カテゴリ:・チーズ(日・仏・伊以外)( 43 )

ワタクシ、チーズ好きが高じまして、
チーズプロフェッショナルと言う資格認定試験に挑んでおります~。

先日、1次試験を受け、結果がキターー!
無事合格!
b0129725_12595763.jpg

やったー!

二次試験の受験票も同封されていました。
二次試験は、テイスティングを含む、実践的なテスト。
これは、勉強だけではパス出来ない難しさがあるなーーー。

よーし!頑張って、チーズ食べまくるぞーー!066.gif
b0129725_10253575.jpg

てなわけで、1次試験合格のご褒美に、にゃお氏がチーズを買って来てくれた。
「これは、ミカハンも知らないと思うよ~。ドイツのチーズ!」
b0129725_1334321.jpg

包み紙から取り出した瞬間に、青カビが見えたので、
「あ!カンボゾーラ?」
「え!!知ってたの!?」
むふふ。勉強しましたから~~。
b0129725_133746.jpg

賞味期限が近かったので、ちょうど食べ頃を迎えているようです。



このカンボゾーラと言うチーズは、
外側が白カビに覆われていてカマンベールの状態。
内側に青カビを育てて、ゴルゴンゾーラの状態。
b0129725_1393080.jpg

そう!
カマンベールとゴルゴンゾーラを掛け合わせたネーミングなんですよね。


クリームを加えて造るダブルクリームのチーズ。
クリーミーで、バターの様な、生クリームの様な濃厚な旨みがあって、とーーっても、食べやすい。



チーズのお勉強会で食べた時は、青カビが少ない部分でした。
青カビ感が少なくて、青カビが苦手な人でも、大丈夫そう。
b0129725_1320384.jpg

↑ お勉強会で食べた時のカンボゾーラ



b0129725_1325455.jpg

今回のは、青カビがいっぱい生えてる物を選んだみたいで、
結構、しっかり、青カビ感を満喫できる感じ。

個体差があるのだなぁと、勉強になりましたわん。


それでも、クリーミーな甘みがあるし、とっても食べやすい。


難関の二次試験が残っているので、両手を挙げて喜ぶにはまだ早い!
一歩前進した喜びの美酒は、麦酒くらいにしておこうーって思ってたのだけど、
スパークリングワイン(お気に入りのちょっとお高めのCAVA)開けちゃいました。
b0129725_18115923.jpg

クリーミーな脂肪分の高めのチーズには、
スパークリングワインが合う、と学んだトコロだったので、
即、実践!

クリーミーなまったり感をスパークリングワインがすっきりとさせてくれる~。
ぁ~~~、美味しかった。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-08-05 11:13 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(8)
珍しく二回続けて、ポルトガル出張だったにゃお氏に、
アゼイタオンをリピートリクエスト♪
b0129725_2235110.jpg

またまた、リスボンのエルコルテイングレス(デパート)のチーズ売り場へ。

すると、前回、アゼイタオンを推してくれたお兄さんが、また担当に056.gif
3週間くらい経ってたんだけど、覚えててくれたようです。


「アゼイタオン、2個」

と、オーダーすると、ウィンクを投げて寄越したそう。

ラテンの御方の、リョーカイッ!って感じで投げてくるウィンク、カッチョ良いよねぇ。
男同士でもウィンクで返すって言うのが、とってもカジュアルにさりげなくて、ステキ056.gif
b0129725_22101252.jpg

今回は、内臓破裂しないように、気をつけて、持ち帰ってくれました。
b0129725_22163448.jpg

そして、今回の楽しみは、ポートワインと合わせること~~。
b0129725_2216162.jpg

FONSECA TAWNY PORT 10YEARS OLD
ポルトガルで飲んで美味しかったので、リクエストしてみました。

ポルトガルのお酒なのに、なんで英語なんだろう?って、最初不思議でした。

18世紀イギリスとフランスの関係が悪化した時代に、
フランスのワインを輸入出来なくなったイギリスは、ワインの輸入先を、イベリア半島へ求める。
ワインの腐敗を防ぐ為に、ブランデーなどを添加したのが始まりだとか・・・

デザート的にチビチビ呑むのに丁度良くて、
イタリアのマルサラ、スペインのシェリー、ポルトガルのポート。
どれも、好きデス♪


アゼイタオンの上面をパカッとな、蓋のように開けて、中身のトロトロを、イタダキマス♪

ぁー。美味しい!
そして、ポートワインと、合うわ~~。
やっぱり、同じ産地同士って、合うのねぇ。
b0129725_2216679.jpg

一晩で、ペロリと食べ切ってしまいました。
周りの部分は、それほど固くなってないけど、レンジで温めて、溶かしてみたら、コレもイイ。

ぁ~、チーズのある幸せかみしめる。


チーズ運び屋のにゃお氏は、只今、ノルマンディー&ブルターニュ上陸チュー。
週末には、どっさりチーズを抱えて帰ってくるかな。
今月は、1週間くらいしか日本に居なかったー。
友人曰く、仲良しの秘訣は、そこじゃない?とのこと。
確かに、一年の半分位、居なかったら、主婦業、半年分しかやってないんだもんねー。
アタシって、すごくラクな主婦なんだな~。ありがたや~~。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-06-26 23:01 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(4)
ポルトガルのチーズは、なかなか日本で手に入らないので、
にゃお氏が行くとなると、必ずや買って来てもらいます♪

食べた事のないチーズを織り交ぜて、3種類のチーズを依頼しました。
b0129725_13453618.gif

リスボンのエルコルテイングレス(デパート)のチーズ売り場で、購入。
担当してくれたのは、若いお兄さん。
3種類のチーズをオーダーすると、

「ん?オヌシ、なかなかポルトガルチーズを知っておるな017.gif


と、思ってもらえたらしく、

 「リスボン近郊の村で造っている、今、食べ頃で、すごく美味しいチーズがあるから、
それも絶対に買って行きなさい!」



ものすごく熱心にススメられ(半ば強制的)、「じゃあ、それも」と言うと、
美味しそうなのを選んでくれたそう。

チーズ売り場の店員さんイチオシは、アゼイタオンでした。

b0129725_13453618.gif

アゼイタオンも、ワタシが愛して止まない、Serra da Estrelaのチーズに似ている。
羊さんの無殺菌乳、レンネットにアーティチョークの雄しべから取ったエキスを使う。

以前、食べた事があったのだけど、感涙にむせぶほど、気に入ったワケじゃなかったなァ023.gif


しかも、スーツケースの中で潰れてしまい、こんな状態に・・・
b0129725_13415237.jpg

中身の柔らかいトコロが最も美味しいのに、内臓破裂状態だよー(カワイソウ)


勿体無いので、飛び出してしまった中身もキレイに取り出して、食べてみると!


うん・・・・・・・・・まい!!!!!


羊さんの甘みがほんのりあって、おいすぃ~~~!


これまで、Serra da Estrelaが、ダントツ、8馬身差の圧勝だったのだけど、
イキナリ、鼻差まで、詰め寄ったな~。


更に、250gくらいで、小さ目なので、買いやすいと言うのも、利点ですな。
Serra da Estrelaの地位を脅かす存在となりました。


珍しく、2回続けてのポルトガル出張だったので、早速、アゼイタオンをリピートする事にしました。

つづく


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-06-23 14:00 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(2)
旬のそら豆さんと、相性の良いチーズのお話を伺いました。

この時期、イタリアでは、そら豆とペコリーノ(羊さんのチーズ)を合わせるのが定番なんですって~。
江戸ッ子が初物好きみたいな感じと似ているのかしら?

本間るみ子師匠のFermierのHPでも、ペコリーノ・トスカーノとそら豆のレシピを読んで、ステキ!

と、思ったのですが、
ペコリーノ・トスカーノの代役に、ポルトガルで買って来てもらった羊さんのチーズを抜擢し、
一緒に楽しんでみました。

b0129725_22174314.jpg

そら豆は、魚焼きグリルで、7~8分焼いてみました。
ツマミ食いしてみたら、あんまりにも、美味しかったので、アツアツをほくほくと頂きました。

ポルトガルの羊さんのチーズ、わたくしの愛して止まない、Serra da Estrela
とろとろに柔らかいので、そら豆に乗せてみたりして・・・・053.gif
さわやかな初夏の風が吹きぬけるようでした~。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-06-06 20:09 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(0)
アルスア・ウジョア、なんだか、名前がカワイイ。
名前買いなチーズです。

サン・シモン・ダ・コスタやケソ・テティージャ(テティージャの記事へ→)と同郷のガリシア州のチーズです。

「尼さんのおっぱい」と愛嬌たっぷりの風貌と愛称で、
スペインチーズの中でも相当の愛され地位を獲得している、テティージャ。
そのテティージャに似ているとあっては、食べてみたい!

アルスア・ウジョアはお供え餅みたいな形で、それはそれでカワユイのだけど、
そんなに特徴的な形ではないのね。
b0129725_224741100.jpg

室温に戻しただけで、トロリととろけてきて、ぷにぷに柔らかい。
b0129725_2250626.jpg

すっごくフレッシュなアッサリしたバターって感じ。

なんでしょう?主役にはならないけど、いつでも居て欲しい感じ。

ガリシア州のパイ料理などに使われるそうです。
美味しそう。

ハンバーグやコロッケの中にこっそり忍ばせても美味しそうだなァ~ぞぇ。(←あッ、りりーちゃん 笑)
b0129725_22593571.jpg

こんなにいっぱいのチーズが身近にあったら幸せだな~~~


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-05-09 00:29 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(4)
以前、コメントを頂いた御方から、
「サン・シモン、美味しいですよ」
と伺って、食べてみたかったのです~。

こちらも、スモークされてるチーズなので、今まで選択肢に食い込んでこなかったのよね。
b0129725_119177.jpg

この風貌が、カワユイねッ♪
意外と背が高くって、ジャンボどんぐりみたい。

にゃお氏が買って来てくれたのは、二種類。
サン・シモン・ダ・コスタ、と、熟成したサンシモンらしきモノ。
b0129725_11115477.jpg

熟成したサンシモンらしきものは、ぎゅっと身が締まっていて、一回り小さいですな。
食べ比べてみたのだけど、いや、違うものですね♪

サン・シモン・ダ・コスタは、「コーヒー牛乳のようなお味」って聞いていたのだけど、
コーヒーがね、エスプレッソみたいな、ちゃんとしたコーヒーの味なんですよね~。
b0129725_11152361.jpg

ワタシ的には、スペイン版カフェオレの、カフェ・コン・レチェ味と言いたい!

スモーク具合が、カフェの香ばしい香りに似ているのかな?
なんで、カフェ・コン・レチェ味になるのか、とっても不思議。

ミルキーで、全くクセがなく、朝食から食べれる優しい味わい。
ぁー、美味しい。

スモークタイプのチーズには、やっぱり、ビールを合わせたくて。
b0129725_11172668.jpg

丁度、ミュンヘンで1泊しながらの帰国だったにゃお氏。
PAULANERを買って来てもらいました♪
ヴァイツェンは、ろ過してないので、酵母がたっぷり残ってて濁ってますな♪
b0129725_1128119.jpg

ちょこっと、温める程度に焼いてみました。
むちむち感が増したような気がします。
b0129725_11273174.jpg

一気にスペインナイト感を盛り上げる、マッシュルームのニンニクオイル煮~。
b0129725_11315881.jpg

そして、やっぱり、CAVAですよね~♪
b0129725_11333965.jpg


スペインの牛乳製のチーズは、優しい味わいの物が多くて、そして、形が個性的。

それだけで話題性があるので、お土産に買うのに、とってもいいなぁと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-05-07 11:42 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(4)
スペインはナバーラ州の羊さんのチーズ、ロンカル。
たっぷり買って来てもらったので、色々と楽しんでみました。
b0129725_23255223.jpg

b0129725_2244443.jpg

ボンゴレに、「チーズはかけない」って聞いたのだけど、掛けちゃいました056.gif
めっちゃ美味しかったです。
羊さんのチーズだったので、かなりそっちの風味が勝っちゃいましたが、ワタシはチョー好きです。
b0129725_22522677.jpg

お塩を控えて、ロンカルで塩味を整える風にしてみましたワン。

b0129725_2244443.jpg


そして、一番やりたかったのがコレ。
レンズ豆のスープに振り掛ける事。

イタリアのレンズ豆の産地、カステルッチョへ行った際、
羊さんのチーズであるペコリーノを卸して、お料理にって聞いて、開眼したんですよね~。
(カステルッチョのレストランの記事はコチラデス→
b0129725_2333057.jpg

もぅね、イキナリ、ラテンの渇いた土地へトリップしちゃいそうなお味になりました!
なんだか、なかなかずっと寒いので、ほっこりするスープ、響きます。

b0129725_2244443.jpg


私信:そらさんへ
どうかな?スープ皿、似てないかにー*^^*
写真が見えずらいね。
アンド、思い出したときに・・・
蛸唐草模様の箸置き!コレは、ホント、絶対オソロじゃない♪♪♪
b0129725_23113797.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-05-04 23:29 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(2)
にゃお氏が、マヨルカ島へ行っていたので、いっぱいのお土産を依頼しました!

昨年、一緒にマヨルカ島へ行ったので、事細かに指令を出せたのは、遠隔操作(笑)的で楽しい♪
b0129725_0555965.gif

まずは、やはり、チーズ。
日本ではスペインチーズ、なかなか食べれませんので、依頼にも気合が入ります。

009.gifケソ・ロンカル(DOP)
スペイン本土、ピレネー山間部のナバーラ産の羊さんのチーズ。
こちらも、無殺菌乳の羊さんの乳を使って造られます053.gif(きゃん♪うれしー!)
b0129725_030365.jpg

ピレネーの羊さんのチーズと言うと、フランスのAOPに指定されている、
オッソー・イラティー・ブルビ・ピレネーって、名前が長すぎるわん008.gif
ってチーズが思い浮かびます。
b0129725_0304468.jpg

それに似ているのかなぁ~~?001.gif
って思って、比べてみたくて、依頼しました。
と、言うのも、オッソー・イラティーがすごく美味しかったから!

ロンカルも、ピレネーの山間部では、名の知れたチーズだったそうです。
なので、猫も杓子も、「ロンカル」って名前で羊さんのチーズを売っていたようです。

でも、やっぱり、ホントウのロンカルが別格の美味しさだっだそうで、その名前を保護するべく、
スペイン第一号のDOPに認定されるのですね。

オッソーイラティーは圧搾タイプで、「むちっ」とする感じだったのだけど、
ロンカルは、加熱圧搾タイプな、ボリボリする感じでした。
b0129725_0403597.jpg

ぎゅっと旨みを凝縮したこの感じは、イタリアのペコリーノの熟成したモノと近い感じがしました。
b0129725_0374598.jpg

羊さんのチーズは、旨みがあって、ホントに美味しい♪
このロンカルは、濃厚なのにあっさりする感じで、後味がとっても爽やか♪
ピレネーの緑に覆われた風景が思い描けそうな、いち早く初夏の香りを感じられるチーズでした。
b0129725_104634.gif

今回のマヨルカ土産で最も嬉しかったのが、
デイアと言う村の農家のお母さんが作っているオレンジとレモンのマーマレードのジャムを買って来て貰えた事!
b0129725_135488.jpg

昨年購入して( その模様はコチラ→ )、その美味しさにマイッてしまった逸品です。
9000キロ離れた地に、アナタの造るジャムのファンが居ます。
と伝えてくれたそうで、にゃお氏、ナイス、過ぎるでしょ!
b0129725_1162657.jpg

このジャムとの再会、言葉では言い表せない感慨深いものがありました。
b0129725_104634.gif

あとは、大きな声では言えないもの・・・
ベジョタとハモンセラーノを二種類。
b0129725_124257.jpg

サイコー。
やっぱり、ベジョタは物凄く美味しい。
でもハモンセラーノも全く引けを取りませんよね!
それぞれに違う美味しさがあるし、
シーン別に食べ分けれるくらい、身近にあったら、ホント、サイコーなんだけどなー。

結論:やっぱり、美味しいスペインなのでした♪



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-04-27 01:33 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(13)
モンドールと言えば、フランスのジュラ山地で作られるチーズが有名ですな。
でも、そのジュラ山地、スイスとの国境をも成す為、スイスでもモンドールが作られている。

スイスのモンドールは、Vacherin Mont-d'Or(ヴァッシュラン・モンドール)

b0129725_1445692.jpg

ピッチリとフィルムで覆われているのだけど、めちゃめちゃクサイ(笑)
b0129725_14111774.jpg

にゃお氏のスーツケースがモンドール臭くなりましたわ。

フランスのモンドールと作り方は、ほぼ同じだけど、
違いは、フランスのは無殺菌乳を使い、スイスのは殺菌乳。
スイスの物は、熟成期間中に洗う回数が多く、風味が強い。とのこと。

ウォッシュタイプのチーズらしい臭さ。
クサヤと納豆、ナッツやシャンピニオン。
色んな香りが混ざってる感じ。

表面は、白い粉のようなカビに覆われていて、その下には、
ピンクからオレンジ色の間くらいの可愛らしい色の外皮。

この外皮、チーズ工房IKAGAWAさんのムチュリととっても良く似てる。
ムチュリもスイスの山のチーズなので、似ているんだな~って思いました。

頂く30分くらい前に冷蔵庫から出して、上部を切り取る(コレも取って置く)
b0129725_1413761.jpg

トロトロです~~。
b0129725_14144049.jpg

うん!
確かに、かなり、風味が強いです。
このクサめの鼻抜けはクセになるな~~。
b0129725_10533644.gif

半分くらい食べたら、焼きモンドール(フォンドール)、やりましょう!
すっごくやりたかったの、コレ。
チーズの師匠本間るみ子さんのFermierにレシピがあるので、参考にしました。

切り取った蓋の部分を入れて、
みじん切りにしたにんにく、白ワイン、パン粉をふり掛けて。
b0129725_10524910.jpg

経木の箱をアルミホイルで包んで、オーブンで15分くらい焼きます。

焼いてるそばから、良い香りがして来ました~。
b0129725_1113546.jpg

パン粉にサクッとスプーンを入れる瞬間がたまらない!
蓋の部分もトロトロに溶けて、食べやすくなってます。
b0129725_1144093.jpg

にんにくのみじん切りがイイ!
クセのある風味をイイ具合に包んでくれて、焼きモンドール、とっても食べやすい!
焼いちゃえば、外皮まで根こそぎ完食出来て、無駄がない!

072.gifモンドールを買う時の技
日本だと、1個いくら、で売られている事が多いと思うのだけど、
表面にいっぱいシワが寄っている物を選ぶとイイらしい。
というのも、経木の箱のサイズは一律だけど、チーズは、大きさがまちまち。
それを、ぎゅっぎゅと詰め込むので、大きいチーズは沢山シワが寄ると言う。
なるほど~~とカンシンしてしまいましたワ。


※マントンのマルシェにて、€25.50/kg

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-03-09 11:24 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(0)
にゃお氏のポーランド土産にリクエストしたのは、オスツィーペックという、チーズ056.gif
とっても楽しみにしていました!

羊さんの無殺菌乳を使ったチーズで、
スモークタイプとプレーンのタイプ両方買って来てもらった。
b0129725_15103798.jpg

独特の幾何学模様が施されているのが特徴みたいです。
b0129725_1511447.jpg

ポーランドとスロヴァキアの境界をなすタトラ山脈で作られていて、
スロヴァキアでは、オスティーポックって名前なんですって♪

でも、ポーランドのこのチーズは最近、欧州連合のPDOを取得!
スロヴァキア側は面白くないみたいですね~。

薄くスライスして、そのまま頂きました!
b0129725_15163621.jpg

キュッキュッとした歯ごたえが、裂けるチーズに似ている~。

スカモルツァにも似てるから、焼いても絶対美味しいよね!
b0129725_1518538.jpg

この焦げ目・・・053.gifそそるわ~~!

美味しい!オイシイ!おいしーーー!

ポーランド、なかなか次の行く機会がなさそうだけど、また食べたい好きなチーズになりました!
b0129725_15201837.jpg



にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2012-09-16 15:24 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(0)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30