カテゴリ:・ ドメスティック旅行( 83 )

北山界隈を散策して、ホテルに戻り、チェックアウト。
荷物を預かってもらって、三十三間堂を拝観しに行きました。

ハイアットのすぐ隣でしたので、行きたい!




b0129725_23222780.jpg


修学旅行で来たと思ってたけど、来てなかったみたい。
あの本堂を拝観して記憶に無いはずないものね、きっと今回が初めて。


b0129725_23284487.jpg

来てよかった。
感動した!






次なる宿泊地へ向かいます。
京都駅から送迎バスに乗り込み、40分ほど。


ロテルド比叡に到着です。

送迎バスで7~8組が一気に到着しましたが、
それぞれにホテルスタッフが付き、ソファに座って、ゆっくりチェックイン。
こういうの、良いですね。


スタンダードルームは、ごくシンプルなお部屋。


b0129725_16112115.jpg

窓の外には、山が近くに見えて山のリゾート感があって良いわ~。



b0129725_16132273.jpg


バスルームもごく普通ですが


b0129725_16140948.jpg

アメニティーが良かった!


b0129725_16143892.jpg


しっかり持ち帰りました。


b0129725_16150007.jpg


この巾着も、使いやすい。
結構、気に入って、使っています。


b0129725_16153094.jpg


夜、寝る前に、アロマも焚いてみました。



b0129725_16201974.jpg


こちらのホテルは、パブリックスペースがとっても素敵。
吹き抜けになったロビーの階段を降りていくと・・・


b0129725_16211346.jpg


ライブラリー。


b0129725_16220595.jpg

ちょっとしたオヤツ、ハーブティーやコーヒーが用意されていて、のんびりと読書を。


b0129725_16233362.jpg


こちらの夕食では、「発酵ガストロノミー」と言う、
近江の食文化とフランスの食文化の融合を体験出来ますので、
ライブラリーにも、
近江やフランスの食文化に関する本、比叡山に関する本が多かったです。


b0129725_16274835.jpg


アタシが選んだ本。


b0129725_16281877.jpg



ホテルでは、近江茶とワインのテイスティング講座が開かれるとの事。
行ってみます。


b0129725_16432237.jpg


つづく・・・




[PR]
by miccahang | 2017-03-17 10:40 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(7)
「古田織部美術館」の並び、徒歩2~3分の所、
マールブランシュの北山本店がありましたので、行ってみました。


b0129725_18472412.jpg


本当は、下鴨神社のみたらし団子を食べに行く予定だったけど、
以外と時間が無い。
時間的に間に合わないので、こちらでお茶をする事にしました。


b0129725_18555048.jpg

折角なので、本店限定のモンブランを~
ケーキ+コーヒー=1900円
なかなかのお値段ですね~^^;

スゴイ~♬
ラム酒が選べるなんて!

b0129725_19010815.jpg

8年樽熟成させた、マルティニーク・ヴィュー!
芳しいです!
ワインスクールで試飲して、大好きになったのですが、
なかなかボトルでは買えないので、これは、嬉しかったです!

栗さんをこのラム酒で和えて、モンブランに添えるのね~。

b0129725_19081296.jpg


マロンクリームを目の前で絞って、仕上げてくれます~。


b0129725_19094472.jpg

なんか、こんな感じのワンコの種類いたな~。


絞りたてのマロンクリーム、ふんわり。
とっても素敵~。


でも。中の、ムースグラッセ(白い中心の部分)が凍らせてあって、
それが特徴なのだと思うのだけど、
どうも水っぽく感じてしまったのよね・・・


b0129725_00323049.jpg

あと、一番下のスポンジが、
スカスカしてた・・・・
ちょい残念でした。


にゃお氏が職場の女子に頼まれていたので、
「茶の菓」と「フォンダンショコラ 生茶の菓」を購入。


b0129725_00535786.jpg


一応、自宅用にも買い求めました。


[PR]
by miccahang | 2017-03-12 22:30 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(2)

京都旅 古田織部を買ふ

「しののめ」でじゃこ山椒を購入した後、
にゃお氏が行きたがっていた古田織部美術館
歩いて10分ほどの所にあったので、行ってみました。


b0129725_23243486.jpg


図録で観た事がある器がそこにある。
本当に実在してるんだ~と不思議に思えてしまった。


ミュージアムショップでは、レプリカが売られていたのですが、
ズキューーーンと来ちゃった子がいた様子。


興奮気味に
「ボク、コレ欲しいんだけど、買っても良い?」
おずおずとアタシの顔色を伺って来ました。



「自分のおこづかいで買うんなら全然良いんじゃない?」



「ほんとに!?いいの!?やったぁーーー071.gif
大喜びの氏。


・・・・・



ちょっと待て。

このやりとりだけ聞くと、まるで悪妻。
アタシが財布の紐を鍵付きチェーンで締め上げてるみたいに聞こえて
心象が悪いじゃないの!

b0129725_23444079.jpg


レプリカでも手に馴染んで良い感じです~

美術館の入場券にも載るほど、有名な作品でしたので、良かったかな~。
コレで日本酒を飲んだら、美味しく感じそうです。

[PR]
by miccahang | 2017-03-09 23:45 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(6)
ワタクシ、京都旅に来るまで、
「じゃこ山椒」「ちりめん山椒」なる物を知らなかったんです。


JR東海でもらった京都のミニガイドブックで見て、初めて知りました!
なので、京都駅付近のデパートで購入しようかと思ってました。


常連さんで京都人の方がいらしたので、オススメを聞いてみました。
そして、教えてもらったのが、こちらです。


b0129725_17014963.jpg



北山駅から少し歩くのですが、のんびりプラプラ。
本当にあるのかな?と思えるごく普通の住宅街の中にありました。


シブイ佇まいのお店。


暖簾をくぐって、カラカラッと扉を開けると、
すぐにカウンター。

3畳ほどの小さなお店で、優しい笑顔のお母さんが迎えてくれました。

b0129725_17113505.jpg


100gを買い求めました。


b0129725_17120237.jpg


味わいが丁度イイ!
山椒のピリッと感が巧妙に刺激して来ますね!

美味しいー。
ゴハン、おかわりッ!!

大好きになりました!



(しののめから暖簾分けした分店が寺町にあります)

今度、京都に来たら、
寺町の分店のお味と、食べ比べてみたいなと思いました。

[PR]
by miccahang | 2017-03-07 09:59 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(4)
京都では、雅な日本料理を食べたいッ!
京都に数多ある料理屋さんから1軒を選ぶのって大変!

今回の旅のテーマは、「寿司の起源に触れる」なので、
「鯖寿司」が食べられて、ホテルから歩けるところを探しました。


b0129725_10462272.jpg


ミシュランの1つ星に輝いています☆
予約してなかったら、ぷらっと入れない雰囲気。

カウンター8席のお店で、この日は満席でしたので、
ぷらっと入る勇気があっても席に付けませんでしたね。


まずは、ビールを頂きました。
1品目の美しさにウットリ。


b0129725_10522845.jpg

写真を撮れる雰囲気じゃないな~と思ったけど、あまりにも美しかったので、
写真を撮っても良いか伺ってみると、
快く「どうぞ、どうぞ」と言って頂けたので、安心して撮影できました。


b0129725_10554402.jpg


鳥かごを開けると、鳥さんと梅。
オシャレだわん。
大あさりは、少し火が入って絶妙なプリプリ。


b0129725_11041436.jpg

素晴らしき料理に合わせて、ご主人が選んでくれるお酒が、また、美味しい。
日本酒と焼酎を60種類ほど用意されているそうなんです。

b0129725_11080630.jpg

お酒の雰囲気に合わせたお猪口で。


b0129725_11105215.jpg
とっても気さくなご主人と奥様で、話も弾みます。
目の前で板前さんの技を見れるというのは、とっても楽しい。


b0129725_11115411.jpg

焼き石で蒸した鰤がフワフワ。

「おまかせ」の1コースのみですので、
お客は、同じ料理を同じタイミングで頂くので、同じ感動を共有する一体感がありました。
居合わせたお客同士での会話も弾み、とても楽しかったです。

ワレワレ以外は、皆さん、常連さん。
こんな事をおっしゃってました。

「居合わせるお客さんで、その日のお店の雰囲気が変わるから、
一緒になる方は、どんな方々かな~と想像するのも楽しみ。
今日は、楽しい方々とご一緒出来て、嬉しかったです。」

なんて、オトナでオシャレで粋なんでしょう。


b0129725_11131512.jpg

お待ちかねの、鯖寿司。

とろける鯖。
ほどける酢飯。

至福でした!
刻んだ「すぐき」が酢飯に混ぜてあって、触感も良くて。
ぁ~、これを食べる為だけに、また京都に来たいと思ったほど美味しかった。


b0129725_11295652.jpg

そろそろ、満腹なんだけど、やさしい麺とフカヒレで、再度蘇る。


b0129725_11304799.jpg

一つ目のデザート。


b0129725_11310971.jpg

お団子を作成中かと思ったら、


b0129725_11314351.jpg


蒸し器へ。


b0129725_11320167.jpg

酉年の焼き印をジュッと押して。
酒粕の酒饅頭。
おいしーーーーー!

b0129725_11330409.jpg


食後酒を頂いたら、4時間が経ってました。
あっという間の4時間でした。

初めての京都で、
こんなに素晴らしいお店に出逢えて、ラッキー過ぎました。

京都、また行きたいと思います。



[PR]
by miccahang | 2017-03-03 16:18 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(6)
京都旅1泊目は、ハイアットリージェンシー京都に宿を取りました。

b0129725_16443445.jpg


ロビーがとっても素敵でした。

b0129725_16454587.jpg


伝統的な意匠を模した影絵のような天井と壁。

伝統的な意匠も組み合わさると、モダンな雰囲気になるのですね。
本領を発揮する夜がライトに照らされて美しかったのに、写真撮り忘れ・・・


b0129725_16511269.jpg

お部屋も、和風な雰囲気が漂っていて、落ち着きます。


b0129725_16515986.jpg

バスルームの床材は、天然の御影石とのこと。
バスタブと洗い場が分かれているのは、やっぱり嬉しい。


b0129725_16531818.jpg

アメニティもレモンの香りが爽やか。

バスローブにスリッパ、ふかふかのタオルがふんだんに用意されていたし、
とっても良かったのですが、
廊下で話をしている人の声が丸聞こえ。
大袈裟に言ってみれば、ワタシ達の部屋の中で話してるんじゃないか?
ってくらいハッキリ声が聞こえちゃうくらいなんですよね。
ま、でも、両隣の部屋は空いていたので、
隣の部屋からしゃべり声がずーっと聞こえる様な事態ではなかったワケですので、
全然オッケーなんですけどね。


[PR]
by miccahang | 2017-02-26 22:19 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(6)
東福寺の庭園を作庭された重森三玲氏の邸宅を訪れました。
どうしても観たい物があったんです~。


b0129725_16061292.jpg

こちらです!!
なんて美しいんでしょう。
わたしもにゃお氏も市松模様が大好きなんですが、
それだけじゃない、この波型が斬新でカッコイイ。


お庭は、海岸線、島々を模しているそう。

b0129725_16144149.jpg


こちらのライトは、なんと~、イサム・ノグチのデザイン!

b0129725_16151702.jpg


茶室に市松模様の襖がありました。



b0129725_16161399.jpg


こちらの見学は、予約制で11時、14時からの見学でした。
各回、10名が定員で、1時間ほどの見学で、ガイドをして頂けました。


[PR]
by miccahang | 2017-02-24 16:26 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(4)
京都へ行って来ました。

よく考えてみると、小学生の頃家族旅行で1回、中学校の修学旅行で1回。
計2回しか行った事が無かった。
もう、コレは、初めての京都と言っても過言じゃない。
なので、とっても楽しみでした。


b0129725_18430748.jpg


新幹線での旅行も久しぶりなのでワクワク。


b0129725_18433823.jpg


ホントに近いね。あっという間に到着~。
早速、ブランチを食べに行きます!
京都駅からバスで20分ほどの所にあります中村軒です。


b0129725_18452882.jpg

明治37年に建てられたと言う、渋い佇まいです。
本で読んで来てみたかったお店です。


b0129725_18485255.jpg


本で見て、ズキュンと射抜かれた、「麦代餅」


b0129725_18502195.jpg

この優しい風貌に癒されます。

(HPより)
粒餡は昔ながらのおくどさん(かまど)で上木(くぬぎの割り木)を燃やしてじっくり炊き上げたものです。
ガス釜のように火を止めてもすぐ温度が下がらず、おくどさんのレンガや土が抱いている余熱が良い餡の秘訣です。
釜も熱伝導に優れた銅製。
一味違うこだわりの粒餡の麦代餅、ぜひお召し上がり下さい。


上品なアンコさん、むっちりのお餅。
やさし~。


b0129725_18535493.jpg

冬季限定の「みたらしだんご」
備長炭で職人さんが手焼きするおだんごです~
タレの甘さがあっさりしていて、炭火焼きの香ばしさが引き立ちますー。
こんなに上品なみたらしだんご、食べた事無い!
お皿に残ったタレをスプーンですくって食べたかった。



b0129725_18583143.jpg

こちらも冬季限定の「白みそのお雑煮」
ひとくち、すすって。

ぅぅぅうううまぁーーーーーーい!!!!

感動の美味しさでした!
ワタクシ、関東の人間なので、
白みそにほとんど馴染みがないので尚更美味しく感じました!

お好みでかつをぶしをふりかけて。とのこと。
更に、旨みがアーップ!

b0129725_19032901.jpg


よくのび~るお餅が白みそに良く絡まって、たまりません~。
感動し過ぎて、お持ち帰り用のお雑煮セットを買い求めました。



b0129725_19063253.jpg

他にも食べたいメニューがいっぱいあるのだけど、結構、お腹いっぱいで、残念。
また京都に来たら、絶対に来たいと思います!




自宅に戻って、早速、お雑煮を作ってみました。
このセットが小さくて、カワイ過ぎる。



b0129725_19152568.jpg

ル・クルーゼのココットにピッタリ入る小ささの丸餅。
レンジでチンして。

b0129725_19163899.jpg

白みそって、沸騰させると、コクととろみが出るのね!
知らなかった~


b0129725_19173970.jpg

お店で食べるのにはかなわないけど、十分美味しい。


b0129725_19185671.jpg

丸餅がキュート。

これ、山利の白みそを購入したら、再現出来そうですね。
白みその虜になりそうです。

[PR]
by miccahang | 2017-02-22 19:24 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(4)

シダンゴ山と言問団子

神奈川県にあるシダンゴ山を歩いて来ました。
「シダンゴ山」初めて聞いた山の名前なのですが、愛嬌があって良いですね。


でも、なぜだか、
「シダンゴ」ってどうもアタシの脳の皺に浸透しなくて、
なかなか覚えられなかった。

染み込みそうになると、ブロックしてくるのが、「ジゴンダス」


b0129725_21583471.jpg


コート・デュ・ローヌのワインの名前が「シダンゴ」を飲み込んでしまうのです。
さすがに、実際に歩いたら、覚えられたのだけど、
「シダンゴ」そんな簡単な4文字を覚えるのにこんなに時間が掛かるなんて!




b0129725_18413652.jpg


茶畑のすぐ脇を歩きながら、


b0129725_18421251.jpg


鹿避けの柵を通り。
鹿のコロコロしたフンが落ちていました。
本当に鹿さんが住んでいるんだね~。


b0129725_18442402.jpg


まずは、宮地山を目指しました。
こちらの山頂は、それほど面白みが無かったので、写真を撮っていなかった。
シダンゴ山へ向かう。


この日は、寒波が襲来していたので、すっごく寒かった。
チラチラと雪も。


分岐に差し掛かる。


b0129725_18451078.jpg


女坂と。


b0129725_18474605.jpg

男坂。

迷わず、女坂を行きます。



b0129725_18481838.jpg

朗らかにポカポカしてそうに見えるけど、風が冷たかったー。



b0129725_18491820.jpg

丹沢の山並みがキレイでした。


b0129725_18500045.jpg

雨が降ってるな~と解る雲。

b0129725_18512256.jpg


ここの山頂からは、間近の山越しに富士サマの肩だけが見えるそうなのですが、
雲が出て来てしまい、全く見れませんでした。

残念。。。

お昼を食べて、コーヒーとチョコを食べるのがお決まりなのだけど、
割ったチョコが。



b0129725_18542102.jpg

富士サマ型。
こんな風に姿を現してくれるとは!

富士山チョコに元気をもらい、下山の足取りも軽かった~(ウソ)


麓の街では、「ロウバイまつり」が開催されていたので、
立ち寄ってみました。



b0129725_19092864.jpg


まだ三分咲きくらいでしたが

b0129725_19103983.jpg


ツボミが可愛くて。


b0129725_19110659.jpg

満開の木もあり、ふわ~~っと、お花の香りに包まれました。


b0129725_19131411.jpg


近くの温泉に入って、浅草を目指しました。
「きんつば」が食べたくて、浅草へ行ったのですが、お目当てのお店は、定休日でしたー!

和菓子食べたいモードに入ってしまったので、
久しぶりの「言問団子



b0129725_017484.jpg



6個入りを買い求め、


b0129725_19173901.jpg

あーん、カワイイ。


b0129725_19180227.jpg


図らずも、「ダンゴ」な一日となりました。





[PR]
by miccahang | 2017-01-17 19:24 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(4)
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


金時山に登って来ました。


b0129725_19261905.jpg


東名高速道路を走っていると、早速、見事な富士サマがお目見えです~。



b0129725_19272447.jpg


足柄サービスエリアからの富士サマ。



b0129725_19281085.jpg

雪が舞い上がっているのが見えるほど近くに見えます。



b0129725_19293746.jpg


初心者向けコースです♪



b0129725_19325810.jpg


霜柱、久しぶりに見ました。
飴細工の様にキレイでした。



b0129725_19331043.jpg

氷柱もキラキラ✨


b0129725_19301035.jpg

気温が2度くらい、風もなく、日差しが温かくて、最高のハイキングゥ~日和。

大人気の山なので、ハイカーが沢山♪
ワレワレは、鈍足ですので、「お先にどうぞ」と言う名の休憩を取りつつ登り、
2時間ちょい掛かりました。




b0129725_19362024.jpg



富士サマの全容が見れます。
金太郎伝説で知られる金時山。

「マサカリ」が置いてあり、
平成の金太郎くん、モデルさんしてましたので、便乗して写真を撮らせてもらいました。


下山の道は、アトラクションみたいで楽しい道でした。
山ガールデビューしてから、一番、登山らしい登山をしたと思える山でした。



箱根湯の花プリンスホテルで温泉に入って(HPへ)
箱根の温泉。
やっぱり良いな~。


都内のお気に入りのケーキ屋さんへ、閉店ギリギリに滑り込み。

b0129725_19522797.jpg

閉店間際だったので、3種類しか残っていませんでした。


b0129725_19580332.jpg


でも、いつも買う「上野の山のモンブラン」がありましたので、問題ナシです♪


山と温泉とモンブラン。
山尽くしの一日でした。

[PR]
by miccahang | 2017-01-04 21:44 | ・ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(12)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31