ルーマニアで買った物

地球の歩き方で紹介されてて、すごく気になったのが、ジェロピタールと言う化粧品。


b0129725_20364001.jpg


長寿大国であるルーマニアで生まれたアンチエイジング治療。
なのだそうです!
アンチエイジングemoticon-0171-star.gifたまらない響き♪
効果のほどは・・・
それほど実感が無いけど、使用感が良いので、
もっと買ってくれば良かったな~と思いました。



b0129725_20423815.jpg

手作りのハチミツ、バラのジャム、ベリーのジャム。
山の方へ行くと、養蜂箱を良く見掛けました。
濃厚で美味しいはちみつでした。



b0129725_20444962.jpg

スーパーで購入したサワークリームのような脂肪の旨みがたっぷりなチーズ。


b0129725_20453687.jpg

スモークされたセミハードのチーズ。


b0129725_20464781.jpg

よく溶けて、固まりづらくて、食べやすい。

b0129725_20481570.jpg
でもやっぱり、ワイルドなチーズが好きなんだよなー。


[PR]
# by miccahang | 2016-12-07 19:35 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(2)

コンサートと熟成肉の日

先日、クラシックギターのコンサートに行って来ました。


b0129725_18161896.jpg


素敵な会場。


b0129725_18163569.jpg




以前、10弦ギターの生みの親である、ナルシソ・イエペスが弾く
「禁じられた遊び」をyoutubeで聴いて、




なんて素敵なんでしょう~と思っていたんです。
そんな折、こちらのコンサートの事を知りまして、行ってみました。



音楽センスが全く無いワレワレですが、聴くのは、好き。
スペインの情景が浮かんでくるようなコンサートでした。


さて、花より団子、ディナーに向かいます~






コンサート会場が普段あまり行かないエリアなので、
そこにしかない美味しいモノ、食べたい。


選んだお店は、コチラ。


b0129725_18180325.jpg


寒くなってくると、「肉」食べたくなります。

ワインも充実していて、メニューを見るだけで楽しかった。
ジョエルロブションコレクションのグルナッシュにしました。



b0129725_18183518.jpg



熟成豚がメインのコース
アミューズにマスカルポーネとブルーチーズとナッツのディップ。
山盛りで食べたい。



b0129725_18201271.jpg


前菜3種盛り合わせ
「お米のパテドカンパーニュ」がスゴク美味しかった!


b0129725_18220658.jpg


自家製岩中豚ベーコンのシーザーサラダ



b0129725_18231192.jpg


熟成豚パテ・ド・カンパーニュ
分厚い~
食べごたえ十分!!


b0129725_18240912.jpg



熟成「愛豚」のグリル
脂身の甘さがたまらない!


b0129725_18244328.jpg



追加オーダーで、熟成肉ラグーパスタ



b0129725_18255443.jpg


しっかり「肉」を満喫したー!と言う満足感が幸せでした。


b0129725_14282644.jpg

デザートは、マンゴーシャーベットでサッパリ。
美味しかったです!


[PR]
# by miccahang | 2016-12-05 14:33 | ○ 食べる! | Trackback | Comments(2)

ヒッチハイクする主婦

すっかり忘れていたけど、ハタと思い出した事があった。
記憶に残すために記録しておこう。


マラムレシュの辺りでは、ヒッチハイクする人をよく見掛けました。
それが、旅行者ではなく、
買い物帰りのお母さんだったり、散歩帰りのおじいちゃんだったり。

地元の人が、日常の行為として、
気軽にヒッチハイクして、
気軽に乗せてあげているんです。


カーシェアリングの最先端を行ってる!!


最初に見掛けた時は、スーパーの袋を提げたお母さんが、
親指を立てて、正統的ヒッチハイクスタイルで、スーパーの前に立っていました。

最初は、お迎えの車を待っているのかと思っていたんです。
ワレワレは、ルーマニアに到着したばかりの朝だったので、
銀行探しの為、右往左往して、何度も同じ場所を通りました。

すると、ヒッチハイク主婦が増えてる!
4~5人のお母さんが、親指を立てている光景は、面白かったです。

ヒッチハイクと主婦。
対極にある気がして。


ワレワレも何度となく親指を立ててのアピールを受けたのだけど、
勇気が無くて止まってあげられなかった。


ある時、小さな村の小さな商店でアイスを買って、商店の前のベンチで食べていました。
バールなどの気軽なお店がほとんど無いため、
商店の前にテーブルとイスとパラソルが常設されている事が多かったです。


b0129725_17451296.jpg

こんな感じで。


すると、ベンチに座っていたおじいちゃんが近寄って来て、
「隣の村まで乗せてくれ」と。
ルーマニア語なので、何と言っているか解らなかったのだけど、


b0129725_17470363.jpg

もう一つのパラソルでビールを飲んでいた若者が通訳してくれました。
残念ながら反対方向だったし、
異国の地で見知らぬ人を乗せる勇気が無いしね。
ルーマニア語も解らないし。

おじいちゃんも良くワレワレに依頼して来たな~。
と感心すらしてしまう出来事でした。

おじいちゃん、すぐに帰れたかな~


[PR]
# by miccahang | 2016-12-02 17:58 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(2)
旧市街に、食材をオーガニックにこだわったレストランがありました。
ルーマニアでの最後の食事はそちらにキメました!



b0129725_16102956.jpg


お店全体から漂ってくるナチュラルな雰囲気で、
店名を見なくても、きっとココだなと解っちゃう。


眼に優しく飛び込んでくる白が清潔感があって爽やかです。
テラス席に案内してもらって、人間ウォッチングゥ~を楽しみながら最後の晩餐。


もーね、美しい女性が多すぎるのよ~。



ルーマニアの女性は、美しい人が多かったけど、
ブカレストはやはり、都会。

洗練されたファッション。メイクもバッチリ華やか。そして、スタイル抜群。
モデルさんですか?と聞きたくなる美女だらけなのでした。




b0129725_16133731.jpg


ムサカ~


b0129725_16143621.jpg

美味~~♪
こんなオシャレなムサカ食べた事ない!



b0129725_16164959.jpg


マッシュルームのスープ。
きのこの味が濃厚です。


b0129725_16175258.jpg

黒い乙女が飲みたかったけど、品切れ。
仕方なく、メルローをグラスで。
あら、美味しいわ。


b0129725_16185818.jpg

春巻きの皮でひき肉を包んで揚げたような。
料理名をメモってませんでした。


最後の夜って、本当に悲しい。


ワタシ達にとっては、最後の夜だけど、
明日も、明後日も、同じように時間が過ぎるんだよね。


当たり前だけど、もの悲しい。


ただただ、パッと見たなんでもない風景も、切なくなっちゃうのよね。




[PR]
# by miccahang | 2016-12-01 00:52 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(0)
旧市街にある由緒ある建物。


b0129725_15372175.jpg

隊商宿だった建物がレストランになっています。


b0129725_15380637.jpg


白いパラソルがリゾートっぽくて開放的な気分が盛り上がって来たな~。
ビール飲まなきゃ♪


b0129725_15392212.jpg


ランチの時は、二階席はクローズしていて、中庭の席に案内されました。


b0129725_15401739.jpg


車が無いんだし、飲まなきゃソン!
くらいの気分になってしまう。



b0129725_15415045.jpg

ノンフィルターのビール(^^♪
なので、酵母がイキイキしてる感じ。


b0129725_15440444.jpg

お豆さんのペースト。
イタリアでも良く食べているそうで、にゃお氏の大好物らしい。
そんな話、初めて聞いたワ。

これ、めっちゃ美味しい!
お皿まで舐めちゃう勢いで食べちゃいました。
レシピも簡単そうなので、自宅でも作ってみたい!



b0129725_15454664.jpg


これまでミティティーーーばかり食べていたけど、やっとメニューに見つけました!
キフテーレ。
羊さんのハンバーグって感じですかね。
つなぎがほとんど入っていない、羊さんのお肉の美味しさがダイレクトでした。


b0129725_15541953.jpg


定番のサルマーレ。

気付いた事。
ママリガは、都会に近付けば近付く程、水っぽくなる。
トウモロコシの風味が全然なーい。
田舎のママリガは、美味しかったんだな~。


でも、こちらのレストランは、
ルーマニアのスタンダードな郷土料理が多くて、食べたい物だらけでした。



[PR]
# by miccahang | 2016-11-29 17:36 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(0)

富士山と雲海の大菩薩嶺

先日、大菩薩嶺に登って来ました。
登山初心者にピッタリの3時間ほどのコースなのです。

朝から霧が立ち込めていましたが、登山口に到着すると晴れて来ました。


b0129725_11091514.jpg


高低差がそれほどないので、私達にピッタリ。


b0129725_11111630.jpg


そして、最高なのが、

b0129725_11114925.jpg


富士山を眺めながら歩ける事。
水墨画の様に美しかったです。


b0129725_11123464.jpg

そして、甲府盆地は霧が溜まりやすいのかしら?
雲海の様で、幻想的でした。


b0129725_11132105.jpg


雲海の境目に萌えちゃう。



b0129725_11140684.jpg


3時間ほどの登山で、この達成感。



b0129725_11252298.jpg


温泉に入りに麓へ。
富士サマの頭がちょこっと見えました。



b0129725_11262770.jpg


ゆるい登山とちょこっと紅葉狩りを楽しめました。
山梨のスイーツを購入して、帰宅。


b0129725_11275295.jpg



[PR]
# by miccahang | 2016-11-28 11:30 | □ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(2)
ルーマニアで購入したお菓子。


b0129725_22022194.jpg

この菓子、色々なメーカーから発売されていて、
大きさや形が様々あり。
スーパーの棚では、大きく場所を取っていて、その愛されっぷりが存分に解る。

でも、
外観からその全容が解らない。

唯一解るのは、その重さ。
小さい割りに、ずっしり重い。

一体どんなお菓子なのか?
中身を少しも見せてはくれないので、全く分からないままだけど、

失敗してもいいじゃない
こんだけ愛されてるんだもの・・・(みつを風 ←しつこい)

1個買ってみました。


ワクワクして封を開けると、予想だにしない色のモノが出て来ました。


b0129725_10384134.jpg


カッチカチに硬いのかと思えば、そうでもない。



b0129725_10451820.jpg

ナイフで切るとすんなり切れるのだけど、
一口、入れてみると・・・・


おぅ~~~


何と言ったらよいのかしら?
味はね、めっちゃ美味しいんです。
ゴマ、ナッツの風味が香ばしくて。


でも、触感がダメだぁ~。


時々、りんごを嚙む時の触感が鳥肌が立っちゃう、
その触感が苦手だと言うのを聞きますけど、

そんな感じ。


ショリ


おぅ~、やっぱり、ダメだー。
非常に惜しい。
味が好きなだけに、ひたすら残念。



[PR]
# by miccahang | 2016-11-25 13:25 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(4)

リコッタチーズde裸ん坊

にゃお氏の出張シーズン中は、実家に寄生する事が多いのだけど、
その時の楽しみは、テレビ。

どうでも良いけど、我が家には、テレビが無く、
気が付けば、10年経っていた。

なので、テレビが楽しみなのである。
BSプレミアムで放送中の
「世界入りにくい居酒屋」と言う番組を数本観たのだけど、
面白かった~。

入りづらくは無さそうだけど、
こんなお店に出会えたら嬉しいな~。

フィレンツェの回が再放送されていて、
リコッタチーズを使った料理が紹介されていました。

「ヌード」と言う甘美な名前の料理。

作り方を見ていて、ラビオリの具材と同じだな~と思っていたら、
それもそのはず!
ラビオリで包まないから「ヌード」裸んぼって名前の料理なのですて~。


とっても簡単そうだったので、真似ッ子して作ってみました。


b0129725_21293094.jpg


リコッタチーズとパルミジャーノ30か月を買って来てもらいました。



b0129725_21302923.jpg

見た目がちょっとイマイチかな。
でも、超美味しい!(自分で言っちゃう!)

ラビオリを作るのがちょっと面倒だけど、
裸ん坊のこの子、今度は、ラビオリを着せてあげよう。





[PR]
# by miccahang | 2016-11-23 23:50 | ☆イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(0)

持ち寄りワイン会

集まったメンバーのお知り合いのビストロで持ち寄りワイン会(^^♪


b0129725_19303181.jpg

全員揃ってないけど、ビールやハイボールでフライングのスタート。



b0129725_19322906.jpg


泡好きと言うか、シャンパーニュ好きの友人のドゥーツ2008年で華々しく。



b0129725_19340950.jpg


シャブリの2001年。
スゴイモノを飲ませてもらいました!
ゴールドの輝き。


b0129725_19370766.jpg


ニュイ・サンジョルジュの素敵な作り手さんだそうです。


b0129725_19374890.jpg


そしてそして、わぉ~~!!
初めて飲みます!!
こんな高級ワインを持って来てくれるなんて・・・感涙


b0129725_19385600.jpg


うーん、ワタシが一番チープなワインだったかも~
満を持して持参したのは、大好きなアマローネ(右端)


b0129725_19395289.jpg


持ち寄り会は、2度目だったのだけど、不思議だな~と思った事。
赤か白か。色だけ偏らないように分配して、何を持って行くかは、お任せ。
他のメンバーがどんな品種を持って来るか分からないのに、
見事に違う品種を持って来て、被ることが無かったのがスゴイな~。
これも、以心伝心なのかな。


料理もとっても美味しくて。

b0129725_19431300.jpg

b0129725_19432592.jpg


感動的に美味しかったのが、白レバームース。


b0129725_19444578.jpg
干しイチジクの甘さと合うんだな~(みつを風)
ケーキみたいに美しい見た目もズキュンでした。


[PR]
# by miccahang | 2016-11-22 19:51 | ○ 脱!ノムリエへの道 | Trackback(2) | Comments(2)

ドゥーツ飲み比べ

先日、ワイン仲間と合格祝いで食事会。


b0129725_13542670.jpg


昨年、試験に落ちた時、残念会、兼、決起集会を開催したお店。
同じお店で、合格祝いが出来るなんて、なんだか、凱旋した気分。

b0129725_13570744.jpg

ドゥーツのノンヴィンテージで乾杯。


b0129725_13594034.jpg

クリーミーで、丸くて、美味しい~。

ドゥーツが好きになったきっかけは、コンラッド東京の「コラージュ」で飲んだ時
そちらのランチでは、5000円でフリーフローと言う素敵過ぎるプランがありましたので、
ドゥーツをしみじみ味わえるほど、何杯も飲む事が出来たので、記憶が濃いのです。

でもその頃は、「お高いシャンパーニュ、わ~い♪」って、
ただ無邪気に喜んで飲んでただけだったけど、
自分の中での基準になる1本となった気がするな。

★★★★


数日後、同じメンバーで、持ち寄りワイン会を開催。
ドゥーツの2008年ヴィンテージを飲ませてもらった。

泡好きの仲間が、気前よく開けてくれたのである。
なんて、素敵なんでしょう~。
ドゥーツの飲み比べが出来ちゃいました。


b0129725_14192264.jpg

ハチミツみたいな濃厚さがあって、味わいが多彩でした。
ノンヴィンテージも、十分美味しいなと思ったけど、多彩さが加わるのね。

じっくり味わって飲まないとバチが当たりそうだけど、
美味しいワインて、ぐいぐい飲めちゃうんだよね!


★★★★


Le Nougatのお食事は、ガツンとしっかりで、大好きですが、
カトラリーも、ラギオールで、ずっしり重くて、柄の色が渋くて素敵なのです。


b0129725_14361991.jpg


ドゥーツの後は、アルザスのピノグリ。


b0129725_14370490.jpg


ほんのりとした残糖が豚さんの脂身の甘さと合う~。


b0129725_14380745.jpg


料理の写真、3品しか撮ってなかった。
もっとアレコレ頂いたのに・・・

エスカルゴは写真に撮るとイマイチ美味しそうに撮れてない。


b0129725_14425504.jpg


赤は、ヴォルネイ。
繊細~♪

b0129725_14433502.jpg


カスレ、ずっしり美味しかった~


b0129725_14442883.jpg



デザートは、2品取って、皆で突っつき合う。


ライムのソルベ、ウォッカがけ~。


b0129725_14494368.jpg


おおお!
これは!
カクテルみたいで良い~!


お決まりとなりつつある、アイスクリームのペドロヒメネスがけ~



b0129725_14470129.jpg


はぁ~、大人で良かったー!
と思えるアダルトなデザートです♪

また、うちのパシリにペドロヒメネスを買って来てもらおうと思いました。


[PR]
# by miccahang | 2016-11-18 15:03 | ○ 脱!ノムリエへの道 | Trackback(2) | Comments(4)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31