人気ブログランキング |
去年の4月頃、アナザースカイで陳建一さんが、中国四川省へ行く放送を観て以来、
行ってみたかった赤坂四川飯店。

やっと、行ける~。


b0129725_23102538.jpg


昭和の匂いが漂いまくっているビル。
エレベーターで上がると、そこはもう、四川飯店。

ワレワレは、アラカルトで料理を取りたいので、
事前にメニューをじっくりと吟味して、5品をピックアップしていました。

2~3人前の小盆が一番小さなお皿ですが、
どれくらいのボリュームがあるのか分からないので、
聞いてみる。

二人で5品は多いかもしれない。
1~2人前の極小盆と言う事も出来ますよ。
それだったら、5品で大丈夫だと思う。

との事。
メニューには極小盆の事は記載されてなかったのに、
こちらの要望に対応してもらるなんて。好感度アップ♪

25年熟成の甕出し老酒、行きましょう!
こちらは、火入れをしていない老酒なのだそうです。

b0129725_23201058.jpg


やっぱり、中華には老酒ですなぁ。


b0129725_23241191.jpg


アワビの胡麻煮込み

b0129725_23265581.jpg


アワビやわらか~

b0129725_23274063.jpg


豚肉の山椒とクミン炒め
シビレる~~
シャンツァイたっぷり。
ワタクシ、こんなにたっぷりは、やっぱり、食べられない。ちびっとだけもらう。

b0129725_23292272.jpg


インゲン豆の香り炒め


b0129725_23300200.jpg



牛肉の甘味噌炒め
中華クレープに巻いて
クレープもっちもち~

わたくしは、もうだいぶお腹いっぱいになりそうな感じでしたが、
満腹中枢に届くのが遅いにゃお氏は、「もう一品食べたいッ」とこちらをオーダー。

b0129725_23305259.jpg

牛肉のオイスターソース
やっぱり、この一品は多かった。
美味しかったけど。

b0129725_23332833.jpg


絶対に、これ、食べなきゃね!
陳麻婆豆腐

シビレるー。

唐辛子の辛さって、口から火が出る例えするけど、
赤い火が、ボーーーーッ、って出るイメージで、

山椒の辛さって、ハーーーーーッ、って青い火が出るイメージだなと思いました。

オーソドックスな四川料理、美味しかった!
ヌーベルシノワよりもオーソドックスが好き!

b0129725_23401222.jpg


マンゴープリンと


b0129725_23403192.jpg



タピオカ入りココナッツミルク
キウイが乗ってるとは思わなかった。
わたくし、キウイのアレルギーがあるもので、次回は、無しにしてもらおう。

ちなみに、
極小盆のお値段は、小盆の25%オフの価格になっていました。
とっても良心的な気がして、ファンになっちゃいますねぇ。
是非とも、再訪したい!


翌朝、にゃお氏の仕事が早いと言う事で、赤坂見附のホテルに泊まる事に。


b0129725_23464445.jpg


シャレシャレ過ぎて、ホテル名読みづらい。
入り口が分かりづらくて、裏に行っちゃう。


b0129725_23472995.jpg


狭いけど、機能的な部屋。

b0129725_23474589.jpg


シンプルにシャレてるな~、イマドキっぽいね。


b0129725_23482842.jpg


バスルームにはベッド側からもアクセス出来て、引き戸を閉めと壁になる。

翌日は、一人で赤坂見附を歩いてみた。
学生時代、赤坂見附のフレンチレストランでバイトをしていた事があるので、
懐かしかった。
東京2020へ向けてのソレなのか、新しいこういった小規模なホテルが沢山出来ていて
驚いた。

# by miccahang | 2019-09-19 15:29 | @ 食べる! | Trackback | Comments(5)
8月の終わり頃の話ですが、
半期に一度のお楽しみ
カタルーニャ厨房カサマイヤでランチに行って来ました♪

りりーちゃんとお互いの誕生日はコチラでお祝いする事が恒例となりました。


b0129725_21193817.jpg


カタルーニャの旗を見ると、ワクワクします。


b0129725_21202534.jpg

わたくし、カヴァさん。


b0129725_21210406.jpg



暑い日でしたので、爽やかなガスパッチョでさっぱり。
きゅうりって意外と冷蔵庫に残りがち。
そうか!ガスパッチョにしよう♪


b0129725_21240385.jpg


くし切りになっている、オレンジ色のトマトがとーっても甘かった。


b0129725_21244725.jpg




そして、そして、大好物の自家製ブティファラ~
美味しー!

わたくし、腸詰めを作ってみたいけど、
ケーシングも羊さんが良いのか?豚さんが良いのか?
アレコレとアドバイスを貰えました。

でも、ここで、食べられるから、まぁイイか、なんて思えたりする。


b0129725_21292399.jpg


かろうじて、形を保ってます、ってくらい、ふるふるのフラン。
ぁぁ~♡
このフランの為にまた来ます。
りりーちゃん、ごちそうさまでした♬



# by miccahang | 2019-09-18 21:31 | @ 食べる! | Trackback | Comments(0)
ホテルにチェックインして、夕食を食べに行きます。

ググルマップ子さんにお伺いしたお店に行こうと思っていましたが、
ホテルのダンディーなオーナーさんにもオススメを聞いてみる。
なんと、ググルマップ子さんと同じお店でした!

迷い無き決定!


b0129725_15423937.jpg

スカンジナビア料理のお店です。



b0129725_15441482.jpg

テラス席はいっぱいでしたが、店内は、がら~ん。


b0129725_15445640.jpg

ここのお店で嬉しかったのは、
チェコのビール、スタロプラメンのドラフトビールがあった事!
んもーー!大好きなの!
おいしー!
北欧のビールも良いんだけど、
色々とスパイスが入ってたりするので、シンプルなピルスナーが飲みたかった!



b0129725_16092284.jpg

確か、スウェーデンの豚さんのお肉のパスタだったハズなのだけど。
メニューを見返してみると、シーフードパスタになってるな。
そうだったけね^^
野菜の火の入り方が硬めで好み。



b0129725_16315005.jpg

仔牛のミートボール
フレッシュな赤スグリが添えられていて、スウェーデンしてる~って一品。
美味しかった!


b0129725_16342120.jpg

メニューには、「G」や「L」のマークが付いていて、
グルテンフリー、ラクトースフリーのマークでした。
北欧では、ラクトースフリーも良く見かけました。

手書きっぽく書かれているのは「スウェーデンのお肉使ってます!」の文字。
こう言うのが書いてあると、嬉しい。
そういうメニューを選びたいもんね。



で。
旅行に行く前に、何故、水曜どうでしょうを観返さなかったのか、と思った一件。
このレストランから歩いて、ホテルに帰る道すがら、ベストウェスタンがあるなぁと思っていたのだけど。
帰国してから観返したのですが、なんと、どうでしょう班が泊ったホテルだったのでした!
特に何がある訳でもない地方都市(失礼)で宿泊地がかぶるってなかなか無いと思うので、
どうでしょう班が泊ったホテルだー!と感慨に耽りたかった(笑)

フィヨルドを見るルートに行くかを決めた会議が行われたホテルと言えば、
お分かりになりますよね!
ホテルのホームページを見ると、外観は変わってなかったので、
お好きな方は、是非、見てみてくださいな♪




# by miccahang | 2019-09-13 17:07 | ・北欧の旅 | Trackback | Comments(5)
スモーゲンはホテルが圧倒的に少なく、しかも小規模。
2軒のお宿にアタックしましたが、満室でした。

スモーゲンの近隣には、大きな街が無く、ホテルも無い。
車で1時間ほどの街、ウッデヴァッラまで行かないと、ホテルが無かった。
唯一取れたホテルは、シングル2室。

別々の部屋に泊まるって、なんかウケる。

ブッキングドットコムで予約を完了して、ホテルに向かいます。


b0129725_11450037.jpg



ホテルと言うよりペンションに近い感じかしらね。



b0129725_11495120.jpg

オーナーの男性が物凄く上品な雰囲気、美しい英語、ウーハーが効いたシブイ声。
カッチョイイ~♪


b0129725_11522346.jpg

レセプション横のラウンジ。
ここで、優雅に本を読んでいるのが似合うわ~。



b0129725_11553838.jpg

私のお部屋。


b0129725_11561182.jpg

品があるのよね。



b0129725_14033148.jpg

右側にシャワーブースがありました。
一人旅気分を味わえて、なんだか、新鮮でした。


朝食会場も素敵。

b0129725_14054201.jpg

お庭に出てみました。


b0129725_14062200.jpg

雑誌、「私のカントリー」の表紙を飾りそうです。


b0129725_14074886.jpg

センスが良いんですよね~


b0129725_14082018.jpg

沢山置いてあるのに、まとまってる。



b0129725_14085569.jpg


コーヒーや紅茶のブース


b0129725_14093487.jpg

左奥にキッチンがあるようでした。


b0129725_14092535.jpg

チーズもたっぷり


b0129725_14104704.jpg


ホテルヴァイキング、
名前とは真逆の上品でキメの細かい配慮がされた素敵なホテルでした。





b0129725_14120461.jpg

箱に鍵をドロップして、チェックアウト完了。

# by miccahang | 2019-09-10 14:19 | ・北欧の旅 | Trackback | Comments(2)
スウェーデンで一番行ってみたかった街に向かいます。
昨晩、泊った街ハルムスタッドからは、270キロほどある。
なかなか遠い。

高速道路で延々と走ります。
北欧で渋滞は無かったと思ってたけど、忘れてた。
あった、あった。
イェーテボリを通過するのに20分掛かった。それでも20分。
これが唯一の渋滞でした。

どうでしょう班も走ったであろうE6号線をひた走る。




b0129725_14275475.jpg

小麦畑は、金色に輝いていた。


どう発音するのか分からないけど、「Gläborg」で高速道路を降り、
自然いっぱいの道を走る。
あの、赤い家。スウェーデン、スウェーデンしてる~と思い、立ち止まる。


b0129725_14335030.jpg

イケア色だわぁ~
って言うか、スウェーデン色ですな。


b0129725_14342937.jpg


緑が生い茂る中を走り、ぱっと開けたかと思うと、海に出た。



b0129725_14354459.jpg

うわぁ~、イメージする、スウェーデンの地の果ての雰囲気。


b0129725_14362874.jpg

目的の街の手前にある小さな集落でしたが、寂寥感があっていいな。
ここからさらに10分ほど走ると、お目当ての街、スモーゲンが見えて来た。



b0129725_14381881.jpg

別荘やヨットが立ち並び、ヴァカンスを楽しむヒトが沢山。
駐車場もちょうど満杯だったけど、ちょうど出る車があり、するりと停められた。


b0129725_15052955.jpg

一番有名な場所。




b0129725_15104661.jpg

ボードウォークを歩いてみます。



b0129725_15113131.jpg

パーリーなヒトがいっぱいのヨット。


b0129725_15124382.jpg

ワレワレは、ショップやレストランが並ぶ賑やかな所よりも、
地の果てを感じる様な風景がある、静かなエリアが好きだな。


b0129725_15135886.jpg

こんな所でバカンスしてみたい。

b0129725_15142413.jpg

b0129725_15150920.jpg

陽が傾いて来ると味わい深い。



b0129725_15155954.jpg




# by miccahang | 2019-09-09 15:21 | ・北欧の旅 | Trackback | Comments(2)

ハルムスタッドの夕食

ホテルにチェックインして、夕食に出掛けます。

グーグルマップ様に、近所にスウェーデン料理が食べれるお店があるか?
お伺いしてみた所、歩いて5分と掛からないお店を教えてくれた。

グーグルマップ様、ありがとう。



b0129725_11034980.jpg


良い雰囲気のお店♪
良さそう~♪



毎度ながら、お店の名前が読めない。

レストランは開店しているのだけど、店員さんの姿もない、お客さんの姿もない。
20時頃、一番賑わっている時間帯のはずなのに・・・
ありゃ、失敗のお店になるかも?


b0129725_11134682.jpg

レストランの奥へ入って行ってみると、
中庭があり、ガーデンレストラン風になっていた。
そこには、お客さん、いっぱ~い♬
満席でした!

夏が短いお国の方は、夏は外で食べたいのね♪

店員さんも「満席なの」と。
夜になっても気温も湿度も下がって来ない、熱波の序章が来ていたもので、
ワレワレは、空調の効いた店内の席を希望する。

どこでも座って~と言う事で、通りが見える窓際の席へ。


b0129725_11132931.jpg

とにかく、ビール。


b0129725_11165302.jpg

突き出しのこちら。
サワークリームとディルのディップと、ツナとクリームチーズのディップ。
おいしー!超おいしー!

お皿を舐めんばかりにペロリと食べきったら、オカワリいる?と。
いるいる~♪

暑かったので、カバさんをボトルで。


b0129725_11195153.jpg
流石、スウェーデン!
イケアのキャンドルホルダーですな♪


b0129725_11211822.jpg

スープドポワソンの様なスタイルで出て来た。
ホタテや白身のお魚は、絶妙な火入れでぷりっとふっくら。
日本人好み♪



b0129725_11244868.jpg

スウェーデンポークのグリル、ブルーチーズのソース
ん~♪
おいしー!

一皿がボリューム感ありましたので、お腹いっぱい。
美味しかった。
良いレストランに当たりました。


b0129725_11285657.jpg

ホテルの裏手に流れる川沿いをちょこっと散歩して、ホテルに戻りました。
どうやら、この川の名前、「ニッサン川」と言うらしい。
親しみを覚えるわぁ。

# by miccahang | 2019-09-08 11:36 | ・北欧の旅 | Trackback | Comments(0)
鹿さんの公園を後にして、北へ向かいます。
ヘルシングエーアからフェリーでスウェーデンのヘルシングボリへ渡ります。

高速道路の料金所と同じようなゲートで通行料を支払うと
「〇番レーンへ」と、表示され、指示に従い進む。
自家用車が作っている列の後ろに付く。


b0129725_11171177.jpg

利用者が多いので、船の時刻表などはなく、ピストン輸送。
10分くらい待ったかな。



b0129725_11181518.jpg

車ごと船に乗り込みます。


b0129725_11191071.jpg


船に乗り込む感覚がほとんどない。

b0129725_11193612.jpg

案内する係員などは居ないけれど、すんなりスムーズ。

b0129725_11210105.jpg

b0129725_11230539.jpg



ものの25分くらいの船旅ですが、甲板に出てみよう。



b0129725_11234366.jpg

甲板に出ると、既に出港後。
動く道路さながらですね。


b0129725_11245763.jpg

あ~、さよなら、デンマーク。
好きになったぞ、デンマーク。



b0129725_11255274.jpg

クロンボー城が見えました。
カッコイイな。


船内には、カフェがあったり、お買い物が出来るショップもあるけれど、
甲板に出て景色を見て、おトイレに行ったら、もう到着、と言う感じ。



b0129725_11285329.jpg

下船です。



b0129725_11291534.jpg

スウェーデンに戻って来ました。


そのまま少し南下して、目的の街へ向かう。
40分くらい掛かったかな。

街の散策を終えると、18時近かった。

にゃお氏は、イェーテボリまで行きたいと言うのだけど、240キロもある。
2時間半は、掛かる。
鹿ちゃん公園をいっぱい歩いたから疲れてたし、無理だよ~。


とりあえず、車を走らせながら、わたくしはホテル検索。
焦って来る。
全然、ホテルが無い。
満館だったりするし、やはり、ホテルの絶対数が少ない。
薄々気付いてはいたけれど、本気だわ、北欧。


100キロほど走った所にハルムスタッドと言う町があり、
郊外にステキなホテルを見つけた。
ブッキングドットコムには部屋を卸してないないのか、空き状況が分からない。

行って見る事に。
農園ホテルの様なステキなホテルでしたが、満室。

あ~ん、残念。

ハルムスタッドの街中のホテルが取れたので、良かった良かった。



ごく普通のホテルだったので、写真を撮っていなかった。
印象的だったのは、ランドリーバッグがビニール製では無く、紙製だった事。


b0129725_12002264.jpg


部屋のゴミ箱が分別しやすい物だった事。



b0129725_12005517.jpg

プラゴミ問題にも取り組んでいるのね。
旅の間で、使い終わったら、
コンタクトレンズ洗浄液のボトルを捨てて行こうと考えていたけれど、
他国にゴミを置いていく事に気が引けた。
今後も旅先でゴミを出さない様にしようと思ったのでした。

夕食編に続く。

# by miccahang | 2019-09-06 12:15 | ・北欧の旅 | Trackback | Comments(2)
泊ったホテルの周りには、お馬さんの小屋がいくつもあり、
乗馬を楽しむ方々が沢山いました。



b0129725_17371056.jpg


こんなに小さな頃から気軽に乗馬が出来たら、乗馬が身近な存在になりますよね~


b0129725_17380756.jpg

ホテルに近い入り口とは違う入り口にも行ってみます。


b0129725_17391210.jpg


茅葺屋根も綺麗に葺き替えて、内装もリノベーション中の素敵なおうち。


b0129725_17421804.jpg


こちらの入り口から入りました。
このカワイイお家にもph5がありました!

b0129725_17431236.jpg


泊ったホテルの周りとは、雰囲気が全然違う。
あちらは「森」でしたが、こちらは「草原」でした。



b0129725_17460706.jpg

なので、散策路に日影が全くない。
この辺りからぐんぐん、気温が上がっていたので、日焼けしまくりました。

ん?
遠くでモコモコ動くものが。


b0129725_17472255.jpg

男鹿軍団でした!
これほど集団でいると、ちょっと怖いな~と思ったのだけど。



b0129725_17481282.jpg

これだけ近付いても、全然こちらを気にしてない男鹿ちゃん。
角をずっと見てたら、舞茸に見えて来た。

あちこちにモコモコいて、段々と、有難味が無くなって来た。


b0129725_17531807.jpg

朝の散歩で見た建物がやっと見えて来ました。
あそこまでもなかなか遠い。


b0129725_17542223.jpg

そーげーん!



b0129725_17544937.jpg
やっと建物に到着したのに、肝心の建物の写真を撮っていなかった。
鹿さん狩りの風景です。

戻ります。


b0129725_17573276.jpg

今日だけで、10キロくらい歩いているんじゃないかしら?
疲れた。
馬車をヒッチハイクしたくなりましたわ。


車に戻って、別の森へ。


b0129725_17585070.jpg

わ~ん。
ステキ。
油絵みたいな風景がありました。

# by miccahang | 2019-09-05 18:04 | ・北欧の旅 | Trackback | Comments(4)
コペンハーゲンから北へ30キロほど行ったところに、
公園と呼ぶには広すぎる森林地帯があり、鹿さんがいるのですって。
かつて、デンマーク王室の鹿さんの狩猟場だったという。

この森林地帯は、
「パル・フォルス式狩猟の景観」として、世界遺産に登録されているそうです。


広大な公園には、いくつかの入り口があり、
入り口に隣接しているホテルは、ここぐらいだと思う。



b0129725_16563466.jpg



b0129725_16574139.jpg

鹿さんの角が飾られてる。


b0129725_16582234.jpg
お部屋は、こんな感じ。


b0129725_16584568.jpg

家庭的な雰囲気のホテルでした。
夕方に到着したのだけど、早速、ちょっと歩いてみたいので散歩に出掛けました。


b0129725_17000443.jpg

公園の入り口


b0129725_17135151.jpg

早速、鹿さんの親子に会えました!



b0129725_17195430.jpg

小鹿ちゃん、かわい~。


b0129725_17161057.jpg

結構、いるいる~
こんなに簡単に会えるとは。


b0129725_17182528.jpg

気持ちの良い公園です。
途中、雨が降って来てしまい、白いスニーカーがドロドロに。
1時間くらい散歩して、ホテルに戻りました。


夕食もホテルで。



b0129725_17342370.jpg

デンマークのブリュワリーのIPA
美味しい!


b0129725_17354572.jpg

キノコのクリームスープ
美味しいー

b0129725_17364775.jpg

デンマーク語のメニューを苦労して読み解くと、
スウェーデンの家庭料理「ピッティパンナ」に似てる料理がある!
注文してみたら、同じだ~!
美味しかった。


翌朝、昨日とは、違う道を歩いてみました。


b0129725_17441448.jpg

朝の森の空気って清々しいですね~
キモチイイ~


b0129725_17431058.jpg

メスのグループ



b0129725_17451216.jpg

遠くに見えるのが、狩猟小屋として使用されていた館。
既に一時間くらい歩いているので、あそこまでは行けない。
引き返します。



b0129725_17473486.jpg
草原の中に、何か、ある。
あ!オスの鹿さんの角だ!



b0129725_17482808.jpg

ちょっと近付いてみました。
立派な角が貫録あるわぁ。
立ち上がっている子は、まだ若いオスかな?



b0129725_17522449.jpg

広大な公園の端っこの道。
公園に隣接するように、
別荘地の様な、素敵な住宅が建ち並んでいました。


b0129725_17533493.jpg

建築中のこんなカッコイイお宅も♪
本当に、北欧の人は、心豊かに生きている感じがしますね。
アクセク働いているワレワレと、一体何が違うのだろう?
あたしはパート程度のノーストレスだけど(笑)

# by miccahang | 2019-08-31 18:01 | ・北欧の旅 | Trackback | Comments(4)
我が家のダイニングの照明は、
ルイスポールセンのデザイナー、ポールヘニングセンのph5シリーズ。



b0129725_18131110.jpg


お高かったので、家を建てた当初は、
イケアで購入したペンダントライトを使ってました。
念願かなって、やっと、3年前くらいに購入。
お気に入りです♪


旅行前に、デンマークにお住まいの御方のブログを拝読しまして、
「そこいらじゅうにある」と伺いました。
出会えるのを楽しみにしていたのです。


記事にある通り、
デンマークのお宅は、カーテンをオープンにしている事が多く、お家の中がよく見える事~。
でも、住人の方の姿は、あまり見掛けなかったのは不思議。
(あ!7月だったから、バカンスに行っていたのかな?)


本当に、あるわ、あるわの、ph5!!


もうね、一家に一台!必ず付ける事!
とデンマーク政府が決めたんじゃないか?ってくらい、どのお家にもある。

お宅を覗きはしましたが、流石に写真は撮れないので、
泊まったホテルのph5を。


b0129725_18254264.jpg


廊下の照明
ph3/2 かな。


b0129725_18314337.jpg

天井の高いお部屋に
phルーブル


b0129725_18331238.jpg

コペンハーゲンにあるダンスケ銀行の
phアーティチョーク


b0129725_18391604.jpg



カッチョイイですなぁ。

# by miccahang | 2019-08-29 11:25 | ・北欧の旅 | Trackback | Comments(4)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30