産業遺産の鋸山

鋸山に登って来ました。


b0129725_16354393.jpg

南房総は、よくドライブに出掛けるので、
下から見ては、迫力に圧倒されていました。


b0129725_16344736.jpg


車力道を行きます。


b0129725_16355002.jpg


房州石(金谷石)と呼ばれる石材を切り出した山なのです。
山頂にある採石場から、切り出した石を「ねこ車」に載せて、麓まで運ぶ。
それは、女性の仕事だったのだそうです。
一日に3往復したと言うのですから、重労働です。

石を運ぶ道「車力道」には、ねこ車の車輪の跡が残り、
ここで働いていた女性たちの息づかいが染み込んでいるようで、
切なくなってしまうのです。


b0129725_16405901.jpg


ねこ車のブレーキを掛けながら下山したそうですが、
こんなに急な斜面を、重い石を乗せて。。。
事故やケガが絶えなかっただろうなと思うと胸が詰まります。



b0129725_16465115.jpg


切り通しを抜けて


b0129725_16472357.jpg


鋸山をこんな重装備で登っている人はいませんでした(笑)

b0129725_16524401.jpg

神聖な空気が流れている様な気がしました。

b0129725_17084342.jpg
採石場はど迫力でした。


b0129725_16565861.jpg


地球が丸く見える展望台に到着。


b0129725_17034904.jpg


丸く見えましたー^^


b0129725_17040802.jpg

「地獄のぞき」に行ってみます。


b0129725_17071018.jpg


大人気スポットなので、順番待ちの列に並んで。


b0129725_17075257.jpg


百尺観音さま~



b0129725_17142678.jpg


鋸山は、ハイキングゥ~と産業遺産と信仰心。
様々な要素を兼ね備えた観光スポットなのでした。


b0129725_17163694.jpg


[PR]
# by miccahang | 2017-02-02 16:14 | ・ Chiba | Trackback | Comments(4)
にゃお氏がお土産で買って来てくれた和菓子。


b0129725_17383620.jpg


揚最中ですって~。
ゴマ油で揚げた最中でアンコを挟んだモノ。

イイ塩梅のしょっぱさと甘いあんこがたまらないわ~。
揚げた最中の触感も初触感!


b0129725_17425005.jpg


南蛮焼
おぐら餡とうぐいす餡を1個づつ

b0129725_17434834.jpg

結構大きくて、分厚くて、食べ応えありまくり!
皮に沖縄産の黒糖を使用しているそうで、すっごく香りがたってます。
そして、この皮が、もっちりふわふわで美味しい!

期間限定のうぐいす餡は上品な甘さでした。





[PR]
# by miccahang | 2017-01-30 11:39 | ○ 食べる! | Trackback | Comments(4)
先日、にゃお氏の実家の秋田から、きりたんぽセットが届いた~
りんご、ぎばさ、新茶なども入ってました。
秋田のリンゴもめちゃ美味しいです。


b0129725_15462922.jpg


セリ、ごぼう、マイタケまで入って、すぐにきりたんぽ鍋が出来ちゃうセットで。


b0129725_15483308.jpg


セリが、嬉しい!!
関東では、痛みやすい根っこは、切られちゃいます。

義妹は、我が家のきりたんぽ名人なのだけど、
「セリは、根が美味しいのよ」
との事。

セリの根っこを食べるなんて知らなかったです。


きりたんぽ鍋には、このお酒を開けちゃおう~


b0129725_15524614.jpg

丁度、お正月に親戚のおじさんから頂いたもの。

フルーティーで美味しかった!


★★★


昨年末に秋田からもらった嬉しい小包。


b0129725_15583195.jpg


箱いっぱいの「ぎばさ」と「わかめ」と「めかぶ」。
義母から相当「海藻」好きと思われている(すごく嬉しいから良いんだけど(^^♪)

ハタハタの麹漬けが美味しかった~。
お値段が安過ぎるくらい安くてびっくり!!

6匹入って、121円!
ホントにー!
秋田、恐るべし!


[PR]
# by miccahang | 2017-01-27 16:05 | ○ 食べる! | Trackback | Comments(10)

ワインセラーを買ふ

遂に買ったっちゃ!


b0129725_15095614.jpg


にゃお氏が前々から欲しいと言っていたのだけど、
我が家には高級ワインはストックしていないので、必要ないと、言い続けていましたー。


それが数ヶ月前、違う角度で攻めて来たんです。

「ボク、適温でワインが飲みたい」

つい気を許してしまいました。


「保管の為でなく、飲み頃の温度をキープする為」と言われたら、
一撃で「よっしゃ!買おう!」と、陥落してしまいましたー。


b0129725_15171307.jpg


飲む温度、本当に大事。
冬の室温だと12~15度くらいになっちゃうんですよね。
白ワインで適温なくらい。
赤ワインだったら冷たすぎる!

飲む前にお湯に浸からせて、温めたりしてました。


b0129725_15200599.jpg

2室に分かれていて、温度設定を変えられるのがイイ。
我が家は、赤ワインがほとんどなので、上部を17度、下部を20度に設定しました。
温かくなって来たら、また変更しようと思います。



b0129725_15311344.jpg


内部にはブルーのライトが付くのだけど、バブリーな雰囲気が漂って来ます。


b0129725_15240624.jpg

何度も何度も電気屋さんに足を運びました(しつこいぐらいに)
存在感があり過ぎたらどうしようと思いましたが、大丈夫でした。
良かったー。

扉に貼られているフィルムの文字が我が家にはちょっと、ポップ過ぎるかな。
エルミタージュがやたらと目立つし。




b0129725_15330373.jpg

なので、剝がしたのだけど、
あっても良かったかな。
ちょっと寂しくなっちゃった。


適温で飲む赤ワイン。
めちゃ美味しい。
お店やスクールで飲むワインが美味しいのは、
適温だからと言うのも大きく関係していると、実感しました。

こんな事なら、もっと早く買えば良かったな~(笑)


[PR]
# by miccahang | 2017-01-23 15:48 | ○ 脱!ノムリエへの道 | Trackback | Comments(11)
一ヶ月近く前、友人に誘われてワインの試飲会に行って来ました。



b0129725_16473826.jpg


会場は、ミッドタウン。
キラキラしてましたー。
アタシにとっては、そんなキラキラよりも断然輝いて見えるのが、コチラ!!



b0129725_16482428.jpg

コルトンの特級畑クロ・デュ・ロワ2010年と、
シャトームートンロートシルト2013年ですーーー!

眩しぃーーー!

b0129725_17102714.jpg

まずは、コルトン。
まるーい!厚みがあるー!


b0129725_17112744.jpg

そして、そして、シャトームートンロートシルト!
第1級シャトーを飲めるなんて・・・(感涙)

教科書や漫画でエピソードたっぷりに登場するアナタ。
二次元の世界でしか逢う事は無いと思っていたのに!

涙しながら頂きましたー!
ぁー、美味しい(感動)

2013年のヴィンテージをこんなに早く開けてしまうのは、モッタイナイ?
いや~それが、既に、めっちゃ美味しかったです。


b0129725_17231656.jpg

シャトームートンロートシルトと言えば、
毎年、芸術家がデザインしたラベルでリリースされる事で有名ですが、
2013年のラベルは、
日本で活躍する韓国人アーティストのリ・ウーファン氏が手掛けたのだそう。

かなりシンプルなデザインですが、イイですね!素敵です!


産まれ年のシャトームートンロートシルトなんて買えるはずもないんだけど、
あんまり好みのデザインじゃないから良かった!(笑)

ならば、結婚した年は?
こちらは、結構好みのラベルなのだけど・・・・
やっぱり高過ぎて買えない!

結局、ラベルの好みの問題じゃないのね、懐具合なのよね。





ミッドタウン内のアメリカンワインバーへ移動して。

b0129725_17464078.jpg

オレゴンのウィラメット・ヴァレーのピノ・ノワールで、
先程のコルトンと比べてみよう。
パワフルさがあって、これも美味しい。


b0129725_17563984.jpg

ワインに限らず何でも、高級であっても、そうでなくても、
美味しく頂ける健康と一緒に楽しむ人がいてくれる事が大事だなとしみじみ思うのでした。


[PR]
# by miccahang | 2017-01-20 00:22 | ○ 脱!ノムリエへの道 | Trackback | Comments(4)

シダンゴ山と言問団子

神奈川県にあるシダンゴ山を歩いて来ました。
「シダンゴ山」初めて聞いた山の名前なのですが、愛嬌があって良いですね。


でも、なぜだか、
「シダンゴ」ってどうもアタシの脳の皺に浸透しなくて、
なかなか覚えられなかった。

染み込みそうになると、ブロックしてくるのが、「ジゴンダス」


b0129725_21583471.jpg


コート・デュ・ローヌのワインの名前が「シダンゴ」を飲み込んでしまうのです。
さすがに、実際に歩いたら、覚えられたのだけど、
「シダンゴ」そんな簡単な4文字を覚えるのにこんなに時間が掛かるなんて!




b0129725_18413652.jpg


茶畑のすぐ脇を歩きながら、


b0129725_18421251.jpg


鹿避けの柵を通り。
鹿のコロコロしたフンが落ちていました。
本当に鹿さんが住んでいるんだね~。


b0129725_18442402.jpg


まずは、宮地山を目指しました。
こちらの山頂は、それほど面白みが無かったので、写真を撮っていなかった。
シダンゴ山へ向かう。


この日は、寒波が襲来していたので、すっごく寒かった。
チラチラと雪も。


分岐に差し掛かる。


b0129725_18451078.jpg


女坂と。


b0129725_18474605.jpg

男坂。

迷わず、女坂を行きます。



b0129725_18481838.jpg

朗らかにポカポカしてそうに見えるけど、風が冷たかったー。



b0129725_18491820.jpg

丹沢の山並みがキレイでした。


b0129725_18500045.jpg

雨が降ってるな~と解る雲。

b0129725_18512256.jpg


ここの山頂からは、間近の山越しに富士サマの肩だけが見えるそうなのですが、
雲が出て来てしまい、全く見れませんでした。

残念。。。

お昼を食べて、コーヒーとチョコを食べるのがお決まりなのだけど、
割ったチョコが。



b0129725_18542102.jpg

富士サマ型。
こんな風に姿を現してくれるとは!

富士山チョコに元気をもらい、下山の足取りも軽かった~(ウソ)


麓の街では、「ロウバイまつり」が開催されていたので、
立ち寄ってみました。



b0129725_19092864.jpg


まだ三分咲きくらいでしたが

b0129725_19103983.jpg


ツボミが可愛くて。


b0129725_19110659.jpg

満開の木もあり、ふわ~~っと、お花の香りに包まれました。


b0129725_19131411.jpg


近くの温泉に入って、浅草を目指しました。
「きんつば」が食べたくて、浅草へ行ったのですが、お目当てのお店は、定休日でしたー!

和菓子食べたいモードに入ってしまったので、
久しぶりの「言問団子



b0129725_017484.jpg



6個入りを買い求め、


b0129725_19173901.jpg

あーん、カワイイ。


b0129725_19180227.jpg


図らずも、「ダンゴ」な一日となりました。





[PR]
# by miccahang | 2017-01-17 19:24 | □ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(4)

水仙の里と海辺の温泉

ちょっと前の事になるのだけど、
大晦日に、千葉県は鋸南の水仙の里を歩いて来ました。
毎年、恒例になっているな~。



b0129725_23042064.jpg

今年は、ちょっと見ごろが遅い様です。
今頃に行ったら、丁度良いかも!

b0129725_23050586.jpg


水仙ロードを歩いているだけで、水仙の花の香りに包まれて、清々しいです。


b0129725_23060347.jpg


もう春が来たの?と錯覚してしまうくらい。


b0129725_23073555.jpg


水仙ロードの終点からは、富士山が臨めます。
この日は、スコーンと冴えわたっていなかったので、ぼんやり富士山。
肉眼だともうちょっとハッキリ見えるのだけど。


金谷の海辺の湯でお風呂に入って。


この温泉の最大の魅力は、湯に浸かりながら、
内房の海の向こうに富士山が見える事とサンセットが見れる事。
しかも、この日は、2016年最後の日の入りとあって、混雑していました。


見事な夕日を眺めながら、2016年の終わりを感じつつ。

お風呂から上がって、撮った写真。


b0129725_23174322.jpg


くっきりと映える細い月と空のグラデーションが、感動的に、美しかったです。


b0129725_23185555.jpg




[PR]
# by miccahang | 2017-01-14 23:27 | ◎ Chiba | Trackback | Comments(4)
昨夏のルーマニア旅行記、まだ終わってなかったの?
と言う感じですが、完結編です。


早朝、ブカレストを出発し、ミュンヘン、フランクフルトと経由して帰国しました。
ミュンヘン・フランク、どちらからも直行便で成田まで繋げなかったので2回乗り継ぎ。

しかも、ミュンヘンで乗り継ぎに6時間空いてしまうので、
ビールを飲みに街に出掛けました。



b0129725_10164330.jpg


ヒトラーが演説をした事もあると言うビアハウス。


b0129725_10183408.jpg


市内観光ツアーに組み込まれているようで、
音声ガイドを付けて観光にやってくる人が沢山いました。



b0129725_10225631.jpg


とっても美しいので、見るだけでも楽しめます。


b0129725_10190714.jpg

中庭も美しい。


b0129725_10193242.jpg

でもね、やっぱり、ビールですよ~。


b0129725_10200523.jpg

青いテーブルクロスの柄に合うな~。


b0129725_10243824.jpg

ミートローフと

b0129725_10250267.jpg

白ソーセージと。


b0129725_10251908.jpg

ルーマニアのゴハン、美味しかったな~と既に恋しくなっていました^^
でも、やっぱり、ビールが最高に美味しいので、
2杯づつ飲んで、プラっと街を歩きました。



b0129725_10155016.jpg

広場は、自転車の走行が禁止だそうですが、時間帯によるのかな?
朝早い時間では、自転車に乗っている人がいましたが、
ビールを飲んで出て来る頃には、観光客で一杯でしたので、確かに走行は危険ですよね。

自転車走行している人は、根こそぎ捕まえられて、罰金を取られていました。
広場を抜けるか抜けきらないかの所で、自転車を漕ぎ出した女性。
2~3m走行しただけでもしっかり捕まってました^^
さすが!ドイツ!


b0129725_18422134.jpg


ラウンジで食べたかったけど、お腹いっぱい過ぎて断念したもの。


b0129725_18431189.jpg

パリっとハジけてる感じ、すごく美味しそう。

b0129725_18444021.jpg

b0129725_18445127.jpg



b0129725_18450790.jpg


今年の夏休みは、スペインかイタリアに行けたら良いな~と目論んでいます。
ルフトハンザでマイレージバーゲンのキャンペーンが開催される事を切に願う!!

[PR]
# by miccahang | 2017-01-13 09:50 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(8)

花咲ガニをお取り寄せ~

今冬も札幌から花咲ガニをお取り寄せしましたー!


b0129725_09440183.jpg


今年も美味しそうですーーー!


b0129725_09442835.jpg


前回は、ワタクシが捌きましたが、今回は、にゃお氏の担当。


b0129725_09454275.jpg

カニには、日本酒~♬
毎年購入する山吹極。


b0129725_09462650.jpg

私信:erikaサン 徳利とお猪口、東洋佐々木ガラスです🎶



b0129725_09474603.jpg


身悶えする程美味しかった!
花咲ガニ、毎年の恒例行事になりそうです*^^*
また来年が楽しみデス。



[PR]
# by miccahang | 2017-01-11 09:51 | ○ 食べる! | Trackback | Comments(2)

キターー! ・・・けど

昨年、ワインエキスパートに合格しました、その「証」が届きました!
これを貰う為に、1年浪人したワケですので、楽しみに待ってたんですよね。



b0129725_18013126.jpg


一年目に不合格だった時は、憔悴しきっていましたので、
鋳物職人になって、彫りだそうかとよぎりました。
鋳物職人になる方が大変だけど。

でも、、あれ・・・?
こんなに小さかったかな?

友人に聞いてみたら、なんと、今年から小さくなったみたい。
ワインエキスパートですので、これを着ける機会は無いけれど、
ヒドイじゃなーい!
登録料は、これまでと同額なのに!(←そこなのか?)


もう一つ、誰にもお披露目をする事のないバッチ。
数年前に取得したチーズプロフェッショナル。



b0129725_18014048.jpg

チーズのバッチの方が、勝ってしまう大きさです。
まぁ、二つとも自己満足ですので、良しとしよう。


[PR]
# by miccahang | 2017-01-07 18:08 | ○ 脱!ノムリエへの道 | Trackback | Comments(10)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30