<   2015年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

答え:何倍も美味しくなりました056.gif


チーズに合わせる副食材としては、ナッツ、ドライフルーツは定番ですね♪
相乗効果は、足し算でなく、掛け算なんですね~


b0129725_12251363.jpg


ロックフォールとソーテルヌは、完璧な組み合わせ。
そこに、胡桃をプラスしてみました。


b0129725_19063480.jpg

青カビさん、イキイキしてます。


b0129725_19074180.jpg

胡桃の入ったパンを軽くトーストして、ロックフォールを乗せるだけ。
胡桃の香ばしさとロックフォールのピリリとシャープな味わい、そこに、ソーテルヌ!

「サイコーだね!」

を連発しながら、頂きました。


翌日は、胡桃とドライイチジクとオレンジピールの入ったパン。
お気に入りのパン屋さんで購入。


b0129725_19105666.jpg

これも、軽くトーストして、ロックフォールを塗ります。


b0129725_19121429.jpg

なんと言うか、禁断の扉を開いてしまったかの様な、幸福感でした。

[PR]
by miccahang | 2015-10-29 19:15 | ☆フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(2)
先日、うちのチーズ運び屋が、おフランスのチーズをアレコレ持ち帰ってくれました。


b0129725_12221722.jpg

カマンベール・ド・ノルマンディーの香りを嗅いだら、なかなかイイ香りを放っていたので、
開けてみました。


b0129725_10590609.jpg



キノコの様な香りがしてたので、熟成がイイ感じかな~?
と思ったら、まだまだ、若かった!


b0129725_10595615.jpg


半分食べて、残り半分を寝かることにしてみました。


b0129725_11010040.jpg

そろそろいいかな?


もぅ、ちょっとだったな。

b0129725_11021006.jpg

外皮に近い部分は、だいぶトロリとして来ました。
まだまだ、芯がありますので、フレッシュな部分も楽しめて、良い感じと言えば、良い感じ。

好みの問題だけど
アタシの好みとしては、もうちょっと待ちたい感じ。



残りの1個は、当初から、我が家で開催される合宿と言う名のお泊り会で開けようと目論んでいたので、
その頃には、かなり良い感じになっているんじゃないかな。


食べ頃を見極めるのは、本当に難しいです。
[PR]
by miccahang | 2015-10-24 11:04 | ☆フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(2)
にゃお氏、おフランスから帰宅~
チーズ、ぁ~、どっさり、どっさり~♪
(りりーちゃんへ、うっかり、うっかり~♪の名調子で読んでね056.gif


おフランスへ行くとなると、買って来てねリストを作るのが難儀する~
食べたいチーズがあり過ぎて、買って来てもらうチーズを選抜するのが苦渋の決断。


まずは、スタメンのコンテ。
熟成違いを2種類。

熟成の若いコンテは、スーパーでオッケー♪
左の真空パックになっている方は、24ヶ月。
熟成の長いコンテは、チーズ屋さんでカットした物を買って来て欲しい。
そんなワガママなお客(アタシ)のオーダー通りに買って来てくれる、出来たオトコである。

b0129725_12111890.jpg


カマンベール・ド・ノルマンディも、ほぼ、スタメン。
もう既に食べ頃っぽい、キノコの様な熟成感のある香りがしてます。

b0129725_12221722.jpg

季節によっては、スタメンから外されちゃうロックフォール。
今回の出張先が南西フランスだった事、季節も良い事により、ソーテルヌとセットで買って来てもらった。


b0129725_12251363.jpg


そして、帰国便がKLMオランダ航空だったので、アムステルダムで必ず買う、ゴーダ♪
1年モノと2年モノのアソートセット。
フランスのチーズを並べた中に「ゴーダ」が入ると、強力な助っ人外国人みたい。


b0129725_12261513.jpg


そして、この季節ならではの、モンドール♪
真空パックにしてもらったから、香りが漏れてな~い♪


b0129725_12281665.jpg

モンドールは、早速開封♪


b0129725_12294091.jpg

モンドールは、8月15日から翌年の3月15日の期間しか製造されない季節限定のチーズ。
洋の東西を問わず「限定」のワードって、皆、弱いよね~。
モンドールの人気がうなぎのぼりだったため、これでも製造期間が延長されたのですから、その絶大なる人気が伺えますな。


そもそも、コンテを作れない冬の期間に、短期間の熟成で食べられるチーズとして作られていたのがモンドールなんですよね。
コンテは30kg~55kgくらいある、非常に大きなチーズですので、


↓ こんなに大きいの丸ごと1個欲しい~

b0129725_23241818.jpg



ミルクが大量に必要になるわけですよね。
数軒の酪農家さんがミルクを持ち寄って、1つの大きなコンテを作るわけです。
山深い地方ですので、冬になると、ミルクを持ち寄る場所まで行くのも大変だそうで、
冬にコンテは作れないんですって。
その冬の間の食料として、少ないミルクで作れる小さなチーズを作っていたそうで、それがモンドールなんですね~。

そんな背景から産まれたチーズに「季節限定」って素晴らしく魅力的なキャッチフレーズを冠するスゴさ。
ホント、フランスのプロモーションの上手さって、アッパレだなぁ~って感心しちゃう。


何はともあれ、こんなに美味しいチーズが産まれた事に感謝です。


b0129725_12533453.jpg


ボルドーのメルロを開けました。
物凄く美味しかった。


b0129725_12544519.jpg

チーズ以外も沢山。


b0129725_12563650.jpg


チーズのお供に、パンを焼く~
キュートなコゲ目がつきましたわん。


b0129725_12584649.jpg




[PR]
by miccahang | 2015-10-20 13:51 | ☆フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(6)
チーズの仲間であり、ワインの仲間でもある友人から、日本のチーズを頂いた♪
大分県にあるCook Hill Farmさんのチーズ。


「ひとくち位の大きさなんだけど、美味しかったから、是非食べて欲しくて、お裾分け♪」

なんて、カワイイ事をおっしゃる~~~

大分を旅した際、チーズ工房を訪れたのですって♪
チーズ好きは、行動が似てます^^


b0129725_09363830.jpg


わぉ!!
フランスかイタリアのチーズみたい!!

日本のチーズは、見た目もキレイな物が多いけど、
こちらは、とっても素朴な外観で、そんな風貌がフランスかイタリアのチーズみたい。


b0129725_09492556.jpg

外皮の厚さとボコボコ感が、素朴でイイ~~
旨味がしっかりしてて、食べ応えがある!!
ホントに日本のチーズっぽくないパンチがある!!

このチーズ工房は、初めて聞いた名前だったのだけど、
志高くチーズを造っている工房を教えてもらえて、非常に嬉しかった。
いつか訪れたいチーズ工房リストに入れておこう。


[PR]
by miccahang | 2015-10-16 10:00 | ★日本のチーズ達 | Trackback | Comments(4)
ワタクシ、憧れのチーズ料理があります。

フランスはオーヴェルニュ地方の郷土料理「アリゴ」です。
お肉などの付け合せに供される、「伸びるマッシュポテト」そんな感じのお料理です。


b0129725_12042829.jpg



以前、自宅で作ってみたのだけど、大失敗! →その時の記事へ
全く伸びず・・・。
ただのリッチなマッシュポテトになってしまいました。


そんな、アリゴが食べられる催しがあると、チーズ仲間からのお誘いを受けて、
オーヴェルニュのチーズを学ぶ会に行って来ました♪


オーヴェルニュ地方のチーズ達が、大好きで、
数年前から、オーヴェルニュのチーズを巡る旅の構想を練っています。
色々、教えてもらいたい事がありましたので、とっても有意義でした。


ワタクシ、冬でも行けるのでは?と考えて、来年の1・2月に行きたいなと思っていたのですが、
にゃお氏、「冬のマッシフサントラルをドライブ、無理だと思うよ」との事。

今回、学ぶ会に参加して、オーヴェルニュの風景も沢山見せてもらって、
マッシフサントラルをナメ切っていたなと実感しました。


レンタカーでの旅で、雪・凍結、恐怖ですよね。
冬に行くのは、無理だなと諦めました。
いつか、夏休みに実現できるよう、温めていこうと思います。




★★★★★★


お勉強会の後は、オーヴェルニュの地方料理を食べながらの座談会♪


b0129725_12103398.jpg

アリゴの登場にワクワクしていると・・・・


「今日は、メニューの構成上、じゃがいもダラケになってしまうので、アリゴを止めマシタ♪」



えーーーーー!!!!
アリゴを楽しみに来たのに・・・・
やっぱり、オーヴェルニュの旅を実現するしかない!!
アリゴへの道は果てしなく遠いのでした。



★★★★★★


オーヴェルニュのチーズ達。
一気に華やぎます♪

b0129725_12105356.jpg

やっぱり、スレート、カッコイイ~~
でも、我が家のダイニングテーブルが黒なので、ダメか~~

b0129725_12110862.jpg


ナイフは全てラギオール。
カックイー♪

b0129725_12112870.jpg



ミシュラン、初版本のレプリカ。
掌サイズでかわいい。
とことん、オーヴェルニュがらみ♪


b0129725_11530911.jpg

でも、デザートは、アルザスのクグロフ^^
オーヴェルニュには、有名なスイーツがあまり無いのだとか。


[PR]
by miccahang | 2015-10-07 12:12 | ☆フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(2)

シチリア土産

シチリアより、我が家のチーズ運び屋が戻ってきた♪

シチリアのチーズは、日本ではなかなか買えないので、楽しみで楽しみで♪


b0129725_20491794.jpg

昨年ようやく買えた、やっと逢えたね・・・のチーズ達と、ラグサーノ。
そして、フォンティーナ。
フォンティーナは、アオスタのチーズだけれど、寒くなってきたら、
汗だくになって作るポレンタ・コンチャ、作りたくて。


シチリアから戻って、翌日には、おフランスへ旅立って行ってしまったので、
水牛さんのモッツァレラだけ、一緒に食べましたー。


b0129725_20573061.jpg

モッツァレラは、外皮がないけれど、
塩水に漬け込む間に薄い皮膜が形成され、内側のジューシーさが保たれます。
今回、持ち帰る間に、皮膜が破れちゃった子がいて、
ジューシーな旨味が、塩水に漏れ出ちゃったー>_<


b0129725_21000708.jpg

5ッ人中、2人も・・・・
可哀相なことをした・・・痛い思いさせちゃったね。

ま、アタシ達にすぐに食べられちゃうけど♪
今回は、そのまま、かぶりつきました♪

ジューシー過ぎる~~~


b0129725_21051002.jpg


にゃお氏がいつも買うチーズ屋さんは決まっているそうで、
そのお店には、良く出来たチーズのマグネットが売られていて、
新作があると、買って来てくれます。

今回は、カチョカヴァッロ。
見事に良くできてるーーー!!

つるっとした感じがホンモノみたいで、かじってみたくなっちゃう!



あとは、シチリアのワイン。



b0129725_21130128.jpg

右のワインは、前回の南イタリア土産。
ゆっくり飲める時に、味わって飲みたい3本である。


b0129725_21145563.jpg
普段使い用のオリーブオイルとカルチョーフィのオイル漬け♪
カルチョーフィのオイル漬け、パスタに使うのがお気に入りになって、ハマっています。


b0129725_21162752.jpg

KAMUTの小麦粉とカフェポッド。


b0129725_21171333.jpg
サラダ用のバルサミコは、熟成がそれほど長くない物を使っています。
ミニチュアボトルは2年もの。
すっごくカワイイ♪


b0129725_21185306.jpg

5年モノの容器。
あ!ハート型だ♪
カメラのファインダーをのぞいて、初めて気が付いた。
オシャレだな~。



[PR]
by miccahang | 2015-10-04 21:30 | ☆イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(2)

お台場deタヒチ

先日、お台場で開催されていた「タヒチ・フェスタ」に行ってきました♪


b0129725_20202598.jpg

お供は、タヒチ大好きであり、フラダンサーの友。

フラダンサーですが、タヒチ大好きですので、タヒチアンダンス、大好きだし、気になるようです。

タヒチアンダンスとフラ。
似ているようで、全然違うそうです。
タヒチアンの経験もある彼女ですが、フラの基本が染み付いてしまっていると、やっぱり、別物なのだそうです。
彼女の踊るフラ、特に、古典フラはカッチョ良過ぎて、ファンクラブ一番を申請中です(却下しないでよね 笑)




今日の目的は、「どっぷりタヒチ056.gif


お目当てのライブ前に、マルシェへ行ってみました。



b0129725_20324730.jpg

カゴを編むお母さんが、パペーテのマルシェを思い出させてくれます~~~♪
興奮しちゃいました。



そして、ライブが始まるまで、ヒナノビールでカンパイ♪


b0129725_20433990.jpg


以前、タヒチで、ヒナノビールのアンバーを呑んで、すっかり虜になり、
「呑むぞ!」って思って、いたら。。。

アンバーだけ、売り切れ!
え!!!
さっきまで在庫あったのに~~~!


ぅ~~ん、
「ある時に買う」
これって、旅の鉄則かと思っていたけど、日常でも「有り」な鉄則なんだな~。


b0129725_21015017.jpg

タヒチで今、とってもホットな(言い方が古い?)バンドのライブです。
何曲か、踊ってくれました!!


b0129725_21012199.jpg


タヒチの女性って、官能的で魅惑的072.gif
ゴーギャンが虜になるのも解かりますよね~

そして、心意気が、ドライじゃない、ウェットな感じがするのよね。
そこがまた、惹き付けられる要因なんじゃないかしらね。
(タヒチの虜になった者の弁)


b0129725_21093079.jpg


タヒチの人々のタトゥーは、重みがありますよね。
↓ タヒチで買った絵葉書より



b0129725_19143054.jpg


文化としてのタトゥーは、やはり、美しいです。



いくつかショーを見たり、ショップを覗いたり。
一番の楽しみは、やはり、タヒチから招かれたダンサーによるショー。




b0129725_21224210.jpg

ぁー、この音・・・・(陶酔・・・)
血湧き肉踊る、そんな太鼓の音。


b0129725_21235763.jpg


この音色が、一番、タヒチを思い起こさせてくれます。
ぁー!
また、いつか、タヒチに行きたい!
b0129725_13495556.jpg


[PR]
by miccahang | 2015-10-01 21:46 | ■ miccaのネタ | Trackback | Comments(12)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31