<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


「プラハ音楽を楽しむ旅」の締めは、オペラ座です。


b0129725_23365397.jpg


5泊という短い日程の中で、モーツァルトを優先して行くと、
こちらで観劇出来る日は、日程的に1日しかなかった。
丁度その日に上演があっただけでも良かったー。


更に、良い席でのチケットが取れて、万々歳でした!!


b0129725_23570267.jpg

やはり、オペラ座!!
お客様の服装が違う!!!
皆様ドレッシー!!!


b0129725_23582181.jpg

各フロアーに「もぎり」の方がいらっしゃいました。
お部屋を案内してもらい・・・・



b0129725_00002222.jpg

ボックスからの眺めは、こんな感じです。



b0129725_00013951.jpg

めっちゃ良い席、取っちゃいました♪


b0129725_00024800.jpg

舞台のほぼ正面ですし。



b0129725_00164283.jpg


オペラ初心者のワタシ達は、
素晴らしい劇場、素晴らしいボックスで観劇すると言う事に、カンゲキです♪



b0129725_23593981.jpg

1階席にもリサーチに出掛けちゃいました。


b0129725_00203122.jpg

劇場には、早く来るべきですね^^
さすがに、皆様が席に着くと、写真、取りづらいです。



b0129725_00335609.jpg

ココです♪
良過ぎる席です♪


b0129725_00350694.jpg

演目は、ヴェルディの「イル・トロヴァトーレ」
ストーリーは、結構わかりやすくて、入りやすかったです。


ワタシ的にいつも思うのが、オペラの内容って、
韓流ドラマの「うっそーん!!」って言う人間関係に似てる(笑)


そんな風に、思ってからは、「オペラ」を敷居の高い物と思わずに楽しもう!
って思えるようになりました。


今回は、舞台からほぼ正面の席だったので、
アリアは耳元で囁くようであり、重唱は包み込まれるようで、感動でした!



[PR]
by miccahang | 2015-04-23 18:41 | ・プラハ音楽を楽しむ旅 | Trackback(1) | Comments(2)


プラハで、マリオネットを観劇した~い♪

にゃお氏が何度かプラハでマリオネットを観劇しており、
非常にカンゲキしたと言う話を聞いて、憧れを抱いていたのである。

国立マリオネット劇場で、ドン・ジョバンニを観劇しました。

b0129725_09283873.jpg

こちらの劇場の演目は、「ドン・ジョバンニ」だけ。
通りのモザイクにもその演目が刻まれています。

「ドン・ジョバンニ」の初演を行ったのがプラハのエステート劇場なんですね~。
そして、プラハでは大成功したのだとか~。


映画「アマデウス」で描かれていたけれど、その後、ウィーンで上演するも、あまりウケず、あっという間に上演打ち切りになったそう。
映画の中で、「ドン・ジョバンニ」のオペラシーンもありましたので、観たかった演目です。
とっても楽しみ!
b0129725_09384171.jpg
かなりこじんまりしていて、年季の入った劇場。
観客は、中国人・韓国人・日本人などの東洋人が大半を占めていて、欧米人は少なかったです。


不思議~。東洋人って、人形劇が好きなのかな?
にゃお氏が過去に訪れた際も、ほとんどが東洋人だったらしいわ。

b0129725_12525176.jpg

魂を吹き込まれた人形達の動きが、もう、ホント、人形とは思えない!
オリジナルのオペラだと3時間を超える内容だけど、マリオネットでは2時間程に凝縮してくれています。
そして、笑いありで、すっごく面白かった。

クライマックスの石像のシーンは、事前ににゃお氏から話を聞いていたのに、驚いた~。


出発前、職場の女の子に、こちらで観劇すると話したら、
「あ~、最後に、・・・・・・ですよね!!」
って、ネタバレを(笑)


アタシ、知ってたから良いけど、これから観る人には、言わない方が良いかもね(笑)
その演出は、かなりインパクトがありました。


人形の大きさは、これくらい。
b0129725_13041107.jpg
100~120センチくらいですかね。
意外と、小さい。



ドン・ジョヴァンニ関連で観た映画で、面白かったのが、
「ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い」





モーツァルトの人気オペラ3部作の台本を書いている劇作家、ダ・ポンテのお話です。
「色男(ってなんだか昭和な雰囲気でイイナ)ドン・ジョヴァンニ」と「遊び人ダ・ポンテ」が交錯する内容。

ドン・ジョヴァンニのストーリーも解かるし、音楽も良いし、面白かった。

もちろん、モーツァルトも登場するのだけど、この映画の主人公は、遊びまくりのイケメン「ダ・ポンテ」なので、
モーツァルトが至極まっとうな人物に描かれているのも面白かった。
[PR]
by miccahang | 2015-04-19 15:24 | ・プラハ音楽を楽しむ旅 | Trackback(1) | Comments(2)
プラハでは、ピルスナー・ウルケルを呑む為に、数軒を巡りましたが→   

こちらの、チェコ情報満載のサイトで、
地ビールの醸造所に併設されているピヴォバルが
たーーーーーくさん!!
紹介されていたので、巡ってみました。

ストラホフ修道院の醸造所ソチラのサイトで教えてもらいましたー!





るるぶ、まっぷる?どちらかにも紹介されていた、コチラから。


b0129725_22373764.jpg

こちらも、修道院の醸造所だそうです!
店内にタンクがあると、やっぱり、テンション上がっちゃいます。


b0129725_22405328.jpg


ワタシ:エール(麦芽度17 Alc. 6.9%)
にゃお:修道院のスペシャル(麦芽度18 Alc. 7.2%)


b0129725_22452566.jpg

麦芽度もアルコール度数も高いので、コクがあって、1杯で満足度も高いです♪
ぁ~~~~美味しいよ~~~~~♪


b0129725_22472139.jpg


やっと、美味しいグラーシュを食べれました!
お肉が、ホロホロで柔らかい!
キャラウェイの風味がほんのり♪
器のパンまで、完食したかったけど、かなり大きかったので、器は食べ切れませんでした(勿体無いと思っちゃう、貧乏性)


b0129725_22540506.jpg
豚さん骨付きグリル。
外側がカリっと、脂身がトロっと。
ガツーンとお腹一杯。




こちらは、なかなかマイナーなピヴォバル。


b0129725_22583570.jpg


旧市街からも離れているので、人通りも少ないエリアでした。


b0129725_22594801.jpg

地下にも席があって、かなり広かったです。


b0129725_23052097.jpg

黒ビールから♪


b0129725_23065507.jpg
うわー!なめらかなコク!
美味しーーーーー!!!!


b0129725_23075069.jpg

チェコ版のカマンベール「ヘルメリン」のマリネ。
コレ、美味しい~~♪
プラハ市内のスーパーで、ヘルメリン買って帰ろうかと思うほど美味しかった!

b0129725_23131037.jpg
麦芽度17のラガータイプをおかわり!
無濾過なので、濁ってます♪
無濾過だと、いつも感じるのが、グレープフルーツの皮のような爽やかな苦味。
その風味に、ドハマリ、しました。






こちらは、ホテルのお兄さんにオススメを伺って、行ってみました。


b0129725_23194837.jpg

ビア・ミュージアムの店名とお店の外観から、なんだかイマイチ?って思ったけど、入ってみました。


b0129725_23235599.jpg
これが、なかなか良かったー
チェコの地ビールが、兎に角、色々、揃ってる!


b0129725_23251048.jpg

ミニグラスでの試飲セットも出来るし~~♪


b0129725_23271610.jpg

追加で。


b0129725_23280634.jpg

チェコビールの楽しさを覚えてしまいましたー


b0129725_23300073.jpg



[PR]
by miccahang | 2015-04-14 23:33 | ・プラハ音楽を楽しむ旅 | Trackback(1) | Comments(2)
エルルカンビスでディナーを楽しみ、湯河原温泉では源泉掛け流しの温泉を楽しみました。
翌日は、真鶴で、あじ三昧定食とお刺身定食。


b0129725_22255794.jpg

そして、小田原で行きたい所があると、にゃお氏。


b0129725_22271059.jpg

お豆腐屋さん。
知り合いの方から、こちらの豆腐屋さんの話を聞いたそうで、行ってみました。


b0129725_22281545.jpg


とってもシブくて素敵。


b0129725_22284410.jpg

白い看板の上に鳥さんの巣 


b0129725_22294972.jpg

お豆腐もさる事ながら、がんもが美味しいそうで。


b0129725_22302954.jpg
週末だと、煮がんも、あるそうです。
詰め合わせがんも、お豆腐1丁。
そして、うの花を買いましたー。


b0129725_22321725.jpg




知り合いの御方は、こちらのお豆腐に、なんと、ラグサーノをすりおろして頂くとか・・・
丁度、ラグサーノがありましたので、マネッ子してみます。


b0129725_22373086.jpg


こちらのお豆腐、ふわわわ~~♪


b0129725_22390701.jpg

ラグサーノは、塩味の強いチーズなので、塩代わりのようで、悪くはないのですが。
ん~~。
サイコー!ベストマッチングー!では、ないかなぁ~。

b0129725_22385271.jpg

困った顔の烏帽子の御方と同じ顔をしちゃいました。
やっぱり、お豆腐には、しょう油だね。


b0129725_22430508.jpg

がんもさん達、カリッと揚がっていて、美味しかった。

<ビール備忘録>
SEIYUで購入したイタリアのエールと共に。
330mlで150円。
コレ良い!リピートする!


b0129725_22452646.jpg

南イタリアのとある村の食材屋さんで、色々と購入したら、
ワイン1本プレゼントするわ~と店主さんが言ってくれたそうで。

「ワインじゃなくて、気になってたコレが欲しい!」
ずぅずぅしい、にゃお氏のお陰で、美味しいエールが飲めました。
↓ 美味い!
b0129725_22461455.jpg



[PR]
by miccahang | 2015-04-12 23:03 | ☆イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(2)
湯河原に憧れのレストランがあって。
日帰りでは無理なので湯河原温泉に宿を取って、温泉旅行を兼ねて行ってみました。

名目は何でも良かったのだけど、そう言えば、結婚記念日に何にもしてなかったなー。
結婚記念日2月だけど、まぁイイよね。


温泉宿からタクシーで5分ほど。
山の中へぐんぐん入って行き、
静かな竹林の中にありました。

b0129725_09030770.jpg

竹林、暖簾。
日本的でイイな。

b0129725_09135871.jpg
HERLEQUIN BIS お店のHPへ→


昼間だと、こんな感じに青竹が美しいようです
↓ 写真は、HPよりお借りしました。

b0129725_09354854.jpg

ディナータイムは、妖艶な雰囲気で、大人っぽくて素敵でした。


まずは、シャンパーニュで乾杯。

b0129725_09191563.jpg

「季節のうつろい」のコースを選びました。
アミューズから。
b0129725_09213730.jpg



ワインを自分で選びたい~。
ワインのお勉強会で学んだ事、即!実践です!


白ワインは、ハーフボトルで。
b0129725_09223447.jpg
つい最近、お勉強会で、ムルソーを飲んだばかりだったので、味比べをしてみたい!
かなり冷えていたので、最初は香りも味わいも全然出ていませんでしたが、
温度が上がるにつれて、香りも味わいも出てきました。
温度って、本当に大事なんだなぁと勉強になりました!


1つ目の前菜


b0129725_09283351.jpg


2つ目の前菜
栗毛蟹って、初めて聞きましたー
すっごく美味しかった!

b0129725_09384558.jpg


お魚~


b0129725_09403869.jpg


赤ワインは、ブルゴーニュが多かったです。
ピノ・ノワールがあまり得意でないので、ボルドーが良いなと思い、ポムロールをお願いするも、在庫切れでした。
「ワインリストに無いけれど・・・」と、オススメして頂いたのがコチラ。


b0129725_09535778.jpg

メドックの格付け5級シャトーのオー・バタイエのセカンドラベルだそうです!
にゃお氏はカベルネ・ソーヴィニヨンが大好きなので、ポムロールより良かった!

ワインリストを見ているだけで、楽しかったです。


お肉~

b0129725_09412127.jpg


小さなごはん
こういうの嬉しいなー。やっぱり日本人だなー。

b0129725_10095755.jpg

わたくし、タルトタタン

b0129725_10033332.jpg
にゃお氏、リコッタチーズを使った1品。

b0129725_10042033.jpg

ブラジルプリン

b0129725_10085825.jpg

ブラジルプリンなるもの、知りませんでしたー!
練乳で作るのですね!



美味しいお料理と美味しいワイン。
楽し過ぎる晩餐でした。
ちょっと遠いけど、また来れたら良いな。

[PR]
by miccahang | 2015-04-09 10:23 | ○ 脱!ノムリエへの道 | Trackback | Comments(4)

美しきプラハに触れる

キュビズムっていう言葉は聞いた事があれど、ハッキリどういうものかは、解かっていませんでした。
(今も理解できていません・・・^^;)
キュビズムの概念が建築に応用されたのは、チェコだけ!なのだそうです。


宿泊していたホテルの近くにキュビズム博物館があったので、行ってみました。


ひっそりとした建物の階段。
そう!これが見たかったの!
と登り始めるも、二階より上に上がれず・・・


b0129725_23323285.jpg


聞けば、キュビズム博物館は、つい最近、クローズしたのだとか・・・
うっそーーん!

じゃ、この階段も登れないの?

えーーー!

残念過ぎる!!

b0129725_23435101.jpg


本当は、上から見たかったのだけど、入れないならば、仕方が無い・・・
下から見上げてみます。



b0129725_23445162.jpg


下から見てもカッコ良いけど、残念。




気を取り直して、もう一つ、行ってみたかった建物を見学に。
おー。
存在感があります!

b0129725_23463179.jpg

他にもいくつか巡りましたが、キュビズム建築は、ワタシの好みにズキューンとハマりませんでしたー。

b0129725_23472530.jpg




コレもキュビズムかな?^^

b0129725_00293837.jpg

レトロなカッコイイ車だな~と思ったら、ギャラリーの広告でした。
ギャラリーの雰囲気ととってもマッチングーですね!
プラハでは、こういった車を広告としている事が多かったです。


b0129725_00265027.jpg




夕暮れ時の印象的な塔。


b0129725_00262304.jpg

美しい街並みが幻想的に浮かび上がってきました。

b0129725_00302951.jpg





[PR]
by miccahang | 2015-04-05 12:13 | ・プラハ音楽を楽しむ旅 | Trackback(1) | Comments(6)

困った時の神頼み♪

すこぶる天気の良かった日のサクラ。


b0129725_01085461.jpg


ただいま、ちょこっと勉強してる事。受かりますように~
なんて、勉強する事が先ですわね。
それでも、やっぱり、神頼み!

今から勉強に向かうモードのワタクシには、ロゼのスパークリングを飲みつつ、サクラ観賞の方々がほんのり頬をそめていらっしゃるのは、羨ましく。
よーし、がんばるぞー。と気合を無理矢理入れました。
[PR]
by miccahang | 2015-04-03 01:14 | ■ miccaのネタ | Trackback | Comments(2)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30