ゴドノフ東京 @丸ビル

会員登録をしている一休.comから、時々届く、クーポン券。
今回は、レストランで使える1000円券をもらったので、
ちょいと外食しちゃおっかな!


ちょっと気になっていた、ゴドノフ東京、行って来ました。
モスクワにあるゴドノフの本店は、皇帝御用達のレストランとの事。

「皇帝御用達」ってなんか、スゴイ。




b0129725_18090042.jpg

テーブル席は、ほぼ満席でした。


b0129725_18094869.jpg

シュパーテンのミュンヘナーで乾杯。
かー、染みるー。
この日は、風が強くて、花粉が飛びまくっていたようで、
花粉症ではないワタシですら、目が痒くて喉がイガイガ。
すっきりラガーがピッタリでした。




b0129725_18202524.jpg

8種食材のサラダオリビエ




b0129725_18281928.jpg

きゃー♪
お待ちかねのペリメニ
ロシア風水餃子ですね!
ぁ~、いつか、ロシアで食べたい。
真ん中に入っているのは、サワークリーム、スメタナです。
もうね、スメタナが入ったら、間違いなく美味しい!


b0129725_18275841.jpg

サラダは、2種類から選べたので、一つづつを半分こ。

・冷製牛肉のスライス、ストロガニーナ
・スモークサーモンのヴィネグレットソース


ストロガニーナに掛かっているドレッシングが美味しかった。



ジョージアのワインが豊富に揃っていたので、サペラヴィをもらいました。


b0129725_18373456.jpg

サペラヴィは、ジョージアの土着品種なので、ジョージアらしいワインですね。
アルコール度数が12%とは思えない、ボリューム感のあるワインで、すごく美味しかった。




b0129725_18363836.jpg


ボルシチ
こちらは、ゴドノフの本店と同じレシピなのだそう。
派手さはないけど、しみじみ美味しい。


スメタナが別の容器で出て来まして、途中で加えて下さい、との事。



b0129725_18451440.jpg

だいぶ早い段階でスメタナ投入。
スメタナ最強。


丸いパンは、ピロシキ。
こちらも本店と同じレシピだそうです。

ピロシキって、カレーパンの様に揚げているイメージが強かったのだけど、
こちらの様に、がっつり揚げてないピロシキもあるのですね、知らなかったー。
アタシ、こっちの方が好きかも。



メイン料理も2種類から選べたので、一つづつ。



b0129725_18495478.jpg


本店王道のクラシックストロガノフ
美味しいわ~。
量が少なそうに見えるけど、ドカンとずっしりお腹いっぱいになって来た。
クリーム系がふんだんに使われているからかしらね。


b0129725_18532571.jpg

本店のスペシャリテ、ポッチャレボック
初めて聞いた料理名です!

三元豚、リンゴ、ナッツを巻いて焼いた料理だそうです。
豚さんとリンゴの相性の良さは、言わずもがなですが、
いや、しかし、美味しい。


メイン料理の前までは、ちょっと腹五分目くらいだったのだけど、
メインでずっしり満足。

日本人に合うようにアレンジしている部分も多少はあるのだと思うけど、
本店と同じレシピのお皿も多かったですし、
非常に、楽しめました。
ロシア料理、好きだわ~~♪
再訪したいと思います。

# by miccahang | 2019-03-14 19:19 | @ 食べる! | Trackback | Comments(4)
シチリア島で買って来てもらったチーズ。


b0129725_18232588.jpg


ラグーサで作られる、ラグサーノと言うチーズ。

ラグーサ近郊でしか作られていないので、生産量が少なく、ほとんどが地元消費。
イタリア本土どころか、シチリア島内でもラグーサ以外の地域ではあまり売られていないらしい。
そして、ほとんどが農家製で、作っているお父さんの顔が浮かんできそうです。

牛さんのミルクから、パスタフィラータ製法で作られる。
モッツァレッラチーズと同じ製法ですね。
なので、ラグサーノも加熱すると溶けやすい。

これを使って、チーズクッキーを作ってみました。


b0129725_22373086.jpg

だいぶ硬質になっているラグサーノです。



b0129725_18313706.jpg

米粉を使って、ヘルシーに。
なんてね、バターもたっぷり砂糖もたっぷりです♪



b0129725_18324650.jpg

ほんのりラグサーノの香りがするけど、
もうちょっとチーズの風味が欲しい、もっと沢山入れれば良かったな。

米粉でクッキーを初めて作ったけれど、こんな食感になるのね~。
ホロホロと崩れる感じ、チーズの風味・・・
カロリーメイトに似てる。


いや、しかし、美味しい。
もうちょっと沢山チーズを入れて、再挑戦してみよう。

# by miccahang | 2019-03-12 18:39 | ・イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(2)

ZURRIOLA @結婚記念日

結婚記念日に、銀座にあるZURRIOLAで食事をして来ました。
ミシュランの2つ星に輝いているレストランです。

ZURRIOLAは、サンセバスチャンにある海岸の名前で、
オーナーシェフは、
サンセバスチャンの旧市街にあるレストランでシェフをされていたのだそう。

私がサンセバスチャンに行った時は、
そのレストランはお休みだったので外観だけでもと、
見に行ったほど有名なレストランです。

更に、オーナーシェフは、東京のサンパウでもスーシェフをされていた御方ですので、
期待が高まります。


b0129725_11451968.jpg


カウンター席を希望しましたが、
既に予約で埋まってしまったとの事で、テーブル席です。


b0129725_11480337.jpg



許可を頂き、ササッとスマホで撮影。
なので、料理の美しさが伝わらない写真ばかりだけど、自分の備忘録にはヨシとしよう。


スペイン料理のレストランですのでね、乾杯は、カヴァを頂きます。
お水もカタルーニャのスパークリングウォーター、「VICHY」でした。


b0129725_11511580.jpg


アミューズ


b0129725_11532921.jpg

左側の丸い物は、一口で食べて下さいとの事。
中から、ピリッと辛いオリーブオイルが出て来ました。
好みの辛さ♪



b0129725_11544910.jpg

3種類のタパス。
左の黒いお皿は、バスクのバルでは必ずと言っていいほど並ぶ「ヒルダ」と言うピンチョスを模した物。
青唐辛子のピクルス、オリーブの実、アンチョビが渾然一体となる一品でした。
右のチョリソも自家製。フエの様なねっとりした噛み応え、じんわりと旨味が広がりました。




b0129725_11590661.jpg

塩鱈のフリット
葉でくるっと包んで頂きます。
ナッツが下に忍ばせてあって、香ばしさがプラスされてイイわ~。




b0129725_12024082.jpg

シェフのスペシャリテの一つ
ペドロヒメネスが香るフォアグラ
フォアグラは、下処理をした後、
ポルトガルの酒精強化ワイン「マデイラ」に漬け込むことが多いそうですが、
こちらでは、スペインの酒精強化ワインであるシェリーの中でも黒蜜の様な甘さの
「ペドロヒメネス」に漬け込んだもの。
シェリービネガーのジュレが掛かっていて、ほんのりとした酸味と相まって、
美味し過ぎました!

ゴムベラでキレイに拭い取りたいくらい美味しかった。
すると、ソムリエさん「スパチュラをお持ちしましょうか(笑)」
いやいや、ホントに欲しかった。

上に乗っている「マラガ産のレーズン」これがまた美味しかった。
マラガのレーズンが有名だとは知りませんでした!



b0129725_12154205.jpg

茹でたことほうれん草とジャガイモのムース
タコさん、やわらか~い。
こちらもスパチュラ使いたい美味しさ。



b0129725_12190655.jpg

カトラリーも勿論、カッチョイイです。



b0129725_12194109.jpg

もう一つのスペシャリテ
軽く燻したキャビアのラビオリ
運ばれてきた時から、スモークの香りが漂って来て、葉巻のような香り。
これは、バスクの技術を感じちゃいます!
ナイフで切ると、ラビオリの中から緑色のソースが溢れて来て、キャビアと一緒に食べる。
なんと言う事でしょう。
こんなに美味しいキャビアの料理は初めてかも!
スパチュラ、カモーン!




b0129725_15162716.jpg

アンコウのスッケ
スッケは、漁師さんの鍋料理という感じで、カタルーニャのコスタブラバの名物料理なのだけど、
これ、大好きなんです。
魚介の旨みがたっぷりのスープが注がれて完成。
とっても上品なスッケでした。



海の幸の料理が続いたので、白ワインをボトルで頂いてました。
ボトルの写真を撮り忘れ。



b0129725_15271429.jpg


大好きなリアスバイシャスのアルバリーニョ。
Luscoと言う作り手さん。
ソムリエさんのお話だと、
ぎりぎりまで完熟させたアルバリーニョ種の白ブドウから醸しているそうで、
厚みのある美味しいワインでした。
今度、購入してみようと思います。




b0129725_15392377.jpg

パンは、フォカッチャぽい感じ。
お塩は、バスクのアニャナかな?
聞いてみれば良かった。
私もバスクで買い求めて以来、何度か買って来てもらってます。



b0129725_15411225.jpg

こんな感じの箱。
フレーク状なので、溶けやすい。


b0129725_15443959.jpg

辛味のある緑色のオリーブオイルがすごく美味しい。


b0129725_15455674.jpg

お肉料理に合わせて、赤ワインをグラスで。
リオハのテンプラニーリョ


b0129725_15464215.jpg

アカ牛の炭火焼き


b0129725_15492558.jpg

ピキーヨスピーマンの煮込みと一緒に頂く。
ピキージョ、ピキーリョ、とも発音される肉厚なピーマンですね。


b0129725_15514701.jpg
3種類のチーズと付け合わせ
ルーロ・デ・カブラ(山羊さん)、マンチェゴ(羊さん)、ゴルゴンゾーラピカンテ(牛さん)
ゴルゴンゾーラだけイタリアね。
そこは、カブラレスにして欲しかったな~なんて。


b0129725_15554154.jpg

お口直し的なさっぱりヨーグルトのシャーベット、美味しい~。



b0129725_15564028.jpg

メレンゲとローズマリーのアイス
ローズマリーのアイスなんて、初めての味わい。
なんともさっぱりする、消化を促してくれそうなアイスです。


b0129725_15580800.jpg

お恥ずかしながら、結婚記念日ですと伝えていたので、
「おめでとうございます!」のデコレーションをしてくれてます。
ええ、モチロン、そこもちゃんと舐めましたわ。




妄想していた以上の素晴らしお料理の数々。
憧れのレストランに来れて、大満足の記念日になりました。
再訪出来る事を夢見て。

# by miccahang | 2019-03-01 16:13 | ・バスク美食の旅 | Trackback | Comments(8)

「こぼれ梅」が美味しい

お取り寄せしている本みりんがありまして、



この本みりんを作った時に出る副産物の「みりん粕」
これが、めちゃ美味しい。


伝統的な製法で作った「みりん」からしか出来ないらしいです。
梅の花が咲きこぼれるサマに似ていることから「こぼれ梅」と呼ばれるそうです。




b0129725_14491331.jpg


数年前に購入して以来、ご無沙汰だったのだけど、
こぼれ梅を使ったクッキーが美味しかったので、
また、作りたいなと、購入しました。

お酒が飲めない状態が続いていたので、
ヒジョーに甘い物が食べたかった!


b0129725_14524967.jpg

米粉と胡桃を混ぜるだけの簡単クッキー。


b0129725_14534061.jpg

こぼれ梅は、こんな感じ。
濃厚なみりんの香り。
昔は、そのまま、おやつに食べられていたそう。
お酒っぽさを感じます。


b0129725_14545013.jpg

かわいい~
オーブンに行ってこ~い。


b0129725_14551950.jpg

モチっとしたクッキーに仕上がって、いくらでも食べられちゃうわ。
みりん粕に甘味があるので、砂糖は一切入れてないのに、
ほんのり甘くて、ヘルシーおやつ。


b0129725_14563633.jpg



「こぼれ梅」は、ゴハンのおかずにも使えるようで。
COOKPADで、「ハンバーグにこぼれ梅」と言うレシピを見まして、
早速、作ってみました。


b0129725_11233527.jpg


めちゃ美味しくて、ハンバーグ師匠ばりに「ハンバーーーグ」と叫びそうでした。

ハンバーグは、いつも、フライパンで焼き目を付けてからオーブンで焼いているのだけど、
今回は、オーブンで30分、じっくり焼き上げ。
うーん、やっぱり、焼き色が、欲しいな。





酒粕、甘酒、米こうじも一緒に購入。


b0129725_14572089.jpg

甘酒が大好き。
暑い時期は、ヨーグルトと混ぜるのにハマりましたが、冬は、これがイイわ~。


b0129725_14582070.jpg

甘酒の甘さをビシッと引き締めてくれるくらい、
たっぷりの、すりおろしショウガを入れるのがたまらない。

こんだけショウガを食べてたら、風邪を引く気がしない。
年末に軽く風邪ひいたけど、今年は風邪を引かずに乗り切りたいわ~。

# by miccahang | 2019-02-28 12:49 | @ 食べる! | Trackback | Comments(0)
銀座に行く用事があったので、久しぶりにリンツカフェに。
平日限定のケーキセット、これにする~♪




b0129725_12565229.jpg

お好きなケーキと飲み物のセットですが、
「お好き」なケーキではなく、「高い」ケーキを頼みますわね。
エセレブは当然ざますね。

あら、でも、リンツのケーキは、ちょっとイマイチね。意外!
見た目からして「ツヤ」感が無い~。


b0129725_13045722.jpg

アイスチョコレートドリンクは、ダークチョコレート。
ストローもダークチョコレート色で、食べれるんじゃないか?って思っちゃう。
コーディネート感がイイわ~。

チョコレートのしずく、カワイイ。
これも、「スプーンでガリガリ食べて下さいッ」との事でしたので、
遠慮なくガリガリやりました。

次回は、これ食べたい。











昨年の夏頃かな、アンジェリーナでケーキ。



b0129725_13161894.jpg

アンジェリーナも、かなり久しぶりで、
塩キャラメルモンブランなんて季節限定メニューがあった。
でも、やっぱり、普通のモンブランが食べたいな。
近いうちに再訪しよう、と思っていたのに。

なんと!
昨年いっぱいで、閉店してた!
ショック。
高校時代の友人が製菓学校を卒業して初めて就職したのがアンジェリーナで、
仲間で食べに行ったのが初めてのアンジェリーナでした。
若き日の思ひ出ごと無くなってしまったような、とっても寂しい気分。

ケーキショップは残っているそうなのでちょっとだけ、ホッ。

# by miccahang | 2019-02-25 13:35 | @ 食べる! | Trackback | Comments(6)
ワタクシ、知らなかったのだけど、
バスク風チーズケーキって、流行っているのね!

サンセバスティアンにあるバル、ラ・ヴィーニャのトルタ・デ・ケソ


b0129725_12393807.jpg



ホテルの朝食で食べた、トルタ・デ・ケソ。


b0129725_17015793.jpg

信じられないくらい美味しかったのよね。


お料理雑誌に、
なんと!ラ・ヴィーニャのトルタ・デ・ケソのレシピが掲載されていた!
自分で作る!っていう発想がこれっぽちも浮かんでなかったので、目から鱗でしたわ。

ナニナニ、結構、簡単そうじゃない~。



b0129725_15540182.jpg

やっちまった、コゲ過ぎた。
でも、オーブンから取り出すと、ふるふる、ふるってる。
外は、コゲ気味だけど、中は、良い感じなんじゃないかしらッ!


常温で6時間くらい冷まして、おデザに頂きます。


b0129725_08295652.jpg

ええ。
あんな風にふわふわとろとろに出来上がるとは思いませんでしたけどね。

不味くなりようがない材料、
クリームチーズ、生クリーム、卵、砂糖、小麦粉、だけなので、
こう見えても、味は良いんですよ。

敗因は、15センチの型のレシピを18センチの型で焼いた事かしらね。
まず、15センチの型を買わないと。
はたまた、2倍の量の材料で作るか。





白金高輪にラ・ヴィーニャで修業をした御方が
トルタ・デ・ケソのお店をオープンされていまして、


なかなか行く機会の無いエリアだけど、
サンセバスティアンに行くよりは遥かに近いので、買いに行きたいな~。


# by miccahang | 2019-02-17 08:45 | ・バスク美食の旅 | Trackback | Comments(4)
生活クラブ生協のカタログに、
「花咲かに鉄砲汁用」と言う、お初にお目にかかりますな消費財がありました。


花咲ガニが大好きなので、早速、注文してみました。
先日、たっぷり1.6kgの花咲ガニを食べちゃったもんで、


b0129725_10224050.jpg

配達された物を見て、「少なッ!」と思っちゃいましたわ。
裏面に調理方法が書かれていて、
「4人前」
うっそやーん!
この一パックで、4人前取っちゃう?


b0129725_10270038.jpg

この少量の花咲ガニでも、しっかり旨みを出し切ってくれてます。
カニの身は、食べるものではなく、旨味を出してくれる物なのね。

これは、充分、4人前取れるわ。
花咲ガニ、やっぱり、スゴイ。

翌朝は、ここにゴハンを入れて、雑炊に。
ぁぁ、美味しい。


生活クラブ生協で購入した、しめ鯖で、押し寿司を作ってみた。


b0129725_10303453.jpg

ぁぁ、鯖ラブ♪

# by miccahang | 2019-02-08 10:38 | @ 食べる! | Trackback | Comments(0)
東京都美術館で開催されていたムンク展


終了日ギリギリ押せ押せの日に行く事に。
週末は混むよね~とホンワカ思いながら、朝イチで行く。

上野駅構内のチケット販売ブースが既に長蛇の列。
嫌な予感。

上野公園内を競歩並みにブリブリ急いで行くも、
最後尾60分待ちのプラカードが。

ナメてたー。

まぁ、イイか。本場で鑑賞出来ることを願って断念。
今年の夏休みは、北欧の旅を計画中。
その予習で鑑賞しようと思ったのだけど、60分、並べない。

ムンク、北欧、と言うと、水曜どうでしょう、を思い出す。
あれは、本当に面白かった。

公園内を1時間ほど散歩して、すしざんまいでランチ。

千駄木、根津、谷中、下町をのんびり歩きながら、日暮里方面へ。

谷中に有名な穴子すしのお店があるのね、知らなかった。
穴子好きさんは、ご存知かな~。


谷中にある、こちらのフレンチも、今度来てみたいな。





ワレワレの目的は、こちら。


b0129725_13325833.jpg


ショコラティエ・イナムラショウゾウ




イナムラショウゾウのケーキのうち、
チョコレートを使用したケーキとショコラが購入できるチョコレート専門店。
こちらは、イートインが出来るので、お茶にしましょ。

久々の訪問。
ケーキは、ちょくちょく買いに行くのだけど、ショコラティエの方は、久しぶり。



b0129725_13361473.jpg

二人とも、ショコラ・ドゥ・ショコラ。
にゃお氏がどぅーしても飲みたいッ!と、ショコラショーもオーダーしてみました。
ショコラショーも濃厚で美味しかったー。

ショコラ三昧で、しばらくチョコレートは、イイわ~。



b0129725_13412023.jpg

と、言いながら、翌日の朝食にショコラショー作ってみた。



b0129725_13422101.jpg

スペインで購入した、分厚過ぎる板チョコを鍋で溶かして。
チュロスを付けて食べたいな~。

# by miccahang | 2019-02-02 13:49 | @ 食べる! | Trackback | Comments(10)
カタルーニャ厨房カサマイヤでりりーちゃんの誕生日会をして来ました。



b0129725_10202141.jpg

いつも季節感のある素敵なリースが飾られていますが、
ミモザのリース、とってもステキ。
こんな所が、女性オーナーらしいキメの細やかさだなぁと感じちゃいます。

ミモザの花言葉を調べてみると、
「優雅」「友情」
ですって♪
今日の日にふさわしいな~♡なんて。


カサマイヤでは、いつも、カバさんを頂きますが、
この日は、
ワタクシもりりーちゃんも服薬中だったため、仲良くソフトドリンクを。


ジンジャーエールを頂いたのだけど、
グラスを口に運んだだけで、
弾ける泡に乗りピリッとしたショウガが
鼻に喉に突き刺さる。


めちゃ美味しい!
お酒が飲めないなりに、新たな出会いがある物ですねぇ。


そして!


b0129725_10311142.jpg

きゃー!


下仁田ネギのカルソッツ。
トロトロであまーーーい。


カタルーニャの冬の風物詩であるカルソッツ、食べてみたかったの~。


カルソッツに添えられているオレンジ色のソースが、
サルサ・ロメスコ。

以前、スペインに住んでいた友人から「ニョラス」をもらって、
自作した事があるのだけど、




ニョラスの戻し方が正しかったのか?
シェフに聞いてみました!

シェフの裏ワザを聞けちゃいました!
その裏ワザは、ナイショです♡

今度、また作ってみようと思います。
サルサ・ロメスコ、美味し過ぎて、最後は、パンで拭って。


大好物の自家製ブティファラを頂いて、デザートは、
フランです~♪


b0129725_10495088.jpg

ディナーのアラカルトのデザートメニューですが、リクエスト。
もぅね、世の中で一番美味しいフランです。


「毎日、毎回、一つとして同じ物は出来ないのが不思議です。
 ライフワークですね」

と。
真摯な姿勢にとっても感動しました。


カサマイヤを出て、
フランの「ふるふる」がたまらなかったね~と話していると、

りりー「でも、ミカハンの方がふるふるだった!」
アタイ「えー!あたしは、りりーちゃんの方がふるふるだー!って横目で見てたよ!」

隣のフランはふるふるに見える。
と言う事ですね。



更新を通知する

# by miccahang | 2019-01-25 11:08 | @ 食べる! | Trackback | Comments(10)
デュラム小麦の祖先、古代小麦のカムットの小麦粉でパスタを打ってみました。


b0129725_14451639.jpg


自分で打ちたいと思いつつ、なかなか重い腰が上がらず。
ようやく、やるかー!となりました。


パンを焼いた時に、水分調節が難しかったのだけど、
ちょっと多めにしたつもりでしたが、まだ少なかった。


b0129725_14460956.jpg

ホームベーカリーで生地をこねてもらっているので、
分量が、4人分、あー、疲れた。


ブロッコリーで和えました。


b0129725_14483445.jpg

やっぱり、ちょっとモチモチ感が足りなかった。
次回は、もう少し水分を多めで打ってみよう。


# by miccahang | 2019-01-21 14:55 | @ 食べる! | Trackback | Comments(0)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31