<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

カラスミのパスタに舌鼓

サルデーニャの特産品では、カラスミが有名との事で、絶対に食べたかった~。
入ったレストランでメニューに見つけて、嬉しくなり、注文しました~。

なかなか高級感がある雰囲気のレストラン。

b0129725_17261551.jpg

サルデーニャのアルゲーロの赤

b0129725_17271902.jpg

突き出し
オシャレ感が一歩足りない感じが、何だか好感が持てるな~

b0129725_17310988.jpg

タコのボイル
どーん!
ワイルドに出てきましたが、柔らかくて、美味しいわ~
b0129725_17342114.jpg
ヨッ!
待ってました!

b0129725_17362446.jpg
アーティチョークとカラスミのパスタ
ロングパスタですが、スパゲッティーじゃない種類で、初めて聞いた名前でした。
一体、イタリアには、どれだけパスタの種類があるのでしょうか~

b0129725_17382305.jpg
カラスミが濃厚で、んもーーー!たまらない!
アーティチョークもサルデーニャの特産らしく、八百屋さんでもよく見かけました。
カラスミとアーティチョークってめっちゃ合うね!

あまりにも美味しかったので、食材屋さんで、カラスミのパウダーを買ったっちゃ。
まだ作ってないけど、アーティチョークのオイル漬けとで、パスタやっちゃう~♪


メインは、ブタさんのグリルです
やっぱり、間違いない美味しさですね。

b0129725_18025470.jpg

オレンジのセミフレッド
セミフレッドダイスキなの!

b0129725_17531507.jpg
ピスタッキオのソースの海に浮かび
ピスタッキオのフォンダンが流れ出すという

b0129725_17583359.jpg
ピスタッキオ好きの為のデザートですな。
上に乗っている、マーブル模様のチョコレート、昔こんなお菓子、なかったっけな~?



[PR]
by miccahang | 2014-03-29 18:03 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(2)

トマト祭り

トマト農家をやっている地元の友人から、
「出荷できない規格外のトマトを取りにおいで~」と。
この上なく嬉しい連絡。

好きなチーズが、リヴァロだと言う、チーズ好きな友人へ、チーズ持参で、早速、イタダキにあがりました。


072.gif



我が家のストックで未開封のチーズは、パルミジャーノ・レッジャーノの30ヶ月モノだけでしたが、
これと物々交換で、こんなに立派なトマト達を頂いたっちゃ。
コレ、規格外じゃないだろうな~っていう、立派過ぎるトマト。

b0129725_21200707.jpg

見るからに美味しそう♪

b0129725_18152231.jpg
湯むきが必要ナッシングな、柔らかい皮。
072.gif



方々へ配ったけれど、1箱半、我が家に残りましたので、一挙に沢山食べられる、
トマトチゲを作ってみました。


b0129725_17374279.jpg

トマトの酸味とコジュジャンの辛味がこんなに合うなんて~、オドロキでした。
さっぱりして、なんとも言えず、美味し~~056.gif

072.gif


色々とシンプルに楽しみましたが、まだまだ沢山ある。
トマトを使って、どんな料理が出来るのか?
まるで、課題をこなす様に、毎日トマト料理。

中でも、気に入って定番になりそうなのが、
「メカジキソテーのトマトソース添え」


b0129725_16392282.jpg

これは、自分で言っちゃうけど、すごく美味しかった。
イタリアでもメカジキって、よくメニューで見掛けます。
「ペッシェスパーダ」って、名前が強そうなのですぐに覚えちゃいました。



072.gif



朝食に、玉ねぎ・にんじん・トマトでスープに。
オリーブオイルをたらり、ドライパクチーをフリフリ。
b0129725_18214859.jpg

すごく、デトックス感がありますわ。

072.gif



トマトと牛乳のスープ。
酸味が柔らかくて、コレもハマる美味しさだな~。
ピンク色がかわゆいし。

b0129725_16442000.jpg


春めいてきましたしね。




貰ってから10日間、新鮮なうちに食べなきゃ!って、毎日、トマトを食べてたら、
心なしか、お肌にハリが?^^

完熟になって来たトマトは、冷凍したので、これからは、ゆっくり楽しもうと思います。 
[PR]
by miccahang | 2014-03-27 16:45 | ○ 食べる! | Trackback | Comments(6)
ヌオーロの街で入ったトラットリア。
細い路地にひっそりあるのだから、看板やメニューくらい出して欲しいわぁ~
そこにトラットリアって書いてなかったら、ソレと判りません。
お店の中も外から見えないし~

b0129725_15520750.jpg

072.gif


サルデーニャの郷土料理がメニューに並んでいて、嬉しいトラットリアでした。


前菜に、リコッタチーズのペーストを頼むも、
本日は無く、ペコリーノのペーストになるとのこと。

「スタジオナート(熟成した)」と言ってたのが気になったけれど、そちらを注文。

b0129725_15494946.jpg

見た目が、まるで、マスカルポーネ。
目から入る情報で、脳が準備した味は、ほんのり甘くてクリーミー。
「スタジオナート」と言う耳からの情報を無視したもの。


パーネカラザウに塗っていただきます。

b0129725_15503740.jpg

クチに入った味わいと、脳が準備した味わいがこうも違うと、瞬時にして受け入れられず戸惑いますね~
「なんなんだ!コレは!」


そうだ、コレは、ペコリーノの熟成したものなのだ、と脳へ指令を送りながら食べると、
ぉ~!そうだそうだ!と、やっと受け入れ態勢が整いました。

目からの情報って大事だな~


しかも、クリームでペースト状に練られているので、まろやかで、美味しい♪
熟成したチーズをこんな風にペースト状にしたものは、初めて食べました。

後を引く旨さ。


ワインもヌオーロのお隣さん、オリエナの赤ワイン。
合うよね~~

b0129725_15510802.jpg

左は、サルデーニャの名物「クルルジョネス」
麦の穂の形をしていて、どことなく餃子っぽいんだよね~
ジャガイモとリコッタチーズ、ミントの詰め物をしたパスタ。

ミントが余計なのでは?なんて思っていたのですが、
間違いでした!
必要不可欠なんですね。
b0129725_15513116.jpg

[PR]
by miccahang | 2014-03-26 16:27 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(2)

便利なバール

旅の間で、バールへは、何度も立ち寄る。

ビールを飲んだり。

b0129725_14195471.jpg
ビールを飲んだり。

b0129725_14244503.jpg
バールの店員さんのご厚意で、1本おごってもらったり
(おごりのビールは、ナゼか美味しいね)

b0129725_14270844.jpg

オジサマ達もイックヌーサ片手におしゃべり


b0129725_14383198.jpg

バールでは、トイレ休憩が主な目的だけど、
ビールを2本も飲んじゃうと、途中の村で、バール(トイレ)を探す事に。

b0129725_14341678.jpg
         

そうすると、エスプレッソだけでは済まなくて、おやつも。
ちょこっと、ラッテアートしてくれてます。

b0129725_14403257.jpg


生オレンジジュースの器具が見えたので、飲みたくなります。

b0129725_14415610.jpg
ぎゅーーっと搾って

b0129725_14461598.jpg
もちろん、お水など加えない、100%ジュース
幸せ。

b0129725_14472191.jpg



 

[PR]
by miccahang | 2014-03-25 14:52 | ・サルデーニャの旅 | Comments(4)
愛読しているブログ「Ola!Portgal」のケニッシュさんが 「フェイジョアーダ」と言うポルトガル料理を作ってらして
とっても美味しそうだったので、真似っ子して作ってみました。

うずら豆をサルデーニャで買ってみました。

b0129725_20520901.jpg
ケニッシュさんのブログで見たうずら豆は、白くて、模様が入っていて、
本当に「うずらの卵」の色合いでした。
模様が可愛らしかったです〜

懇切丁寧なレシピに従順に。

b0129725_20561138.jpg
お豆さんをコトコト煮込むのって、幸せを感じますね。
ホクホクのお豆さんと塩漬けにした豚さんとパンチェッタ。
美味し過ぎます!

ぁ~。ポルトガルでいつの日か、食べたいです。
[PR]
by miccahang | 2014-03-19 20:58 | ・ポルトガル旅 チーズ三昧 | Trackback | Comments(2)

カラフルな村 ③

カラフルな村、第三段。

御天気が悪く、霧と共に移動し、全然、何にも見えない。

b0129725_16003633.jpg
翌日、再チャレンジ。

わ!見えた!

b0129725_16011744.jpg
カッコ良いのですが、こちらは、最も美しい村には登録されてないんですよね。
威風堂々としたカステッロ。

b0129725_16023488.jpg
10分もあれば、全部の路地を歩けちゃいます。
でも、村の中に入ってしまうと、ハッとさせられる路地が少なくて、
路地フェチの琴線には触れませんでした~
b0129725_16033596.jpg

カラフルな村に、似合うチンクエチェント。

b0129725_16094532.jpg

計器がとってもシンプル~

b0129725_16101662.jpg

[PR]
by miccahang | 2014-03-15 23:07 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(2)

カンノーロde甘い生活

カフェで甘い物でも頂きましょう~
その名も「LA DOLCE VITA」

b0129725_14512890.jpg

とっても素敵な店内。
スーツのオジサマ二人は、ティラミスを食べていて、なんか微笑ましいな~

b0129725_14530541.jpg

そのティラミスがすっごく美味しそうだったので、真似っ子。
あ、でも、自分で作るティラミスの方が旨い~(笑)なんつって。

b0129725_14551316.jpg

ショーケースのディスプレイにコレを見つけるや、
「ボク、カンノーロ・シチリアーノにするぅ~」
と、はしゃぐにゃお氏。
b0129725_14574893.jpg

ナニそれ!?
初めて聞いたよ~!

シチリアのお菓子だそうで、にゃお氏、大好物だったようである。
半分もらって食べてみて、ビックリ!

美味し過ぎるよ~~~!

外側の生地は、サクサク~

そして、なんとも表現の仕様が無いクリーム。
すごく甘そうに見えるのに、くどくないさっぱりした甘さ~。
ザラザラした舌触り。
経験した事の無い触感!
なんなんだー!このクリームは!

好物と言いながら、にゃお氏も知らなかった、クリームの正体は、
羊さんのリコッタチーズから作るクリームなんですって!

美味しいワケです。
完全にハマりました。
[PR]
by miccahang | 2014-03-10 15:17 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(0)
チーズ運び屋が指令書通りに買って来てくれた、トルタ・デル・カサール056.gif

b0129725_15282586.jpg

ダイスキなチーズとの久しぶりのご対面に、感激です!

前回は、マヨルカの市場で購入したのだけど、賞味期限ギリギリの物を掴まされてしまった。
それは、水分が飛んでしまって、カチンコチンに固くなってて、かなり小さくなってた~。
状態が悪い物だと、あんな風になってしまうのだなと、良い勉強になりましたけどね。

前回の反省を活かして、触ってプニプニ柔らかいものを!と指示しましたわん。


b0129725_15504817.jpg
ぁ~~~~ん053.gif
とろとろ053.gif
これよこれ!
トルタ・デル・カサールの真骨頂ですな。


クリームチーズの様に濃厚な味わいで、ちょこっと苦味があって、ウォッシュタイプの様な香りがあります。
「ツウ」向けのチーズって言われますが、すっごく食べやすいんですけどね~^^
臭さを「良いかをり」と感じてしまうワタシなので、アテにならないかも。


羊さんのミルクから作られるチーズですが、
特徴的なのは、チーズを固める酵素が植物性だと言う事!

朝鮮アザミの雄しべ(アーティチョーク)を使うチーズは、スペインとポルトガルに広がってます。
聞けば、イスラム文化と一緒にスペインに渡って来たとか・・・面白いな~~


ワインが、ゴイゴイ進んでしまいました♪
b0129725_16041039.jpg


072.gif


これは、何度か、指令書にリストアップするも、なかなか買えなかったもの。

b0129725_16062683.jpg
平べったい爪楊枝。
スペインのバルで良く使われてますよね、コレが可愛くて。
「やっと、見つけたから」
と、どどんと3箱。
うれしー!


この爪楊枝が手に入ったから、アレやっちゃいましょう♪

b0129725_16104337.jpg

スペインで食べるマッシュルームは、大きいので、爪楊枝を2本クロスさせて刺して出てきますね。
カスエラに残ったマッシュルームのエキスがたっぷりのオイルをパンに浸して・・・至福以外の何ものでもありません~

はぁ~~、バルのハシゴしたい。


[PR]
by miccahang | 2014-03-08 16:18 | ☆チーズの誘惑(仏・伊以外 | Trackback | Comments(2)
サルデーニャ島には、高速道路はありましたが、有料道路は無くて、太っ腹だよね~♪
高速道路で楽しいのが、サービスエリアのアウトグリル♪

コーヒー豆のメーカー「KIMBO」、アウトグリルとのコラボで、冬季限定のカフェがありました。
(思えば、夏季限定は「illy」のコーヒーシェイク的なモノとコラボしてました~ →コチラ )

b0129725_22370851.jpg

ピスタッキオのコレ!食べたい!

b0129725_22381930.jpg

かわゆ~~~い!!
抹茶とあずきのパフェに見えちゃうアタリ、日本人だな~

コレがね、すごく小さくて、かわゆいのだ!

b0129725_22393830.jpg

生クリームは、甘く無いので、意外と重くなく、ペロリ~
見た目がパフェ的なので、冷たいカフェかと思いきや、暖かいカフェ。
温まるし、疲れが取れる感じがする~。

こんなにカワイイ大きさ、日本にもあったら良いのにな~
[PR]
by miccahang | 2014-03-06 19:22 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(4)

美味しい羊さん

カラフルな村で、宿を取りました。
なかなか素敵でした

お部屋はごく普通だったのだけど

b0129725_22504745.jpg

テラスへ出ると・・・・

b0129725_22511605.jpg
幻想的なライトアップが見れました


072.gif


村のレストランが全く営業していなかったので、
こちらのホテルのダイニングで、ディナー。

イカスミのリゾット
見た目が、粗野だけど、磯のかをりが、ふんわりして
すんごく美味しいッ!

b0129725_22543584.jpg


羊さんのロースト056.gif
ぁ~~~~!
なんて、美味しいのでしょう。
全く臭みがなくて、柔らかで、ジューシー。

b0129725_22555357.jpg

大好きな羊さん。
お肉に、ミルクに。
ホントにありがとぅ


セアダス。
サルデーニャの伝統菓子で
ペコリーノのフレッシュなものをパイ生地で包んで揚げた物。
はちみつを掛けて頂きます。
これも、見た目の華やかさは無いけれど、
また食べたい・・・と思わせる素朴さが
伝統たる所以ですね、きっと。

b0129725_23011821.jpg
にゃお氏は、クリームブリュレ
添えられたオレンジがバツグンに美味しい~
ピールの苦さが丁度良い口直しになってナイス♪

b0129725_23062600.jpg
ハウスワインは、サルデーニャのカンノナウ
ピッチャーで500mlを注文するも、
あっという間に飲み干す・・・・
追加で、更に500ml。
最初から、1リットル頼めば良かった(笑)


気持ち良く酔って、部屋まで1分は、サイコー過ぎるね。


072.gif

翌朝
さわやかな光~

b0129725_22520529.jpg
 

[PR]
by miccahang | 2014-03-04 15:45 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(6)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31