2017年 12月 07日 ( 1 )

久しぶりのストラッキーノ♬
フレッシュでクリーミーなチーズで、
スプレッド状と言えるくらい柔らか。
たまらなく好きなチーズです^^



b0129725_18255550.jpg


手のひらサイズの豆腐のようでカワユイ。


b0129725_18263422.jpg


前回 、と同じメーカーで、こんな、小分けタイプがあったのですね~。
これは、使いやすい。


毎回同じですが、クロスティーニにしちゃいましょう~。



b0129725_18345501.jpg


ひき肉に塩・胡椒・フィノッキオを混ぜ込んで、2日間寝かせて、
ストラッキーノを混ぜ混ぜして。
バゲットに塗って、オーブンで焼くだけです~。


b0129725_18363585.jpg


豚さんの肉汁とストラッキーノが溶け合って、バゲットに染み込んでます~。
くぅ~~~、たまらん♬



ストラッキーノの歴史は古く、5~6世紀頃から作られていたそうです。
アルプスやロンバルディア州など、冬の寒さが厳しい地域では、
熟成させずすぐに食べる事が出来るチーズと
長期保存出来るチーズの二大巨頭がある気がしますね。

ゴルゴンゾーラやタレッジョなど、ロンバルディア州のチーズは、
このストラッキーノから派生したチーズなので、
ゴルゴンゾーラ・ドルチェの柔らかい生地、
タレッジョのムッチリ具合、
間違いなくストラッキーノの仲間だな!と思えます。



★ オマケ ★


秋の初め、イタリアの北部の村で、買って来てくれた、「栗のクリーム」



b0129725_19020761.jpg


手作り感満載のラベルがカワイイ。
栗さんの風味を生かす、控え目な甘さ。
素敵です!


[PR]
by miccahang | 2017-12-07 19:10 | ・イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(2)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31