのだけど、辛いのもあるそうで。
そんなロシアンルーレット的な所は、しし唐みたい~。

でもパドロンで辛いものに当たった事ないわん。

シンプルに素揚げ、で、塩。
これが美味しいのだ~♪

自宅でもしし唐の出回る季節になると「パドロン」を良くやります。
しし唐を買うと、辛いものに当たる確率の方が高い。

いや、確率が高いどころか、
ヒーーハーー言うくらい辛いヤーツしか買えた試しがないな。




カウンターで隣に居たお兄さんが、
何やら美味しい匂いのスープを飲んでいて。
チラチラ見ていたら、

「ビルバオの伝統的なスープだよ~」

と教えてくれました。

ほ~~。

そのやり取りを聞いていた、寡黙な店主のお父さん、
無言で、小さなカップに注いでくれました。


大好物のパドロン  @ビルバオ_b0129725_13015661.jpg
ほっこりする美味しさ~。
トロトロになったパンが入っていたり、家庭料理の安心感。

お会計をすると、スープは、店主さんのオゴリ。
ゴチになりました♪


お腹いっぱいになっちゃいましたので、ポストレで〆よう。
では、次へ~


by miccahang | 2020-03-11 13:46 | ・バスク美食の旅 | Trackback | Comments(4)
ランチのバルのハシゴは、GURE TOKIからスタート。



GURE TOKI テーブル席でじっくり楽しむ @2019.12月_b0129725_22131622.jpg


旧市街のヌエバ広場にある有名店。

午前中、
リベラ市場とエル・コルテ・イングレスのスーパーでチーズやワインを買いに。
大晦日だったので、とっても賑わっていました。
レジ待ちも行列で、疲れたー。

テーブル席に着く事にしました。



GURE TOKI テーブル席でじっくり楽しむ @2019.12月_b0129725_22144668.jpg

スリートで乾杯。
はー、ウマイ!



GURE TOKI テーブル席でじっくり楽しむ @2019.12月_b0129725_22155975.jpg

前回食べて、超気に入ったチーズのスープ。
バスクのチーズ、イディアサバルのスープで、
チーズの風味が広がって、物凄く美味しい。



GURE TOKI テーブル席でじっくり楽しむ @2019.12月_b0129725_22185136.jpg

黒板のメニューから選んだ、カニのフライ。
まさか、一匹丸ごとのフライだとは思いませんでした!
でも、これが、美味しかった!
ソフトクラブの様な、甲羅の柔らかさで、
カニ丸ごとだと、旨みが逃げないのね!


GURE TOKI テーブル席でじっくり楽しむ @2019.12月_b0129725_22210480.jpg

ピンチョスを2品。
左:豚さんのブロチェッタだったかな
右:モルシージャのフライ



GURE TOKI テーブル席でじっくり楽しむ @2019.12月_b0129725_22213366.jpg


スペインのブラッドソーセージ「モルシージャ」
こちらのは、お米が沢山入っている、クセが無いタイプね♪
さらに、間にチーズをサンドしているので、とってもまろやかよ。


一軒目で、なかなかしっかり食べてしまったけど、
まだまだ行くよ~~

by miccahang | 2020-03-09 15:39 | ・バスク美食の旅 | Trackback | Comments(4)
初日、朝食を食べたバルで、気になる風貌のスイーツがありました。



謎の渦巻きスイーツはビルバオの銘菓だった_b0129725_20182314.jpg


こんなヤーツ。
前回ビルバオに滞在した時は、一度も目に付かなかったのだけど、
今回、一度ロックオンしてしまったら、目に飛び込んでくる事、飛び込んで来る事。

アチコチのスイーツ屋さんで売られてました。


気になるわー。



謎の渦巻きスイーツはビルバオの銘菓だった_b0129725_20210066.jpg


こちらのケーキ屋さんは、朝早くからオープンしていたので、朝食で食べてみる。



謎の渦巻きスイーツはビルバオの銘菓だった_b0129725_20223171.jpg


可愛いわ~。
渦巻きスイーツは、カロリーナと言う名前でした。

手前のケーキもビルバオの銘菓で、パステル・アロス。
お米のケーキです。





謎の渦巻きスイーツはビルバオの銘菓だった_b0129725_20272904.jpg

カロリーナは、メレンゲのケーキでした。
柔らかいマシュマロの様な感じ。

ん~~。
2人で一つでも、食べ切るのは、かなりキツいな~(笑)
飽きちゃう~。
ワレワレは、ペロリとは行けない銘菓でした。


お米のケーキは、素朴な甘さ控えめでした。
どちらも、絶品ではなかったけど、食べてみない事にはね♪

カロリーナのプチケーキ(一口サイズ)もあったりして、
愛されている事は間違いないですね。


ホットチョコレートも飲んで、甘さ満載な朝食になりました。

by miccahang | 2020-03-07 20:36 | ・バスク美食の旅 | Trackback | Comments(4)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31