<   2014年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「虜」と言っておきながら、3年振りのストラッキーノ。。。。でした(笑)
でもでも、ダイスキなチーズなんですぅ~~。



b0129725_10174989.jpg
ストラッキーノの語源は、「疲れた・・・」なのです。
畜産農家さんは、夏になれば山々へ放牧し、良質なミルクを得て、秋になると、下山する・・・・

b0129725_23213860.jpg

下山する頃には、牛さんも疲れちゃってるとか・・・
そんな牛さんから搾ったミルクから作られたのが、ストラッキーノ、なんですね。


そして、そんなミルクから作られる、ソフトなタイプのチーズは、皆、ストラッキーノと呼ばれるんですよ!


代表的なのは~~
タレッジョや、ゴルゴンゾーラ。。。。


ストラッキーノの仲間なんですね~。
そんな、物語を聞くと、繋がりを感じて、感動を覚えます。

ほんとに、面白いです。



でもね、疲れ切った牛さんから作ったチーズでも、ぐったりするチーズではないワケです。
フレシュに、イキイキしてます♪






072.gif





そんな、ストラッキーノを使って、
久しぶりに、トスカーナ風サルシッチャのクロスティーニ作ってみました♪

塩・胡椒などなど、お好みのハーブ類を豚さんの挽肉に2日間漬け込んで、いい感じに馴染んませて♪
そこに!ストラッキーノを混ぜ混ぜ。

b0129725_23082718.jpg

バゲットに塗って~

b0129725_23112140.jpg
オーブンで焼いたら、出来上がり♪
ストラッキーノの代わりに、仲間の「ゴルゴンゾーラ・ドルチェ」でもイケるそうです♪
(まだ試してないのですが^^)
b0129725_23130827.jpg




[PR]
by miccahang | 2014-04-30 00:09 | ☆イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(2)

カサマイヤdeランチ

玉川学園前にある、カタルーニャ厨房「カサマイヤ」で、
りりーちゃん、りりーちゃんのご友人と3人でランチを楽しんで来ました。

b0129725_19244243.jpg


ほぼ一年振りに伺ったのに、ちゃんんと、名前まで覚えててくださるシェフの記憶力ってスゴイ♪
ますます、ファンになっちゃいます~


b0129725_19203709.jpg
b0129725_19211874.jpg


体調がちょっと悪かったので、思いっきり、ガヴァを楽しめなかった。。。
また、元気を取り戻して、伺わなければッ!

b0129725_19222693.jpg
カヴァの後ろには、tomokoシェフが働いていらした、カタルーニャのレストランや畑の写真が飾られてます。
tomokoシェフは、そちらのレストランで研鑽を積んで、帰国されて、カサマイヤをオープンされたのですね。
カタルーニャにいらした頃のブログ、カタルーニャバンザイ!の大ファンだったワタシは、カサマイヤへ初めて伺った時は、大感激でした。

ワタクシ、カタルーニャに行きたいな~と考えており、tomokoシェフが働いてらしたレストランへ行ってみたい!
すると、tomokoシェフ。
「わたしが予約をしますよ、日程が決まったら教えてくださいね」
なんてなんて、嬉し過ぎる事を~!

今年の夏休みは、カタルーニャ。
これに、決まり!
(MOCO'Sキッチンを観てたら、妙にハマッてしまったキメ台詞。)
[PR]
by miccahang | 2014-04-28 19:45 | ○ 食べる! | Trackback | Comments(2)
マヨルカ島の市場で、アーティチョークのオイル漬けを買って来てもらおうと、
おつかいを頼むも、酢漬けしか売ってなかったらしい(本人曰くなので、探すのが面倒だっただけでありましょう)

b0129725_23132462.jpg


ぅ~む。

ボッタルガのパスタに使いたかったのだけど、酢漬け・・・
折角の(高かった)ボッタルガの風味を損なってしまいそう。

ぇ~い。

アーティチョークのパスタにしてしまえ~。

b0129725_23145549.jpg

グラナ・パダーノをたっぷり掛けて~

あら♪
この酸味のある感じ、さっぱりしてて良くてよ♪
ちょっとした怪我の功名から産まれたけど、お気に入りレシピになりそう。
[PR]
by miccahang | 2014-04-25 23:17 | ○ 食べる! | Trackback | Comments(4)
カリアリのサンベネデット市場で購入したペコリーノ・サルドを楽しみます~。
ペコリーノ・サルドには、熟成の若い「ドルチェ」と長期熟成の「マトゥーロ」があります。

まずは、ドルチェから。


b0129725_15423560.jpg
むちむちした触感で、羊さんのミルクの甘さが際立ちます~

でもね、食べ進むうちに、苦味を感じるようになります。
これには、様々な要因があると思われますが、
ミルクを固める酵素に、子羊ちゃんの胃袋を使うと苦味が出るそうです。
(この苦味が、わたしは、とっても好きなんですよね~)


b0129725_15435577.jpg

聞いた話によると、何の凝乳酵素を使っているか確認して買われる人もいらっしゃるとか。
使われる凝乳酵素によって変わる微妙な味の違いにまでこだわる事が出来るのも、
あれだけ沢山のチーズ生産者が居るからですよね。
羨ましい限りです。


b0129725_16175781.jpg


そして、マトゥーロ。

b0129725_15524924.jpg
外皮は、カゴの模様ですね。
かつては、チーズ製造時に自然素材で編まれたカゴを使っていたけれど、EUの統合に伴い、
衛生基準の標準化として、自然素材の用具を使う事が禁止されてしまいました。

現在は、プラスチックの味気ない容器が使われています。
このカゴの模様はチーズの特徴として残すために、プラスチックの容器にカゴ模様が施され、
チーズにカゴ模様が出るようになっています。
イタリアやスペインの羊さんのチーズで良く聞くお話です。

b0129725_16040282.jpg

やっぱり、長期熟成する事によって現れる旨みに、「ぁ~、美味しい」と思わずこぼれてしまいます。
かなり、塩味も強いですが、この一切れで、ワイン一本飲めるな、
って一升瓶片手に塩舐めてるお父さんみたいな台詞も吐いちゃいます。


レンズ豆のスープには、パンチェッタを入れる事が多いのですが、
肉系が入らなくても、摩り下ろしたマトゥーロさえ掛ければ、味わいに深みがでます~

b0129725_16120188.jpg

御利口さんな、チーズです♪


[PR]
by miccahang | 2014-04-23 16:20 | ☆イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(0)
カリアリの街に、大きな市場がありました。
こちらでは、お土産用のチーズを買出しに出掛けました。



b0129725_20595960.jpg

1階は、お魚の市場。
2階にチーズや野菜などが揃っています。

b0129725_21021600.jpg

チーズ屋さんも沢山あるので、どちらのお店で買おうか、悩む~。
こちらのお店、とてもオシャレな雰囲気~。

b0129725_21035484.jpg


お客さんが、いっぱいで、回転の良さそうなお店で買いたいな~

三周ほど、ウロウロ歩いて、
その度に目が合って、ウィンクを投げてくれる可愛いママさんが居るお店で買う事に。


b0129725_21060055.jpg

見てるだけで、幸せ。

b0129725_21072339.jpg

以前、にゃお氏が買って来てくれたチーズのマグネットのホンモノがあるわ~
↓ コレ、マグネットね。 ホント、良く出来てるよね~
b0129725_16384280.jpg

ペコリーノ・サルドか、フィオーレ・サルドを買おうと思ってたのだけど、
様々な造り手さんがあって、迷うな~

b0129725_21151826.jpg

フィオーレ・サルドは、サルデーニャじゃないと、なかなか気軽に買えないので、試食させてもらう。
外皮が黒っぽいのが特徴ですが、熟成させる前に、15日間、燻す作業が独特です。
かなり、しょっぱいですが、燻したような風味は、全然残らないのね。

b0129725_21163476.jpg

3種類、試食させて貰ったのだけど、羊さんと牛さんの混乳が、やっぱり食べやすいので、知人へのお土産に。


とっても、気の良いママさんが、いっぱい試食させてくれて、すごく楽しかった。
一緒に写真を、とお願いすると、「カウンターの中へ入ってらっしゃいよ~」と招き入れてもらい。

b0129725_21294882.jpg

楽しい買い物が出来ました。
ありがとう!
最後には、投げキッスまでくれる、気の良いママさんでした。

b0129725_21305248.jpg

チーズに囲まれて、嬉しそうだわ~、アタクシ。

b0129725_21363010.jpg
↑手前のプロヴォローネ、お土産に4個買いました~

[PR]
by miccahang | 2014-04-22 21:42 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(9)
トマト農家の友人と地元でランチ。
そして、またまた頂いたトマト達。

今回は、ホントに規格外って感じの愛おしい形の子達も沢山混じってました。
(やっぱり、前回は、ほぼ売り物同然の美しい子達だったのだな~)

b0129725_22570023.jpg
こう言う子達こそ、友人がじゃんじゃん引き取りますよ~049.gif
でも、きっと、陶芸家が不出来な作品を割るような気持ちなのでしょう。
たとえ、友人にでも出したくない様でした。プロだな~。


ボラはんへ

品種を聞いて来たよ~
「桃太郎ヨーク」でした。
「桃太郎」は、良く聞くけれど、「ヨーク」。
ボラはん、知ってる品種だったかな~?^-^

[PR]
by miccahang | 2014-04-16 23:08 | ○ 食べる! | Trackback | Comments(4)

グラナ・パダーノの嫉妬

にゃお氏の同僚が、グラナ・パダーノの工場見学へ行って来たそうで、
30ヶ月熟成モノを頂いた。

b0129725_15112992.jpg
封を開けると、パイナポーの様なフルーティーな香りが、ぱっと広がります。
ぁ~、かぶりつきたいッ♪


見学の模様を伺ったのだけど、
どうも、グラナ・パダーノのパルミジャーノへの妬みが端々に感じられて、ちょっと笑えました。


もともと、パダーナ平原で作られていた大型のチーズは、カゼウス・ヴェトスと呼ばれていたのだけど、
粒状に砕ける見た目から、グラナ(粒状の)チーズとも言われていたのですね~。

それぞれの地域で味わいが異なっていたそうで、
パルミジャーノやマントヴァーノなどなど、地名で呼ばれる事もあり、
「パルミジャーノのモノは、品質が良い」と昔から別格扱いされていたらしいのですよね。


近年になって、原産地呼称制度が確立される中で、
製造方法や原材料などをより厳しく規定した「パルミジャーノ・レッジャーノ」は、
グラーナ・チーズから独立して行くワケですね~。

そして、イタリアチーズの「王様」なんて言われるまでに、その格を上げて行きましたとさ。
めでたし、めでたし。


パルミジャーノ的には、ハッピーエンドなオハナシですが、
グラナ・パダーノ的には、
ちょーーっと待ったーーー!
パルミジャーノばっかり一人勝ちして、ずりーー!
なんで、そっちが「王様」でこっちは「キッチンのハズバンド」なんだよ!ってトコロでしょう。


パルミジャーノよりも価格が御手頃なグラナ・パダーノは、
料理にじゃんじゃん使えるって事でそんな風に言われてるのですね~。


でもね~、ほんとに、パルミジャーノに引けを取らないくらい素晴らしく美味しいのに、
イマイチ、知名度が低く、安価な価格設定にされちゃうのは、ちょっと可哀相だな、とは思うのだけど、
じゃあ、パルミジャーノみたいに、規定を厳しくしてもっと高品質に作る努力をすれば良いじゃ~ん、って思っちゃう。



とは、言え。
この上なく美味しいんですよ。

b0129725_15554625.jpg

モデナのバルサミコ酢、トラディツィオナーレとも合うよ~


グラナ・パダーノ協会が作成してる小冊子を貰ってきてくれた。
左は、ワタシがパルミジャーノを見学した際に貰ったパンフレットですが、ソレと比べると、すごくしっかりした冊子を作っていて、頑張ってる感がひしひしと伝わってきました。

b0129725_16015356.jpg

[PR]
by miccahang | 2014-04-14 16:06 | ☆イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(2)

マヨルカ土産

4月の定番になりつつある、にゃお氏のマヨルカ出張。
今年も、デイアの母さん、自家製マーマレードを買って来てもらえて、すごく嬉しい~~!


b0129725_12033126.jpg

羊さんのチーズに、オレンジマーマレードの組み合わせが、ダイスキなの。
マンチェゴと一緒に頂く~


072.gif



レンズ豆は、IGP。袋がね、布製で、高級感あります~
お気に入り、うずら豆もストックが底を付いたので、追加発注。
パプリカパウダーはどちらも、甘口タイプ。

b0129725_12072661.jpg

072.gif



そして、ワタシよりよっぽどファンシーなにゃお氏が、嬉しそうに出して来た物。
パルマ・デ・マヨルカのメルカートで見つけて、ウキウキしながら買ってるサマが目に浮かぶな~
b0129725_12105537.jpg

コレは、アタシも気に入った~
小さなツボに種を入れるのね~
このお皿を使いたいがために、メルカートで量り売りのブラックオリーブも買って来てくれたので、早速、使ってみた。

b0129725_12252147.jpg
瓶詰めなどのオリーブとは、やっぱり味が全然違うのよね~。
ぁ~、美味しい。


072.gif



マヨルカのDOPワイン、ビニサレムの赤

b0129725_12282998.jpg

072.gif


バルデモサのガラス工房で小さなグラス

b0129725_12302425.jpg
丁度、御猪口くらいの大きさで、日本酒用に~って思ったらしい。
買って来てねの指令書意外の物を買って来てくれると、テンション上がるわ~♪

072.gif


数日後からは、イタリア出張。
指令書を作成せねば~。
今月は、10日間以上の出張が2本と大阪と名古屋の日帰りもあり。
自身の誕生日も日本に居なくて、ワタシとしては、寂しい時期がしばらく続く~
ま、来週からワインスクールが始まるし、ぼーっとしてたらイカン、イカン。
ワインの勉強、頑張らねば066.gif

[PR]
by miccahang | 2014-04-12 12:58 | ・バレアレス諸島&マドリッド | Trackback | Comments(4)

ウニを求めて・・・

とある書物で、
「カリアリの隣村の海岸線には、ウニ漁が解禁になると、ウニバーが出現する」
そんな話を読んだ。


ウニバー


何なの!その魅惑的な響き!


ワタクシが勝手に妄想したのは、コジャレたオイスターバー的な雰囲気。
足が長く、座面が恐ろしく小さな、滅法座りづらい椅子がある、そんなバーである。
(妄想が貧困)


ウニとワインは合わないだろうけど、スパークリングワインなんて飲んじゃいたいなぁ~。
なんつって、期待に胸を膨らませて向かったのである。


072.gif


しかし、ウロウロ探すも、全く、それらしきバーが無いのである。
通りすがりのヒトに聞くと、
「この先にあるよ」
とのこと。


すると、トラックの荷台をバーカウンター的に使った、「ウニ喰い屋台」が出ていた。

なるほど!
ウニバー」間違いじゃないかもしれないが、勝手な妄想が膨らみすぎていた。
でもね、でもね、「屋台」と言って欲しかったなぁ~(笑)


間違いなく美味しいだろうけど、ハラペコなアタイ達は、座って食べられるレストランを探す事にした。


072.gif


唯一開いていたのが、クラブハウス的な感じの施設に併設されたレストラン。

b0129725_22113290.jpg
人気のない場所にありながら、かなりの集客を得ていたのがビックリ。

まずはね、コレを。

b0129725_22155225.jpg
グラスは、ハイネケンですが、中身は、イックヌーサのドラフトビールです♪
サイッコーに美味しい!



浜辺では、ビーチバレーならぬ、ビーチテニスを楽しむ、
セレブレティーな雰囲気のイタリア人カッポーがいらっさいました。

b0129725_22182169.jpg


カラスミのパスタ(お気に入り)
卸し立てのカラスミが絡みつく~

b0129725_22201282.jpg

ウニのパスタ(お気に入り)


b0129725_22210144.jpg

こじゃれたお店で食べた物も凄く美味しかったけど、断然、美味しい!
コレは一体何個分のウニさんが?

美味しすぎるよ~~~!
しか言えない旨さでした。


コントルニを2品取ったら、超満腹~
夕食も食べられない程でした。

b0129725_22245656.jpg

幸せなウニのパスタを食べた後、ウニ屋台で、1個くらい食べたいなと思い行ってみると、
シエスタタイムに入ってしまったようで、トラックが一台も居ませんでした。

ぁ~、まずは、一個、食べておけば良かった!

[PR]
by miccahang | 2014-04-07 15:18 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(6)

微笑ましい光景

イタリアって、小さな村でも、フットサルが出来るくらいのサッカー場がありますよね。
しかも、ナイター設備があって、かなりしっかりしてて。
サッカーが強いワケだな~としみじみ思います。

郊外にあった、観客席のある、ちょっと大きなサッカーグラウンド

b0129725_10231763.jpg
電線に止まる小鳥達のようで、なんだか、微笑ましかった018.gif


072.gif


うんしょ、うんしょ、って聞こえて来そうなんだよね~037.gif
「進入禁止には、せぇ~へんでぇ~」


b0129725_10272629.jpg

072.gif


井戸端会議しながら歩いて行きました~
こちらの車には一瞥もくれず。
なんだか、ワンコのオバちゃんって感じ045.gif

b0129725_10291884.jpg

[PR]
by miccahang | 2014-04-05 10:31 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(4)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30