<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

頭突き部

先日、イタリアズッキーニクラブといふ会に入門してみたー016.gif

イタリア好きな人達が、フリーマガジンを作っていて、ものすごく面白い!

かつて、これほど、隅々までイタリアづくしの本があっただろうか?
いや、無い!(勝手に断言!)

イタリアの各州ごとに年4回、発行するそうで、11月号は、ピエモンテ州!

このフリーマガジン、食をテーマにしていて、面白いことこの上ない。
食べてみたいチーズ、ワイン、郷土料理053.gifが満載。
「ぁー056.gifイタリアに行きたい」と、何度口を突いて漏れ出たことか。


バックナンバーを全部集めたい!
でも、ウンブリア州とカラブリア州がごくわずかの
在庫があるだけ、とのこと。
早速、申し込み、速攻、届いた。

b0129725_11564360.jpg


ウンブリア州は、夏の旅行でちょこっと行ったし、
ワクワクしながら、ページを繰ると、まさに、行った村、出逢った人の顔がそこにあり、
えーーーーッ!

旅行の前にこの雑誌に出逢いたかったなー。
調べが甘~い。


「イタリアズッキーニクラブ」を追いかける旅したいな~、頭突き部の発足だな!


※このフリーマガジン、HISやバール・デル・ソーレ等で配布しているそうなので、
 もし出会ったら、是非、読んでみてください。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2011-11-30 22:00 | ■ miccaのネタ | Trackback | Comments(2)

鍵の箱

我が家の鍵の箱が結構カワイイのよね053.gif

b0129725_1128639.jpg


7~8年前かしら、にゃお氏がドコかで、買って来てくれたのだけど、
本人も、思い出せない様子。

スペインかポルトガルか・・・・、フランスだったかもしれないし、
とにかく、ヨーロッパだよ。

と、にゃお氏。
そうでしょうねー。それぐらいはアタシも想像ついてたけど。

にゃお氏、雑貨好きなのかもな。
ちょいちょい、なかなかカワイイ物を買って来てくれるのが、
とても嬉しい。

開けるとこんな感じダス053.gif
b0129725_22492169.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2011-11-29 11:33 | ■ miccaのネタ | Trackback | Comments(8)
アタシの中で、物悲しさナンバーワンの村、コルヴァーラ。
バールも商店も無い小さな村。


b0129725_1514242.jpg

岩山にへばりつく様にしがみついてるみたい。

b0129725_15145997.jpg

屋根を新しく直している御宅もありましたが、
半分以上の住民は、この村を後にしたんだと思います。

b0129725_1516176.jpg

ギブスをはめられて、補修されている村は、まだ良い方だったのでしょうか?
地震が起きた頃のままになっているお家も。

b0129725_15172471.jpg

村の中を闊歩していた、コッコ先生とニャンコ先生。

b0129725_15181423.jpg

すごく良い路地もあり、石の古さが良いのでした。

村の中は、山羊か、羊の家畜のかほりがして、
どこにいるのかな?
空き家になった御宅を家畜小屋にしていました。


b0129725_15192383.jpg

静か過ぎる村を歩いていると、
ちょうど昼食時、食卓からの笑い声が聞こえて、
なんだか、人の強さを感じたりして、
もう二度とココには来れない旅人が悲しむのは、
アタシの自分勝手なモノサシでしか見てない事なのだなと、思うのでした。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2011-11-23 21:00 | ・北イタリア食いしん坊旅行 | Trackback | Comments(4)
散策しながら宿を探していると、とても小さな村なのに、
3軒ものステキなホテルがあって、びっくり。

料金的に一番庶民的なホテルを選んだ。

b0129725_23511837.jpg


村を見上げる場所にある(他は、旧市街の中)。
Residence Il Palazzo HPへ→

このホテルはパラッツォを改装しているのだけど、
大きな資本が入ってのホテルではなく、
オーナーが、このパラッツォの家系の血を引く方。
自分の家(パラッツォだけど)を10年ほどかけて、
ご自身の資金とアイデアでホテルとして改装しているということでした。

b0129725_23514375.jpg

まだまだ、改装の途中なのだけど・・・と。
「楽しみでやっている」
と話す奥様が、キラキラした目で、ステキでした。
全15室(だったかな?)、全部屋を見せてもらった。
キッチンが付いている部屋などもあり、長期滞在したら楽しそう。


で?どの部屋にする?と聞かれて、迷いに迷った。



2つのサロンを使えるお部屋にキメた!
一つ目のサロン
階段の上にも2室あり、共有のサロン。

b0129725_2352798.jpg


二つ目のサロンには暖炉。
暖炉に火が入ったら、たまらないわね~056.gif
このサロンに面して、2つの部屋があり、そのうち一つの部屋を使わせてもらった。

b0129725_23523169.jpg


古めかしいお部屋のドア。
とっても重い。

b0129725_23525490.jpg


もはや、ゲームの世界でしか見れないようなお部屋の鍵。

b0129725_23532461.jpg

結局、外側から鍵掛からず、でも、まず、安心。
宿泊客、あたし達だけでしたから。

b0129725_23541813.jpg


四角く区切られているスペースがバスルーム。

b0129725_23544250.jpg


パティオには、イロイロな古い道具がいっぱい。

b0129725_23551754.jpg


ラルド様の石桶も!

b0129725_23553621.jpg


b0129725_23555659.jpg


イタリアの家庭に泊まらせてもらった様な、気持ちの良いホテルでした。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2011-11-22 15:00 | ・北イタリア食いしん坊旅行 | Trackback | Comments(2)
路地フェチにはたまらない村、サントステファノ。

夕方に着いて、陽が沈まないうちに散策に出掛ける。
紫色がかった柔らかい光が美しかった、夕刻。

b0129725_1130640.jpg


b0129725_11305996.jpg


b0129725_11303258.jpg



翌朝は、お天気がイマイチだったけど、
光が強すぎなくて、良かったかも056.gif

b0129725_1131529.jpg


b0129725_11322756.jpg


b0129725_11325020.jpg


b0129725_11344568.jpg


シェパードっぽい右のワンコ。
おうちの中から、なにやらくわえて出てきて、モグモグ。
ペコリーノっぽいチーズ、食べてました。

b0129725_11364018.jpg


パラッツォのホテル編へつづく・・・・

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2011-11-21 09:00 | ・北イタリア食いしん坊旅行 | Trackback | Comments(4)
今年の初絞りのオリーブオイル、ラウデミオを買って来てもらったー(嬉)

10月下旬頃、搾油が始まったなんて、お話を聞いていたので、そろそろ店頭に?
期待通り、買ってきてもらえてすっごく嬉しい053.gif

フィレンツェのPEGNAにて18ユーロ。

b0129725_21541482.jpg

b0129725_21554132.jpg


「2011年収穫」の表示があるので解かりやすい。

ちょっと、比べてみました。

b0129725_21565463.jpg

左は、普通のスーパーで売ってる8ユーロくらいのもの。(主に加熱用)
右が、ラウデミオ。
比べてみると、香りも色も全然違いますね。
新鮮フレッシュな緑色です♪
舐めると、ぴりっとするワン。
美味しい〜

フレスコバルディで憧れるのは、フィウミチーノの空港にあるバールなんですが、
空腹時に通りかかる事が無く、ずっと憧れ続ける事になりそう~。
b0129725_1072913.jpg


ラウデミオ→

にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2011-11-18 21:57 | ○ 食べる! | Trackback | Comments(2)
壊れかけているけれど、
復興したいキモチが溢れている村があった。

072.gifサントステファノという村だった。

この村には、元々、シンボルの塔があったのだけど、
2009年の地震で、ほぼ、全壊(涙)


sextantio HPへ→こちらのホテルのHPのトップページでかつての村の姿が見れることがとてもあり難い。

こちらのホテルは本当にステキだった。
中世をそのままな感じで、徹底した雰囲気が素晴らしかった。
室料お値段にビックリすると同時に、「満室です」に更に驚いてしまった!

b0129725_2301827.jpg




b0129725_21453470.jpg


その面影が、鉄の骨組みで解かる・・・

ちょうど、行った時、村には不似合いな、背広を来た人達が、ヘルメットを被って、
設計図のようなもの片手に、村の中を歩いていた。

聞けば、日本の震災があって、「あ!」と思い出したように、
ラクイア県の復興への動きも再び始まったと、先のホテルのお兄さんが話していた。
これで、オッケーが出れば、塔は再建されるのだそうです。


b0129725_21513382.jpg


村全体を撮ろうとすると、そのギブスの痛々しさが物悲しい。


しかし!この村、再復興へのキモチがとても高い気がする。
村の中は、路地フェチにはたまらないステキな村だったのです!

路地裏編へ続く・・・・


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2011-11-16 22:00 | ・北イタリア食いしん坊旅行 | Trackback | Comments(2)

ハレの日

門出にふさわしいさわやかな秋晴れの日。
結婚式に参列させてもらった。
この日をとっても楽しみにしていたのである056.gif
結婚して同市民になったりんりん。
嬉しくてたまらない日でした056.gif

ちょうど、にゃお氏出張中で、不在だった為、
いつものように、フラのレッスンを終えたマヒナが合宿よろしくマエノリティーでやってきた。
勝手に前夜祭で盛り上がる。

我が家から、オサレをして出掛けるという事もとっても新鮮だった。

会場に到着すると、久しぶりに逢う顔にもカンゲキ056.gif

一番興奮するのが、教会のドアが開いた時ですわね。

b0129725_1559643.jpg
ホントにキレイ072.gif

b0129725_15422051.jpg
パパりん、ダンディー072.gif

b0129725_15485650.jpg
この時、
こっちを見てくれたような気がしたけど、
ん~どぅでしょう?

b0129725_1559583.jpg
りんりんが雇った
専属カメラマンの様に取り捲るアタイ。
(を、撮るまひなの作)


b0129725_163574.jpg
お祝いの席様のこんなビールがあるんですね!
知らなかった~。
サッポロ大好き~056.gif

b0129725_168723.jpg
お色直しは和装~056.gif
すっごくステキだった!
壁に映る、影も美しくて072.gif


b0129725_1610032.jpg
泣き虫センセー、ウェディングドレス試着の写真見せてもらっただけで、
すでに泣いてましたがね、りんりんのお友達のスピーチにもウルウル。
りんりんのスピーチでは、号泣でした。

ステキな結婚式でした。

末永くお幸せに053.gif
[PR]
by miccahang | 2011-11-15 16:11 | ■ miccaのネタ | Trackback | Comments(15)
2009年、ラクイラ県を襲った地震の痛手は相当に大きかったようです。
未だに、村のあちこちがギブスをはめているように、
木材での補強をされていて、痛々しい姿でした。
切ないのは、そのまま見放されているように見える事でした。



 
b0129725_22364117.jpg

村の頭上の岩が崩落したのでそうです。
恐ろしかったでしょうね(涙)

b0129725_22371687.jpg


立ち入り禁止の場所も多く・・・

b0129725_2238194.jpg

立体迷路のように、入り組んでいる路地は、
もう、人が住んでいない家もあり、ひっそりとしていた。

b0129725_22384357.jpg


b0129725_22392693.jpg

地震が起こる前の悲しみをまとっていない時に見てみたかったなぁと、本当に残念に思うのでした。


ワンコをなでなでして、癒してもらおう。

b0129725_23231884.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2011-11-12 09:00 | ・北イタリア食いしん坊旅行 | Trackback | Comments(2)
ノルチャを散策して、アブルッツォ州へと、山深く分け入っていきます。

カンポトスト湖をなぞりながらのドライブ。
羊さん達が道を横切ったり、のどか~。

b0129725_20581926.jpg

木陰で休憩中の牧羊犬。
くったり寝てたのに、近づく人(忍び寄るアタシ達)の気配で、むくっと、お仕事モード。

b0129725_2101412.jpg



カンポトストの村に差し掛かると、小さな市場が立っていた。
それは、本当に小さな市場で、日用雑貨を売る店が、3軒ほどの小さなもの。
バールが一軒あった。
テラスには、毎日の日課のように集まるのであろう、おじいちゃん達が、
おしゃべるするでもなく、トランプに高じるでもなく、ただただ座っていた。

パニーニを買えるお店があるか?を聞くためと、
おトイレをお借りする為に、エスプレッソを一杯づつ飲む。

すぐ近くに食材屋さんがあるよ、パニーニ作ってくれるよ。
という事で、場所を教えてもらった。

バールを出て、キョロキョ・・・くらいすると、
ハナシの一部始終が聞こえていたのだろう、
「そこの角を曲がってすぐだ!」って事を、おじぃちゃん達全員で教えてくれた。


b0129725_2119146.jpg


村にはスーパーもないし、唯一の食材屋さんだったりして。


千客万来なのかも。パニーニ用のパンが売切れてしまったそう。

b0129725_21215733.jpg


ならば、美味しそうなサルーミ類を見繕ってもらおう!

b0129725_21231085.jpg

結局、パンチェッタとプロシュートを50gづつをもらった。

あと、さっぱりしたチーズが欲しいな。
リコッタチーズ用の「カゴ」はあれど、その姿が見えないので、
それも売り切れかな?
聞いてみると、お店のお姉さんは、「カゴ」を持って、向かい側の「自宅」へ。

「今朝作った自家製のリコッタよ056.gif
と、聞いてる耳がとろけそうな、ステキなオコトバを。
1カゴ頂いた。

草原の中で、車を停められそうな場所を探し、
ランチタイム。



b0129725_21313241.jpg

自家製リコッタチーズは、500gあった。(食べきれるかな・・・?)

b0129725_21322255.jpg


甘くてジューシー056.gif
今まで食べてきたリコッタチーズを追い抜き、いきなりトップに躍り出る美味しさだった。


b0129725_21372325.jpg


プロシュートもとろける美味しさだったけど、
パンチェッタがまた、美味しい。
リコッタチーズの甘さとパンチェッタの肉が力強くて、合う。

ぁ~、ワインでも開けて、ピクニック出来たら楽しそうだな。
そういうのも良いなぁ。

カンポトストの村、調べてみると、BSの「小さな村の物語」でも取り上げられていた。
あの番組、すごいなぁ。
「小さな村の物語 イタリア」HPへ→


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2011-11-07 22:00 | ・北イタリア食いしん坊旅行 | Trackback | Comments(0)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30