サンセバdeバル巡り ~その1

サン・ジャン・ド・リュズを出発して、高速道路を走らず、
海岸線を走る、D912号線でスペインへ入ります。

この海岸線の景色が素晴らしかった~。

高速道路で越境すると、国境警備隊にいくつかの質問をされましたが、
県道だと、いつの間にかに越境しちゃいます。

スペインへ戻ると、風景の色が全然違う事に驚きます。
オンダリビアの近くを通るGI3440線を走り、サンセバスチャンへ向かいます。
この道も風景が面白かった!

出発前に、グーグルマップでマイマップを作り、
宿泊ホテルや、行きたいバルなどを登録していたのですが、
驚いたのは、グーグルマップでは、
サンセバスチャンの表記が「ドノスティア」になっている事。

サンセバスチャンは、公用語のスペイン語
ドノスティアは、バスク語

どちらも、サンセバスチャンの守護聖人の「聖セバスティアン」の意味。

看板などでは、「ドノスティアーサンセバスチャン」と表記されるのですが、
10年前に来た時は、黒いスプレーで「サンセバスチャン」の方が消されている事が多かったのです。

バスクも独立を訴え活動するETAと言う組織がありますが、
昨年、完全武装解除をすると表明。
グーグルマップに、バスク語の「ドノスティア」のみを表記出来るというのは、
バスク人にとって嬉しい事だろうな、と思うのでした。


そんなこんなで、サンセバスチャンに到着。
10年前に見た覚えのある風景を探してしまいます。

b0129725_12322445.jpg


ホテルにチェックインして、早速、バルでランチに繰り出します~♪
ホテルは旧市街の中ですが、ホテルと契約している駐車場が、
旧市街とグロス地区をつなぐ橋のたもとにあったので、
車を置きがてら、グロス地区へ行く事にします。



b0129725_12371704.jpg

超有名店。

b0129725_12394990.jpg
バスクの微発砲白ワイン、チャコリ、ピンチョスを4種類。
ピンチョスの写真をちゃんと撮ってなかった。

さすがに、どれも完成度が高い!
一口食べた時の全体のバランスが良いんですね!


旧市街へ戻る途中で気になったこちらのバルへ入ってみました。


b0129725_12454075.jpg


ここは、かなりリーズナブルでした。

b0129725_12461150.jpg


アーティチョークのヒルダみたいな。

b0129725_12464197.jpg


たこが柔らかい~


b0129725_12470453.jpg

ここでも、また、チャコリ。

b0129725_12472392.jpg

チャコリは、こうして、ボトルを高く掲げて注ぐと、香りがより引き立つそう。



すっかり酔い気分で、旧市街へ戻って来ました。


b0129725_12540995.jpg

折角、グーグルマップに色々な行きたいバルをチェックしたのに、
全然見もしないで、気になったバルに入る。
お目当てのバルへ行くのも良し、フラッと入るのも良しですな。


b0129725_12560868.jpg

またまたチャコリ。

b0129725_12563673.jpg

もうちょっとウニの風味が欲しいかな。


b0129725_12573714.jpg

チャングーロの甲羅焼き
これも、まずまず。

b0129725_12581164.jpg

お昼の部は、これくらいにして、ホテルに戻って、ちょこっとシエスタ。
夜の部に備えます。

[PR]
トラックバックURL : https://miccamiban.exblog.jp/tb/28167060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miccahang | 2018-03-01 16:14 | ・バスク美食の旅 | Trackback | Comments(0)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30