<   2016年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

にゃお氏がミラノに立ち寄ったので、
ペックで、コレ!
買って来てもらいました!


b0129725_14204941.jpg


マスカルポーネ。
ミラノのペックでは、手作りなんですって(^^♪
なので、保存料などが入っていなくて、賞味期限がすごく短い。
市販の物でも十分美味しいけど、このマスカルポーネは、別格の美味しさ。


b0129725_14211920.jpg


イタリアって、本当に職人さんの国なんだな~と思ったエピソードを聞きました。

行ったのは、9月の中頃。
ミラノは、まだまだ夏の名残があり、暑かったそうで。


「マスカルポーネください」
ペックの店員さんに頼むと、

「もしかして日本に持って帰るの?」

勢い勇んで、「ハイ!」と答えると、

今、イタリアは、かなり気温が高くて、暑い。
痛むから売れないと言われたらしいのです。


え!
売ってくれないの!!



他にもアレコレ購入して、最後にもう一度、

にゃお氏「ホントにダメ?」


店員さん「保冷剤とか持ってるの?」


にゃお氏「ある!持ってる!」


店員さん「絶対に冷やしておいてね!」


絶対に冷やすって事を約束したら、売ってくれたのだそうです。
店員さんの職人魂ですね~。



b0129725_18185004.jpg


で、いつも、マスカルポーネとゴルゴンゾーラのピカンテを層にしてもらうのですが、
店員さん、「ゴルゴンゾーラならば、非常に良いドルチェが入っているから、コレにしないさい」
との強制により、ドルチェを買う事になったらしい(笑)


ドルチェもモチロン大好きだけどね。


b0129725_18225126.jpg


爽やかに甘いマスカルポーネと一緒に食べるなら、
やっぱりピリリとしたピカンテが最高に合うんだよね~。


でも、ゴルゴンゾーラドルチェが久しぶりだったので、物凄く美味しかった!
ドルチェの美味しさを再認識しました。


[PR]
by miccahang | 2016-09-27 18:32 | ☆イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(0)
車で走っていまして、ちょっとお腹が空いたなと思っていた所に、
通りすがりの村で、サッと、見えた小さな看板が気になって、
ユーターンしてもらう。


b0129725_22304116.jpg


やっぱり、チーズの屋台でした!



b0129725_22333959.jpg

先の市場で見たチーズと同じようなドデカイ子が一種類の潔さ。
100gでカットしてもらいました。


ほくほくして、去ろうとしたら、


「すいません、一緒に写真を撮ってください(^^♪」


と、若い女の子に声を掛けられました。


「え!アタシと?」


見知らぬ人に写真をせがまれる事なんて、
まぁー、ありませんよね。


チーズを買っている時から、ニコニコして見てる女の子がいるなと思ってたんです。


b0129725_23084034.jpg

折角なので、自分のカメラでも撮ってもらいました。


ルーマニアでは、興味津々で声を掛けられる事が結構ありましたが、
キラキラした目の好意的な興味津々さ、なので、
なんだか、モテ期到来か?と思えてしまうのでした。


商店で、ハムを買おうと、一軒のお店に入る。


b0129725_23172508.jpg
スタンダードな感じのハムを100g購入。


b0129725_23184485.jpg

量り売りで買えるのは嬉しい。


b0129725_23175915.jpg

工場製品のチーズなどなども、沢山ありました♪


停めていた車に戻ると、
先ほどの女の子が、友達と娘を連れて来たから、もう一度写真をって言われて*^^*


b0129725_23211618.jpg


めちゃめちゃカワイイ娘ちゃん(^^♪
ムチムチで、目がくりくりで、ホント、かわいかった。


町から、ちょっと車を走らせたら、昼食をとるにピッタリの東屋がありました。



b0129725_23270575.jpg


パンも沢山余ってたので。


b0129725_23285638.jpg

いただきま~す


b0129725_23293965.jpg

さっぱりチーズには、ハムが欲しいね!
美味しいわ~

心もお腹も満たされた気分でした。


[PR]
by miccahang | 2016-09-24 16:10 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(4)
シギショアラで最も有名なレストランは、


b0129725_20280223.jpg


こちら。


ドラキュラのモデルとなった、
ヴラド・ツェペシュの生家がレストランになっているとの事。
ちょっと行ってみたくなるよね。



b0129725_20313106.jpg

おお~
古めかしさ、おどろおどろしさ、出してる入り口。


b0129725_20323375.jpg


イイ雰囲気。
レストランは、かなり席数があり、広々でした。


b0129725_20351413.jpg


ドラキュラ=ドラクル=竜の意味だそうで、お店のモチーフは、ドラゴン。


b0129725_20381663.jpg

このお皿、カワイイです。

こちらのお店は、血のスープ、などなど、
ドラキュラを連想させるメニューがあるのですが、
全く関係ない、サルマーレ。
食べたかったの~。
酢漬けのロールキャベツっぽい感じでした。


b0129725_20431149.jpg


なんとなく、惜しい感じ。
ママリガ、水っぽいな~
サワークリーム、濃厚さが無いな~


b0129725_20385209.jpg

豚肉やソーセージなどのトマト煮込み、トキトゥーラ。
地方によって、食材が違うそうです。

これもちょっと惜しいな~。

まぁ、こんな時もあるよね。

でも、シギショアラの街は、素敵でした。


b0129725_20523014.jpg


レストランのウェイトレスさん。
伝統的な衣装で。



b0129725_20532768.jpg

このパン屋さん、カウンターが高過ぎて、足場が設置されてる。



[PR]
by miccahang | 2016-09-19 21:01 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(0)
にゃお氏の、下期の出張シーズンが始まり、まずは、北イタリアでした。
この後、3回連続でイタリアなので、買って来てねリスト(指令書)は、やや控え目に。


リストに無いけど、現地で食べて美味しかったと言うチーズを買って来てくれました!
ぅ~ん♪出来るオトコ(^^♪

b0129725_19483318.jpg



スーパーで気軽に買えるチーズだそうで。
1個が100g。
とっても小さくてカワイイいのだけど、
1.49ユーロだなんて、お値段もキュート♬


b0129725_19430233.jpg

手のひらほどの大きさで、もぅ、たまらなくカワユイ。


b0129725_19461803.jpg


イタリアでは珍しい、白カビさん。
初めましてのチーズなので、うきうきしちゃいます。

以前、買って来てくれた、イタリアチーズの本で、調べてみました。


b0129725_15271045.jpg

ピエモンテ州で作られるチーズだそう。
牛さん、山羊さん、羊さん、3つのミルクが使われるそうですが、
夏だから、牛さん100%でした。


b0129725_20000787.jpg


室温に馴染んで来たら、ぷに~~~っとして来ました。


b0129725_19544006.jpg


現地では、グリルした野菜と供されたと言う事なので、
野菜をオーブンで焼いて、チーズを乗せて、頂いてみました。


b0129725_19562683.jpg

牛さんのミルクの甘味に包まれて、野菜も一層、美味しくなる~。



b0129725_20022553.jpg

現地では、チーズも加熱されて、溶けだすくらい柔らかかったらしいので、
電子レンジで、温めてみました。

旨みが増す!

ぁ~、コレ、もうちょっと買って来てほしかったな~。
100gだと、ペロリだもんで、慈しみながら、頂きました。


[PR]
by miccahang | 2016-09-17 20:09 | ☆イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(0)
ワイン仲間とお勉強会。


b0129725_22563753.jpg


お勉強の後が楽しみ(^^♪
初めてのGOSSET*^^*


b0129725_22572329.jpg

味わい深い旨みがしっかり。
シャンパーニュグラスがまたカッコイイ。


b0129725_22593738.jpg


マコン、久しぶり!
美味しいな^^

b0129725_23005876.jpg

こちら、ワインバーなのに、お料理がしっかりボリューム感があり、しかも美味しい!



b0129725_23020948.jpg

ラムちゃん(^^♪
大好きなのだけど、イタリアやスペインで食べるのには、かなわないでしょー!
って失礼ながら思ったのよね^^;
ところが、素晴らしく美味しかった!


b0129725_23175073.jpg

タウラージ
美味しー!


b0129725_23060394.jpg

チーズ5種盛り。
10種類から選べる♪
違うタイプを5種類選んでみました。
ワタクシ任されましたので、独断で。

初めましてのチーズが2個いらして、たまらなく嬉しい。

でも、ちょっと、量が少ない・・・
このプレート、アタシ一人で食べちゃうくらいだね。


「エポワスが大好きなの~」
と言う仲間からの声に、
「それはね・・・ふふふ♪ マール・ド・ブルゴーニュでウォッシュしてるんだよ」
って、言ったら、
「へぇ~~!マールで!」
って小気味の良い楽しい返答(^^♪
自分も、「ぉぉ!」って思われる返しが出来るよう、経験を積んで行きたいな~と思うのでした。


[PR]
by miccahang | 2016-09-15 23:39 | ○ 脱!ノムリエへの道 | Trackback | Comments(2)
シギショアラは、丘の上にある城壁に囲まれた中世の街でした。
旧市街に一般車両は入れないので、丘の麓の駐車場に停めて、
坂道を歩いて上がって行きます。

中央広場に出ました。


b0129725_22190481.jpg


人気の観光都市とあって、中心広場はたくさんの人で賑わっていました。
(写真は、翌朝撮ったもので、静かな朝)

目星を付けていたホテルのうち、第一希望のホテルへ行ってみます。


↑HPより実物の方が雰囲気があって、素敵だったな~^^

とっても人気のホテルなので、部屋を選べず、
スタンダードなごく普通の部屋しか空いていませんでした。

ちょっと面白みが無いので、第二希望のホテルへ向かう。



↑あら、こちらも、HPがイマイチだな~
 素敵な写真が無い・・・^^;


b0129725_22113691.jpg

ピンク色の外観が可愛らしいホテル。


なんと!
スタンダードルームのお値段で、2ランク上の部屋を案内してもらえました!!
なので、こちらに即決!

19時を過ぎていたので、こういう事、結構、ありますよね。
嬉しいな~。


別館の2階です。

b0129725_22133695.jpg


すり減って、角がまる~くなった階段をあがり、
部屋のドアを開けると、


b0129725_22143153.jpg

ウェイティングルームのような部屋があり、
左側には、バスルーム。

トイレに行く度に、
肖像画のオジサマの顔の向きが変わってたりしないかしら?
確認したりして。

ホーンテッドマンションのアトラクション気分。


b0129725_22254491.jpg

その奥にベッドルーム。
広過ぎるくらい広い。



b0129725_22275850.jpg

2つの窓の下が中央広場です。
広場は、夜遅くまで賑わっていたけれど、昔ながらの、2重の窓のおかげで、
静かに眠ることができました。


b0129725_22285753.jpg

難点は、ベッドのスプリングが・・・
寝返りをうつ度に、ギシギシ。^^


b0129725_22304723.jpg

バスルームはキレイだったし、大満足のホテルでした。


b0129725_22314034.jpg

ピンク色の建物の2階部分がほとんど全部アタシ達の部屋でした。




[PR]
by miccahang | 2016-09-12 22:41 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(4)

アタシの村へ行く

出発前に、にゃお氏からこんな事を聞いた。

「ミカりんの村があるよ」


b0129725_20465103.jpg


あら、ホント!
しかも、丁度、通りすがりで行けそうな場所。

これは、行くしかないでしょー!


b0129725_20481168.jpg

キター!
何にもない村だったけど^^



b0129725_20501747.jpg

MICA村の人に、
「アタシ、MICAです」
って言いたかったな~。


ブログのプロフィール写真、こっちに変えようかな。


b0129725_20585697.jpg


miccaの看板は、南イタリアの通りすがりの村で、偶然見つけた看板でした。
偶然と言う感激は、やっぱり大きいな~。
やっぱり、「micca」のまま、現状維持で行こう。



[PR]
by miccahang | 2016-09-08 21:07 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(4)

無敵の紙風船

あちこち寄り道していると、目星を付けていた宿まで辿り付け無い事があります。

運転疲れのにゃお氏
座り疲れのアタイ

「もうさ、次に見つけたペンションに泊まろうよ・・・」

と言う事になり、看板を見つけて、行ってみました。


あら、なかなか素敵な、マラムレシュらしい入り口のペンション。


b0129725_21581134.jpg


広い敷地に5棟くらい建っていて、それぞれ、4部屋づつある感じでした。


b0129725_21593406.jpg


新品のお部屋。


b0129725_22001352.jpg


バスルームも広過ぎるくらい広い。


b0129725_22005858.jpg

小高い丘の斜面に建っていて、見晴らしも良くて。


b0129725_22021020.jpg



レストランで夕食を食べに行きます。

b0129725_22035671.jpg

あら~、山小屋風でイイじゃな~い(^^♪


b0129725_22043889.jpg


お庭に、ラマ、みたいな動物がいました。


b0129725_22100465.jpg

まずは、ビールだね。
っぁ~、美味しい。


b0129725_22105096.jpg

食べたかった「チョルバ・デ・ブルタ」牛さんの胃袋のスープ。
臓物が大好きなので、ワクワク。

あ、全然、クセがな~い!

臓物苦手なにゃお氏でも大丈夫でした。

添えられたサワークリームが、もぅ、サイコー。


b0129725_22135386.jpg
スープに溶かし込むのですが、美味しくて、そのまま、パンに付けたりして♬


b0129725_22151133.jpg

ルーマニアは、ワインも美味しいのです。
ここでは、選べるほどワインが無く、ハウスワイン。

暑い日には持って来いの、サラッとした赤で、冷えてて、美味しかった。


b0129725_22185590.jpg


ソーセージなどのトマト煮込み。
間違いない美味しさ。


b0129725_22195853.jpg

ちょっと食べ足りないので、ミティティーーーーー!(庄司風に)



b0129725_22211697.jpg

デザートに、パラチンタ。
クレープ生地がモチモチで、美味しかった。



私たち以外のお客は、隣のテーブルのルーマニア人家族。

夫婦2組と女の子が1人の5人家族。

大人の4人は、お酒を飲みながらゲームに興じていて、
女の子は、つまらなそうに過ごしていました。


そんなつまらない中での唯一の興味は、東洋人の私たち。
視線を感じていました。


でも、とってもシャイな女の子で、視線を感じて、パッと見ると、サッと視線を逸らす。
そんなやりとりを何往復か、していて。


そこで、にゃお氏がいつも持ち歩いている「紙風船」をプレゼントしてみました。



b0129725_22294807.jpg

一気に、私達の距離を縮めてくれる「紙風船」
言葉なんて要りませんよね。

暇を持て余していた女の子は、夢中で遊んでくれました^^
回転レシーブするんじゃないかって言うくらい、紙風船を追いかけて、転んだり。

カワイイ少女でした。
(物凄く美少女なのです)


女の子のご両親から、お礼にと、強めの蒸留酒をご馳走になりました。


翌朝の朝食でも顔を合わせたのだけど、


b0129725_22483564.jpg

シャイなので、モジモジ。
カワイイな。

お互いに出発するお別れの時になって、
「ムルツメスク」
と、小さく言って、笑顔で手を振ってくれました。

たまたま泊まった宿での忘れられない思い出となりました。


[PR]
by miccahang | 2016-09-07 23:10 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(6)
マラムレシュをドライブ中、市場が立っているのを見つけました。
チーズのお店が見えたので、大興奮して、Uターンしてもらいました。


b0129725_21082158.png


全長10メートルほどの小さな市場。


b0129725_21100562.jpg

日用雑貨や洋服の生地を売るお店が多かったですが、
子豚ちゃん、トラクター、なども売られていました。


b0129725_21125917.jpg

チーズのお店が3軒。
形も大きさも色も、様々。
2つとして同じチーズが無い所に感動します。


巨大なチーズの塊が、ドン!ドン!と置かれている様は、かなりの迫力です。


b0129725_21145256.png

全種類を試食させてくれました♪
どれも、熟成させないフレッシュチーズでした。
酸味も強めのさっぱり系。


ママリガに混ぜて食べるのだそうです。
いや~ん、美味しそう。


折角なので、100gほど購入しようかな。


b0129725_21185534.png

ザクッと切ったら、300g
かなり多いけど、まぁ、イイか。
約100円でした。
安過ぎる!

商店でパンを買って、ピクニックにしました。


b0129725_21211060.jpg

パンも、少量サイズなどは無く。。。この1袋で70~80円でした。



b0129725_21222459.jpg

チーズがあっさりしているけど、ミルクのコクがあって、
オリーブオイルを垂らしたら、より一層、美味しかっただろうな~。


思いがけないチーズとの出会いは、しばらく興奮が収まりませんでした。

[PR]
by miccahang | 2016-09-04 13:13 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(2)
愛読させて頂いているsweetafternooteaさんのブログで、
素敵なバウムクーヘンの記事を拝見しました!



そちらがなんと、本店が千葉県だと伺いまして、早速、行ってみました~。


b0129725_19521530.jpg

富良野店の素敵な店舗を拝見していたので、
本店、「ちっちゃ!」と落差に驚きでした(笑)


本店限定を購入してみました。



b0129725_19553580.jpg

ソフトバウムクーヘン


b0129725_19561489.jpg

北海道のバター、生クリーム、ふらのの牛乳が使われたリッチな味わい・・・
(HPより抜粋)

そうよ!そうよ!
酪農王国デッカイドーを味わいたいのよ!
それを千葉で味わえるなんて!



b0129725_19580720.jpg
北海道の乳製品の旨みが詰まってます。
そして、ホントにしっとり。
溶けちゃう感じ~。


エスプレッソを淹れたのだけど、これは、牛乳と食べたい!



もう一つ、本店限定。
チーズインバウムクーヘン




b0129725_20531092.jpg

しっかり焼き目のついたバウムクーヘンの中に、北海道産のクリームチーズ生地・・・


これは!
バウムクーヘンも美味しくて、クリームチーズもしっかり美味しいので、
どっちも主役級なのよ!!

このクリームチーズには、シンプルなタルトで、クリームチーズをしっかり味わいたい!


次回は、ふらの牛乳のプリンを、行きたいと思います。


[PR]
by miccahang | 2016-09-02 15:50 | ○ 食べる! | Trackback | Comments(2)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30