<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ルーマニア驚きのチーズ

先日、にゃお氏のルーマニア出張がありました。
昨年、旅した時は買う事の出来なかったチーズを買って来てくれました。


b0129725_21231197.jpg


羊さんのチーズなのだけど、
なんと!豚さんの膀胱に詰めて熟成させると言う、
これまで、観た事も聞いた事もない製造方法です!


b0129725_21261279.jpg


カットしてみると、ほほぅ。本当だ。
ケーシングに包まれています!

羊さんの膀胱でなく、豚さんの、なのね。
豚さんの膀胱って丈夫なのかな。

そう言えば、クラテッロは、豚さんの膀胱に詰めて熟成さる生ハムですよね。
やっぱり丈夫なのかも!

そして、驚くべきは、「しっとり」さ。
ベイクドチーズケーキの様な触感の「しっとり」。
こんな触感のチーズに初めて出会いました!

ほんのりした酸味と、パイナップルの様な、フルーティーな香り。
んもう、砂糖の入っていないチーズケーキみたい!!

こんなチーズ食べた事無い!!



b0129725_21405471.jpg


1個が1㎏ありましたが、あっと言う間に食べちゃいました。
良く溶けるので、料理にも使いやすい、お利口さんなチーズでした。

初めましてのチーズは、それだけで感激してしまいますが、
この娘は、製造方法から触感から、何から何まで知らない事だらけで、
大感動でした。

b0129725_21474525.jpg

ルーマニアの大好きなワイン。
黒い乙女と、合うよね~♪



[PR]
by miccahang | 2017-07-31 21:50 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(2)
ワタクシ、夏になると食べたくなるのが「ジェノベーゼ」


知人から「ペスト・ジェノベーゼの大会」なるものがあると聞きまして、
早速、HPを拝見しました。
もぅね、食べたさ、全開になりましたー!

公式レシピに則って作ってみたい!

そして、レシピを見て驚いたのが、
「フィオーレ・サルド」を使う事!!

そのチーズは、サルデーニャ島の羊さんのチーズで、
製造過程で燻製させる、なかなか独特な風味の持ち主す。


b0129725_23074624.jpg



黒っぽくなっているチーズが「フィオーレ・サルド」です。

日本では、なかなかお目にかかる事の出来ないチーズなので、
サルデーニャ島を訪れた際に、喜び勇んで試食させてもらいました~。

そのまま食べるには、クセが強い(千鳥風味で)。
だもんで、購入しなかったのだけど、
そんな料理法があるだなんて!知らなかったぁ~~~!

今度、フィオーレ・サルドを買って来てもらおう。





フィオーレサルドは無いけれど、羊さんのチーズをプラスしたい。
我が家のチーズコレクションに「マンチェゴの12か月モノ」がありましたので、
「コレの外皮近く」を使ってみます。

b0129725_23261293.jpg

ハードタイプのチーズは、外皮の近くは硬くて食べにくい~。
でも、外皮の近くは、カルシウムや旨みが多く含まれているので、
ギリギリまで食べたい♪

料理に使うのならば、粉状にしてしまうし、丁度良い(^^♪
外皮近くの硬い部分を無駄なく使えると、すごく嬉しい♪

b0129725_23342553.jpg

ペラペラになるまで、削り落としました。


b0129725_23365264.jpg


パルミジャーノレッジャーノは、外皮まで食べる事が出来るんです。
まぁ、でも、ちょっと衛生的に気になるので、極力、薄~~~く落として、使います。


b0129725_23385120.jpg


細かく切って、バーミックスで粉砕すれば、グゥ~~。


b0129725_23400830.jpg


松の実は、軽く煎って、バーミックスで細かくして。

途中、割愛で、完成♬


b0129725_23413059.jpg



んまぁ~~、美味しい!

そうか、火を使わなくても出来るから、夏に食べたくなるのだな~。


b0129725_23475895.jpg


モンテファルコ・サグランティーノを開けてみました。
適度な酸味で引き締まってるなぁ~。

手前
スペインのバルで見つけると食べたくなる物
「ピミエントス・デ・パドロン」を、しし唐で代用。



***オマケ***

ちょっと若め、12か月のマンチェゴでしたが、
旨味の証がジャリジャリ入ってました。

b0129725_23473156.jpg

いつもだったら、外皮の近くまで、カジカジ、かじりますが
ジェノベーゼに使う為に、外皮を落としたマンチェゴ。



[PR]
by miccahang | 2017-07-24 00:05 | ・イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(4)

大阪で買う和菓子

大阪旅を柿千で締めようとしたら、忘れてた。
和菓子をアレコレ、伊勢丹にて購入しました!



堺の名品と聞いていました!
こちら!




b0129725_22100124.jpg



けし餅です~~♪
けしの実のプチプチ感がたまらないですー!


b0129725_22124364.jpg

がっしりした箱に入れられた、箱入り娘♪


b0129725_22151716.jpg

くるみに惹かれて。


b0129725_22172546.jpg

お餅が、とぅるとぅるに柔らかい。


和菓子は、基本的に大好きだけど、
「やっぱ、美味しいな~~~」
と、しみじみ呟いてしまいました。



[PR]
by miccahang | 2017-07-17 22:24 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(2)
大阪旅の締めくくりに、関西国際空港にて、柿千の柿の葉寿司を購入。


b0129725_08411450.jpg


大好きです~。


b0129725_08414690.jpg


やっぱり、鯖が美味い!!!

b0129725_08422254.jpg


ここ3カ月くらいで、にゃお氏の大阪と名古屋出張が続いたので、
その度に柿千をアレコレ買って来てもらっていました。


b0129725_08432254.jpg


この照りが、また、たまらないですー!


b0129725_08440126.jpg

普通の鯖棒鮨は、セントレア空港にて。


b0129725_08444893.jpg

この「生せんべい」が大好物なのだ!
黒い部分は黒糖風味で、まるでそのまま黒糖をかじっているかのよう。
抹茶味もあるそうなのですが、週末の限定販売らしく、なかなか買えません。


b0129725_08470716.jpg

柿の葉寿司、次は、いつ、食べられるかな~。


[PR]
by miccahang | 2017-07-15 08:54 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(4)
食べたかった、「二見の豚まん」
チェーン展開せず、難波のここでしか買えないと言う所、好きだな~。


b0129725_12001551.jpg


こんなに小さいお店なのね!


b0129725_12005222.jpg


1個買ってみました。
蒸し器から取り出したばかりで、アツアツ~。


b0129725_12015367.jpg


皮が厚めで、ふかふか、好きです~。

b0129725_12024804.jpg
玉ねぎの甘さがやさしく、「おばあちゃんの手作り」みたなイメージの餡でした。
思ったより、あっさりしていて、やさしい感じ。
なので、からしを付けたくないな~と思いました。
美味しかった~。



そして、今回の旅は、ジェットスターを利用したので、
関西国際空港で、「551蓬莱」で1個買いました。


b0129725_12123867.jpg


わたくし、551蓬莱も初めてなんです~。
ワクワク。


b0129725_12132808.jpg


キレイですね!


b0129725_12143067.jpg


具だくさん♬
味が濃いめですね!
豚さんがジューシーで肉汁が溢れる、「男子系豚まん」って感じでした。
味がしっかりしてるので、からし、付けてみました。
あら、なんだか、シュウマイ、を食べているような味わいに変化。
美味しかった~。


二つを食べ比べてみると、
「二見の豚まん」のやさしいあっさり餡が好きでした!
ふかふかの皮がとっても気に入りました!

ぁ~、でも、どちらも美味しかったな~。

[PR]
by miccahang | 2017-07-09 12:26 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(2)

大阪旅 串揚げ wasabi

大阪旅での夕食は、串揚げを食べたいッ!

でも、ワタシ、揚げ物が好きなのだけど、
お店に充満する揚げ油の香りで胸焼けしちゃう事がしばしば。

ディープな雰囲気の串揚げ屋さんに行ってみたい反面、
3串くらいで、胸が焼けちゃったら、やだな~。

にゃお氏の誕生日に何にもしてなかったので、
フンパツして、高級店に行って来ました!!

ミシュランガイドで1つ星を獲得のコチラ
法善寺横丁にありました。


b0129725_21091717.jpg


モダ~ンな雰囲気のお店は、全10席と、こじんまりとしていて、
木目の温かみとステンレスの冷たさの対比がカッコイイお店でした。
まずは、ビールから。


b0129725_21124737.jpg


お口直しのお野菜がセットされて、緑のお豆の冷たいスープからスタートです。


b0129725_21151729.jpg


おまかせ串揚げコースのみですが、お腹いっぱいになったらストップをかけるタイプです。


b0129725_21191079.jpg


全品を写真に残さなかったので、一体、何串食べたのか、覚えていないのだけど、
女性のオーナーさんらしい、繊細な串ばかりで、永遠に食べれてしまいそう。


b0129725_21200873.jpg

きゅうりの池に飛び込みそうな勢いですよ!
かわゆい!
けど、一口で、パクッ!



b0129725_21231994.jpg


アスパラ様は、デッカイドゥ出身の子が美味しいな!
プロシュートとパルミジャーノのトッピングゥに、さらに、温泉卵。
もっとシンプルが良いかな!



揚げ物には、スパークリングワインが良いな。
オーダーすると、シャンパーニュのみ、との事。

こちらのお店の2階は、同系列のシャンパーニュバーですので、うなずけます。

3種類を紹介して頂いて、こちらにしました!


b0129725_21283821.jpg


こちらは、自社畑で栽培したぶどうのみを使って醸す、メゾンです。
大手メーカーよりも個性的で楽しいので、
そう言うメゾンに出逢えたら、是非飲みたいです♪


b0129725_21335378.jpg

繊細できめの細かい泡に、程よいコクがあります~。
はぁ~~~~、やっぱり美味しい。

そして、何よりも驚いたのが、お値段!
「シャンパーニュしか置いていない」
と言われた瞬間に、ある程度の覚悟をキメたのに、
「え?ホントに?」
と、驚きのリーズナブルさ。
東京で、この値段では、絶対に飲めない!
そんな所も、大阪、好き♡と思っちゃいまっした。


b0129725_21434595.jpg


創作串揚げ屋さんでしたので、ちょっと凝り過ぎているのかな~。
一つ一つがとっても吟味されて、細かく調理されて素晴らしかったのだけど、
トッピングゥの味が勝ってしまったり、
串の素材と合っていなかった物もあったな~と思いました。

やっぱり、次回は、「二度づけ禁止」なお店に行ってみたなと思いました。


b0129725_21585871.jpg


道頓堀の川面を吹く風がとっても爽やかでした。



[PR]
by miccahang | 2017-07-04 22:16 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(2)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31