カテゴリ:・チーズ(日・仏・伊以外)( 43 )

先日、玉川学園前にあるカタルーニャ厨房カサマイヤへディナーへ伺ったのですが、
サービスを担当されている方は、ソムリエールであり、チーズのプロだったのでした。

ソムリエのバッチと共に胸に付けられていたのが、「チーズプロフェッショナル」のバッチ。

きゃ~~ん。
憧れのバッチ072.gif

色々とお話を伺うと、
カサマイヤのお店で、チーズセミナーを開いていらっしゃると言うのです!

その場で、速攻で申し込みました!
行って来ましたわん。

ソムリエールのセンセーは、イギリスに長く住んでいらっしゃったそうで、
歴史や文化のお話もあって、とっても面白かった。

ユニオンジャックの由来、初めて知って、おおおおお!そうだったのか!でした。 →コチラ
イングランド、スコットランド、アイルランドのそれぞれの旗を組み合わせた物なんですね。

そして、チーズです。
b0129725_23364126.jpg

上から時計回りに、
・チェダー(PDO)
・ランカシャー
・ホワイトスティルトンwithレモンピール
・アイリッシュポーター
・シュロップシャーブルー
・スティルトン(PDO)

PDOの二種類以外は、初めて食べるチーズで、面白かった。
私は、ブルーチーズが大好きなのだけど、シュロップシャーブルー、かなり気に入りました!
1981年に開発された「モダン・ブリティッシュ」のうちのひとつで、青かび感がまろやかで、優しい。

ソムリエールセンセーが今回のチーズに合わせたお酒は、
スペインのハネムーンと言うなのロマンチックな白ワイン。
CAVAに使われる品種のパレリャーダ100%のワイン。
b0129725_23475276.jpg

美味しい!
スッキリした後口に甘みがほんのりしました。
b0129725_23485688.jpg

ギネスビールとポルトガルのポートワイン。

どちらも大好きなお酒056.gif

チーズとの相性の好みを見つけていく。

ソムリエールセンセーの一言。
「固定概念に囚われないように」

なるほど!
わたしは、チーズは赤ワインと一緒にが大好きだったのだけど、
色々試したくなりました。

今回のチーズが全て牛乳製だったからかもしれないけれど、
総じてまろやかで食べやすい優しい味わいのチーズだと、赤ワインよりも白ワインの方が合うかも。
と思ったり。
でも、チーズが優しいと、白ワインでもワインの風味が勝ってしまったり、するんだなぁ。

今まで、ワインとの相性を真剣に精査してなかったなーと思ったのでした。

そして、カサマイヤのシェフtomoさんが、自家製酵母で焼いているパンも食べれて、たまらなく楽しい時間でした。
b0129725_053979.jpg

もちっとしてて、サイコーに美味しい!

次回は、スペインチーズ編だそう。
今、シェフと一緒にスペインへ行かれているソムリエールセンセー。
きっと、美味しいチーズを仕入れていらっしゃるんだろうな♪
是非、参加しなくっちゃ。

ソムリエールセンセーのブログ→Ryo's Bar

にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2012-09-03 00:10 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(2)

スペインのブルーチーズ

スペインのブルーチーズは、全く種類が解からないので、
名前をメモって、友人に聞いてみた所、
「多分、アストゥリアス産のチーズじゃないかなぁ???」
との事。
カブラレスというチーズでした。
エルコルエイングレス(デパート)にて購入。(9.75ユーロ/kg)
b0129725_18133845.jpg

周りがカエデの葉で覆われています。
ピリッとした刺激がかなり強い、ブルーチーズでした!

購入時、スペインのブルーチーズを探している旨を伝えた所、コレを教えてもらった。
お店の人も、
「かなり、辛いよ」
とおっしゃってましたが、本当に、すごく、辛い。

頂き物の、アイスワインと合うかなぁ~053.gif
って、思って、よーく冷やしておいたのだけど、
ブルーチーズの刺激が強すぎて、アイスワインとは、ちょっと合わなかったかなぁ。
ペドロ・ヒメネスだったら、きっと負けないんだと思う!!
やっぱり、地の物と合わせるのが鉄則なのだなぁと思いました。
[PR]
by miccahang | 2012-06-25 17:25 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(0)
メノルカ島のチーズ:マオン
パルマ・デ・マヨルカ旧市街の中にある市場で、購入。(13.25ユーロ/kg)
熟成の若いもの、ちょっと熟成したもの、かなり熟成したもの、有り。
とりあえず、全部試食させてもらって、ちょっと熟成したモノが、気に入り、300gだけ購入。
b0129725_1233223.jpg

マヨネーズの発祥の地、メノルカ島マオンのチーズは、
潮風にさらされた牧草を食む牛さんのミルクから作られるので、
チーズ自体にもホンノリ潮風を感じるのだとか~。

熟成が若くても、確かに、重めの味わい~。
身はむっちりしていて、美味しい。
ほんのりあたためてもグー!でした!

表面をオリーブオイルとパプリカで磨きながら熟成させる為、
周りがオレンジ色なのですって♪

牛さんのミルクは搾乳量が多いので、大量に作れますよね。
マオンのチーズは、マンチェゴに次ぐ生産量を誇るのだそうです。
でも、なかなか日本までは、やって来ませんね~。
もっと、来い来い、スペインチーズ056.gif
[PR]
by miccahang | 2012-06-24 18:12 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(0)
スペインの高級チーズ~。
b0129725_11213046.jpg

パルマ・デ・マヨルカ旧市街の中にあるメルカートで、購入。一個18ユーロ056.gif
(直径:13cmくらいで、700gくらい。)
うむうむ、ナルホド、高級品ですな056.gif

スペイン本土、エストレマドゥーラ地方のカセレスという町で作られるチーズ。
羊乳のチーズで、レンネットに朝鮮あざみのおしべを使う。
ポルトガルのチーズ:Serra da Estrelaと完全にお友達だよね!
っていうか、なっ!キョーダイ!ぐらい近しい間柄だよね!

食べ方も同じ!
上の面をナイフで切って、ぱかっとな、蓋を開けて、トロトロの中身をすくって食べる~。
甘みとコク、その奥に少し漂う苦味。
わたしは、その苦味がたまらなく好きなのだ!

でもでもでも!
買ってからよく見たら、賞味期限が1週間後!
なので、全然トロトロじゃなくて、コチコチだったのである・・・(涙)

悲しすぎる!

地元の友達で定期的に集まるランチの会に持参して、とろとろを楽しもうと思ってたのに・・・
包丁でゴリゴリ切るトルタ・デル・カサールなんて・・・(泣)

苦肉の策で、レンジで温めて、ジャムとはちみつで。
お味はね、良いんですよ、モチロンね。
皆、美味しいって言ってくれたけど、

「この娘の実力こんなもんじゃないのよ!」

ぜひとも、今度とろとろを味わってもらおう。
[PR]
by miccahang | 2012-06-19 09:50 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(0)
ノルウェーに行っていた友人から、お土産を頂いた053.gif
イエトオストGjetostと言うチーズ。

覚えにくいことこの上ないお名前だなー。
打ってみると、『家と御酢と』と変換され、イキナリ覚えやすくなったわん056.gif

b0129725_0265976.jpg  このチーズ、憧れだったのダス!

  我が家の
  食に関するバイボー

  広辞苑並みの分厚さの本で、本当に辞書感覚。
  コチラで読んで、食べてみたいな~056.gif
  夢にまで見ていたのダス(オオゲサ)


この独特の風貌、一度見たら、忘れられませんワ。
b0129725_0312091.jpg

山羊と牛のミルクのクリームとホエイで作られるチーズ。
何かを添加してるわけではないのに、なんでこんな茶色になるんだろう?

わたくし、てっきり、外側だけ茶色なのかと思ったら、切っても茶色~~。
不思議~。

なんでも、ホエイに含まれる乳糖が煮詰めるとカラメルになるのですって027.gif
そして、色と味がキャラメルの様な風味が生まれるらしい。

ドキドキしながら、頂きました。



食感は、チーズのカテゴリーじゃないですね。
まるで、ファッジのよう。でも甘さは思ったよりほんのり。
さほど甘くない塩キャラメルって感じのお味かな。
後味に、ほんの少し、山羊さんの体臭が鼻に抜ける感覚があった。

いやー、美味しい!
次に何時食べれるかも解からないチーズ、ありがたく、チビチビ、いただきましたわん。

チーズスライサーで薄く切って、パンに乗せたり、お肉のソースに加えたりもするらしい。
このチーズが産まれたグブランスダール渓谷へ行ってみたくなりました。
[PR]
by miccahang | 2012-05-11 09:10 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(4)
にゃお氏がポルトガルに行く度、買ってきてもらう、大好物のチーズ、Serra da Estrela。
今年のは、すっごく食べごろ056.gif
冷蔵庫から出してすぐに常温に戻って、とろとろになってしまうので、
ふたをパカッとな、開けるのは、素早くやらねば~!
b0129725_1428145.jpg

羊乳のチーズで、レンネットが朝鮮アザミから取った凝固剤を使用、独特の風味があって、美味しい056.gif
多くのチーズの凝固剤として使われるのは、
子牛の第四胃袋の消化液から抽出するレンネット。
でも、ポルトガルのセラ・ダ・エストレラ山脈には、畜牛がいないため、植物から抽出したものを使うのですって。

すごいな~。
なんで、アザミにチーズを固める酵素があるって気付いたんだろう056.gif

なにはともあれ、こちら、一個で1Kgあります。
食べ甲斐ありそうですが、ペロリです。

Serra da Estrelaには、オレンジマーマレードが物凄く合う。
ポルトガルでも買って来てもらいました。
ペクチンやゲル化剤等を使わず、素材と砂糖のみで作られたもの。
左:オレンジマーマレード
右:イチゴノキという果物のジャム(ぷちぷちした食感が美味しい!)
b0129725_14493424.jpg

早速!チーズに合わせてみる~~。
b0129725_14551922.jpg

右上から時計回りに、
ポルトガル産イチゴノキのジャム、ポルトガル産オレンジマーマレード、マヨルカ産レモンジャム、マヨルカ産オレンジマーマレード。

ポルトガルのジャム、美味しい!
ペクチンやゲル化剤を使ってないので、サラサラ。
これは、また、来年、買ってきてもらいたい!

しかしながら、マヨルカ島のお母さん手作りのマーマレードが、イチバン美味しいなぁ056.gif
[PR]
by miccahang | 2012-05-09 23:18 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(2)
ここ数年、年1回のペースでポルトガルを訪れているにゃお氏。
その度に依頼するのが、Serra da Estrela。サイコーに美味しい♪

真新しいチーズを見つけたから、と、買って来てくれたのが、こちら056.gif
b0129725_0251214.jpg

リケイジャオン・セッラ・ダ・エストレーラ(Requeijão Serra Da Estrela DOP)
グッジョブなにゃお氏053.gif

リケイジャオン・・・リコッタチーズみたいな?
調べてみると、アタリでした。
b0129725_026379.jpg

木綿豆腐のよう056.gif
b0129725_0262574.jpg

生クリームが入ってるのでは?と思うほど、濃厚で、ほのかに甘く、そして、しょっぱい。
おいしーーー!

これ一品で、デザートとして成り立つくらい!
食べ進むと、ちょっと、しょっぱさが先に立つかな~。

パンに塗ると、丁度良い!
これは、またリクエストしたい逸品でした。
b0129725_0355229.jpg

ポルトガルのノスタルジックな街角。

にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2011-05-25 00:31 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(6)
ちょうど一年程前でした。憧れの禁断のチーズ、「Serra da Estrela」が我家にやって来たのは。

前回のは、セラ・ダ・エストレラ風だったように思うが、今回のは!
ジャーン!!

b0129725_1145125.jpg蓋(?)にもちゃんと書いてあるし!

間違いないでしょう!

羊乳のチーズは結構、クセがないと思っていたのですが、
このチーズに出逢って、決め付けはイカンなと思いましたわ。

冷蔵庫中がこのチーズのニオイに満たされるくらいの、個性を放っております。


凝固剤には一般に使われているレンネット(チーズを凝固させる酵素)ではなく、朝鮮アザミのオシベを使用するそうで、古風な作り方。表面は、ほんのりオレンジ色。

そんな、薀蓄はさておき!
今回の発見は、ジャムとの甘い関係

b0129725_11581194.jpg
クセのあるチーズとはちみつのナイスカポーぶりは、いわずもがな、ですが、ジャムとも引き逢わせて見よう!

以前、南イタリアを旅行した際、チーズに合わせる専用のジャムがあった。
チーズとジャムのステキな関係を思い出したのが発端である。

オレンジマーマレードの苦みばしった甘みと鼻に抜けるほどチーズの体臭を放つ二人の出会いは、
スンバら式セカイ。

これは、イイ。

b0129725_1242623.jpgラズベリーのジャムと。

ジャムが甘過ぎて、生涯の伴侶とは成り得ないようだ。
惜しい。

b0129725_12134928.jpg
とはいえ、
やはり、
そのままバゲットに塗ったり、野菜に塗ったりして頂くのが、イチバン好きだす。

直径20センチほどのこちらのチーズ。
連日食べ続けていたら・・・

お腹が出たような、出ないような。

更に1kgをゲット出来るかもしれない066.gif
チーズって太るよねぇ。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2010-06-01 12:22 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(4)
土産物のリストアップに勤しむ今日この頃。

ポルトガル用のリストを作成すべく、調べていると、
ポルトガルのチーズで、ケイジョ・フレシュコというチーズがあるらしい。

リコッタチーズのような感じで、フレッシュタイプなので、持ち帰るのは難しそう。
ぜしとも、現地で食べてきてね。という事で、リストに入れておいた。

な、な、なんと、スーパーで、パッケージされたケイジョ・フレシュコを発見した様で、
持ち帰ってくれた。
b0129725_0244877.jpgヨーグルトほどの大きさの容器に入っている。

小さくて、とてもカワイイ。

b0129725_0261185.jpg指先に乗るほどで、ホント、愛くるしい。

直径3~4センチ。
高さ5~6センチ。

カワイイ、の連発。

b0129725_0273351.jpg
二種類買ってきてくれたのだが、NATURALは解かるが、もう一方は、MAGRO

マグロ?

翻訳ソフトで調べてみると、「細い、薄い、痩せる」風味な。

マグロの下に脂肪分0%と書かれていたので、ダイエット的な感じ?

やっぱり、ナチュラルの方が美味しかった!
固めの木綿豆腐のようになってしまったが、はちみつをかけてみたりして、美味しく楽しめた。

b0129725_0455656.jpgフレッシュタイプのチーズを持ち帰る事は無理だと思っていたけど、
こんな風にパッケージされてたら、お土産にイケるね!

現地で食べるのとは、雲泥の差なのだろうけど、気分だけでも、頂きたいわ。

今回の気候で、ギリギリくらいな感じだったので、保冷材を持たせようかと、真剣に考えている。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2010-05-23 00:52 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(0)
グアムへ行っていた友人からお土産をもらった。

「全然、グアムに関係ないんだけど・・・」
の前置き。

グアムのスーパーで、オーガニックのフェタチーズを見つけ、購入。
日本に帰国後、オリーブオイルとバジル等、唐辛子で、漬け込んでくれた自家製。

ジェイミー・オリバーのレシピを参考に、作ったそうです。

b0129725_10412095.jpgもらった時はゴロゴロとフェタチーズがはいっていたのだが、美味しくって、半分くらい食べ終えてしまった!

フェタチーズ、山羊か羊のフレッシュタイプのチーズ。
こちらは山羊ですって。

全然、山羊臭さがなくて、美味しい。
ポロポロっと崩れる感じが、カッテージチーズに似ている。


b0129725_1053289.jpgEUで「フェタ」と名乗れるのは、ギリシャ産のみ。と裁定されているそうで、
いつものグリーンのサラダにフェタチーズを乗せただけで、
「グリークサラダ」と呼んじゃう!

フェタが漬け込まれたオリーブオイルにバルサミコ酢とワインビネガーを加えたドレッシングをかけてみました。

美味しかった!

お土産は、買ってきてくれるという行為だけでも、尊いのに、手を掛けてくれた事に感動してしまった。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2010-05-17 11:03 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(2)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28