<   2014年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

わたくし、お酢がダイスキで、色々なお酢を常備してまして、
シェリービネガーの残りが少なくなったので、買って来てリストに入れると・・・

わぉ!こんなに沢山!
ほんとに、にゃお氏、良く出来た子!!

左から、リオハの赤ワインビネガー、リンゴ酢、シェリービネガー、カヴァのビネガー

b0129725_13490045.jpg
ミニチュア瓶のように見えるけど、1瓶250ml
カヴァのワインビネガーなんて、初めてです!


072.gif


パプリカパウダーも。
日本の物は、ただの色づけ役で、風味が全然無いけれど、
ハンガリー産かスペイン産が薫り高くて、良いですね!

b0129725_14004823.jpg
この二つを使って、鳥さんのキモを煮込みました。
おおつきちひろさんのレシピで作りました → コチラ

なかなか水分が飛びませんでした
でもでも、お皿に残ったスープをパンに浸したら
美味過ぎる~~~

b0129725_14083513.jpg

ワインは、バルサの選手が所有するワイナリーのもの。
ハートのマークが印象に残ります。

b0129725_14131509.jpg

ハートのマークを・・・・

b0129725_14152438.jpg

ペリッと・・・・

b0129725_14154357.jpg

そして抜いてみると・・・

b0129725_14161697.jpg
キュート053.gif
サッカー好きな男子へのプレゼントなんて良いかも。
あ!そんな男子が身近に居ないなッ!


072.gif


マンチェゴ(9ヶ月熟成)も一緒に。

b0129725_14224169.jpg

マンチェゴって、こんなに美味しかったか~って、しみじみマンチェゴ愛が深まりました。

b0129725_14264931.jpg

完全にスペイン気分に浸ってしまいました。
夏休みは、スペイン旅を計画中。
スペインでの食を思うと、うきッとしちゃいます♪




[PR]
by miccahang | 2014-05-28 14:27 | ○ 食べる! | Trackback | Comments(4)

念願の「CACAO SAMPAKA」

にゃお氏が、スペインへ行って来ました。
バルセロナに1泊するという!

「CACAO SAMPAKA買って来て!!!」

すると、
こんなに沢山、買って来てくれた。

b0129725_13320572.jpg

カルメンと書かれた箱の中は、ボンボン。
なんでも、熟練の職人さんの手作りだと、HPに書いてありました。

b0129725_13343796.jpg
一個食べてみると、スパイシーで斬新な風味!
オトナ~~。
これは、一日一個。
食後にエスプレッソと一緒に食べる事にする。


ガウディーの箱は
ん~、なんだか、アーティスティック^^
b0129725_13395249.jpg

ラジョラスと言う薄い板チョコレート
抹茶とフロール・デ・アサール(オレンジの花の香りがするらしい)

抹茶の香りが広がるわ~
b0129725_13432175.jpg

ひとくち食べると、抹茶の味わい。
カリカリとした飴のクラッシュの様なモノが入っていて、
触感が楽しい。

カリカリしてると、抹茶が消えて、酸味のある果物の味。
ん~、これも、意外性がある。

b0129725_13461771.jpg
スペイン王室御用達のチョコレート屋さん
CACAO SAMPAKA 
カカオサンパカ。その音の響きが好きだわ~


[PR]
by miccahang | 2014-05-24 13:50 | ○ 食べる! | Trackback | Comments(0)

ゴーダひとつで・・・

サルデーニャの旅では、KLMオランダ航空を利用しました。

スキポール空港にて買いたい物と言えば、ゴーダチーズです!
空港で売られてる、このメーカーが、ダイスキ!

一年モノです。

b0129725_22031831.jpg

こんな風に切ると、6Pチーズみたいに見えちゃいますが、旨みがしっかりして、安定した美味しさです。

b0129725_22044440.jpg

1年熟成させているのに、しっとりしているんですよね。
そこが、ゴーダの特徴的な製法によるもので、その製法のメリットが、商才に長けてるオランダらしいなぁ~と思ってしまうのです。

ゴーダの製法は、チーズ内に出来るだけ水分を残す方法。
チーズ内に水分が多ければ、重さが増しますよね。
チーズは、キロいくらで売られますから、その分、儲かりますなァ~065.gif

更に、水分を多く残すために、樹脂フィルムやロウで覆われ、
水分の蒸発を最小限に抑える方法です。


水分が多く残ると、加熱すると良く溶けるので、御料理に使いやすい。
ゴーダの製法は、穏やかな味わいのチーズに仕上がり、万人が好む味わいになる。

ゴーダが愛される理由も見えて来ます。


072.gif


2年半モノも買い求めた。

b0129725_22233784.jpg
色も濃く、味わいも濃厚になって来ます。
もぅね、これくらいになると、たまり醤油みたいな、御煎餅みたいな味わいを感じます。

日本酒と、合う!


072.gif

形にも、オランダらしいなぁと感じ入ってしまいますわ。

ゴーダの全体像を見るとラウンドしていて、カドがなく、丸みをおびていますが、
これも、輸出の際重ね積みしやすい、カドがあると、割れの原因になり、不良品が出やすい。
そんな理由から、あの形なんですね~。
昔から、オランダにとってチーズは輸出の重要な品目だったのですね~。


ゴーダ目線から見えてくるオランダ。
それは、こんな国かな?と感じていた印象と、重なるんですねぇ~



[PR]
by miccahang | 2014-05-23 23:02 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(2)

ハウダとの感動の出会い

サルデーニャ島の大きさをナメていた私たちは、島全体をくまなく回ることが出来なかった。
それでも、土地の美味しいものを沢山食べることが出来て、サルデーニャの方々に沢山助けてもらって・・・

ぁ~、イタリアってイイな。
否!
サルデーニャって、イイな!と記憶に刻まれました。

いつか、ルパンが乗ってるような、こんなチンクエチェントでドライブしてみたい。
スーツケース2個・・・載らないか・・・^^
b0129725_00095819.jpg

サルデーニャの旅も、ここにて完結として
AZとKLにて、ローマ、アムステルダムと乗り継いで、帰国です。


072.gif


ローマ ⇔ アムステルダム 間の機内食で、思いがけないチーズに出逢えた!!!

こんなね、木箱をイメージした容器に入ってると、サンドイッチがとっても美味しそうに見えます!

b0129725_00190528.jpg

でね!
よーーーーーーーーーーーく、見ると。
虫めがねじゃないと読めないような小さなマーク。

b0129725_00205075.jpg


アルクマールのチーズ運搬のが描かれていて、
「ノールト・ホランツェ・ハウダ」と、記されています!!!





ハウダは、オランダ語、英語表記だと、ゴーダですよね。
そうです!
ゴーダチーズの、原産地呼称の正式名称が、ソレなのです!


ゴーダも、世界中で模倣されまくってるチーズですが、元祖は、コレです!


きゃーーーー!
初めて出逢った!!!!


コレは、日本には入って来ないし、スキポール空港でも売ってない!!(アタシ調べ)


この、元祖ゴーダチーズ「ノールト・ホランツェ・ハウダ」、どれだけの生産量があるのだろう?
って疑問を抱くほど、出逢えないチーズです。


普通のゴーダはどこでも出会えますけどね。


チーズ好きのワタシとしては、元祖の「ハウダ」が一般的にどこででも出会える「ゴーダ」より美味しくあって欲しい。
とこどが、どこでも買える一般的な「ゴーダ」が、ものすごく美味しい。

これは、悩ましくも、嬉しいことなのですが、
「ハウダ」が「ゴーダ」に駆逐されつつある現状な気がして、「ハウダ」の行く末を案じてしまうのでした。


スキポールで購入のゴーダ編へ続く・・・


072.gifおまけ072.gif
スキポールのスカイチームのラウンジでは、
オールド・アムステルダムがありました。

こちらも、ゴーダと味わいが似ています。
ダイスキ!

b0129725_23032610.jpg




[PR]
by miccahang | 2014-05-19 23:04 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(2)
カリアリの街で、夕食をどこでとろうか、ウロウロ歩いていて・・・

お店のシャッターは、半開き、入口の照明も点いてないレストラン。
そこそこ年配のカッポーが数組吸い込まれていくのを発見!





もしや、地元の方々に人気の穴場レストランでは!!
なんて思いましてね、入ってみました。


072.gif


店内には、漁の写真や、漁獲自慢の写真などなど。
ま、海の幸系のレストランだろうな~って、思いながら。
案内された席で待っていると・・・・

b0129725_21205043.jpg


え?何にも注文してないけど?
勝手に白ワインのボトルが運ばれてきました^^

他のテーブルにもメニューが来てないなとは、観察してましたけど、常連さんは、
「いつもの!」
みたいな、やりとりが、あったのかな?と思ったのですが。


後から、後から、やって来るお客さんで、ホントに、数分のうちに満席!
そして、どこにもメニューが来てないwww


そうこうするうちに、前菜の盛り合わせが・・・

b0129725_21265713.jpg
写真だと、どうってこと無い量にみえるけど、この一皿で、満腹になる品々が乗ってました。
(そして、んー、絶品ではナイ!笑)

次々と・・・

b0129725_21323227.jpg
パスタは、結構、美味しかった!

きっと、セットメニュー(しかも、選択できないヤツ)しかないんだろうなって、判って来たけど、
アタシ達的には、何品出てくるのか、幾らか?なのかも判らないまま、勝手に食事は進んでいきます。

数品、撮り損ねたあと、お魚さん。

b0129725_21430473.jpg
 
この、お魚さんが乗ってるボードが、コルクで出来ていて、サルデーニャの特産のボードなんですね。
コレに感激!

このお魚さんも、カナリ、でかいです。
添えてあるエビさんが、柴エビじゃないですしね~。


一体、何品、出てきたんだろう?


でも、デザートはしっかり食べて、
食後酒まで。

ミルト酒とリモンチェッロ。
(これもボトルで・・・笑)

b0129725_21460617.jpg
瓶が凍る程、ヒエヒエ。
冷えてると、甘さを感じづらいので、くいくい飲んじゃいました。


あー!死ぬほど食べた!
でも、かなり食べきれずに残してしまった!

途中までは、
ミステリーツアーだね~、どんだけ出てくるのかな?幾らなんだろう?
なんて、面白おかしく食べててたんだけど・・・

そんなに沢山食べられない日本人としては、
食べきれないのにじゃんじゃん運ばれてくる事が申し訳なくなって来て、
お魚さんたちへの謝罪の気持ちでいっぱい・・・

残してごめんね・・・

食べきれない私たちが来ては行けないお店だと思い知ったのでした。
(他のイタリアの御方は、皆さん完食!素晴らしい!)

ぜーーんぶで、45ユーロ。

胃袋の小ささを恨むお値段です。

ワケもわからず入店した私たちがイケマセンね。
何が出てくるのか判らない面白さは、ありましたが、
食べたいモノを食べれる量で食べなければ、と、心底、実感したのでした。

[PR]
by miccahang | 2014-05-18 23:29 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(3)

サルデーニャあれこれ

サルデーニャでの写真をアレコレ


072.gif



サルデーニャといえば、ヌラーゲ
結局、観光できずでしたが、車で走っていると、
名もないヌラーゲに沢山出逢えました

 
b0129725_22254142.jpg
072.gif


ドライブしてて、嬉しいのが、カーブを曲がるとイキナリ現れる風景です
東へ向かって走っていたので、逆光になっちゃいますが
その、威厳ある佇まいに、ぉ~、っと歓声が漏れました

 
b0129725_22271062.jpg

072.gif

いつまでも眺めていた~~い

 
b0129725_22375285.jpg
072.gif


何の木でしょうか?

 
b0129725_22391737.jpg
072.gif


13時を過ぎて、シエスタ中のmacelleria
この佇まいのシブさにズキュン♪
 


b0129725_22401866.jpg
072.gif


こんなに気軽に、生パスタ、いいな~~♪

b0129725_22440728.jpg
072.gif


スーパーの美しい野菜と

b0129725_22461208.jpg
072.gif

美しいお豆さん
(でも良く見たら・・・イタリア産じゃなかったので、買うのを断念)


 
b0129725_22465421.jpg
072.gif

美しい錬鉄製のアーチ

 
b0129725_22472699.jpg
072.gif


ホテルの部屋から、隣の建物のバルコニーの美しさに、にゃお氏もウットリ
 


b0129725_22484504.jpg
072.gif

影まで哀愁

b0129725_22495542.jpg
072.gif


眼光するどいネコちゃん♪

b0129725_22504065.jpg


[PR]
by miccahang | 2014-05-14 20:51 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(4)

シブイ市場と街

旅日記は、いつも知りきれトンボになることが多いあたしですが、
思い出したように、サルデーニャ旅日記を再開してみます。

072.gif


アルゲーロの街に、渋い市場があったので、行ってみました。
薄れ掛けた「メルカート」の文字。
雨などで出来た染みは、イスラム文化を想像させるような模様にも見えます。

b0129725_20010811.jpg

港町のアルゲーロ、お魚さんの市場でした。


b0129725_20042620.jpg

市場ではなかなか買って帰れるものがないのが残念だけど、見たこともない魚や貝の種類を見れて、とっても楽しい。

b0129725_20090358.jpg


ペッシェスパーダの張子がぶら下がっていて、かわいらしー。
お父さん「オレとペッシェスパーダを撮れ!」とのジェスチャー。
「ハイハイ、撮りますよー♪」
「ん♪イケメンに撮れました♪」

b0129725_20080720.jpg

道を一本隔てて反対側には、農産物のメルカート。

b0129725_20104275.jpg
オレンジとレモンがどっさりありました♪
ホント、季節感がありますね!

b0129725_20122467.jpg


072.gif



アルゲーロは、スペインのカタルーニャからの影響がより濃く残っているそうで、
旧市街には、カタルーニャの旗をそこかしこで見かけました。

b0129725_20181411.jpg

息ができないほどの強風で、旧市街の港周辺には、人っ子一人いなくて、
すっごく寂しかった。
でも、その寂しい雰囲気が、ぴったり来るのも、味わい深いんですよね~、不思議と。

b0129725_20290725.jpg

あ~、でも、いつか、活気溢れる夏にも来て見たいな。
b0129725_20301717.jpg

[PR]
by miccahang | 2014-05-12 20:32 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(2)
500gのマスカルポーネ。
半分は、ティラミスに。
残りは、パスタに使いましょ♪


072.gif



トマト農家の友人から貰ったトマトがかなり完熟して来たので、それも使って、パスタのソース作ります。
パンチェッタを炒めて、トマトを入れて、マスカルポーネ、塩・胡椒で整えるだけの、簡単ソース。


ソースが濃厚なので、パスタは、細麺でなく、幅広のパッパルデッレが良さそうです。
我が家の、ハイテクパスタマシーンで打ちました♪

※包丁で切った方が早いんじゃ・・・なんて無粋な事は言ってはイケナイんです

b0129725_23292875.jpg
機械に頼らず延ばすワタシとしては、薄く延ばすのが、まず、難儀です。

イタリアのレストランで、テーブルクロスと見紛うくらい薄く延ばされたパスタ生地を見て、度肝を抜かれた事がありました。
アレ、素人には、無理な薄さです。

b0129725_23330272.jpg

美味し過ぎるんですよ~。
マスカルポーネのほのかな酸味、トマトのフレッシュな酸味があるので、全然くどくないです。
パスタソースのキモは、やっぱり、チーズですな!!
[PR]
by miccahang | 2014-05-05 21:05 | ☆イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(6)
イタリアでマスカルポーネを買って来てもらった。
どどんと、500g入りのモノ。

b0129725_22411355.jpg
ティラミス1回分は、250gをたっぷり使って。

今日は卵白がうまく行った~。
これも、テンションが上がる一因。

b0129725_22442330.jpg

ティラミス、って、ワタシを引っ張り上げて~、ワタシを元気にして!
って、意味なんですってよ♪

チョコレートを削って、振りかけて、冷やします。

b0129725_22463106.jpg
以前は、ココアパウダーを振りかけて、冷やしてたのだけど、
最近は、食べる直前に、振りかけてます。

良い出来かな♪ って、自画自賛(笑)

b0129725_22484936.jpg

8年くらい前に、バジリカータの、とある村の素敵なレストランで。
ココアパウダーが、フォークの形になってて♪
素敵だったので、マネッ子してます。

b0129725_22475029.jpg



[PR]
by miccahang | 2014-05-03 22:54 | ☆イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(5)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31