人気ブログランキング |

カテゴリ:・日本のチーズ達( 23 )

千葉県は、いすみ市にある高秀牧場までドライブに行って来ました。




こちらの牧場で作られるブルーチーズが、
モンディアル・デュ・フロマージュという、チーズのプロ向けの国際見本市での、
コンテストでスーパーゴールドメダルに輝いている。


食べてみたいッ!



b0129725_14342919.jpg

牛さんものんびりしてました。
嬉しい。
ぎゅうぎゅうの牛舎だと悲しい気持ちになっちゃいます。



b0129725_14241372.jpg

チーズの製造は終了しちゃってたので見る事は出来ませんでしたが、
すぐお隣にあるミルク工房でチーズ買いましょ。


b0129725_14421949.jpg

と、その前に、ジェラート。
8種類くらいのフレーバーがありましたが、当然、「ミルク」味でしょう!
濃厚で、美味しかった。


お目当てのブルーチーズ「草原の青空」を所望するも、売り切れ!
残念。
折角なので、他のチーズを。

フロマージュ・ブランとウォッシュタイプの「まきばの太陽」を買い求めました。



b0129725_14501807.jpg

ちょうど、おフランスから戻ったばかりの氏は、おフランスでフロマージュ・ブランを
沢山食べて来たようで、「フランス人は砂糖を掛けてデザートに食べてた」と言うので、
真似してみよう。


b0129725_14522774.jpg

一口だけ、そのまますくって食べました。
ん?美味しいけど、超リッチなヨーグルトって感じだな~。
フロマージュ・ブランってこんな感じだったっけ?
砂糖を掛けちゃうと、より一層、ヨーグルト。


↓こちらのフロマージュ・ブランの方が、チーズ感があって好きだったかも。






今回もハーブ類を混ぜて、ディップにすれば良かったなー。





まきばの太陽も開けてみました。


b0129725_15122412.jpg

むっちりとした生地で、ウォッシュチーズ特有の香りは、かなり控え目。



b0129725_15134630.jpg

とっても穏やかな風味でクセが無い。
いや、ウォッシュチーズならば、「クセが強い」と言わせて欲しい。


スーパーゴールドメダルを受賞したブルーチーズをやっぱり食べてみたいな~。

by miccahang | 2019-06-03 17:26 | ・日本のチーズ達 | Trackback | Comments(4)

渋谷チーズスタンドを後にして、二軒目にやって来ました。



b0129725_16382985.jpg


フロマージュカフェ・フェルミエ





b0129725_16411752.jpg


5種チーズの盛り合わせ


ブロッチュ

 コルシカ島唯一のAOCチーズ、羊さんのリコッタチーズ

 蜂蜜漬けになったナッツがトッピングゥされていて、

 さっぱりしたリコッタチーズに良く合いますね~

 こちらは、ザラつきのあるリコッタチーズでした。

 ワタクシは、チーズなら何でもオイシーの人になってしまったので、

 羊さんのミルクのクセを「獣臭」とは思わないのだけど、

 友人は、「ケモノ感」ありますね。との感想でした。



クレマ・ディ・ゴルゴンゾーラ

 生クリームとゴルゴンゾーラドルチェをディップ状にしたもの

 美味しくない訳が無いッ!



グッチョ

 トスカーナ州の白カビチーズ 牛さんと羊さんのミルクの混乳

 きゃー♡初めましてのチーズに出会えました。

 滑らかで柔らかめの生地。白カビはやや厚めですが、ゴワゴワしない。

 羊さんのミルクが入っているためか、味わいに深みがありました。 



アベイ・ド・タミエ

 サヴォワ地方ヴォージュ山塊タミエ修道院の修道士さん達が作るウォッシュチーズ

 ウォッシュチーズは、中世ヨーロッパの修道院で考案されたチーズですので、

 「アベイ」と付けば、ウォッシュチーズでしょう、と直ぐに解ります。

 こちらは、ウォッシュチーズの中でもかなり穏やか。

 外皮もペタペタとベタ付きませんし、納豆のような香りも控え目。

 ウォッシュチーズが苦手な人でも食べれるんじゃないかな。

 少しの苦みがオトナにはタマラナイ。

 ビールの苦味とも合いそうだなぁ~



コンテ 18ヶ月

 言わずと知れた美味しいヤーツですね。

 18ヶ月熟成ですので、ホクホクした噛み応えの中に、

 旨味成分のアミノ酸が傑出しておりジャリっと感もあります。

 外皮近くまで、みちみちとカジカジかじってしまいました。



b0129725_17162870.jpg



チーズを主役に楽しむなら白ワインがイイッ。

友人は、シードル。これもチーズにとっても合う。





b0129725_17172896.jpg


ロエーロの白は、ピエモンテの土着品種アルネイス。

華やかな香りで、美味しかった~。


チーズを食べるのが楽しいお店ですが、フロマジェさんのお仕事を見れるのも楽しいお店でした。

ハードタイプのチーズの外皮のお手入れをしていて、面白そうでした。

やってみたい!


友人のお陰で、普段は行かない都内のチーズ屋さんを巡り、

チーズの事をたっぷり話せて充実した一日となりました。

感謝です♪


by miccahang | 2019-05-12 22:28 | ・日本のチーズ達 | Trackback | Comments(0)
ワインスクールの友人がチーズプロフェッショナルに挑戦するようで
アレコレチーズを食べたいのでチーズ屋さん巡りに付き合って~
と嬉しいお誘いをもらいまして、
ワタクシも行った事がなかったお店に行ってみました。



b0129725_15580130.jpg

渋谷チーズスタンド





ファストフード店のような気軽な感じで、カウンターで注文。
お料理は運んで来てくれました。


b0129725_16061623.jpg

たっぷりトマトとブッラータ オレガノ添え
これ食べなきゃね!

ツヤツヤで丸っと滑らかなお肌が可愛いらしい。
ナイフを入れると、中からじゅわ~~っとクリームが溢れてきます。



b0129725_16090626.jpg

モッツァレラの繊維状の生地もほんわり柔らかめでクリームとの質感と合っていて、
ひっじょーに美味しい!


以前、こちらのレストランで頂いた事があったのだけど、
前菜でちょこっと食べただけなので、
こんなにたっぷりと食べられて、幸せです。




b0129725_16201712.jpg

自家製チーズ4種プレート
・モッツァレラ
・カチョカヴァッロのアッフミカート(燻製タイプ)
・ピンクペッパーが入ったハードタイプのチーズ
・リコッタチーズ


リコッタチーズが、美味しかったですね。
最近だと、ザラつかないリコッタチーズが多くなっているようで、
こちらのも、滑らかでした。




b0129725_16263304.jpg

カリフラワーと大葉のピザ

ピザ生地は、グラハム粉を使用しているとの事で、なんだか、ヘルシーな感じがします。
とってもあっさりしていて、ペロリでした。


日本で初めて、ブッラータの商品化に成功したこちらのお店。
東京のど真ん中でチーズを作ろうと考えた御方がスゴイな~としみじみ思っちゃいます。



二軒目につづく・・・

by miccahang | 2019-05-09 17:52 | ・日本のチーズ達 | Trackback | Comments(0)
2年前に行った京都旅行の際、ハイアットリージェンシー京都に泊まったのだけど、
ホテルのペストリーショップで、ひっじょーに気になるスイーツがあったんです。

ゆば庄とのコラボで開発されたと言うスイーツ。
日持ちがしないので、京都駅のゆば庄の店舗でも購入出来ると言うので、
帰る日に買おうと思ったら、完売しちゃってて買えなかったのが心残りでした。


で、先日、
にゃお氏が日帰りで京都に行くと言うので、依頼しようか悩みました。
イタリアでマスカルポーネを買って来てもらって、
ティラミスを作ってしまっていたのよね。


b0129725_10054665.jpg

おデザに食べると、3日分くらいある。しかも足が早い。
スイーツ過多状態になっちゃうので、依頼しませんでした。


すると、
「褒めてー」と意気揚々と帰って来たその手には、スイーツが。

おーおー。
褒める褒める。「その存在を覚えていた」事を褒めたい。


前置きが長すぎますが、食べたかったスイーツ「ゆばふろま~じゅ」



b0129725_10044438.jpg

ゆば、豆乳、クリームチーズを使ったチーズケーキ。
精製糖を使っていないとの事で、ヘルシー感あります。


b0129725_10083584.jpg

美味しそう~


b0129725_10091650.jpg

別添の抹茶のソースを直接ケーキに掛けちゃうと、なんだか、あまり、美しくない。
もっと豆乳っぽさがあるかな~?と思ったのだけど、それほど主張してない。
美味しかったです。
でも、抹茶のソースは、無くても良いかな。
2日目は、ソース無しで頂きました。


★★★


お仕事のお相手から頂いたと言うお土産も。
をぐら山荘のおせんべい。


b0129725_10141387.jpg


リ・オ・ショコラなんてあるのね、知らなかったー。



b0129725_10152621.jpg


甘い + しょっぱい = タマランチ

ですねぇ。
良いお土産を頂きました。




by miccahang | 2019-04-19 10:23 | ・日本のチーズ達 | Trackback | Comments(0)
北海道にお住いのerikaさんから、北海道のチーズを頂いちゃいました!


b0129725_14544817.jpg


こんなにたくさ~~~~~~ん\(^_^)/
喜びの叫びをあげちゃいました!

共働学舎新得農場のチーズ、大好きですーーー!
うれしー!うれしー!超うれしー!

どの娘から開けようか、悩みまくりましたが、「さくら」から!


b0129725_15014088.jpg

「さくら」は季節限定とあって、一度しか食べた事がありません!
封を開けると、
ほんのりとした桜餅の様な香りがふんわりと優しく鼻をくすぐります^^


b0129725_15034570.jpg

まだ、熟成が若い状態で、芯があります。
これは、カヴァを合わせたいッ!

シルキーなくちどけが、カヴァと合う~~。

こんなに味わいに繊細な深みがあるのは、
北海道と言う豊かな土地の味わいなのでしょうね~。
テロワール、ですな。

半分残して、熟成が進むのを待とうかと思ったのですが、
とても途中で止められませんでした。

一足早い春の訪れのようでした♬

「さくら」以外の娘達は、初めまして、です。
楽しみが続きます♪

by miccahang | 2018-02-19 15:18 | ・日本のチーズ達 | Trackback | Comments(2)
札幌駅にある「どさんこプラザ」でアレコレ買い物をしようと目論んでいました。

楽しくて楽しくて、店内を3~4周しました。
2日に渡って、通いましたわ♪


にゃお氏も食材のお買い物、大好きなので、
それぞれ店内の隅々まで見て回って、
「ちょっと、見て!こんな食材あったよ!」
と報告し、
「お!ソレ、イイね!」
を言わせたい合戦になりました。


チーズのコーナーは、ウキウキが止らないコーナーですが、
今回、購入したのは、コチラ。


b0129725_11424144.jpg

共働学舎新得農場のチーズは大好きで、これまでも購入した事がありましたが、
フロマージュブランは、初めてです♪


何と言っても驚いたのが、

100gで180円!!

安過ぎるーー!

★★★★★★



ディル、エシャロット、オリーブオイル、にんにく、塩・胡椒で和えて、ディップにします。



b0129725_11521521.jpg


サイコー。


b0129725_12080835.jpg

パルマのプロシュートとエトナ・ロッソのお供にしました。

こちらのフロマージュブラン、有楽町のどさんこプラザにも売ってるのかな~?
確認しに行きたいと思います。

by miccahang | 2015-12-14 12:14 | ・日本のチーズ達 | Trackback | Comments(2)
チーズの仲間であり、ワインの仲間でもある友人から、日本のチーズを頂いた♪
大分県にあるCook Hill Farmさんのチーズ。


「ひとくち位の大きさなんだけど、美味しかったから、是非食べて欲しくて、お裾分け♪」

なんて、カワイイ事をおっしゃる~~~

大分を旅した際、チーズ工房を訪れたのですって♪
チーズ好きは、行動が似てます^^


b0129725_09363830.jpg


わぉ!!
フランスかイタリアのチーズみたい!!

日本のチーズは、見た目もキレイな物が多いけど、
こちらは、とっても素朴な外観で、そんな風貌がフランスかイタリアのチーズみたい。


b0129725_09492556.jpg

外皮の厚さとボコボコ感が、素朴でイイ~~
旨味がしっかりしてて、食べ応えがある!!
ホントに日本のチーズっぽくないパンチがある!!

このチーズ工房は、初めて聞いた名前だったのだけど、
志高くチーズを造っている工房を教えてもらえて、非常に嬉しかった。
いつか訪れたいチーズ工房リストに入れておこう。


by miccahang | 2015-10-16 10:00 | ・日本のチーズ達 | Trackback | Comments(4)
ぁー、なんという事でしょう。
割と気合を入れて書いた記事が消失~。
ま、そんな事もありますわね~~~
気を取り直して。






少し前の事になりますが、「酸」で固まるチーズを学ぶ会に行ってきました。
全10回のお勉強会です。

毎回8~10種類の国内外のチーズを頂いたので、ざっと、80種類のチーズを食べた事になります。
「酸」で固まるチーズに特化しているにも関わらず、それだけの種類がある事に驚いちゃいます。

中でも、記憶に、記録に、残したいチーズを書いておこうと思います。







「酸」で固まるチーズは、乳酸菌の力を借りて固まるチーズですネ。
ほとんどのチーズは、最初の段階で乳酸菌の力で固め、その後、レンネットと言う、反芻動物の赤ちゃんの胃袋にある酵素の力によって固める事が多いです。

そのレンネットが効きづらいミルクに、山羊さんのミルクがあります。
なので、山羊さんのミルクには、乳酸菌を強めに効かせてチーズ作りが行われる為、シェーブルチーズは、酸味が強いのですね。

山羊さん以外でも「酸」で固めるタイプはフレッシュなタイプやウォッシュのタイプもありますし、意外とヴァラエティに富んでいますねぇ。

まずは、国産の素敵なチーズから。








こちらは、ずっと憧れていたチーズ053.gif

b0129725_12065057.jpg

北海道は共働学舎新得農場さんの「さくら」
ヨーロッパで開催されるチーズのコンテストでも何度も賞を得ているチーズ056.gif
桜の風味がほんのりある、日本らしさに満たされる繊細な風味。
さくらもちの様な爽やかさがありました。

桜の季節にちなんで3~6月頃までの季節限定販売なので、なかなか手に入らないところが、
「高嶺の花」感があって、そそられちゃいます。





こちらも憧れだったチーズ。

b0129725_14214704.jpg
広島県の三良坂フロマージュさんの「シェーブル」
柏の葉に包まれていて、とーっても爽やか。
かしわ餅を連想させる香りが良いです。
柏の葉も、腐敗を軽減する効果がありそうだなー。







そして、こちらは、九州は宮崎県のチーズ工房。


b0129725_14325720.jpg
ダイワファームの「ロビオーラ」
イタリアのロビオーラを模しているチーズですね。
ウォッシュ感が穏やかで、ウォッシュタイプが苦手な人の入門編に良いかもー。


いやはや、日本のチーズは、本当に繊細な風味で、シェーブルやウォッシュでも食べやすい物が多くて、
苦手意識のある人でもイケル物が多いですね。






イッコだけ、ちょっと勿体無いなーと思ったチーズ。

b0129725_14553151.jpg


サント・モール・ド・トゥーレーヌを模した山羊サンのチーズ。
食べやすい様にカットして、パッケージされているのは、販売する側も買う側も、便利ですが、
なんでしょー、
脱臭剤のニオイなのでしょうか?
冷蔵庫臭みたいな、ニオイがチーズに付いちゃってます。
勿体無いのですー。

これがたまたまだったのかな?と思ったのですが、
後日、同じチーズを食べる機会があったのだけど、
同様に、冷蔵庫で長い事置いちゃったようなニオイが気になってしまった。

折角の国産の山羊さんのチーズが、製造工程でないトコロで、マイナス点がついちゃったら、
とーっても勿体無いと思うのです。。。
by miccahang | 2015-07-01 22:51 | ・日本のチーズ達 | Trackback | Comments(6)
岐阜県にある乳製品の工房「牧成舎」 大人の素っぴんチーズ


b0129725_13385257.jpg

モッツァレラから水分を抜いて熟成させたチーズ。
スカモルツァみたいな感じですな。


で、付されてたタグに。

b0129725_13443638.jpg
アリゴも作れるよ!のコメントが!


なんですって~♪
アリゴ、あこがれのチーズ料理なのである~。


フランスはオーヴェルニュ地方の料理というか、肉料理の付け合せに供されるらしいのですが、
なんといっても楽しいのが・・・



↓ Wikipediaよりお借りしました ↓
b0129725_13464088.jpg

のび~~~る♪
これ見せられて、食べてみたい~~~!って完全にロックオンされちゃいました!


オーヴェルニュ地方の歴史の古いチーズで、「オーヴェルニュの三羽烏」と言われている、
カンタル、サレール、ライオル、という、似通ったチーズがありますが、
このうち、ライオルの熟成前のモノ、「トム・フレッシュ・ライオル」を使って作るのが、この、アリゴなんですね~。


これを食べるためだけに、オーヴェルニュに行きたいくらい憧れだったのだけど、
自宅で、作れちゃう??


マジで?マジで?




ワクワク、ドキドキ、しながら、マッシュポテトを作り、チーズを投入!
練ってお餅の様に仕上げる~って。



のび~~・・・・・・・ない!


b0129725_14000778.jpg

うっそ~ん。
全然伸びない。


理想と現実の間に撃沈。


しかし、
失敗の原因が全然判らない!


これは、いつか、オーヴェルニュに行けって事ね!

最近、市販のアリゴセットとかあるけど、それじゃイヤよ~
本場でいつの日か食べたい!





ただの、すごくリッチなマッシュポテトになっちゃいましたが、
じゃがいも、バター、チーズ。
間違いなく美味しい物が入ってますのでね、
味は、イイんです。

b0129725_14053937.jpg

失敗しても美味しかった。
アリゴと思わずに、また、コレ、作ってみよう。
by miccahang | 2014-12-16 14:54 | ・日本のチーズ達 | Trackback | Comments(4)
erikaサンから頂いた、白糠酪恵舎のロビオーラ
ワクワク♪

b0129725_14391673.jpg


ピンク色の外皮がキュートですね♪
b0129725_14411320.jpg
穏やかな風味~まろやか~
食べやすくて、ウォッシュタイプが苦手な人でもいけちゃいますね!


ロビオーラなので、イタリアつながりで、キアンティを開けてみました♪
ぁ~ん、そういうの、楽しい♪





そして、松前漬。
あまりにも気に入ってしまったので、おねだりして、一緒に送ってもらったんです♪
b0129725_12484740.jpg


なるほど~
熟成させると、ネバネバが増してくるのですね!

はぁ~~ん、美味しい!
んもー、ゴハン、2膳、食べちゃうね!!








先日、こんりえちゃんが遊びに来てくれた時に、ちょこっと出して。
自分が知らなかったから、世の中の誰も知らないんじゃないかって、思っちゃって^^(笑)お恥ずかしい♪


こんりえちゃん宅では、ポピュラーだったそう!
そして、ご自宅で漬けちゃうって聞いて、更に、びっくり~。


うちのにゃお氏の実家の秋田でも、似てる漬物があったって言ってかたら、こんりえちゃんトコロも秋田からの~つながり、なのかな。
なんて、勝手に思ったりして。


こちらの味わいを目指して、自分でも漬けてみたい!
漬けたい指数が跳ね上がりました!


ほんっとに、北海道の美味しい物を頂けて、嬉し過ぎます、ありがとうございました♪016.gif

by miccahang | 2014-12-15 00:01 | ・日本のチーズ達 | Trackback | Comments(4)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31