<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

小江戸佐原を歩く

連休に小江戸と称される佐原を散策しに行った。

正直、それほど期待せず、車を駆る。(駆ったのはにゃお氏だが)
同じ千葉県下ながら、片道、車で2時間もかかった。

佐倉同様、素晴らしいのが、佐原の古い町並みの中心部に無料駐車場が何軒かあること。

5連休の最終日だったのだが、とても便利な所でも車を停めることが出来た。

b0129725_23372888.jpg天気も良いし、雲の形も美しく~。

いやがうえにも期待が高まる雰囲気。

b0129725_23463274.jpgなんだか、遊女に誘われそうじゃありませんか?
マンガの読み過ぎか?


b0129725_23384477.jpgお香と和紙のお店。

ご主人がまた気さくな御方で、ついつい、白檀のお香を買い求めてしまった。

b0129725_23404230.jpg柳がそよぐ川の側には、お宿もあり。

柳の葉が落ちかけた頃に泊まってみたいな、なんて気持ちが湧いた。

シブイ。

b0129725_2342321.jpgお宿・木の下さんを支える、万年生きそうな亀さん。

b0129725_23454034.jpg電話は25番。

シブ過ぎる。


b0129725_23472876.jpg格子の美しさに魅了される今日この頃。



つづいてもイイですか?・・・・・つづく





にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
 
[PR]
by miccahang | 2009-09-25 23:56 | ・ ミカハンの建物探訪 | Trackback | Comments(12)

レダンdeエステ三昧

ティオマンでエステの安さに味をしめたアタシは、
レダンでも連日エステで気持ち良くさせてもらった!
ティオマンでは出来なかった施術で。

ベルジャヤ・レダン・ビーチリゾートのスパのサイトへ→
1日目:ルルースクラブ (ライスパウダー・ターメリック・ハーブ・フラワーのスクラブでマッササージ)
お!洗練された雰囲気が漂うぞ♪な個室。
b0129725_0185518.jpg

2日目:アルガエ・シーウィードラップ(海草の・・泥のよう・・ナンでしょ?
写真下こちら↓を塗り、30分程あっためて、暑さの限界直前までラップした後、マッサージ)
b0129725_0215791.jpg

3日目:にゃお氏も一緒に受けた施術。
アユーヤ・シグニチャーマッサージ(写真下↓こんなヤツ・・ハーブとかなにやら良さげなモノをくるんだ感じの物でカラダに当てて暖めた後マッサージ)
b0129725_0262250.jpg

まぁー、とにかく、ほぐしてくれます。

ティオマンと違っていたのは、毎回、足湯に漬けて、ほぐして(ヨゴレを取って)から、施術だったこと。
これがまたキモチ良かった。
b0129725_0332270.jpg


リゾート内には、アロマオイルが焚かれてとっても良い香りでした。
b0129725_0395628.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
 
[PR]
by miccahang | 2009-09-22 00:44 | ・レダン島deヴァカンス | Trackback | Comments(8)
時々、図書館で本を借りている。
自分で買うのはな~、でも読んでみたい。そんな本は図書館で借りている。

でも、めっちゃ気に入って、結局アマゾンかなんかで買ってしまう事もあるが。

太宰治の「人間失格」を読んでみた。
とても年季の入った本で、破れなども修復してあった。

裏を返すと、その値段に驚いた!140円!
昭和52年に印刷された本であった。
当時は、文庫本が140円だったんだ~とビックリ。
b0129725_1319116.jpg


人間失格。昭和23年に書かれたそうなのだが、ビックリする言葉があった。

【姉の脚絆(レギンス)
両腕にはめて、セエターを着ているように見せかけた】

脚絆という言葉に、「レギンス」とルビがふってあったのである。
「レギンス」とは、ココ最近入ってきた言葉かと思っていたのでビックリしてしまった!

ただ最近のレギンスとはモノが少々異なるようだ。
脚絆はゲートルみたいなもののよう。

太宰治は、レッグウォーマー的なモノを
脚絆(レギンス)と言っているみたいだ。
レッグウォーマーを調べてみると、「ニット製のゲートル」と。

ほぉ~、全然知りませんでしたよ!
面白いですな。



あと、こちらも、驚いた言葉。


【太宰「僕のお嫁になってくれるかい?」
ヨシちゃん「モチよ。」
モチとは、「勿論」の略語でした。】


ええーーー!
昭和23年に17歳であったヨシちゃんが流行の言葉として使っているのである!
アタシ、今も普通に使っておるな。

うん。まぁ、そんなトコロです。
[PR]
by miccahang | 2009-09-19 13:44 | @ miccaのネタ | Trackback | Comments(10)
レダン島でのお食事編。
こんなにカリーを食べた日々があっただろうか?否、ない。

どれも、濃厚なカリーで、しっかり食べれるので、夜は一品で十分満足であった。
ナンが付いて来るのだが、ナンだけが、ちょっと残念な、薄ででパリパリであった。

美味しかったな、マレーシア!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
 
[PR]
by miccahang | 2009-09-17 15:44 | ・レダン島deヴァカンス | Trackback | Comments(12)

ヤバい風とヤバくない風

ベルジャヤレダンビーチリゾート内には、ブッフェのレストランとカフェ的な店、ちょっと小ジャレた店の3店のレストランがあった。

私たちは、小ジャレたレストランに通っていた。
ビーチを臨めるし雰囲気がステキだったので。
初日に予約を入れたら、こんなステキなテーブルセッティングが♪
b0129725_134231.jpg

b0129725_1342299.jpg

いや~ん072.gifかわいい~
砂浜でもテーブルをセッティングしてくれます。
それはとっても憧れるんだけど、やらしいハナシ、コース料理をオーダーしないとイカンらしく、、、
テラスでガマン。

天気は思わしくなく、いつ雨が降り出してもおかしくなさそう。
ぴゅーーっと変な風が吹いたので、アタシ達はビクビクしていたが、
気にする様子もない従業員の方々。

なんとか雨にも降られず。ホッ

翌日は、普通に伺い、テラスの普通席に。
b0129725_13151182.jpg

ビールをオーダーし、気持ち良く酔っていると、
変な風がぴゅーっと吹いた。

すると、ザワつき始める従業員の方々。
「雨が降りそうなので、店内へ移動をお願いします」
との事。

ホントに降るの?
と訝しく思いながら、店内へ移動したら、
一天にわかにかき曇り、レダン島を、大きな手で掴み取ろうとしているかのような雲。
b0129725_13215045.jpg

みるみる厚くして行く雲。
b0129725_1323567.jpg

あっという間に、どしゃぶりになった。

ヤバい風とヤバくない風。
判るんですねぇ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
 
[PR]
by miccahang | 2009-09-14 13:33 | ・レダン島deヴァカンス | Trackback | Comments(10)

3fff miyamoto

今年の誕生日パーチーは、3fff miyamotoがイイ!と切望し、デナーに伺うことになった。

5月に六本木でカッシーナ展を観に行った際、初めてランチで訪れた。
めっちゃ感動して、すっかり虜になった。

今回の再訪まで4ヶ月の時間があいていたのに(しかもまだ2回目)、店内に入ると旧知の知り合いを迎えるような笑顔で迎えてくれるマダム。
サービスを担当しているマダムとアタシは名前が同じなので、
「美しいほうですか?私は実るほうです」などと他愛ない会話でほぐしてくれる。

デナーは、3コースであった。
全てその日のおまかせなメニューで、相談しながら、コースを組み立ててくれた。

ざくろとシャンパンのカクテルを食前酒に頂き、お料理スタート!

料理の写真をめっちゃ撮りたいのだが、ちょっと恥ずかしい・・気持ちも否めなく、
見栄っ張りなアタシ達は、今回はカメラを持参しなかった。

しかしながら、昨日の事なのに思い返そうとすると、既に記憶がほんわかとしてしまう。
食べた時は、どれも印象深く、美味しかったのに、細部が思い出せないのである・・・アルツ?

前回ですっかり虜になった一品。
フォアグラとトリュフの一口コロッケ(写真は前回の物)
b0129725_23215851.jpg

b0129725_232414100.jpg

これを頂くためだけにまた行きたいくらいである。
仕込みに1週間近くかかるらしいのだ!

シェフが修行していたレストランで、ブレス産のチキン料理は、何十種類もの料理法で出せるくらい
得意としているということで、メインの肉料理はそちらに。

胸肉なんだけどしっとりしていて、あっさりしていて、もーーぅ!ぐーー!
全く伝わらないやね~(汗)

独特な調理法だったのだが・・・何だったろうか?^^;


テラスに移ってエスプレッソと小菓子を頂く。

テラスではハーブが栽培されていた。
マダムが一葉摘んでくれたものを嗅いでみると、レモンのステキなニオイ!
マダム「レモン・ヴァーベナというハーブです」

ヴァーベナ? 
ぉーー!もしや、ロクシタンのあたくし大好きなシリーズでは!?

マサに、それ!
摘んだばかりの、レモンヴァーベナとレモングラスでハーブティーを頂いた。

めっちゃ栽培してみたい!
殺し屋の異名を持つアタシであるが、これは頑張ってみたい!
レモンヴァーベナの栽培方法などを根掘り葉掘り伺った。

美味しく、楽しく、為になる時間を過ごせた。

リッツカールトンのラウンジで、ちょこっと一杯飲んで、とてもイイ気持ちで帰宅の途についた。
こちらのレストラン、春夏秋冬で伺えたらいいな~なんて思いました。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2009-09-06 23:54 | @ 食べる! | Trackback | Comments(10)
夏も初めに行ったのに、
今や、秋の訪れを感じる虫の声。

記憶を呼び覚ましながら書く。

b0129725_21422537.jpgレダン島を一周するシュノーケリングツアーに参加した。

4つ程のポイントに連れて行ってくれた。
ティオマンの船同様、動力のガソリン臭がたまらず、にゃお氏も船酔い気味。

レダンの海、期待がデカ過ぎた為か、
珊瑚のお花畑やでー!とかじゃなかったので、正直、残念。

でも、不思議なものもいくつか観れた。
b0129725_2149752.jpg一番の不思議モノ。
6~7mほどの海底に50個くらい沈んでいた。
気味が悪い。
一つが直径1~1.5mくらいあるように見えた。

最初は、何だろう~♪
って好奇心があったのだが、潜って近くまで行って見ると、どうやら人工物のようで、薄気味悪くなった。
結局ナンなのか?解からずじまい。

b0129725_21551529.jpg一際、青く、異彩を放つ、イソギンチャク。



あら。
そんなトコロかしら?



b0129725_21573485.jpgこれはもう、
潜水の練習をするしかなかろう。

しかしながら、 ベルジャヤに帰って来た時の風景は、うっとりりーするほど美しかった~。


b0129725_21593845.jpg



ベルジャヤレダンビーチリゾートは、湾に建っている。
プライベートビーチから、1kmも行かないトコロに無人の砂浜が見える。

翌日は、そこまで行ってみることに。
b0129725_2255729.jpg砂浜の地が続き、景色に変化があまりない所を泳いで行く。

砂地には、白いサカナがぴゅーっと密かに泳いでいたりもする。

b0129725_2272452.jpg光が砂に映ってキレイでした。


b0129725_22111246.jpg無人のビーチなので、流木などが浜に打ちあがっていた。
やはり、有人のビーチは清掃されているからキレイなんだな~と実感した。


b0129725_22125962.jpg何かしら、観察したい標的は現れるもの。
ナニモノかを観察チュー。


b0129725_221421100.jpgニモは、観察するには、楽しい御方である。 



1/f のゆらぎに身を任せると、
なんとも気持ちが良く、
思い出しては、
ぁぁ、また感じたい。と思わせるのである。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
 
[PR]
by miccahang | 2009-09-03 22:25 | ・レダン島deヴァカンス | Trackback | Comments(8)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30