<   2018年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

BABBI と VESTRI

BABBI と VESTRI
どちらも、田舎じゃ手に入らない。
しかも、販売している季節が限られる。

今回、にゃお氏が出張でフィレンツェに行くと言うので、期待を込めて、
お使いリストに入れたけれど、きっと買えないだろうなと思っていました。

気温が高いと作らない、らしい。

以前、9月の後半に行った時、「ある?」って聞いたら、
「この気温だもん、まだだね」と言われたらしい。

今回は、4月の後半だったので、もう最後の販売、店頭にあるだけ、だったそう。
その為、20%オフのバーゲンになっていて、ラッキ~でした。

b0129725_15170267.jpg

「バッビ」って、すっごく発音しづらくない?

ショッピングモールに、BABBIのソフトジェラート屋さんが入っていて、
時々食べるのだけど、大好きなんです♪



毎回、ピスタッキオ味をオーダー。
塩をお好みで掛けて、って言われて、初めての時は、びっくりしたけど、
あれ、本当に、合う、サイコー。

そして、さすが、ウェハース屋さん、ソフトジェラートのコーンがめちゃくちゃ美味しい。
カップなんかを選択しちゃったら、絶対にモッタイナイ!


ウェハースも食べたいけど、日本で買うと、お高いので、うれしー!

b0129725_15212416.jpg

サンドされているクリームがちょっと溶けたっぽい。
ウェハースにも少々のダメージが。


b0129725_15220270.jpg

うまいーー!
ビックリマンチョコとは、全然違うね!



VESTRIも最後の販売で、ピスタッキオ味を希望したけれど、もう完売でした。


b0129725_15263113.jpg

掬って、食べるチョコ。
小さい缶から開けてみます。


b0129725_15282031.jpg

かわいー!


b0129725_15284187.jpg

イチゴ味♪
以前は、チョコとフルーツの組み合わせが苦手だったのに、
年を取るにつれて、俄然好きになって来ました。

酸味の合いの手が、イイな~、と思えるようになりました。



b0129725_15340529.jpg

ピスタッキオチョコレートのスプレッド。
瓶がデカイッ(嬉)
まだ開封してませんが、美味しそう~、あ~、楽しみ!

[PR]
by miccahang | 2018-05-20 22:56 | @ 食べる! | Trackback | Comments(0)

気難しいカマンベール

カマンベール・ド・ノルマンディー。
この娘は、気難しい子でね。


b0129725_13141407.jpg


香りをかいで、触って、
ソロソロ、良いかな?と思って切ってみても、
マダマダ、だったりします。

買って来てもらって、にゃお氏が次の出張から帰って来てから開封したのに、
「マダマダ」な状態。
我家にやって来て、2週間半くらい追加熟成させて待ってみたのに。

それでも美味しいのだけど、ね。



b0129725_13125299.jpg

今回のこのパッケージがイイですよ。
カマンベール・ド・ノルマンディーを学べます!

オタマの様な柄杓で掬って、左側の型に詰める場面です。

無殺菌のミルクに、スターターの乳酸菌を入れて、レンネットと言う凝乳酵素を入れると、
ミルクがフルフルに固まって来ます。
これを「カード」と言うのですが、この固まり具合が、とっても重要。
上等な中華料理屋さんで出て来る、フルフルの杏仁豆腐くらいの固まり具合。

カードを「ルーシュ」と呼ばれる柄杓で掬って5回で、型に入れる。

この工程も原産地名称保護を名乗るには、規定として決められていて、
「ルーシュ」で「5回」なのである。
パッケージには、ルーシュで型詰めしました。と必ず書いてある。


b0129725_13323152.jpg


でも、この、ルーシュによる型入れ、手作業で行う工房と、機械で行う会社があるそうで。
パッケージを見ただけでは、その違いが分からないのが残念。
時間と労力と愛情を掛けて手作業で行う工房の
カマンベール・ド・ノルマンディーを出来れば買いたいですよね。

規定を作った当初は、
まさか、「ルーシュによる型入れ」を機械化出来るなんて思ってもいなかったでしょうから、
「手作業で行う事とする」なんて規定は無いわけですけど。

原産地名称保護のマークが付されている、という事は、
どれでも同じ規定を守って作られた物ですよ、と言う、
品質保証でもあるわけですから、
「手作業」と「機械化」とが混在してしまうと、
買い手側も何を基準にしたら良いか、解らなくなってしまいます。

そして、何よりも、
真面目に「手作業」でこだわって作っている作り手さんが
バカを見る様な事があってはならないと思うのですよ。

「手作業で行っています」って書いても良いんじゃないかなぁ、
と思ってしまうのでした。

[PR]
by miccahang | 2018-05-19 15:42 | ・フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(2)
ロックフォール + 甘いもの = 至福

すんばらしい公式ですね♪
ロックフォールに合わせるワインは、ソーテルヌが鉄板ですので、
合わせて、買って来てもらいました。

でもね、連日、ソーテルヌだと、疲れちゃうので、別の「甘い」をプラスしたい。
ビルバオの高級食材店で購入したジャムを合わせたいと思っておりました。


b0129725_12555637.jpg

このジャム、「PARA QUESOS」チーズ用と言うから、買わずにはおれません。
イチジク、マカダミアナッツ、コショウ、が入ったジャム。


b0129725_12583204.jpg

イイですね~~。
これだと、ワインは何でも良いね。

ソーテルヌとロックフォールは、最高なんだけど、
ソーテルヌが貴腐ワインなので、夕食の晩酌で飲むと、他の料理と合わせづらいのでね。




b0129725_13044017.jpg

コンテに合わせても良い、って言う、ジャムもあったのだけど、
やっぱり、この娘は、本人の持つ旨みをしみじみと味わいたいな~。


b0129725_13060642.jpg

改めて、コンテ、大好きだー!と、叫びたくなる美味しさ。


[PR]
by miccahang | 2018-05-18 13:08 | ・フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(0)

ふわふわ焼きクロタン

にゃお氏の出張シーズンが始まり、一本目は、おフランス~。
4種類のチーズを買って来てもらいました!


b0129725_13411525.jpg


チーズ専門店や市場に行く時間がなかったらしく、スーパーで。

まずは、足の速いこの子から、行きましょ♪
2個で1パック♪
久しぶりのクロタン は、5年振りでした。


b0129725_13441715.jpg


山羊さんのチーズは水分が多く、蒸れやすい。
半日冷蔵庫に入れただけで容器内に水滴が。
蒸れると、山羊さんのチーズ特有の香りが、
蒸れた靴下みたいになって来ちゃうので、急げ、急げ♪


b0129725_13484761.jpg

馬糞、なんて愛称のあるクロタンですが、
原産地名称保護を受けている正式名称は、「クロタン・ド・シャヴィニョル」

原産地名称保護を受けるには、
無殺菌乳を使うなどの厳しい製造方法の規定が様々あり、作り手さんは、大変です。

でも、今回は、「クロタン・ド・シャヴィニョル」がスーパーでは売ってなかったので、
普通の「クロタン・ド・シェーヴル」


b0129725_13554866.jpg

ル・クルーゼのココットにピッタリ、スッポリ。
これを、オーブンで焼きます~。


b0129725_13564181.jpg


焼き過ぎた!
ちょっと、パサパサになってしまった~。

2個あって、良かった。
翌日、様子を見ながら、焼くと、


b0129725_13574807.jpg

見た目には、まだまだ、じゃないの?くらいが丁度良い!


b0129725_13582111.jpg

スフレみたいに、ふわふわ~~


b0129725_13584972.jpg

外皮近くは、トロトロ~~~。
美味し過ぎましたー!

[PR]
by miccahang | 2018-05-15 14:08 | ・フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(5)

結婚記念日に飲むワイン

少し前ですが、結婚記念日に、富士ビューホテルに宿泊しました。



b0129725_16474096.jpg

急に思い立って行ったので、富士山ビューの部屋は取れず、
河口湖がちょこっと見えるお部屋。

b0129725_16491434.jpg

目的は、「結婚記念日を自宅では無い場所で過ごす」だったので、オッケーです。


b0129725_16513242.jpg

ここが、夕食の会場となりそうです。

国内旅行でも海外旅行でも、
ホテルの部屋で食事を済ませてしまう事がほとんどないので、
ちょっと新鮮な気分です。

温泉に入って、気持ち良くなった所で、
富士桜高原ビールのブリュワリーで買って来た、ヴァイツェンとラオホで乾杯。


b0129725_17014457.jpg


好きだわ~、ここのビール。


b0129725_17030249.jpg



結婚記念日に開けようと予定していたワインは、
シチリアで買って来てもらった、ドンナフガータ社のミッレ・エ・ウナ・ノッテ。

ドンナフガータは、「逃げた女」と言う意味で、
結婚記念日に開けるには、どうかな?と一瞬ためらいますが、
ミッレ・エ・ウナ・ノッテは、「千夜一夜」の意味です。
あら、ちょっと、ロマンチックになって来たよ。

自宅から、ちゃんと、リーデルのグラスも持参して、頂きました。
濃厚、しっかり、主役張ってるワインが好きな私は、とっても好みのタイプです♪
美味しかったー。


生ハムや、バゲットと一緒に、
北海道にお住まいのブログのお友達から頂いたチーズも持って行きまして♡


b0129725_17183704.jpg

上質なミルクを感じるチーズでした♡


b0129725_17212964.jpg



翌日は、あまり天気が良くなく、
朝食会場から見事な富士山が臨めるハズだったのですが、
そのシルエットさえも見る事が出来ず。

海外からのお客様も多かったので、残念だろうな~見せて上げたかったな~などと
思わずにいれませんでした。


ホテルを後にして、カチカチ山をロープウェイでピューっと登ってみます。

b0129725_17215770.jpg


ロープウェイは、99%が海外からの観光客だった事に驚いてしまいました。
富士サマの頭が少し見えました。

太宰治もこの道を歩いたのかな~。
病弱そうな風貌のあの御方、この山を登れたのかな?なんて思っちゃいます。


帰りの道すがら、談合坂のサービスエリアに立ち寄りました。
なんと!
知らなかった!

b0129725_17371055.jpg


桔梗信玄堂が入っているのね!



b0129725_18345099.jpg


桔梗信玄ソフト+ ♡



b0129725_18360610.jpg


桔梗信玄茶プリンパフェ
談合坂サービスエリアの上り線限定なのですって♪


大好物のこちらも買い求めました♪


b0129725_18414563.jpg


きな粉味のプリンがたまらなく美味しい~。

b0129725_18421750.jpg

これは、黒蜜を掛け過ぎない方が良い。
黒蜜が2本余ってしまった。
何に使おうかな?








[PR]
by miccahang | 2018-05-10 18:50 | @ 脱!ノムリエへの道 | Trackback | Comments(6)
ビルバオでの最後の朝。
お気に入りになったパン屋さんで、
マンテキージャのパンとカフェコンレチェを名残惜しく食べ、
レンフェの駅をちょこっと見に行きます。



b0129725_12005435.jpg

駅ってなんでこんなに物語を感じさせるんでしょうね~。
ぁー、アタシも今日、この町を去るんだなー、などと、おセンチな気持ちになったりして。
駅の雰囲気って好きです。


ビルバオの空港へ向かう途中、最後の給油。
オペル君を腹いっぱいにさせました。
前回来た時は、空港の近くにガソリンスタンドが無くて、困ったので、
車を借りる時に、一番近いスタンドを聞いていました。

今回の走行距離は、842kmでした。
オペル君、にゃお氏、お疲れ様でした。


ビルバオの空港のラウンジでは、控え目にヨーグルトだけ食べて、搭乗。


b0129725_11110563.jpg

生クリームみたいな、もったりと濃い雲。



b0129725_10263114.jpg

ビルバオ → ミュンヘン間の機内食がなかなか美味しくて、ちょっと食べ過ぎた。
ミュンヘンで食べたい物があるから、加減してたのに~。


b0129725_12301418.jpg


ドイツのラウンジは、これが嬉しい。


b0129725_10342371.jpg


で、食べたいのは、コレ!


b0129725_10345314.jpg


いつも、食べたいと思いながらも、
ここに来る時はいつも、満腹の時なので、食べれずにいました。
なので、今日こそ食べたいと、セーブしてたのです~。


だのに、だのに・・・・


フードコーナーに、プレッツェルの姿が見当たらない。
なんでなんでー!
メインのフードコーナー以外の所も探したけど、無い!
ちょうど、タイミングゥが悪かったのか、売り切れ・・・

えーーー!


仕方なく、

b0129725_10391044.jpg

小っちゃくなっちゃった!


b0129725_10394411.jpg

何度もフードコーナーをパトロールするも、プレッツェルが登場する事はなく、
無念の搭乗開始時刻になってしまった。

でも、最後のパトロールに出掛けると!
出た!(岡田風味)


b0129725_10510915.jpg

やっと食べられたー!
皮?がプリっとしてて、もっちりとしてて、美味しかった~。
満足です!


ミュンヘン → 羽田は、アッパーデッキの席を取りました。
若くて、キュートな笑顔の、心遣いが絶妙な日本人のCAさんがいらして、
女のワタシですら、かわいくて、撫でたくなった。

機内を見渡すと、欧米人男性客は、ほぼ全員、メロメロになってましたね。
そりゃそうでしょう!

乗客の皆さん、どこのお国の方々か分かりませんが、
あなたの国の航空会社に、
こんなにキュートに甲斐甲斐しくお世話をしてくれるCAさんはいないでしょう!
勝手に断言!


さて、機内食。


b0129725_10561189.jpg

ゴルゴンゾーラとひまわりの種の入ったサラダ、おいしーわ。


b0129725_10571851.jpg

ゴルゴンゾーラなので、甘めのドイツのリースリングと。


b0129725_10580049.jpg

チーズプレートには、初めましての娘がいた♡
アルゴイ地方のワイルドフラワーチーズ。
外皮にお花をまとっています。
程よい苦みがあって美味しかった~。


長々と書いてきましたが、やっと完結です。

今回のバスク旅では、残念な事がひとつあって、
イディアサバルのチーズ農家で羊飼い体験をしたかったのですが、
冬季はやっておらず。
無念でしたが、
また、今度は、夏に来れたら良いな~と、
心残りとして、ひとつ取っておきたいなと思います。

バスクの旅、おしまい。

[PR]
by miccahang | 2018-05-08 12:02 | ・バスク美食の旅 | Trackback | Comments(2)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31