カテゴリ:・台湾の旅( 23 )

台湾deレンタカー

台湾でレンタカーの旅、とっても快適でした!

8月の台湾、陽射しも強くて、暑かったので、
電車やバスや徒歩での移動だったら、厳しかったなー。


ワタクシは助手席専門なので、
運転に関する事は、「にゃお氏曰く」です。



まず、高速道路の料金所が無い事が素晴らしく良いですね。
2013年の年末に料金所を廃止、ETC化したとの事。
詳しくは、コチラ↓



料金所の撤去作業に3日ほど掛かったそうですが、
その期間、高速道路の料金を無料にしたのだとか。
やる事が大胆で良いですね~



フロントガラスに貼られたシール状の物。


b0129725_23293608.jpg


これで、センサーゲートを通過した際に感知するわけですね~。
レンタカーの場合は、返却時に清算となりました。
一週間で500円程度だったと思います。
(書類をスキャンしたハズなのに、どこに保管したのか・・・・意味ない)


街中での駐車が心配でしたが、至る所に白線で囲まれた駐車スペースがあり、
空きスペースもしばらく探せば、見つかる感じでした。

戻ってくると、こんな感じの料金票がワイパーに挟まってます。
解っていても、駐禁を切られたんじゃないかと、最初はドキッとしてしまいました。




b0129725_23462869.jpg

街によって料金も、違いました。
こちらは、高雄。

b0129725_23484945.jpg

コンビニで支払う事が出来るので、簡単でした。
パトロールする人が居て、この料金票を挟んでいくわけなのですが、
こまめに回っていないのか、料金票が付いていたのは、2回だけでした。
2回分で35元!
やすッ!
ホテルの駐車場は、全て無料でしたし、駐車場に掛かる料金が物凄く安かったですね~。




b0129725_23493994.jpg

一体、何日間停めているんだろう?ってくらいの料金票が挟まってる車。





b0129725_23571669.jpg

道路標識も、漢字が読めると何となく解りますしね。
レンタカーを借りた時、一緒に手続きをしていたのは、オランダ人ご夫婦でした。
漢字の標識には苦労されたのでは~?と思っちゃいました。




b0129725_00061515.jpg

台湾独自のバイクルールがあり、気を付けないといけない所ですよね。
車の運転は、安全運転の方が多かったと言う印象だそうです。

台北市内は、バイクの数も多いでしょうし、人も多いでしょうから、神経使いそうですね。

なんか、アレコレ書きたい事があったような気がしたんだけど、
もう思い出せないので、これにて、台湾の旅、おしまい。

[PR]
by miccahang | 2018-10-18 13:16 | ・台湾の旅 | Trackback | Comments(2)
左營駅にて、予約していた新幹線のチケットを受け取り。


b0129725_15022699.jpg

簡単~。


b0129725_15031736.jpg

駅構内を散策していると、


b0129725_15035426.jpg

県知事御一行様の横断幕。
すぐさま義妹に写真を送ってみました。

b0129725_15054281.jpg


流れる景色は、日本のよう。


b0129725_15065812.jpg

MRTに乗り換えて空港へ


b0129725_15074131.jpg

紛失してしまいそうなトークン、ずっと握りしめていました。


b0129725_15103971.jpg

さすが!
成田の色んなキャリアを面倒見るよラウンジとは全然違う!


b0129725_15120807.jpg


トレードマークですもんね、梅の花が飾られている。
台湾の国花なのね、知らなかった。



b0129725_15113529.jpg

チャイナエアラインのロゴ入り


b0129725_15135809.jpg

ラウンジにもレトロ感のあるジャー。


b0129725_15151415.jpg

本当の最後の包まれ系。
黒米の中に肉の餡が入ってて、美味しかった~。

b0129725_15161414.jpg

肉団子のぎっしり肉感。
箸が刺さらないほど。

b0129725_15173174.jpg


搭乗~


b0129725_15175748.jpg


モニター画面の下にある、物入れ。
右側のつまみをスライドして開閉。
このタイプ、初めて見たな~。


b0129725_15205176.jpg

ウェルカムドリンク美味しかったのに、どんな味だったかね~。
ハーブ、漢方、そんな味だった気がする。


b0129725_15240473.jpg

シャンパーニュをもらいました。
シャルル・ド・カサノーヴ、初めてのドメーヌでした!


b0129725_15283547.jpg

和食を選択のにゃお氏

b0129725_15290349.jpg

デザートは、フルーツとハーゲンダッツ。


b0129725_15295579.jpg

食後の飲み物は、阿里山烏龍茶を飲もうと決めていました~。


b0129725_15312066.jpg

成田に着く前、CAさんさんから、阿里山烏龍茶のティーバッグのプレゼント♪
嬉しいですね~。


b0129725_15334213.jpg

成田が見えて来ました。


b0129725_15343556.jpg

終わりそうで終わらない、次回、「台湾のお車事情」につづく・・・

[PR]
by miccahang | 2018-10-08 15:43 | ・台湾の旅 | Trackback | Comments(0)

高雄 最後に小籠湯包

最終日。
高雄から新幹線に乗って桃園空港まで移動します。
11頃出発する新幹線を予約していたので、朝ごはんは、高雄で食べれるね。

レンタカーの返却は、左營駅近くの事務所。
何かあると困るので、ホテルをチェックアウトしたら、左營駅方面へ近づいておきたい。
左營駅の近くで小籠包食べたいな~。
コチラで拝見したお店、行ってみたい!


b0129725_10500432.jpg

おー!
ありました!


b0129725_10504993.jpg

注文にマゴマゴしていると、お隣の檳榔屋さんのお姉さんが
「日本人デスカ?何個デスカ?」
と話し掛けてくれて、
「7個!」
檳榔屋の姉さんが注文してくれました。
助かる~。ありがとう~。

b0129725_10535366.jpg

手作り感たっぷりの不揃いな包み方が素朴な感じでイイ~。

お腹の調子がイマイチなにゃお氏は、「2粒で良い」と情けない事を言う。
最後の小籠包なのにー!
胃腸のゲンキなワタクシ、5粒、イタダキマシタ♪

もっと食べれたかも・・・と、途中で思いましたが、
1粒が結構、大きかったので、5粒で満足でしたー。


b0129725_10592042.jpg

台湾の皆さんは、朝から小籠包行っちゃうのね~。
飛ぶように売れてました!


まだ時間があるので、観光に行ってみようかな。


b0129725_11313494.jpg

車を停める場所が見つからなかったし、
にゃお氏は、「別に・・」と沢尻様バリに言うので、
一人で見学~。



b0129725_11341058.jpg

龍のお口から入って、ガオーのお口から出て来る。
入ってみると、おばちゃんが座っていた。
てっきり無料かと思っていたけど、有料なんだ!
お財布を持たずに来ちゃったので、結局、入場せずに車に戻る。


災いが消えてなくなるハズだったのに、
持ち帰ってしまったような、後味の悪さが残るな~。


後から調べてみたら、やっぱり無料だったらしい。
おばちゃんは、お線香を販売していたのだそう。
あらら~



そろそろ、レンタカーを返却する時間。
駅に向かいます。


b0129725_18262317.jpg

今回の走行距離は、957.8キロでした。
にゃお氏も、ヤリスさんも、お疲れ様でした。


レンタカー事務所の真っ黒なラブちゃん、
首輪がブラックで、トータルコーデネートが完璧。

b0129725_18283229.jpg


[PR]
by miccahang | 2018-10-07 18:35 | ・台湾の旅 | Trackback | Comments(0)
高雄のお宿は、ちょっと奮発してみました。
と言ってもそれ程は、お高くなかった!




日本からのツアーで良く使われるのかな。
日本人が多かったです。

85階建てのタワービルの高層部分がホテルになっていて、
ロビーが37階(だったかな?)にあり、
大きなガラス窓から高雄の街が、どどーん。
迫力ありの眺め。



b0129725_22481608.jpg

ワレワレの部屋は、確か42階。


b0129725_22520846.jpg

おお!
良い眺め~。


では、早速、台湾最後の夜ゴハンに出歩きます。
ホテルから歩いて、10分くらいの所に「自強夜市」と言う、
地元の人で賑わう夜市があると言うので行ってみます。




b0129725_23014374.jpg

そんなに広くは無い道路をバイクもブンブン走り、車もビュンビュン通る、
なんか、スゴイ!


やっぱり、最後の夜も「包まれ系」の食べ収めしたいな~。


b0129725_23043219.jpg

「水餃」の文字が見えました~♪
こちらに即決!


b0129725_23051959.jpg

注文しようと思ったら、ビールが無いとの事だったので、
近くのコンビニで買って戻って来ます!


b0129725_23063928.jpg

買って来ました~。

「何粒?」
「10粒!」ジェスチャーで。
メニューの数が多くないと注文もシンプルで助かる~。

1粒単位で注文出来るなんて良いね~



b0129725_23071015.jpg

「生水餃」は、茹でられてない物なのかな?


b0129725_23101186.jpg

皮が厚くてぷりぷりしてます~。
中の餡が少し甘めで、テーブルにあるにんにくのすりおろしが辛くて、丁度合う!

一粒が割りと小ぶりだったので、
もうちょっと多めに注文すれば良かったな。
ま、ハシゴしましょ♪


次なる「包まれ系」を探して歩き始めるも、他に「包まれ系」が見付からない~。
この通りを3往復したけどなかったなー。



b0129725_23135416.jpg

決めかねたので、「羊肉」行っちゃう?
ビールも有りそうだし。


b0129725_23152634.jpg

葱爆羊肉


おお!
羊肉、美味し~~。

帰国してから、調べて知ったのですが、台湾で言う「羊肉」は「ヤギ肉」なのね!
びーーっくり!

って言うか、食べた時、気が付かなかった(笑)
バカ舌夫婦ですわ~。

でも、山羊さんは、
お肉はモチロン、ミルクも、チーズも、一瞬にして、「ヤギさんッ!」と解る香りがあるのに、
コチラで食べた物は、全然、クセが無かった!
言い訳じみてるけど^^
山羊さん苦手な人でも食べれそうな気がする~。


ゴハンで締めよう。



b0129725_23270576.jpg

とっても混んでいた魯肉飯のお店。


b0129725_23301099.jpg


豚さんの角煮と肉燥が乗った様な魯肉飯、こんなのもあるのね~。
八角の風味がしない角煮でした。
付け合わせのお漬け物?コリコリした食感が良かった~。

b0129725_23324063.jpg

持ち込みのハイネケンと日記をつけるにゃお氏。
私が食べきれなかったゴハンを食べるつもりだったのね、箸を握りしめてる。


ホテルへの帰路で、スイーツを食べよう。
目を付けていた「豆花」のお店は、すっかり閉店していたので、
屋台で「豆花」を買う。


b0129725_23363112.jpg



綜合豆花 「中」 40元
紅豆、緑豆、ハト麦、等々が入ってました。



b0129725_23374161.jpg

最後の夜が更けていく~
寂しい~

[PR]
by miccahang | 2018-10-05 17:19 | ・台湾の旅 | Trackback | Comments(4)
マンゴーかき氷を食べに来ましたー。



b0129725_22030393.jpg

きゃー♡
マンゴーたっぷりー♡
トロトロに完熟したマンゴーがどっさり♪
かき氷がミルク味の雪花冰でふわふわでしたー。
にゃお氏が思わず俳句をひねる程美味しかった。

120元。感動のお値段!

b0129725_22083744.jpg

お次は、「おやつ」を買いに。

「CREA TRAVELLER」が好きなのだけど、
「美麗なる台湾」は、私にはハイソだったわ~。





台湾初心者的には、もっと初歩的な事が知りたいの~


と、思っていたら、CREAの公式サイトに台湾のコラムがありました!
読んでみたら、美味しそうな、「おやつ」の話が。





駅からちょっと遠いとの事でしたが、
ワレワレには車があるので、さくッと行っちゃいましょう!


b0129725_22223574.jpg

おー!
ありました!


b0129725_22230145.jpg

4~5人の女性がテキパキと作ってましたー。
ピーナッツやカシューナッツ、アーモンドなどのナッツを棒状にカットした物。
出来たては、熱々で熱気がムンムン。


作成中のアーモンドの一かけを試食させて頂きました。
めちゃめちゃ美味しい~!


b0129725_22253241.jpg

ピーナッツを買ってみました!
めちゃくちゃ美味しかった!
一見、硬そうに見えるけど、それ程でもなく、
しかも、ナッツ同士をくっつけているのは、飴状の物だと思うのだけど、
ネッチリしてないの!
美味しかったわ~。


停めていた車に戻る途中、お祭りに出会いました。


b0129725_22290308.jpg

テントの色が目に鮮やか~


b0129725_22295707.jpg

鳴り物があちらこちらで鳴っていて、とっても賑やかなお祭りでした。

[PR]
by miccahang | 2018-10-04 07:33 | ・台湾の旅 | Trackback | Comments(2)

高雄 小籠包と蒸餃

台東を後にして、高雄に向かいます。
高雄までは170kmくらい。
3時間くらい掛かりそうだったので、早目に出発。

天気が良かったので、海が綺麗でした。

b0129725_23055222.jpg

台東もマンゴーの産地だそうで、マンゴー販売のお店が沢山ありました。
それと、釈迦頭!

b0129725_23083394.jpg

これは、いつか食べてみたいな~


b0129725_23090866.jpg

なんでも、熟し始めるとあっという間に柔らかくなってしまうので運搬が難しいらしい。
熟す前に収穫して出荷されて、店頭に並ぶそうです。


b0129725_23113400.jpg

8月の中頃でしたが、田植えが済んだばかりと言う感じ。
そうか、二毛作目の田植えなのか。

雲が立ち込めている山を越えて高雄に向かいます。
山の中は、急に土砂降りとなり、視界も悪く、高雄まで4時間くらい掛かりました。


高雄に到着~。
都会ですね~。


b0129725_23170567.jpg


お昼は、お目当ての小籠包のお店へ行ったのだけど。。。。

オーノー!
またもや、臨時休業の貼り紙。

アレコレ調べても思い通りにならないものですな。
でも、辺りにも沢山お店があったので、良さげなお店、探してみよう~。

b0129725_23193582.jpg

小籠包の気持ちになっちゃってたのでね、「包まれ系」を探しちゃいます。
帰国してから調べてみたら、こちら、チェーン店だったのですね。

洪記蒸餃 熱河店

店頭で皮も作ってます。
美味しくない訳ないよね。
ワクワク♪


b0129725_23223556.jpg


小籠包 7個 60元
紙ではなく、布なのが良いですね~。
スープは少なめで、アッサリした味わいの餡でした。


b0129725_23273201.jpg


こんだけ、ドでかく書かれてたら、看板メニューも頼まないとね~



b0129725_23301576.jpg

蒸餃 10個 60元
おお!
美味しーーー!
看板メニューだけある!

b0129725_23305300.jpg

美味しい「包まれ系」が食べれて、満足~。
デザートに向かいます。
つづく・・・

[PR]
by miccahang | 2018-10-01 19:03 | ・台湾の旅 | Trackback | Comments(2)
恒春から台東は、かなり遠かったー。
東側は、台風の影響をモロに受けてしまうそうで、
あちこちで工事をしていて渋滞した事もあり、
到着がかなり遅くなってしまった。

ひとまず、ホテルにチェックイン。



10分前にサイトから予約して、フロントに着いたら、もう鍵が用意されていて、
すごい世の中だな~と思っちゃいました。
駐車場は、併設されておらず、歩いて5分ほどの所に平置きの駐車場がありました。
朝食もなかなか美味しかった。

b0129725_14300630.jpg

レトロなジャーが懐かしく可愛らしい。
肉燥をたっぷり乗せて、肉燥飯を作る。
美味しいね。

b0129725_14311794.jpg


早速、夕食を食べに行きます。
台東は、
これまで巡って来た都市よりもこじんまりしていて、高いビルも少なく、ネオンも少なく。
道路に張り出すような看板も少なく、のんびりとした雰囲気でした。

何を食べようかな~。
台東までは来れないと思っていたので、全く調べてないのよね~。
やっぱり「包まれ系」が良いよね。

b0129725_14400760.jpg

大きな通りから一本入って、更に曲がった所にあるのに、かなり混んでいるお店を発見。
ここにしよう!
南北餃子館


b0129725_14412142.jpg

ちゃんとしたレストランで、円卓です。
地元の若いカップルと相席させてもらいました。
台湾ビールのクラシック、飲みたいと思っていたのになかなか出会えませんでした。
スタンダードなGOLD MEDALよりも味わいが濃い目でした♬

b0129725_14441849.jpg
水餃子10個。
一つ一つがなかなか大きい。
家で作るような手作り感たっぷりで、
キャベツやニラの野菜はシャキシャキ感が残ってて美味しかった!

水餃子を取ろうと箸を伸ばすと、回転テーブルがくるりと廻り、水餃子に逃げられました。
相席カッポーの女の子が廻しちゃったみたいで、ハッとして「ごめんなさーーーい!」と。
思わず、笑っちゃいました♪

ハシゴをしましょうかね。


b0129725_14544856.jpg

お店の写真撮り忘れ。
外から見た感じ冷蔵庫が無かったので、ビールがあるか確認すると「アルヨ」との事だったので、
入ってみました。


b0129725_14565180.jpg

牛肉と白い苦瓜の炒め
牛さん、ちょっと少なめ^^、苦瓜さん、柔らかめ^^


b0129725_14584231.jpg

細切り豚肉とエビのあんかけご飯
あー!失敗したー!
さっきのお店でカッポーが食べていたエビさんの方がぷりっとしてて美味しそうだったな~。


デザートは、ホテルのお隣にある豆花屋さんへ

b0129725_15011274.jpg

お♬
混んでる~


b0129725_15022305.jpg

ハラヨワ君は、ここでも冰なしを選択したけれど、ギリギリになって、
やっぱり、「加冰」する!


b0129725_15060529.jpg
招牌豆花
「紅豆、緑豆、生花」王道セット


b0129725_15050404.jpg

私は、トッピングゥが3種類選べる
綜合豆花
「紅豆、芋圓、軟生花」をチョイス

こちらの豆花は、大豆の香りがふんわりして、安平豆花のものより固めでした。
ここのシロップが黒蜜の風味が多めに感じたので、
おぼろ豆腐に黒蜜を掛けたら、似た感じになるかな?
帰国してからやってみた。
うん、結構、イケました!


そして、ハラヨワ君は、
「豆花」がこの豆腐プリンの様なコレの事だとは知らずに来たようで、
「このさ、白い豆腐みたいなやつ、これが入ってない豆花を食べたいんだけど」と。
それは、もはや、「豆花」ではないよね。

[PR]
by miccahang | 2018-09-30 15:21 | ・台湾の旅 | Trackback | Comments(2)
ワタクシ、今回の台湾旅で一番期待していた事は、水牛に会う事でした。



出発前に読んだコチラの本。
第一章の一発目に「水牛に出会う」お話が書かれていました。
いわゆる観光用の水牛さんではない水牛さんに会いたかったのです。
イタリアで出会うが早いかと思っていましたが、台湾で会えるかも!

レンタカーに乗り込んでからずっと外を見ては、水牛さんがいないか、探していました。
でもさすがに、都会では難しく、全く出会えませんでした。



恒春を後にして、台東へ向かいます。
本の中でも恒春半島で出会ったと書かれていたので、期待大♪

とても山深く、wifiの電波も途絶えるエリアを走っていると、
「ちょーーーーっと!停まってーーーー!」
牛さんらしき姿が一瞬見えたのです。
戻ってもらうと。

b0129725_19301111.jpg

本当に会えたーーー!


b0129725_19312173.jpg

大興奮でした!


b0129725_19322059.jpg

可愛い赤ちゃんもいる~~!


b0129725_19332956.jpg

しばらく眺めていました。
別れを告げて、車を走らせると、また出会えました!


b0129725_19353288.jpg

道路のすぐ脇にいるじゃないの~♪
頭頂部のふさふさの毛とか、可愛いよね。


b0129725_19363363.jpg

台湾から水牛さんの姿が急速に減りつつあるとの事でしたが、
この辺りまで来ると、出会えるのですね。
大興奮でしたー。


b0129725_19391736.jpg

東海岸側に出ました。
やっと、一台、車とすれ違う。

台東は、結構、遠かった~。

[PR]
by miccahang | 2018-09-24 10:51 | ・台湾の旅 | Trackback | Comments(0)
台南を後にして、南下します。
高速道路は、高雄が終点ですので、一般道に降りました。


b0129725_18245504.jpg

すると、この真っ直ぐの道に、「菱角」を売る屋台が永遠と続いていました。
「菱角」って何なんだろう?
調べてみると、沼地に育つ「ヒシ」という植物の種子との事。
台湾の南部でよく取れるらしい。



b0129725_18260766.jpg

看板に描かれている黒いマークが不思議だなと思ったら、本当にそんな形をしているのね!
どこの屋台も同じ様な看板を出しているので、
「全国菱角協会」かなんかがあって、牛耳っているに違いない(妄想)
その協会からこの看板を購入しないと屋台を出せないんじゃないかと思うくらい、
一様に同じ看板だったので、面白かった。


にゃお氏が行きたかった町「恒春」に到着。

老街をぐるりと城壁に囲まれた町でした。


b0129725_18394463.jpg

雨も降ったり止んだりでしたので、サボって車の中から撮影。


b0129725_18405578.jpg

城壁の上を歩く事も出来るようです。


b0129725_18413293.jpg

b0129725_18420422.jpg

老街は、それほど素敵な雰囲気があるわけではなく、


b0129725_18434342.jpg

お昼をどこかで頂こうかしら~

b0129725_18454276.jpg

ここに入ってみました。


b0129725_18463209.jpg

汁なしのワンタン麵
ピーナツのタレとパクチーが乗ると、アジア感が出ますね~。
麺がヤワヤワでしたッ。


b0129725_18480991.jpg

蛋餅
揚げた感じでパリパリ。
甘めの味付けの豚さんが具材。


デザートを食べたいな~。


b0129725_18505959.jpg

賑わってるね~、ココ、行ってみよう~。
ここでも腹ヨワオトコが「温かい物が良い」と言うので、「熱」をオーダー。


b0129725_18522957.jpg

「熱」の方は、原味しかないとは解らなくて、注文。
出てきたら、これでした。


b0129725_18534360.jpg

あら、皆さん、小豆が乗ってたり、華やかな物を食べているのに、アレ?
「熱」は原味しかなかったのね~。

これが、結構美味しかったのだけど、薄いみたらしの様な味わいで、甘じょっぱい感じ。
にゃお氏は、「酒粕みたいな味もする」と言ってたんだけど、そうかな?
緑豆がホクホクで、確かに、かき氷に乗ってたら美味しいだろうな~。
「冰」で食べたかったな~。

[PR]
by miccahang | 2018-09-23 11:02 | ・台湾の旅 | Trackback | Comments(0)
安平散策後、台南にもう一泊するか、南下するか、迷いました。
ワタクシが一番「リキ」入れて調べたのが台南だったので、
アレコレ調べた事が無駄になるのが悔しくて、
もう一泊する事にしました。

夕食を食べに行くのに便利そうなエリアで宿を取りました。



b0129725_17471487.jpg

すりガラスの扉の向こう側にシャワールームとトイレが有り。
大通りに面しているので、
ガラスとガラスの隙間から外がチョコっと見えちゃうスリリングさがあります。
ホテルが大きなビルの上層階(7階~10階くらいだったかな?)にあるので、
さほど気になりませんでしたけどね。

台湾人の利用者がほとんどで、
朝食も台湾を楽しめる料理が多くて、美味しかったし、良かったです。


b0129725_17552715.jpg

自分で作る魯肉飯、美味しかった!




では、散策がてら、オヤツを食べに行きます。
6月頃、BSの番組でコウケンテツさんが台南を食べ歩いていました。
台南の伝統料理である「碗粿」を食されていて、興味を惹かれたんですよね~。

老舗だと言う「富盛號」へ。

17時閉店との事だったので、急いで向かいます。
しかーし!
まだ16時半だったのですが、閉店後のお掃除をしてる。。。
「もしかして終わっちゃったの?」
「終わっちゃいました」

えーーー!
残念過ぎる。
泣く泣く後にして、神農街へ。


b0129725_18091724.jpg

古民家をリノベーションしたカフェがあったり、オサレな雰囲気ですが、
ターゲットが若者向けな感じで、原宿を歩いている様な、居心地の悪さが^^;
もう、キャピッ、とは、頑張ってもなれないのだな、いよいよ実感する。



お昼に豆花を食べてから何も食べてないので、腹ペコ。
ちょっと早いけど、夕食に行こう。


赤嵌擔仔麵へ。


b0129725_18190390.jpg

こちらも、とってもオサレな雰囲気。
でもね、ちょっと、ワレワレの好みじゃないと思ってしまったのが、
「一人150元以上のオーダーをお願いします」
との事。
ビールも飲むしね、台南の名物をアレコレ食べようと思ってコチラに来ましたので、
軽く超えるとは思いますけどね、そう言われちゃうと、何となく、感じが良くないな~。
単価の安い擔仔麵だけで帰られたら、割りに合わないのかもしれないけど、
元々、擔仔麵の屋台から始まったお店なのに・・・・、ねぇ。



気を取り直して、ビール♪
冷えたビールが飲めるのは、有り難い♪
氷を入れたクーラーを用意してくれるなんて、素敵です。



b0129725_00423058.jpg


運ばれてきたビールが、「爽」
あれ?
メニュー表には、「台湾ビールGOLD MEDAL」と書かれていたハズ。
周りのテーブルの方々は、GOLD MEDALを飲んでいるけど、
何でだろう?まぁ、良いか。

「爽」初めて出会ったし、どんな味わいなのでしょ。

うーーーーーーーーーむ。
これは、どう好意的に考えても、日本の酒税法に当てはめると、
ビールでは無く発泡酒、はたまた、第三のビール。
アルコール度数も、2.5%なんですよ~。
(大体、ビールは5%くらいになる)

飲んじゃったので、仕方ない。

追加オーダーをお願いする際、「GOLD MEDAL」を下さいと伝えたのに、
「爽」を出して来たので、いやいや、「GOLD MEDAL」をと言ったのですが、無いとの事。
なので、追加をやめました。

私的に、
メニュー表に、「台湾ビールGOLD MEDAL」とさえ、
書いていなかったら、不満は無かったのです。
ただただ、「ビール」と書かれてたら、
何が出て来ても、このお店のビールは、コレなのだな、と納得するのだけど、
わざわざ、「台湾ビールGOLD MEDAL」と銘柄が書いてあったから、
違う物が何の説明も無く出て来たので、ちょっと「不満」に感じちゃったんですよね。
そして、代替えのビールが「発泡酒(のような物)」だったから、「文句」に代わってしまったのです。

しかもそのお値段が代替えになっても同価格でしたし。(←結局、そこ、だね。だって、130元もするんだよ!)
吞兵衛のただの愚痴になって来た。



アレコレ、オーダーしたので楽しもう。


b0129725_00250531.jpg

タケノコと豚さんの角煮
タケノコがちょっとヤワヤワですが、角煮はイイ感じです♪


b0129725_00273380.jpg

擔仔麵
ほー!
以外にあっさりしてるんですね~。
エビさんもぷりッと。
にんにくのすりおろし、入ってました。
ここでのパクチーは、それほど風味が強くなかったな~。


b0129725_00312769.jpg

蝦巻
これも食べたかった台南の名物。
衣が分厚くて、パリパリ、通り越して、ボリボリ。
口の中を怪我してしまいそうなくらい、硬い衣でした。
中のエビさんはプリプリなのだけど、硬い衣とのバランスがイマイチかな~。


b0129725_00362732.jpg

サバヒーの豆鼓蒸し
サバヒーも台南でよく食べられるお魚だそう。
お粥で食べる事が多いようですが、
「蒸す」事によって、プリプリムチムチのコラーゲンがパーンと張っていて、美味しかったです。
にゃお氏は、そのコラーゲンの触感が苦手だったみたい。


何となくね、小さな不満が重なっちゃったので、
ここで、デザートまで食べるつもりでしたが、やめて、他を探すことにしました。


赤嵌樓方面へ少し歩くと、度小月。


b0129725_01105066.jpg


擔仔麵の食べ比べしよう!
なんて気分になりまして。


オーダーすると、「パクチー、にんにく、大丈夫?」と聞かれました。
ドシドシ入れて下さいと言わんばかりに、
「大丈夫です!」


b0129725_01140612.jpg


デカイクチ、叩きましたが、パクチー初心者でも行ける量で良かった。
スープを一口飲むと、
あら♡
エビさんの殻を焼いたような香ばしい風味が、がつーん、と来ました。
もやしのシャキシャキ感が良い感じで、魚のつみれも美味しい。
赤嵌擔仔麵よりも、全体的な味わいは濃い目かな。


そうだ。
「時空旅人」という雑誌の特集が「台湾」だったので、立ち読みしてみると、
司馬遼太郎さんも度小月の擔仔麵を食べていた、と、書かれていました~。


デザートを求めて、数分歩いて、こちらへ。



b0129725_01302568.jpg


那個年代杏仁豆腐冰
大きなラウンドアバウトの一角にありました。


b0129725_01374085.jpg

杏仁豆腐 + 紅豆 + ハト麦 + 芋頭のペースト

b0129725_01333274.jpg

あっさり、やさしい。
それぞれの素材の味わいを楽しむ「あっさり」なのですかね。
本当に台湾のスイーツはアッサリしていて、甘さが控えめで、良いですね!


b0129725_01441255.jpg

帰り際にコンビニでビールを購入して、部屋でちょこっと飲みを楽しみました。

[PR]
by miccahang | 2018-09-22 14:10 | ・台湾の旅 | Trackback | Comments(4)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31