カテゴリ:・チーズ(日・仏・伊以外)( 38 )

以前、コメントを頂いた御方から、
「サン・シモン、美味しいですよ」
と伺って、食べてみたかったのです~。

こちらも、スモークされてるチーズなので、今まで選択肢に食い込んでこなかったのよね。
b0129725_119177.jpg

この風貌が、カワユイねッ♪
意外と背が高くって、ジャンボどんぐりみたい。

にゃお氏が買って来てくれたのは、二種類。
サン・シモン・ダ・コスタ、と、熟成したサンシモンらしきモノ。
b0129725_11115477.jpg

熟成したサンシモンらしきものは、ぎゅっと身が締まっていて、一回り小さいですな。
食べ比べてみたのだけど、いや、違うものですね♪

サン・シモン・ダ・コスタは、「コーヒー牛乳のようなお味」って聞いていたのだけど、
コーヒーがね、エスプレッソみたいな、ちゃんとしたコーヒーの味なんですよね~。
b0129725_11152361.jpg

ワタシ的には、スペイン版カフェオレの、カフェ・コン・レチェ味と言いたい!

スモーク具合が、カフェの香ばしい香りに似ているのかな?
なんで、カフェ・コン・レチェ味になるのか、とっても不思議。

ミルキーで、全くクセがなく、朝食から食べれる優しい味わい。
ぁー、美味しい。

スモークタイプのチーズには、やっぱり、ビールを合わせたくて。
b0129725_11172668.jpg

丁度、ミュンヘンで1泊しながらの帰国だったにゃお氏。
PAULANERを買って来てもらいました♪
ヴァイツェンは、ろ過してないので、酵母がたっぷり残ってて濁ってますな♪
b0129725_1128119.jpg

ちょこっと、温める程度に焼いてみました。
むちむち感が増したような気がします。
b0129725_11273174.jpg

一気にスペインナイト感を盛り上げる、マッシュルームのニンニクオイル煮~。
b0129725_11315881.jpg

そして、やっぱり、CAVAですよね~♪
b0129725_11333965.jpg


スペインの牛乳製のチーズは、優しい味わいの物が多くて、そして、形が個性的。

それだけで話題性があるので、お土産に買うのに、とってもいいなぁと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-05-07 11:42 | ☆チーズの誘惑(仏・伊以外 | Trackback | Comments(4)
スペインはナバーラ州の羊さんのチーズ、ロンカル。
たっぷり買って来てもらったので、色々と楽しんでみました。
b0129725_23255223.jpg

b0129725_2244443.jpg

ボンゴレに、「チーズはかけない」って聞いたのだけど、掛けちゃいました056.gif
めっちゃ美味しかったです。
羊さんのチーズだったので、かなりそっちの風味が勝っちゃいましたが、ワタシはチョー好きです。
b0129725_22522677.jpg

お塩を控えて、ロンカルで塩味を整える風にしてみましたワン。

b0129725_2244443.jpg


そして、一番やりたかったのがコレ。
レンズ豆のスープに振り掛ける事。

イタリアのレンズ豆の産地、カステルッチョへ行った際、
羊さんのチーズであるペコリーノを卸して、お料理にって聞いて、開眼したんですよね~。
(カステルッチョのレストランの記事はコチラデス→
b0129725_2333057.jpg

もぅね、イキナリ、ラテンの渇いた土地へトリップしちゃいそうなお味になりました!
なんだか、なかなかずっと寒いので、ほっこりするスープ、響きます。

b0129725_2244443.jpg


私信:そらさんへ
どうかな?スープ皿、似てないかにー*^^*
写真が見えずらいね。
アンド、思い出したときに・・・
蛸唐草模様の箸置き!コレは、ホント、絶対オソロじゃない♪♪♪
b0129725_23113797.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-05-04 23:29 | ☆チーズの誘惑(仏・伊以外 | Trackback | Comments(2)
にゃお氏が、マヨルカ島へ行っていたので、いっぱいのお土産を依頼しました!

昨年、一緒にマヨルカ島へ行ったので、事細かに指令を出せたのは、遠隔操作(笑)的で楽しい♪
b0129725_0555965.gif

まずは、やはり、チーズ。
日本ではスペインチーズ、なかなか食べれませんので、依頼にも気合が入ります。

009.gifケソ・ロンカル(DOP)
スペイン本土、ピレネー山間部のナバーラ産の羊さんのチーズ。
こちらも、無殺菌乳の羊さんの乳を使って造られます053.gif(きゃん♪うれしー!)
b0129725_030365.jpg

ピレネーの羊さんのチーズと言うと、フランスのAOPに指定されている、
オッソー・イラティー・ブルビ・ピレネーって、名前が長すぎるわん008.gif
ってチーズが思い浮かびます。
b0129725_0304468.jpg

それに似ているのかなぁ~~?001.gif
って思って、比べてみたくて、依頼しました。
と、言うのも、オッソー・イラティーがすごく美味しかったから!

ロンカルも、ピレネーの山間部では、名の知れたチーズだったそうです。
なので、猫も杓子も、「ロンカル」って名前で羊さんのチーズを売っていたようです。

でも、やっぱり、ホントウのロンカルが別格の美味しさだっだそうで、その名前を保護するべく、
スペイン第一号のDOPに認定されるのですね。

オッソーイラティーは圧搾タイプで、「むちっ」とする感じだったのだけど、
ロンカルは、加熱圧搾タイプな、ボリボリする感じでした。
b0129725_0403597.jpg

ぎゅっと旨みを凝縮したこの感じは、イタリアのペコリーノの熟成したモノと近い感じがしました。
b0129725_0374598.jpg

羊さんのチーズは、旨みがあって、ホントに美味しい♪
このロンカルは、濃厚なのにあっさりする感じで、後味がとっても爽やか♪
ピレネーの緑に覆われた風景が思い描けそうな、いち早く初夏の香りを感じられるチーズでした。
b0129725_104634.gif

今回のマヨルカ土産で最も嬉しかったのが、
デイアと言う村の農家のお母さんが作っているオレンジとレモンのマーマレードのジャムを買って来て貰えた事!
b0129725_135488.jpg

昨年購入して( その模様はコチラ→ )、その美味しさにマイッてしまった逸品です。
9000キロ離れた地に、アナタの造るジャムのファンが居ます。
と伝えてくれたそうで、にゃお氏、ナイス、過ぎるでしょ!
b0129725_1162657.jpg

このジャムとの再会、言葉では言い表せない感慨深いものがありました。
b0129725_104634.gif

あとは、大きな声では言えないもの・・・
ベジョタとハモンセラーノを二種類。
b0129725_124257.jpg

サイコー。
やっぱり、ベジョタは物凄く美味しい。
でもハモンセラーノも全く引けを取りませんよね!
それぞれに違う美味しさがあるし、
シーン別に食べ分けれるくらい、身近にあったら、ホント、サイコーなんだけどなー。

結論:やっぱり、美味しいスペインなのでした♪



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-04-27 01:33 | ☆チーズの誘惑(仏・伊以外 | Trackback | Comments(13)
モンドールと言えば、フランスのジュラ山地で作られるチーズが有名ですな。
でも、そのジュラ山地、スイスとの国境をも成す為、スイスでもモンドールが作られている。

スイスのモンドールは、Vacherin Mont-d'Or(ヴァッシュラン・モンドール)

b0129725_1445692.jpg

ピッチリとフィルムで覆われているのだけど、めちゃめちゃクサイ(笑)
b0129725_14111774.jpg

にゃお氏のスーツケースがモンドール臭くなりましたわ。

フランスのモンドールと作り方は、ほぼ同じだけど、
違いは、フランスのは無殺菌乳を使い、スイスのは殺菌乳。
スイスの物は、熟成期間中に洗う回数が多く、風味が強い。とのこと。

ウォッシュタイプのチーズらしい臭さ。
クサヤと納豆、ナッツやシャンピニオン。
色んな香りが混ざってる感じ。

表面は、白い粉のようなカビに覆われていて、その下には、
ピンクからオレンジ色の間くらいの可愛らしい色の外皮。

この外皮、チーズ工房IKAGAWAさんのムチュリととっても良く似てる。
ムチュリもスイスの山のチーズなので、似ているんだな~って思いました。

頂く30分くらい前に冷蔵庫から出して、上部を切り取る(コレも取って置く)
b0129725_1413761.jpg

トロトロです~~。
b0129725_14144049.jpg

うん!
確かに、かなり、風味が強いです。
このクサめの鼻抜けはクセになるな~~。
b0129725_10533644.gif

半分くらい食べたら、焼きモンドール(フォンドール)、やりましょう!
すっごくやりたかったの、コレ。
チーズの師匠本間るみ子さんのFermierにレシピがあるので、参考にしました。

切り取った蓋の部分を入れて、
みじん切りにしたにんにく、白ワイン、パン粉をふり掛けて。
b0129725_10524910.jpg

経木の箱をアルミホイルで包んで、オーブンで15分くらい焼きます。

焼いてるそばから、良い香りがして来ました~。
b0129725_1113546.jpg

パン粉にサクッとスプーンを入れる瞬間がたまらない!
蓋の部分もトロトロに溶けて、食べやすくなってます。
b0129725_1144093.jpg

にんにくのみじん切りがイイ!
クセのある風味をイイ具合に包んでくれて、焼きモンドール、とっても食べやすい!
焼いちゃえば、外皮まで根こそぎ完食出来て、無駄がない!

072.gifモンドールを買う時の技
日本だと、1個いくら、で売られている事が多いと思うのだけど、
表面にいっぱいシワが寄っている物を選ぶとイイらしい。
というのも、経木の箱のサイズは一律だけど、チーズは、大きさがまちまち。
それを、ぎゅっぎゅと詰め込むので、大きいチーズは沢山シワが寄ると言う。
なるほど~~とカンシンしてしまいましたワ。


※マントンのマルシェにて、€25.50/kg

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-03-09 11:24 | ☆チーズの誘惑(仏・伊以外 | Trackback | Comments(0)
にゃお氏のポーランド土産にリクエストしたのは、オスツィーペックという、チーズ056.gif
とっても楽しみにしていました!

羊さんの無殺菌乳を使ったチーズで、
スモークタイプとプレーンのタイプ両方買って来てもらった。
b0129725_15103798.jpg

独特の幾何学模様が施されているのが特徴みたいです。
b0129725_1511447.jpg

ポーランドとスロヴァキアの境界をなすタトラ山脈で作られていて、
スロヴァキアでは、オスティーポックって名前なんですって♪

でも、ポーランドのこのチーズは最近、欧州連合のPDOを取得!
スロヴァキア側は面白くないみたいですね~。

薄くスライスして、そのまま頂きました!
b0129725_15163621.jpg

キュッキュッとした歯ごたえが、裂けるチーズに似ている~。

スカモルツァにも似てるから、焼いても絶対美味しいよね!
b0129725_1518538.jpg

この焦げ目・・・053.gifそそるわ~~!

美味しい!オイシイ!おいしーーー!

ポーランド、なかなか次の行く機会がなさそうだけど、また食べたい好きなチーズになりました!
b0129725_15201837.jpg



にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2012-09-16 15:24 | ☆チーズの誘惑(仏・伊以外 | Trackback | Comments(0)
先日、玉川学園前にあるカタルーニャ厨房カサマイヤへディナーへ伺ったのですが、
サービスを担当されている方は、ソムリエールであり、チーズのプロだったのでした。

ソムリエのバッチと共に胸に付けられていたのが、「チーズプロフェッショナル」のバッチ。

きゃ~~ん。
憧れのバッチ072.gif

色々とお話を伺うと、
カサマイヤのお店で、チーズセミナーを開いていらっしゃると言うのです!

その場で、速攻で申し込みました!
行って来ましたわん。

ソムリエールのセンセーは、イギリスに長く住んでいらっしゃったそうで、
歴史や文化のお話もあって、とっても面白かった。

ユニオンジャックの由来、初めて知って、おおおおお!そうだったのか!でした。 →コチラ
イングランド、スコットランド、アイルランドのそれぞれの旗を組み合わせた物なんですね。

そして、チーズです。
b0129725_23364126.jpg

上から時計回りに、
・チェダー(PDO)
・ランカシャー
・ホワイトスティルトンwithレモンピール
・アイリッシュポーター
・シュロップシャーブルー
・スティルトン(PDO)

PDOの二種類以外は、初めて食べるチーズで、面白かった。
私は、ブルーチーズが大好きなのだけど、シュロップシャーブルー、かなり気に入りました!
1981年に開発された「モダン・ブリティッシュ」のうちのひとつで、青かび感がまろやかで、優しい。

ソムリエールセンセーが今回のチーズに合わせたお酒は、
スペインのハネムーンと言うなのロマンチックな白ワイン。
CAVAに使われる品種のパレリャーダ100%のワイン。
b0129725_23475276.jpg

美味しい!
スッキリした後口に甘みがほんのりしました。
b0129725_23485688.jpg

ギネスビールとポルトガルのポートワイン。

どちらも大好きなお酒056.gif

チーズとの相性の好みを見つけていく。

ソムリエールセンセーの一言。
「固定概念に囚われないように」

なるほど!
わたしは、チーズは赤ワインと一緒にが大好きだったのだけど、
色々試したくなりました。

今回のチーズが全て牛乳製だったからかもしれないけれど、
総じてまろやかで食べやすい優しい味わいのチーズだと、赤ワインよりも白ワインの方が合うかも。
と思ったり。
でも、チーズが優しいと、白ワインでもワインの風味が勝ってしまったり、するんだなぁ。

今まで、ワインとの相性を真剣に精査してなかったなーと思ったのでした。

そして、カサマイヤのシェフtomoさんが、自家製酵母で焼いているパンも食べれて、たまらなく楽しい時間でした。
b0129725_053979.jpg

もちっとしてて、サイコーに美味しい!

次回は、スペインチーズ編だそう。
今、シェフと一緒にスペインへ行かれているソムリエールセンセー。
きっと、美味しいチーズを仕入れていらっしゃるんだろうな♪
是非、参加しなくっちゃ。

ソムリエールセンセーのブログ→Ryo's Bar

にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2012-09-03 00:10 | ☆チーズの誘惑(仏・伊以外 | Trackback | Comments(2)

スペインのブルーチーズ

スペインのブルーチーズは、全く種類が解からないので、
名前をメモって、友人に聞いてみた所、
「多分、アストゥリアス産のチーズじゃないかなぁ???」
との事。
カブラレスというチーズでした。
エルコルエイングレス(デパート)にて購入。(9.75ユーロ/kg)
b0129725_18133845.jpg

周りがカエデの葉で覆われています。
ピリッとした刺激がかなり強い、ブルーチーズでした!

購入時、スペインのブルーチーズを探している旨を伝えた所、コレを教えてもらった。
お店の人も、
「かなり、辛いよ」
とおっしゃってましたが、本当に、すごく、辛い。

頂き物の、アイスワインと合うかなぁ~053.gif
って、思って、よーく冷やしておいたのだけど、
ブルーチーズの刺激が強すぎて、アイスワインとは、ちょっと合わなかったかなぁ。
ペドロ・ヒメネスだったら、きっと負けないんだと思う!!
やっぱり、地の物と合わせるのが鉄則なのだなぁと思いました。
[PR]
by miccahang | 2012-06-25 17:25 | ☆チーズの誘惑(仏・伊以外 | Trackback | Comments(0)
メノルカ島のチーズ:マオン
パルマ・デ・マヨルカ旧市街の中にある市場で、購入。(13.25ユーロ/kg)
熟成の若いもの、ちょっと熟成したもの、かなり熟成したもの、有り。
とりあえず、全部試食させてもらって、ちょっと熟成したモノが、気に入り、300gだけ購入。
b0129725_1233223.jpg

マヨネーズの発祥の地、メノルカ島マオンのチーズは、
潮風にさらされた牧草を食む牛さんのミルクから作られるので、
チーズ自体にもホンノリ潮風を感じるのだとか~。

熟成が若くても、確かに、重めの味わい~。
身はむっちりしていて、美味しい。
ほんのりあたためてもグー!でした!

表面をオリーブオイルとパプリカで磨きながら熟成させる為、
周りがオレンジ色なのですって♪

牛さんのミルクは搾乳量が多いので、大量に作れますよね。
マオンのチーズは、マンチェゴに次ぐ生産量を誇るのだそうです。
でも、なかなか日本までは、やって来ませんね~。
もっと、来い来い、スペインチーズ056.gif
[PR]
by miccahang | 2012-06-24 18:12 | ☆チーズの誘惑(仏・伊以外 | Trackback | Comments(0)
スペインの高級チーズ~。
b0129725_11213046.jpg

パルマ・デ・マヨルカ旧市街の中にあるメルカートで、購入。一個18ユーロ056.gif
(直径:13cmくらいで、700gくらい。)
うむうむ、ナルホド、高級品ですな056.gif

スペイン本土、エストレマドゥーラ地方のカセレスという町で作られるチーズ。
羊乳のチーズで、レンネットに朝鮮あざみのおしべを使う。
ポルトガルのチーズ:Serra da Estrelaと完全にお友達だよね!
っていうか、なっ!キョーダイ!ぐらい近しい間柄だよね!

食べ方も同じ!
上の面をナイフで切って、ぱかっとな、蓋を開けて、トロトロの中身をすくって食べる~。
甘みとコク、その奥に少し漂う苦味。
わたしは、その苦味がたまらなく好きなのだ!

でもでもでも!
買ってからよく見たら、賞味期限が1週間後!
なので、全然トロトロじゃなくて、コチコチだったのである・・・(涙)

悲しすぎる!

地元の友達で定期的に集まるランチの会に持参して、とろとろを楽しもうと思ってたのに・・・
包丁でゴリゴリ切るトルタ・デル・カサールなんて・・・(泣)

苦肉の策で、レンジで温めて、ジャムとはちみつで。
お味はね、良いんですよ、モチロンね。
皆、美味しいって言ってくれたけど、

「この娘の実力こんなもんじゃないのよ!」

ぜひとも、今度とろとろを味わってもらおう。
[PR]
by miccahang | 2012-06-19 09:50 | ☆チーズの誘惑(仏・伊以外 | Trackback | Comments(0)
ノルウェーに行っていた友人から、お土産を頂いた053.gif
イエトオストGjetostと言うチーズ。

覚えにくいことこの上ないお名前だなー。
打ってみると、『家と御酢と』と変換され、イキナリ覚えやすくなったわん056.gif

b0129725_0265976.jpg  このチーズ、憧れだったのダス!

  我が家の
  食に関するバイボー

  広辞苑並みの分厚さの本で、本当に辞書感覚。
  コチラで読んで、食べてみたいな~056.gif
  夢にまで見ていたのダス(オオゲサ)


この独特の風貌、一度見たら、忘れられませんワ。
b0129725_0312091.jpg

山羊と牛のミルクのクリームとホエイで作られるチーズ。
何かを添加してるわけではないのに、なんでこんな茶色になるんだろう?

わたくし、てっきり、外側だけ茶色なのかと思ったら、切っても茶色~~。
不思議~。

なんでも、ホエイに含まれる乳糖が煮詰めるとカラメルになるのですって027.gif
そして、色と味がキャラメルの様な風味が生まれるらしい。

ドキドキしながら、頂きました。



食感は、チーズのカテゴリーじゃないですね。
まるで、ファッジのよう。でも甘さは思ったよりほんのり。
さほど甘くない塩キャラメルって感じのお味かな。
後味に、ほんの少し、山羊さんの体臭が鼻に抜ける感覚があった。

いやー、美味しい!
次に何時食べれるかも解からないチーズ、ありがたく、チビチビ、いただきましたわん。

チーズスライサーで薄く切って、パンに乗せたり、お肉のソースに加えたりもするらしい。
このチーズが産まれたグブランスダール渓谷へ行ってみたくなりました。
[PR]
by miccahang | 2012-05-11 09:10 | ☆チーズの誘惑(仏・伊以外 | Trackback | Comments(4)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31