<   2012年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

シネウのステキなホテル

シネウの村には、一軒しかホテルが無さそうでした。
それゆえ、お値段もお高め。

1泊@150ユーロ(朝食込み)
うーーー。
近隣の村へホテルを探しに行くも、休業中だったりで、見つからず、結局、こちらに決める。
かなり、ステキな雰囲気だったので、ヨシ、としました。
HOTEL LEON DE SINEU→HPへ
b0129725_15362949.jpg

ロビーがステキよん053.gif
b0129725_15383061.jpgb0129725_1542223.jpg

お部屋が広すぎ&天井高過ぎで、暖房が全然効かない。
b0129725_15402723.jpg

朝食会場が、かわい~056.gif
b0129725_1547240.jpg

マヨルカ島は、意外な事にパンがめちゃ美味しかった!
食べ過ぎるわぁ~。
b0129725_15474695.jpg

旅も終盤、顔がまん丸に成って来た011.gif
b0129725_15502627.jpg

[PR]
by miccahang | 2012-04-30 15:54 | ・バレアレス諸島&マドリッド | Trackback | Comments(2)
マヨルカ島のお料理で、「フリト・マヨルキン」というものがあった。

じゃがいも、ピーマン、豚さんの内臓を炒めた物~056.gif

臓物大好き~~053.gif
マヨルカ島どこでも食べれたけれど、発祥の村が、シネウ、と言う、小さな村だったのがオドロキ!

更に、マヨルカ島では、バルやレストランよりも、
Cellerという、マヨルカ伝統料理が食べれる形態のレストランがいいよ!

とのこと。

その、Cellerの発祥(?なのかな?)もシネウ。

これは、シネウでCellerに行くしかない!


夜のとばりがおりると、輝きだすネオン。
村の規模に対するCellerの数が合わない!くらい沢山!
b0129725_16591472.jpg

村を散策中に目を付けていた、お店に。
b0129725_1713376.jpg

雰囲気のシブさが気に入って♪

マヨルカ島でもワインが造られていて、ビニサレムという村の赤を。
b0129725_1735789.jpg

スペインでは、赤ワインの事を、ティントと呼ぶのはナゼ?
と思っていたのだけど、 「指差し会話 スペインxバル」編を読んで、スッキリ056.gif
解決ハリマオー!

なんでも、スペインの熱い太陽を存分に浴びたぶどうは、
rojo(赤)よりもtinto(墨色)だという事らしい。

なるほどー!

お待ちかねのフリト・マヨルキン。
b0129725_17215240.jpg

見た目、地味ですが、肝好きには、たまらない!
コクだね。コクだよね。

TUMBETという、こちらもマヨルカの伝統料理。
お野菜をトマトで煮たもの。
どうみても、脇役なんだけど、TUMBET & 牛肉・豚・ラムとメニューに並ぶ。
わたくしは、ラムを選びました。
b0129725_17425089.jpg

こんなに美味しいラムを食べたの、初めて!!!
全く臭みがなく、新鮮そのもの!
大事に、可愛がられて、育ったのだろうなぁ053.gif

にゃお氏は、ラムのロースト。
b0129725_17465153.jpg

マヨルカの大地バンザイ!と叫びたい美味しさ!
ラム好き夫婦、大満足でした!

デザートは、自家製プリンと、マヨルカのデザートだったのに名前メモ忘れ・・・
b0129725_17521271.jpg

田舎っぽさ全開な風貌ですが、なかなかどうして、くどくなく、美味しかった。
[PR]
by miccahang | 2012-04-27 17:53 | ・バレアレス諸島&マドリッド | Trackback | Comments(0)
フォルナルッチから車で20~30分の所にある、ポルト・ソジェールに宿を取った。

港町なので、魚介食べたいゾーーー!
ホテルのオーナーにオススメのレストランを聞いてみました。

紹介してくれたのが、「ミッケリーニョ」というレストラン。
オーナーの発音だと、「ミッカリーニョ」に聞こえ、ふふふ012.gif

「ワタシの名前、ミッカなんです」
と言うと、大爆笑のオーナー056.gif
「親戚なんじゃないの~~?041.gif

うむ。
親近感湧きます。


ちなみに、スペイン語で、「ミ・カリーニョ」って良く聞く言葉。
「ワタシの愛しい人」的な感じ053.gif
わたくし大好きな歌手「グロリア・エステファン」の曲に、
よく出て来るんですワ053.gifその単語。


ま、てなわけで、行ってみました。


マヨルカ島とお隣のメノルカ島では、伊勢海老の漁場があり、産地なんだってー!
伊勢海老食べたいな~~。

メニューを見ていると、この世の中で最も恐ろしい言葉、 の文字。

聞けば、一人、40ユーロ。011.gif

うーーーむ。お高い・・・。
けど、日本でも、伊勢海老なんて、食べた事ないかも。
旅に出る前には、と言う言葉をいつも置いてきてしまうので、
「美味しそうだもん!いいんじゃない!」

コレです。
b0129725_22264778.jpg

デ・デ・デカイ!!
食べきれるかな?不安がよぎる。

パンとオリーブと自家製アリオリのマヨネーズ(←げきうま)
b0129725_222909.jpg

マヨネーズは、お隣、メノルカ島のマオンが発祥という説が根強い。

いわしのフリット。(←げきうま)
b0129725_22314061.jpg


おまちかねの、伊勢海老の煮込み~。
b0129725_22322479.jpg

鍋が、デカイ!

美味し過ぎる!
b0129725_22344030.jpg

身がぷりぷりだよー。

しかしながら、量が多くて、ペロリ切れなかったのが、無念。
もったいないから、周りのテーブルの方々に分けたかったよー。

そして、最後は、ゴハン入れて、汁まで食べたい・・・・
やっぱり、日本人的だな~~と思ったのでした。
[PR]
by miccahang | 2012-04-19 22:41 | ・バレアレス諸島&マドリッド | Trackback | Comments(4)

お気に入りの村

フォルナルッチという村にやってきました。

村の真ん中に道が通ってしまったのか?
道を隔てて、村が広がって行ったのか?

解からないけど、道を隔てて、山側と川側に分かれていて、山側がワタシはとても好きでした。
b0129725_0281386.jpg

村に高低差があると、色んな表情がありますね!
b0129725_0302876.jpg

2002年のフィガロにも載っていましたが、
この村は、写真よりも行ってみた方が断然ステキな村でした。
b0129725_031517.jpg

お花のトンネルみたいだわん。
b0129725_0335053.jpg

ステキ056.gif
b0129725_0343533.jpg

ワンコも大歓迎してくれる村でした。
b0129725_0371472.jpg

[PR]
by miccahang | 2012-04-18 00:37 | ・バレアレス諸島&マドリッド | Trackback | Comments(4)

羊なの?山羊なの?

わたくし、羊と山羊の見分けって付かないかもしれない・・・
見分けのポイントは、体臭に頼るところが大きい。

シェーブルチーズのあの香りがしたら、山羊さん。
しなかったら、羊さん。

近くまで寄れた場合に限るけど。

放牧されている(おそらく)羊さん達は、のほほんと、草を食んでいて、ほっこりした気持ちになる光景。
b0129725_1503439.jpg

警戒心が強いようで、車を停めて、写真を撮ろうとすると、遠くへ歩いて行ってしまう。
b0129725_152249.jpg

かわゆすぎる、子羊~056.gif
b0129725_1525252.jpg


かと思えば、超・ワイルドな(たぶん)羊さん達にも出会えたりする。
b0129725_1562587.jpg

羊飼いの姿は見えない。
b0129725_1571419.jpg

目的を持って歩いているよ。
b0129725_1575174.jpg

ちょっとちょっと、大丈夫?向こうから車が来たらどうしよう!
b0129725_1583178.jpg

どれくらいの大所帯だったかは解からないけど、全員ちゃんと森へ入っていきましたワ。
b0129725_1595489.jpg

[PR]
by miccahang | 2012-04-15 15:12 | ・バレアレス諸島&マドリッド | Trackback | Comments(7)
小さな村を散策中、ずっと付いて来た、かわいいワンコ056.gif
特に、にゃお氏を主人とキメたようで、ずっと一緒に散策。
b0129725_14243518.jpg

にゃお氏が立ち止まると、ワンコも佇む。かわい過ぎる。
b0129725_14252884.jpg

このまま、車にも乗ってきちゃったらどうしよう?
考えた矢先、スペイン人カッポーに鞍替えの調子のイイやつ。
b0129725_1427548.jpg

マサに、I wii follow you な犬の生き方のお手本ですな056.gif

その村は、オレンジやレモンの畑に囲まれた小さな村。
b0129725_1431382.jpg

いたるところに飾られていて、ステキ。
b0129725_14323055.jpg


村の入口。なんだか、合成写真のようだわ。
b0129725_14341225.jpg

[PR]
by miccahang | 2012-04-12 14:34 | ・バレアレス諸島&マドリッド | Trackback | Comments(2)
デイアという村に立ち寄った。
b0129725_1549845.jpg

風が強く、そして、冷たくなってきたので寒々しい。

散策をしていると、ふとのぞいた一軒のお家の庭先に、
なにやらステキな物が置かれている。

「ちょっと失礼しますよ~」
庭先に立ち入ってみる。
b0129725_15531760.jpg

オレンジとレモンのマーマレードだーーー!!!!
b0129725_15555796.jpg

道路に面した場所に置かれていない、
ホントにお家の玄関前販売。
見落とすところだった~。

そんな商売っ気がない所がいいわん053.gif
緑のドアを開け、声を掛けると、お母さんが出て来てくれた。
b0129725_1559999.jpg

「自家製ですか?」
「わたしが作ったの!」
「ラベルも?」
「そうよ!」

レモンとオレンジを一個づつ買いました~。
b0129725_161324.jpg

大きな皮が入っていたりして、手作り感がいいわ。
美味し~~。
なんでしょう?
太陽の強さのせいなのかしら?
レモン、まだ食べてないけど、楽しみだな~。

1月のマヨルカ島は、鈴なりにレモンとオレンジの実が生っていました。
b0129725_1634691.jpg

[PR]
by miccahang | 2012-04-10 16:07 | ・バレアレス諸島&マドリッド | Trackback | Comments(4)

バルデモサ愛の逃避行

パルマ・デ・マヨルカから車で1時間程の所に、バルデモサがある。

結核を患っていたショパン。パリの社交界の花形子持ちのジョルジュ・サンド。
二人の不倫旅行、道ならぬ恋、愛の逃避行の村である。

ショパンはその時「雨だれ」を作曲したのだそう。

年間300日晴れるというマヨルカ島ですが、なのに「雨だれ」?
と、思っていましたが、お天気なんて、
ジョルジュ・サンドのココロくらい、解からないものですわね。

私達が行った時も、大寒波が訪れ、何十年かブリの雪が降ったくらいですから。
ショパンが滞在していた時も、雨の降る寒い冬だったんだろうなぁ。

その寒さで、結核が悪化してしまったそうですが、
愛の逃避行に快晴058.gifさわやか056.gif水着は似合わないなー。
涙雨みたいな057.gif曇天、コートの襟を立てて・・・が、色っぽいですわね。

さてさて、見えてきました、バルデモサ。
山間に佇む、小さな村です。
b0129725_1213303.jpg

二人が滞在していたカトゥルハ修道院。
青い尖塔のデザインが珍しい雰囲気。
b0129725_12143038.jpg

町並みがとても可愛らしくて、お散歩がてら、ぷらぷら歩くのが楽しい。
b0129725_12184683.jpg

町並みもステキだけど、住んでる方々も、ステキなのでした。
b0129725_12211999.jpg

違う角度から眺めると、ひっそり佇む村の感じがあるな~。
b0129725_122057.jpg

寒くなって来たので、おしゃれなカフェで休憩。
スペインに何店舗もあるカフェ。Cappucino grand cafe
b0129725_12283021.jpg

暖炉があって、ステキな店内。
b0129725_1229739.jpg

ホットチョコレートにクロワッサンを浸して、おやつに。
b0129725_1230158.jpg

150年前に生きた二人の道ならぬ恋の舞台の村。思いを馳せながら歩くと、また趣がありましたワ。
[PR]
by miccahang | 2012-04-08 12:38 | ・バレアレス諸島&マドリッド | Trackback | Comments(6)

ワレワレハ、ゴミバコダ

パルマ・デ・マヨルカの旧市街に設置されているゴミ箱がなんとも可愛らしいのだ。
b0129725_2036332.jpg


そういえば、先日書いた記事:パルマ・デ・マヨルカ 火星人への道のイベント、
どうやら、終了しちゃったみたいだわん。

ホームページがあったのだけど、なくなってた007.gif
町のあちこちにこのプレートがあって、力を入れてるっぽかったんだけどな~。
残念・・・
b0129725_20391358.jpg

[PR]
by miccahang | 2012-04-06 20:39 | ・バレアレス諸島&マドリッド | Trackback | Comments(6)
マヨルカ島で食べたかったのが、エンサイマーダ。
「世界ふれあい街歩き」で観たお店に行ってみたい。

でも・・・場所がわからない。
友達に聞いてみたところ、有名店のようであっさり場所を特定出来た056.gif
わーい!感謝~!

しかも、ホテルからすぐ側!2~3分の所にあった。

Pelleteriaという、車が通れない小さな通りにありました!
わ~ん、テレビで観たのと同じ~~(当たり前)
b0129725_2146951.jpg

お店の中は、問屋さんの様な雰囲気。
朝8時に行ったら、まだ準備中のようでした。(写真は準備完了後)
b0129725_228494.jpg

店内に石釜があって、ジリジリ焼かれていました056.gif
焼かれるのを待つクロワッサン達。それも絶対美味しいでしょうね~。
b0129725_21481110.jpg

焼き上がり~~。
b0129725_21492673.jpg

粗熱が取れるまでしばしお待ちを。
b0129725_21502457.jpg


エンサイマーダは、
イースト、小麦粉、砂糖、卵、オイル、水、そして豚からとれるラードで作る。
石釜で焼くと、ラードの余分な油が落ちて、
外はカリカリ、中はもっちりしっとりふわふわになるのだそう。

初エンサイマーダなので、とりあえず、小さいものを1っコだけ買ってみた。
「粉砂糖かける?」
「ヨロシクお願いしまぁ~~す!!」
b0129725_21551274.jpg

一個1ユーロ。
掌に乗るくらいの小ささ、ほんのりあったかくて、軽い
この軽さ、ペロリの予感。


旧市街を歩きながら食べる。
めっちゃ美味しい!
ラードで作るっていうから、重~~~~い感じだったらどうしよう?
全然!
出来たてっていうのもあると思うけど、ホントに、カリカリ、ふわふわ、もちもち。

ぁ~~ん、何で一個しか買わなかったの!!!


旧市街を調査するにゃお氏はシゴトモード。
わたくし、パシリになって、買って来るッス!!

2ユーロを握り締め、「また来たっちゃ056.gif
b0129725_229429.jpg

あなたのとりこ♪が流れて来たーー。(大袈裟056.gif
[PR]
by miccahang | 2012-04-04 22:15 | ・バレアレス諸島&マドリッド | Trackback | Comments(8)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30