ワタクシ、京都旅に来るまで、
「じゃこ山椒」「ちりめん山椒」なる物を知らなかったんです。


JR東海でもらった京都のミニガイドブックで見て、初めて知りました!
なので、京都駅付近のデパートで購入しようかと思ってました。


常連さんで京都人の方がいらしたので、オススメを聞いてみました。
そして、教えてもらったのが、こちらです。


b0129725_17014963.jpg



北山駅から少し歩くのですが、のんびりプラプラ。
本当にあるのかな?と思えるごく普通の住宅街の中にありました。


シブイ佇まいのお店。


暖簾をくぐって、カラカラッと扉を開けると、
すぐにカウンター。

3畳ほどの小さなお店で、優しい笑顔のお母さんが迎えてくれました。

b0129725_17113505.jpg


100gを買い求めました。


b0129725_17120237.jpg


味わいが丁度イイ!
山椒のピリッと感が巧妙に刺激して来ますね!

美味しいー。
ゴハン、おかわりッ!!

大好きになりました!



(しののめから暖簾分けした分店が寺町にあります)

今度、京都に来たら、
寺町の分店のお味と、食べ比べてみたいなと思いました。

[PR]
# by miccahang | 2017-03-07 09:59 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(4)
京都では、雅な日本料理を食べたいッ!
京都に数多ある料理屋さんから1軒を選ぶのって大変!

今回の旅のテーマは、「寿司の起源に触れる」なので、
「鯖寿司」が食べられて、ホテルから歩けるところを探しました。


b0129725_10462272.jpg


ミシュランの1つ星に輝いています☆
予約してなかったら、ぷらっと入れない雰囲気。

カウンター8席のお店で、この日は満席でしたので、
ぷらっと入る勇気があっても席に付けませんでしたね。


まずは、ビールを頂きました。
1品目の美しさにウットリ。


b0129725_10522845.jpg

写真を撮れる雰囲気じゃないな~と思ったけど、あまりにも美しかったので、
写真を撮っても良いか伺ってみると、
快く「どうぞ、どうぞ」と言って頂けたので、安心して撮影できました。


b0129725_10554402.jpg


鳥かごを開けると、鳥さんと梅。
オシャレだわん。
大あさりは、少し火が入って絶妙なプリプリ。


b0129725_11041436.jpg

素晴らしき料理に合わせて、ご主人が選んでくれるお酒が、また、美味しい。
日本酒と焼酎を60種類ほど用意されているそうなんです。

b0129725_11080630.jpg

お酒の雰囲気に合わせたお猪口で。


b0129725_11105215.jpg
とっても気さくなご主人と奥様で、話も弾みます。
目の前で板前さんの技を見れるというのは、とっても楽しい。


b0129725_11115411.jpg

焼き石で蒸した鰤がフワフワ。

「おまかせ」の1コースのみですので、
お客は、同じ料理を同じタイミングで頂くので、同じ感動を共有する一体感がありました。
居合わせたお客同士での会話も弾み、とても楽しかったです。

ワレワレ以外は、皆さん、常連さん。
こんな事をおっしゃってました。

「居合わせるお客さんで、その日のお店の雰囲気が変わるから、
一緒になる方は、どんな方々かな~と想像するのも楽しみ。
今日は、楽しい方々とご一緒出来て、嬉しかったです。」

なんて、オトナでオシャレで粋なんでしょう。


b0129725_11131512.jpg

お待ちかねの、鯖寿司。

とろける鯖。
ほどける酢飯。

至福でした!
刻んだ「すぐき」が酢飯に混ぜてあって、触感も良くて。
ぁ~、これを食べる為だけに、また京都に来たいと思ったほど美味しかった。


b0129725_11295652.jpg

そろそろ、満腹なんだけど、やさしい麺とフカヒレで、再度蘇る。


b0129725_11304799.jpg

一つ目のデザート。


b0129725_11310971.jpg

お団子を作成中かと思ったら、


b0129725_11314351.jpg


蒸し器へ。


b0129725_11320167.jpg

酉年の焼き印をジュッと押して。
酒粕の酒饅頭。
おいしーーーーー!

b0129725_11330409.jpg


食後酒を頂いたら、4時間が経ってました。
あっという間の4時間でした。

初めての京都で、
こんなに素晴らしいお店に出逢えて、ラッキー過ぎました。

京都、また行きたいと思います。



[PR]
# by miccahang | 2017-03-03 16:18 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(6)
京都旅1泊目は、ハイアットリージェンシー京都に宿を取りました。

b0129725_16443445.jpg


ロビーがとっても素敵でした。

b0129725_16454587.jpg


伝統的な意匠を模した影絵のような天井と壁。

伝統的な意匠も組み合わさると、モダンな雰囲気になるのですね。
本領を発揮する夜がライトに照らされて美しかったのに、写真撮り忘れ・・・


b0129725_16511269.jpg

お部屋も、和風な雰囲気が漂っていて、落ち着きます。


b0129725_16515986.jpg

バスルームの床材は、天然の御影石とのこと。
バスタブと洗い場が分かれているのは、やっぱり嬉しい。


b0129725_16531818.jpg

アメニティもレモンの香りが爽やか。

バスローブにスリッパ、ふかふかのタオルがふんだんに用意されていたし、
とっても良かったのですが、
廊下で話をしている人の声が丸聞こえ。
大袈裟に言ってみれば、ワタシ達の部屋の中で話してるんじゃないか?
ってくらいハッキリ声が聞こえちゃうくらいなんですよね。
ま、でも、両隣の部屋は空いていたので、
隣の部屋からしゃべり声がずーっと聞こえる様な事態ではなかったワケですので、
全然オッケーなんですけどね。


[PR]
# by miccahang | 2017-02-26 22:19 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(6)
東福寺の庭園を作庭された重森三玲氏の邸宅を訪れました。
どうしても観たい物があったんです~。


b0129725_16061292.jpg

こちらです!!
なんて美しいんでしょう。
わたしもにゃお氏も市松模様が大好きなんですが、
それだけじゃない、この波型が斬新でカッコイイ。


お庭は、海岸線、島々を模しているそう。

b0129725_16144149.jpg


こちらのライトは、なんと~、イサム・ノグチのデザイン!

b0129725_16151702.jpg


茶室に市松模様の襖がありました。



b0129725_16161399.jpg


こちらの見学は、予約制で11時、14時からの見学でした。
各回、10名が定員で、1時間ほどの見学で、ガイドをして頂けました。


[PR]
# by miccahang | 2017-02-24 16:26 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(4)
京都へ行って来ました。

よく考えてみると、小学生の頃家族旅行で1回、中学校の修学旅行で1回。
計2回しか行った事が無かった。
もう、コレは、初めての京都と言っても過言じゃない。
なので、とっても楽しみでした。


b0129725_18430748.jpg


新幹線での旅行も久しぶりなのでワクワク。


b0129725_18433823.jpg


ホントに近いね。あっという間に到着~。
早速、ブランチを食べに行きます!
京都駅からバスで20分ほどの所にあります中村軒です。


b0129725_18452882.jpg

明治37年に建てられたと言う、渋い佇まいです。
本で読んで来てみたかったお店です。


b0129725_18485255.jpg


本で見て、ズキュンと射抜かれた、「麦代餅」


b0129725_18502195.jpg

この優しい風貌に癒されます。

(HPより)
粒餡は昔ながらのおくどさん(かまど)で上木(くぬぎの割り木)を燃やしてじっくり炊き上げたものです。
ガス釜のように火を止めてもすぐ温度が下がらず、おくどさんのレンガや土が抱いている余熱が良い餡の秘訣です。
釜も熱伝導に優れた銅製。
一味違うこだわりの粒餡の麦代餅、ぜひお召し上がり下さい。


上品なアンコさん、むっちりのお餅。
やさし~。


b0129725_18535493.jpg

冬季限定の「みたらしだんご」
備長炭で職人さんが手焼きするおだんごです~
タレの甘さがあっさりしていて、炭火焼きの香ばしさが引き立ちますー。
こんなに上品なみたらしだんご、食べた事無い!
お皿に残ったタレをスプーンですくって食べたかった。



b0129725_18583143.jpg

こちらも冬季限定の「白みそのお雑煮」
ひとくち、すすって。

ぅぅぅうううまぁーーーーーーい!!!!

感動の美味しさでした!
ワタクシ、関東の人間なので、
白みそにほとんど馴染みがないので尚更美味しく感じました!

お好みでかつをぶしをふりかけて。とのこと。
更に、旨みがアーップ!

b0129725_19032901.jpg


よくのび~るお餅が白みそに良く絡まって、たまりません~。
感動し過ぎて、お持ち帰り用のお雑煮セットを買い求めました。



b0129725_19063253.jpg

他にも食べたいメニューがいっぱいあるのだけど、結構、お腹いっぱいで、残念。
また京都に来たら、絶対に来たいと思います!




自宅に戻って、早速、お雑煮を作ってみました。
このセットが小さくて、カワイ過ぎる。



b0129725_19152568.jpg

ル・クルーゼのココットにピッタリ入る小ささの丸餅。
レンジでチンして。

b0129725_19163899.jpg

白みそって、沸騰させると、コクととろみが出るのね!
知らなかった~


b0129725_19173970.jpg

お店で食べるのにはかなわないけど、十分美味しい。


b0129725_19185671.jpg

丸餅がキュート。

これ、山利の白みそを購入したら、再現出来そうですね。
白みその虜になりそうです。

[PR]
# by miccahang | 2017-02-22 19:24 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(4)

3週間で2回風邪ひいた

先月の下旬、扁桃腺がぽっこり腫れました
初めてだったので、ビビリました
1日でポリープが出来ちゃったのかと思いまして
すぐさま病院へ行って、10日分の抗生物質を処方してもらいました
飲み切って数日後、
「のど痛い・・・」
うそでしょ、と思いました。
そんな立て続けに病むなんて。

普段、風邪をひいても、1日丸々寝てれば、大体治っちゃうのに、
のどが痛くなってから、3日たっても全然回復しないもので、再度病院に行ってみました。

近々、国内旅行ですが、すっごく楽しみにしている旅行があるので、
完璧に治しておきたかった。


病院の待合室で、NHKの番組が映し出されていたので、ぼんやり観ていました。

イタリアのヴェローナでは、
ロミオとジュリエットにちなんで2月に「バレンタイン祭り」が開催されるのだそう。
そのお祭りをレポートする番組でした。

ドラマチックなエピソードの老夫婦が登場し、その話を聞いて、ウルウル。
ホント、イタリアの人って、
何だかとってもドラマチックでロマンチックでシンプルでカッコ良くて素敵だわ
と感動していた所へ
看護師さんがやって来た

「インフルエンザの検査しましょう」
と。
そして、私の顔を見るなり、

「やだー!目がウルウルしてる!絶対!インフル!やだーーー!」

私に近寄りたくもないって感じの態度で、1mは後ろにさがったね。
更に一言。

「その目、絶対インフル!」

なんじゃー!その態度!かなりイラッとして、
「テレビ番組のエピソードに感動して泣いただけやー!」
って言いたかったけど、喉がちぎれるくらい痛くて声が全く出なかったので、

ガッサガサの小声で
「チガウ、ゼッタイ、チガウ」
と絞り出す。

悔しいので、絶対にインフルエンザ出るなよーーー!と念力を送る。


診察室に呼ばれて、お医者様
「インフルエンザじゃないね~。風邪だね~」


安堵した直後、先ほどの看護師を冷たい視線で見てやった。
勝った!


これまでにインフルエンザに掛かった事が無く、インフルエンザに掛かる気がしない
などと、デカイくちを叩いていたのだけど、
今回、短期間に、ただの風邪を2回も患い、ただの風邪でも治りが遅くて、
これは、いよいよ、来年あたりは、インフルエンザに掛かってしまうのかもしれないと思ったのでした。




[PR]
# by miccahang | 2017-02-13 14:16 | @ miccaのネタ | Trackback | Comments(6)

やっとアリゴー!

昨年、買って来てもらったのに、作ってなかったアリゴ。
まぁね、レトルトですしね、全然期待してませんでしたー。

それでも6ユーロってなかなかのお値段だけど。



b0129725_11381491.jpg

レトルトの粉末と牛乳と水で混ぜてこねるだけ。
なのに面倒くさい気持ちが。。。^^:


賞味期限が近付いて来てたので、やっと作ってみることに。
封を開けた瞬間に、レトルトの香り。。。
ジャンクフードの臭い・・・




b0129725_23541566.jpg

まぁ、でもね、憧れのアリゴらしい伸びを見せてくれて
「ぉぉぉぉ!!!」
興奮しました^^


b0129725_00025720.jpg

それっぽく、なりました。


b0129725_00032525.jpg



でも、やっぱり、レトルトの香り、ジャンクフードの臭いが気になって仕方がない!

粉末のポタージュスープの香りと言うか、チップスターの香りというか。
ジャンクな香りが気になっちゃって。

だったら前回みたいに失敗でも、自分で素材を作った方が良いなと思っちゃいました。



[PR]
# by miccahang | 2017-02-05 00:23 | ・フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(0)

産業遺産の鋸山

鋸山に登って来ました。


b0129725_16354393.jpg

南房総は、よくドライブに出掛けるので、
下から見ては、迫力に圧倒されていました。


b0129725_16344736.jpg


車力道を行きます。


b0129725_16355002.jpg


房州石(金谷石)と呼ばれる石材を切り出した山なのです。
山頂にある採石場から、切り出した石を「ねこ車」に載せて、麓まで運ぶ。
それは、女性の仕事だったのだそうです。
一日に3往復したと言うのですから、重労働です。

石を運ぶ道「車力道」には、ねこ車の車輪の跡が残り、
ここで働いていた女性たちの息づかいが染み込んでいるようで、
切なくなってしまうのです。


b0129725_16405901.jpg


ねこ車のブレーキを掛けながら下山したそうですが、
こんなに急な斜面を、重い石を乗せて。。。
事故やケガが絶えなかっただろうなと思うと胸が詰まります。



b0129725_16465115.jpg


切り通しを抜けて


b0129725_16472357.jpg


鋸山をこんな重装備で登っている人はいませんでした(笑)

b0129725_16524401.jpg

神聖な空気が流れている様な気がしました。

b0129725_17084342.jpg
採石場はど迫力でした。


b0129725_16565861.jpg


地球が丸く見える展望台に到着。


b0129725_17034904.jpg


丸く見えましたー^^


b0129725_17040802.jpg

「地獄のぞき」に行ってみます。


b0129725_17071018.jpg


大人気スポットなので、順番待ちの列に並んで。


b0129725_17075257.jpg


百尺観音さま~



b0129725_17142678.jpg


鋸山は、ハイキングゥ~と産業遺産と信仰心。
様々な要素を兼ね備えた観光スポットなのでした。


b0129725_17163694.jpg


[PR]
# by miccahang | 2017-02-02 16:14 | ・ Chiba | Trackback | Comments(4)
にゃお氏がお土産で買って来てくれた和菓子。


b0129725_17383620.jpg


揚最中ですって~。
ゴマ油で揚げた最中でアンコを挟んだモノ。

イイ塩梅のしょっぱさと甘いあんこがたまらないわ~。
揚げた最中の触感も初触感!


b0129725_17425005.jpg


南蛮焼
おぐら餡とうぐいす餡を1個づつ

b0129725_17434834.jpg

結構大きくて、分厚くて、食べ応えありまくり!
皮に沖縄産の黒糖を使用しているそうで、すっごく香りがたってます。
そして、この皮が、もっちりふわふわで美味しい!

期間限定のうぐいす餡は上品な甘さでした。





[PR]
# by miccahang | 2017-01-30 11:39 | @ 食べる! | Trackback | Comments(4)
先日、にゃお氏の実家の秋田から、きりたんぽセットが届いた~
りんご、ぎばさ、新茶なども入ってました。
秋田のリンゴもめちゃ美味しいです。


b0129725_15462922.jpg


セリ、ごぼう、マイタケまで入って、すぐにきりたんぽ鍋が出来ちゃうセットで。


b0129725_15483308.jpg


セリが、嬉しい!!
関東では、痛みやすい根っこは、切られちゃいます。

義妹は、我が家のきりたんぽ名人なのだけど、
「セリは、根が美味しいのよ」
との事。

セリの根っこを食べるなんて知らなかったです。


きりたんぽ鍋には、このお酒を開けちゃおう~


b0129725_15524614.jpg

丁度、お正月に親戚のおじさんから頂いたもの。

フルーティーで美味しかった!


★★★


昨年末に秋田からもらった嬉しい小包。


b0129725_15583195.jpg


箱いっぱいの「ぎばさ」と「わかめ」と「めかぶ」。
義母から相当「海藻」好きと思われている(すごく嬉しいから良いんだけど(^^♪)

ハタハタの麹漬けが美味しかった~。
お値段が安過ぎるくらい安くてびっくり!!

6匹入って、121円!
ホントにー!
秋田、恐るべし!


[PR]
# by miccahang | 2017-01-27 16:05 | @ 食べる! | Trackback | Comments(10)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31