カテゴリ:・ ドメスティック旅行( 78 )

京都旅1泊目は、ハイアットリージェンシー京都に宿を取りました。

b0129725_16443445.jpg


ロビーがとっても素敵でした。

b0129725_16454587.jpg


伝統的な意匠を模した影絵のような天井と壁。

伝統的な意匠も組み合わさると、モダンな雰囲気になるのですね。
本領を発揮する夜がライトに照らされて美しかったのに、写真撮り忘れ・・・


b0129725_16511269.jpg

お部屋も、和風な雰囲気が漂っていて、落ち着きます。


b0129725_16515986.jpg

バスルームの床材は、天然の御影石とのこと。
バスタブと洗い場が分かれているのは、やっぱり嬉しい。


b0129725_16531818.jpg

アメニティもレモンの香りが爽やか。

バスローブにスリッパ、ふかふかのタオルがふんだんに用意されていたし、
とっても良かったのですが、
廊下で話をしている人の声が丸聞こえ。
大袈裟に言ってみれば、ワタシ達の部屋の中で話してるんじゃないか?
ってくらいハッキリ声が聞こえちゃうくらいなんですよね。
ま、でも、両隣の部屋は空いていたので、
隣の部屋からしゃべり声がずーっと聞こえる様な事態ではなかったワケですので、
全然オッケーなんですけどね。


[PR]
by miccahang | 2017-02-26 22:19 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(6)
東福寺の庭園を作庭された重森三玲氏の邸宅を訪れました。
どうしても観たい物があったんです~。


b0129725_16061292.jpg

こちらです!!
なんて美しいんでしょう。
わたしもにゃお氏も市松模様が大好きなんですが、
それだけじゃない、この波型が斬新でカッコイイ。


お庭は、海岸線、島々を模しているそう。

b0129725_16144149.jpg


こちらのライトは、なんと~、イサム・ノグチのデザイン!

b0129725_16151702.jpg


茶室に市松模様の襖がありました。



b0129725_16161399.jpg


こちらの見学は、予約制で11時、14時からの見学でした。
各回、10名が定員で、1時間ほどの見学で、ガイドをして頂けました。


[PR]
by miccahang | 2017-02-24 16:26 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(4)
京都へ行って来ました。

よく考えてみると、小学生の頃家族旅行で1回、中学校の修学旅行で1回。
計2回しか行った事が無かった。
もう、コレは、初めての京都と言っても過言じゃない。
なので、とっても楽しみでした。


b0129725_18430748.jpg


新幹線での旅行も久しぶりなのでワクワク。


b0129725_18433823.jpg


ホントに近いね。あっという間に到着~。
早速、ブランチを食べに行きます!
京都駅からバスで20分ほどの所にあります中村軒です。


b0129725_18452882.jpg

明治37年に建てられたと言う、渋い佇まいです。
本で読んで来てみたかったお店です。


b0129725_18485255.jpg


本で見て、ズキュンと射抜かれた、「麦代餅」


b0129725_18502195.jpg

この優しい風貌に癒されます。

(HPより)
粒餡は昔ながらのおくどさん(かまど)で上木(くぬぎの割り木)を燃やしてじっくり炊き上げたものです。
ガス釜のように火を止めてもすぐ温度が下がらず、おくどさんのレンガや土が抱いている余熱が良い餡の秘訣です。
釜も熱伝導に優れた銅製。
一味違うこだわりの粒餡の麦代餅、ぜひお召し上がり下さい。


上品なアンコさん、むっちりのお餅。
やさし~。


b0129725_18535493.jpg

冬季限定の「みたらしだんご」
備長炭で職人さんが手焼きするおだんごです~
タレの甘さがあっさりしていて、炭火焼きの香ばしさが引き立ちますー。
こんなに上品なみたらしだんご、食べた事無い!
お皿に残ったタレをスプーンですくって食べたかった。



b0129725_18583143.jpg

こちらも冬季限定の「白みそのお雑煮」
ひとくち、すすって。

ぅぅぅうううまぁーーーーーーい!!!!

感動の美味しさでした!
ワタクシ、関東の人間なので、
白みそにほとんど馴染みがないので尚更美味しく感じました!

お好みでかつをぶしをふりかけて。とのこと。
更に、旨みがアーップ!

b0129725_19032901.jpg


よくのび~るお餅が白みそに良く絡まって、たまりません~。
感動し過ぎて、お持ち帰り用のお雑煮セットを買い求めました。



b0129725_19063253.jpg

他にも食べたいメニューがいっぱいあるのだけど、結構、お腹いっぱいで、残念。
また京都に来たら、絶対に来たいと思います!




自宅に戻って、早速、お雑煮を作ってみました。
このセットが小さくて、カワイ過ぎる。



b0129725_19152568.jpg

ル・クルーゼのココットにピッタリ入る小ささの丸餅。
レンジでチンして。

b0129725_19163899.jpg

白みそって、沸騰させると、コクととろみが出るのね!
知らなかった~


b0129725_19173970.jpg

お店で食べるのにはかなわないけど、十分美味しい。


b0129725_19185671.jpg

丸餅がキュート。

これ、山利の白みそを購入したら、再現出来そうですね。
白みその虜になりそうです。

[PR]
by miccahang | 2017-02-22 19:24 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(4)

シダンゴ山と言問団子

神奈川県にあるシダンゴ山を歩いて来ました。
「シダンゴ山」初めて聞いた山の名前なのですが、愛嬌があって良いですね。


でも、なぜだか、
「シダンゴ」ってどうもアタシの脳の皺に浸透しなくて、
なかなか覚えられなかった。

染み込みそうになると、ブロックしてくるのが、「ジゴンダス」


b0129725_21583471.jpg


コート・デュ・ローヌのワインの名前が「シダンゴ」を飲み込んでしまうのです。
さすがに、実際に歩いたら、覚えられたのだけど、
「シダンゴ」そんな簡単な4文字を覚えるのにこんなに時間が掛かるなんて!




b0129725_18413652.jpg


茶畑のすぐ脇を歩きながら、


b0129725_18421251.jpg


鹿避けの柵を通り。
鹿のコロコロしたフンが落ちていました。
本当に鹿さんが住んでいるんだね~。


b0129725_18442402.jpg


まずは、宮地山を目指しました。
こちらの山頂は、それほど面白みが無かったので、写真を撮っていなかった。
シダンゴ山へ向かう。


この日は、寒波が襲来していたので、すっごく寒かった。
チラチラと雪も。


分岐に差し掛かる。


b0129725_18451078.jpg


女坂と。


b0129725_18474605.jpg

男坂。

迷わず、女坂を行きます。



b0129725_18481838.jpg

朗らかにポカポカしてそうに見えるけど、風が冷たかったー。



b0129725_18491820.jpg

丹沢の山並みがキレイでした。


b0129725_18500045.jpg

雨が降ってるな~と解る雲。

b0129725_18512256.jpg


ここの山頂からは、間近の山越しに富士サマの肩だけが見えるそうなのですが、
雲が出て来てしまい、全く見れませんでした。

残念。。。

お昼を食べて、コーヒーとチョコを食べるのがお決まりなのだけど、
割ったチョコが。



b0129725_18542102.jpg

富士サマ型。
こんな風に姿を現してくれるとは!

富士山チョコに元気をもらい、下山の足取りも軽かった~(ウソ)


麓の街では、「ロウバイまつり」が開催されていたので、
立ち寄ってみました。



b0129725_19092864.jpg


まだ三分咲きくらいでしたが

b0129725_19103983.jpg


ツボミが可愛くて。


b0129725_19110659.jpg

満開の木もあり、ふわ~~っと、お花の香りに包まれました。


b0129725_19131411.jpg


近くの温泉に入って、浅草を目指しました。
「きんつば」が食べたくて、浅草へ行ったのですが、お目当てのお店は、定休日でしたー!

和菓子食べたいモードに入ってしまったので、
久しぶりの「言問団子



b0129725_017484.jpg



6個入りを買い求め、


b0129725_19173901.jpg

あーん、カワイイ。


b0129725_19180227.jpg


図らずも、「ダンゴ」な一日となりました。





[PR]
by miccahang | 2017-01-17 19:24 | □ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(4)
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


金時山に登って来ました。


b0129725_19261905.jpg


東名高速道路を走っていると、早速、見事な富士サマがお目見えです~。



b0129725_19272447.jpg


足柄サービスエリアからの富士サマ。



b0129725_19281085.jpg

雪が舞い上がっているのが見えるほど近くに見えます。



b0129725_19293746.jpg


初心者向けコースです♪



b0129725_19325810.jpg


霜柱、久しぶりに見ました。
飴細工の様にキレイでした。



b0129725_19331043.jpg

氷柱もキラキラ✨


b0129725_19301035.jpg

気温が2度くらい、風もなく、日差しが温かくて、最高のハイキングゥ~日和。

大人気の山なので、ハイカーが沢山♪
ワレワレは、鈍足ですので、「お先にどうぞ」と言う名の休憩を取りつつ登り、
2時間ちょい掛かりました。




b0129725_19362024.jpg



富士サマの全容が見れます。
金太郎伝説で知られる金時山。

「マサカリ」が置いてあり、
平成の金太郎くん、モデルさんしてましたので、便乗して写真を撮らせてもらいました。


下山の道は、アトラクションみたいで楽しい道でした。
山ガールデビューしてから、一番、登山らしい登山をしたと思える山でした。



箱根湯の花プリンスホテルで温泉に入って(HPへ)
箱根の温泉。
やっぱり良いな~。


都内のお気に入りのケーキ屋さんへ、閉店ギリギリに滑り込み。

b0129725_19522797.jpg

閉店間際だったので、3種類しか残っていませんでした。


b0129725_19580332.jpg


でも、いつも買う「上野の山のモンブラン」がありましたので、問題ナシです♪


山と温泉とモンブラン。
山尽くしの一日でした。

[PR]
by miccahang | 2017-01-04 21:44 | □ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(12)

宝登山とすまんじゅう

埼玉県にある宝登山に登って来ました。
ハイキングゥ~くらいの軽い気持ちで登れて、良かったです。

秩父鉄道の長瀞駅前に車を停めて、隣の野上駅まで1駅乗ります。


b0129725_16182633.jpg


切符がレトロ。


b0129725_16191299.jpg

遠くまで来た様な旅行気分を味わえる雰囲気。


b0129725_16232564.jpg


キツイ登りがちょこっとあるくらいで、楽しく歩ける。


b0129725_16252508.jpg


2時間ほどのハイキングゥ~で頂上に到着。

b0129725_16263155.jpg


山頂が広く開けていて、ピクニックするのに良い~。



b0129725_16280143.jpg

2月には、ロウバイが咲くそうなので、その頃、また来たいな~。
寒桜がチラチラと咲いていました。


b0129725_16294492.jpg


帰りは、ロープウェイで( ^ω^)・・・


b0129725_16303537.jpg

もう一つの楽しみは、





b0129725_16333328.jpg

以前、こんりえちゃんに教えてもらって、ドライブがてら、買いに来たことがありました。
すっかり、ファンになりました。



b0129725_16374241.jpg



長瀞の名物~すまんじゅう。

「おまんじゅうの皮に発酵させたこうじを含ませることにより、
皮がフカフカになるのが特徴です」
との事。
この皮がフカフカと言うか、もっちりしてる。
ワタシ、薄皮よりも、厚皮が好き。

タイヤキも、最近、薄皮が主流なのが寂しい。分厚い皮が好き。

b0129725_16383926.jpg

上品な経木の包みにくるまれて、
ずっしり重い。


b0129725_16512366.jpg

アンコたっぷり♪だけど、皮が厚いからバランスが良いのよね。
温泉に入って帰宅の途につきました。







[PR]
by miccahang | 2016-12-16 17:05 | □ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(9)

富士山と雲海の大菩薩嶺

先日、大菩薩嶺に登って来ました。
登山初心者にピッタリの3時間ほどのコースなのです。

朝から霧が立ち込めていましたが、登山口に到着すると晴れて来ました。


b0129725_11091514.jpg


高低差がそれほどないので、私達にピッタリ。


b0129725_11111630.jpg


そして、最高なのが、

b0129725_11114925.jpg


富士山を眺めながら歩ける事。
水墨画の様に美しかったです。


b0129725_11123464.jpg

そして、甲府盆地は霧が溜まりやすいのかしら?
雲海の様で、幻想的でした。


b0129725_11132105.jpg


雲海の境目に萌えちゃう。



b0129725_11140684.jpg


3時間ほどの登山で、この達成感。



b0129725_11252298.jpg


温泉に入りに麓へ。
富士サマの頭がちょこっと見えました。



b0129725_11262770.jpg


ゆるい登山とちょこっと紅葉狩りを楽しめました。
山梨のスイーツを購入して、帰宅。


b0129725_11275295.jpg



[PR]
by miccahang | 2016-11-28 11:30 | □ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(2)
山梨で食べたいのは、やっぱり、ほうとうーーーーー!
ほうとう、大好き!!!


勝沼に何軒か、有名なお店がありました。
こちらに伺ってみました。


b0129725_22511631.jpg



土間の席に付きました。
土間から眺める風景が美しかった~。
おばぁちゃんの家に来たみたいな、ほっとする和み。




b0129725_22551335.jpg

ほうとう、大好きーー!


b0129725_22594806.jpg

あ、でも、アタシ、もうちょっと、ピラピラなモチモチ触感のほうとうが好きかも^^



こちらのお店に、山梨の情報誌が置いてありました。
裏表紙に。


b0129725_23091692.jpg

ええ!
信玄餅のアイス!!!

おいしそーーーー!
信玄餅、大好物なの!!
どこで買えるのかな!!


ディナーに伺った、ビストロ・ミル・プランタンの並びに、
山梨物産館があったので、そこで買えるかな~?と思い、行ってみました。

b0129725_23154907.jpg

でも・・・
無かった・・・!
無念!


でもね~。
アイス食べたいモードに入ってしまったので、何でもイイからアイスを食べたい。
物産館の隣にコンビニがありましたので、何でもイイからアイスを買おうと、入ってみたら、


なんと!
コンビニにあったのですーーー!!!


ビックリ!!


b0129725_23174122.jpg



車の中で、イタダキマス。


b0129725_23190611.jpg

信玄餅が乗っていて、アイスは、きなこ風味。食べ進むと、とろりと黒みつが出てきます!

まさに!
信玄餅!


おいしー。
マジで、おいしーーーーー!


信玄餅クレープなる物もあるそうなので、道の駅に立ち寄ってみました。


b0129725_23274455.jpg
あっさり見付かりました!


b0129725_23284708.jpg

クレープの触感がちょっとイマイチかな!
信玄餅っぽさが生きてるのは、断然、カップアイスの方だな~♪




[PR]
by miccahang | 2016-06-28 23:37 | □ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(4)
夜からまぁまぁ、しっかり降っていた雨。

蔵を改装した宿の屋根裏部屋は、屋根が近いお陰で、
夢うつつの中でも雨の音がしっかり聞こえて、
「明日は、山登り、ナシだな~」
諦めました。

ならば!
行きたいワイナリーがありますよ~


b0129725_22044564.jpg


シャトー・メルシャンです♪

見学ツアーの申し込みは、当日でも大丈夫と事前に伺っていましたので、
朝起きて、ツアー参加の申し込みをしました。

この日が、平日だったので、当日の予約でも大丈夫だった可能性があります。
定員がありますので、休日だったら、事前予約をした方が良いですね!




シャトー・メルシャンを好きになったきっかけは、こちらのワイン。


b0129725_22065571.jpg

甲州 きいろ香


ボトルのデザインもキュートで、お気に入りの一本です。
こちらも、愛読書「ソムリエール」で紹介されていて、飲んでみたくて、お取り寄せ。
すっかり気に入ってしまったのでした。

ワイン仲間との、持ち寄りワイン会で、何度か持参した程です。


平日だったので、見学ツアー参加者は、ワレワレだけ。
案内をしてくれるワイナリースタッフの方が、こちらのワイン知識の浅深度合いを聞いてくれました。


「一応、ワインを勉強してます」と答えたところ、
「では!それに合わせて、お話しましょー!」と^^;


所々で、
「ロゼワインの造り方は?」
などなど、問題を出され、燃えました(笑)


見学の内容は、ブログに書けないのが残念ですが、
すごく楽しかったです。


お待ちかねの、テイステンング。


b0129725_22190677.jpg

にゃお氏は、かわいそうですが、またもや、ブドウジュース(←アルコールフリーのスパークリングワインみたいな感じで、美味しかった)
テイスティングのコメントを発表したり、ワインスクールみたいで、楽しかったー。


見学用のワイン畑の見学も。

b0129725_22295114.jpg

カベルネ・ソーヴィニヨン♪
白ぶどう・黒ぶどう、合わせて、10種類ほどを見れました。



資料館のこの樽!
直径2mくらいあり、ド・迫力♪

b0129725_22404884.jpg


勝沼ワイン産業の礎を築いた御方のお屋敷。


b0129725_22434292.jpg

こちらは、別途、入館料が掛かりますが、
1階が和。
2階が洋。
謎めいた地下蔵。
など、なかなか面白かった。


次回、勝沼ワイナリー巡りをするならば、タクシーをチャーターしたいなと思いました。

[PR]
by miccahang | 2016-06-27 22:46 | □ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(2)
勝沼で宿を取りました。


b0129725_17514693.jpg



ワイン民宿との事ですが、B&Bです。



b0129725_17554138.jpg

雨に濡れて、緑がくっきりイキイキ、鮮やかです。


b0129725_17571079.jpg

アジアのリゾートっぽい雰囲気も醸してますね。


b0129725_17575961.jpg

明治期の古民家を改装したお宿です。


b0129725_17585458.jpg

私たちは、蔵を改装したお部屋です。


b0129725_17595106.jpg


HPで見たとおりの、梁がたまらなくカッコイイお部屋です。


b0129725_18004109.jpg


頑丈な梁の下にある扉の向こうに、バスルームとトイレ。
梁に頭をぶつける高さです。
屋根裏感が好きなのです~


b0129725_18022838.jpg

テラスから、ワイン畑が臨めます。
こちらのテラスでワインでも飲んだら、気持ち良さそうだな~~


b0129725_18040058.jpg

お宿のワイン畑を見せてもらいました。


b0129725_18044242.jpg

ぷっくりとした実が成っています。
愛おしい~


b0129725_18060457.jpg

地下には、ワインセラーもありましたー


朝食会場も、また素敵。


b0129725_18070794.jpg

全6室のお宿ですが、日曜日~月曜日に宿泊しましたが、満館でした。

和洋折衷の素敵な雰囲気。
ワタシも、泊まるなら、絶対にココが良い~と即決しましたから、
満館なのも、頷けます。



b0129725_18155947.jpg



そして、美味しかったのが、朝食。


b0129725_18094798.jpg


作ってくれた方の手の温もりを感じられるような、サンドイッチ。


b0129725_18110354.jpg


ホントに美味しかった。


今回、山登りが出来なかったので、また、勝沼には来ると思うので
その時も、こちらのお宿に泊まりたいと思います。

[PR]
by miccahang | 2016-06-23 18:17 | □ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(4)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31