カテゴリ:・チーズ(日・仏・伊以外)( 41 )

チェコチーズ三昧♪

チェコのチーズは、初めて出逢う物ばかりで、楽しくて楽しくて。

「ココからココまで全部クダサイッ!」

そんな、気分でした。


072.gif ウォッシュ系で一番美味しかったのが、コチラ。
クリーミーでミルク感があって、ウォッシュ感は控え目で、穏やかなウォッシュ~。

b0129725_20554840.jpg


072.gif なかなか強力にクサめの、直方体ウォッシュ(勝手に命名)の面々。

b0129725_20584846.jpg


ウォッシュが続くと、ちょっと疲れが出て来て、アレンジ料理に使う。
茹でたジャガイモに、加熱して、乗っける~。
ウン、優しくなるね。


b0129725_21005510.jpg


072.gif 直方体チーズ4つ目は、天狗になっていた事を反省させられたチーズの直方体版でありました!!
やっぱり、クセが強いわぁ。
見た目はね、いぶりがっこみたい・・・さすが、秋田県民にゃお氏の感想。



b0129725_00430911.jpg


072.gif これは、クセになる触感。
キュキュッとする。
スモークされた方は、まるで、厚揚げのよう。

b0129725_21022919.jpg


072.gif こちらは、塩味の穏やかなフェタみたいな感じ。
なので、サラダのトッピングに乗せてみたら、マンチングーでした♪


b0129725_21053635.jpg





スーパーではない、食材屋さんは、BIOのチーズが沢山アリ、楽し過ぎた。



b0129725_21094788.jpg

100gづつ、4種類くらい買ったかな。
それと、バター。


b0129725_21111566.jpg
セミハードタイプのチーズは、ハズレ無いから、安心感あるね。



072.gif そして、見つけて嬉しいのが、コレ!!


b0129725_21141795.jpg


ポーランドのチーズでオスツィーペックと言うのがあり、大好きになったチーズ。


ポーランドとスロヴァキアの国境付近の山岳地帯で作られているチーズで、
スロヴァキアでは、オスツィーポックと言う。

プラハに、オスツィーポック、売ってるかな~~♪
期待して、探してみたら、ありましたー。

ぁ~、このコゲ目♪
たまりません♪

[PR]
by miccahang | 2015-05-17 22:17 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(2)
わたくし。
どんなチーズも食べれる!
これまで、そんな、でかいクチを叩いておりました!


「食べられないチーズは無いかも・・・(むふふ)」


などと、豪語しておったのでありますー。
そんな、天狗なアタシに冷や水をぶっ掛けるかのように、

「黙れ、黙れーーー」

と、物申してきたのが、コチラ。



b0129725_00523512.jpg

チェコで唯一の(確か・・・^^;)原産地呼称を取得しているチーズ。


この子達がスーパーの棚で、何気なくチョコンと、座っているのを見つけた時は、大興奮でしたー。
日本では買えないチーズなので、出逢えた喜びもひとしおです。



前情報は、「かなりクセがある」との事。


でもね~、どんなチーズも食べられると、天狗になっていたワタクシに、
「クセがある」なんて、そんな控え目な言葉は、耳には届きませんでしたねぇ~。


わくわくしながら、封を開けると、まず、その強力な香りに打ちのめされました!
正露丸、湿布、漢方、そして、養命酒、プラス納豆。みたいな。


腰が砕けそうになるような香り。
一切れカットして、食べてみると、その香りの鼻抜けが、まぁ、スゴイ。


そして、触感ががまた不思議。
なんでしょう?
昔、おばあちゃん家でお茶うけに必ず出て来た様な、四角いゼリー状で砂糖がまぶしてある、あのお菓子。
そんな触感。


これは、チーズの概念を飛び越えた、未知の世界のチーズでした。


完食出来なかった初めてのチーズ。
アレンジ料理にも、どうやっても使う事が出来ず・・・・
ゴメンなさい、した初めてのチーズとなりました。


プラハでは、どこのスーパーでも、置いてあり、キャラウェイシードをまぶしたアレンジ版もある程だったので、
好まれているという事ですね。



本当に、世の中は、広いなーと、感動し、自分が出逢って来たチーズが、ごくごく一部だという事を改めて実感して、
まだ出逢いっていない、想像も出来ないチーズが、まだまだ沢山あるという事に、ワクワクが止らないのでした。


そんなオモローなチーズの産みの街には、このチーズの自動販売機があるそうです(笑)
愛されてるなー。 Olomouc 観光局のHPへ→
[PR]
by miccahang | 2015-05-12 19:46 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(2)

新年会deラクレット

仕事の後、親友と待ち合わせて飲みに行くのも久しぶり。
親友と会う事自体、半年振りでした☆


ラクレットが食べられるイタリアンバールを発見したので、行ってみました。


カンパイは「樽生スパークリングワイン」
ワイン雑誌でよく見かけましたが、初めてです。

b0129725_13151544.jpg


ちょこちょこ小鉢をオーダーして、お目当てのラクレット~


b0129725_13170350.jpg

ラクレットはホールで焼けちゃう、業務用の大きな機械だと迫力ありますな。


b0129725_13191403.jpg
たまら~ん


b0129725_13194752.jpg

やっぱりコレは、自宅では食べられないから、カンゲキもひとしお。


b0129725_13210171.jpg

カチョカヴァッロのソテー。


b0129725_13214094.jpg

残念ポイントは、こしょうを使いすぎ~
ラクレットにもカチョカバッロにもコショウは必要ないと思うな~


ワインは、どれにしようかな。


b0129725_13263323.jpg
考えている間に、親友は、モレッティ。


プリミティーヴォにしました。

b0129725_13274062.jpg

8席ほどの小さなバールで、お料理もワインも良心的な価格。
また、来たいな~。
次回は、「チーズにはコショウ無し」をリクエストしよう。

[PR]
by miccahang | 2015-01-14 13:34 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(0)
チーズ運び屋が指令書通りに買って来てくれた、トルタ・デル・カサール056.gif

b0129725_15282586.jpg

ダイスキなチーズとの久しぶりのご対面に、感激です!

前回は、マヨルカの市場で購入したのだけど、賞味期限ギリギリの物を掴まされてしまった。
それは、水分が飛んでしまって、カチンコチンに固くなってて、かなり小さくなってた~。
状態が悪い物だと、あんな風になってしまうのだなと、良い勉強になりましたけどね。

前回の反省を活かして、触ってプニプニ柔らかいものを!と指示しましたわん。


b0129725_15504817.jpg
ぁ~~~~ん053.gif
とろとろ053.gif
これよこれ!
トルタ・デル・カサールの真骨頂ですな。


クリームチーズの様に濃厚な味わいで、ちょこっと苦味があって、ウォッシュタイプの様な香りがあります。
「ツウ」向けのチーズって言われますが、すっごく食べやすいんですけどね~^^
臭さを「良いかをり」と感じてしまうワタシなので、アテにならないかも。


羊さんのミルクから作られるチーズですが、
特徴的なのは、チーズを固める酵素が植物性だと言う事!

朝鮮アザミの雄しべ(アーティチョーク)を使うチーズは、スペインとポルトガルに広がってます。
聞けば、イスラム文化と一緒にスペインに渡って来たとか・・・面白いな~~


ワインが、ゴイゴイ進んでしまいました♪
b0129725_16041039.jpg


072.gif


これは、何度か、指令書にリストアップするも、なかなか買えなかったもの。

b0129725_16062683.jpg
平べったい爪楊枝。
スペインのバルで良く使われてますよね、コレが可愛くて。
「やっと、見つけたから」
と、どどんと3箱。
うれしー!


この爪楊枝が手に入ったから、アレやっちゃいましょう♪

b0129725_16104337.jpg

スペインで食べるマッシュルームは、大きいので、爪楊枝を2本クロスさせて刺して出てきますね。
カスエラに残ったマッシュルームのエキスがたっぷりのオイルをパンに浸して・・・至福以外の何ものでもありません~

はぁ~~、バルのハシゴしたい。


[PR]
by miccahang | 2014-03-08 16:18 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(2)
わたくし、憧れのチーズがあります。

今までに3回しか食べた事がありません!

テット・ド・モワンヌとは、「修道士の頭」と言う意味で
名前が楽しげなチーズです。
b0129725_16062484.jpg
見た目は、いたって普通のセミハードタイプのチーズ。


このジロールと言う専用の削り器で削り取るようにカットします。

b0129725_16120910.jpg
セットするとこんな感じ

b0129725_16125344.jpg

持ち手を2周ぐりぐりぐりっと回すと、
花びらの様に削られるのです~

b0129725_16141326.jpg
 

ジロール茸のように見えるトコロから、この器具の名前もジロール
でもワタシには、カーネーションの花びらのように見えます037.gif


クチの中で、ホワワワワッっと、
ほどける様に溶けてしまう、その感触が気持ち良くて~


この専用の器具が無ければ食べられないと言うのが憧れるポイントですね♪


072.gif


チーズプロフェッショナル二次試験前に、Fermier 愛宕店 にて、
ハードタイプのチーズを食べ比べる催しがあり、腕試し(?)に、ブラインドで出してもらいました。

b0129725_16302623.jpg
テット・ド・モワンヌだけは、一瞬で判っちゃいますね~♪

かわいらしい♪

b0129725_16375147.jpg

いつか、思いっきり、ジロールをぐるぐる回した~い056.gif


b0129725_16400534.jpg





にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-12-03 16:45 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(4)
こんりえちゃんから、チーズ用のナイフをプレゼントに頂いたっちゃ♪

日頃の感謝を込めて♪ なんて056.gif
こちらがいつも癒してもらってるのに、嬉しい御言葉に涙腺ゆるみがちな、39なアタイです。

こちらです♪
b0129725_18524512.jpg

きゃー!かっくいーー!
通称、オメガナイフと呼ばれる、万能なナイフです。
b0129725_18541512.jpg

窓が開いているので、白カビチーズやウォッシュタイプなど、
生地がやわらかいチーズでも、ナイフにくっつきにくいのが利点です。
b0129725_1904415.jpg

片刃のナイフですが、グリュイエールくらいの硬さのチーズならば切れちゃいます。
b0129725_18574260.jpg

今晩は、赤ワインとグリュイエールで楽しんじゃう~~♪
早く切りたい・・・・
b0129725_198236.jpg

b0129725_1981970.jpg

チーズ用のナイフは、以前、イタリアのオルベテッロと言う村で買った物があります。
b0129725_19131477.jpg

当時は、どんな物が良いかも解からず、見た目の鋭利な美しさに惹かれて買った1本。

細くて、薄い、刃。
b0129725_1951325.jpg

チーズを勉強して、これは、シェーブルチーズやブルーチーズ、
もろくて、崩れやすいチーズを切るのに適していると知りました。

ちょっとづつ、揃って来ました♪
こんりえちゃん、ありがと~~~大事にするね!
b0129725_19144181.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-11-01 19:14 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(4)
10月の初旬、チーズプロフェッショナル認定試験の二次試験がありました。

全く自信が無かったので、不合格だろうな~、と、落ち込み、
アルチューになるかと思いました。

チーズプロフェッショナル協会のHPに合格者の発表が出て、
自分の番号を見つけたときは、思わず、涙が出た~
b0129725_16131942.jpg

とは言え、
まだまだ、学んだ事から更に一歩考えたり、提案したり、という能力が追いついていません。

慢心する事無く、もっと深めて、もっと幅が広がるように、
「チーズ好き」の称号に胸を張れる様になりたいと思いま~す。

b0129725_16205189.jpg

でもでもでも!
やっぱり、嬉しいものは、嬉しい!
出張中だったにゃお氏が帰国したので、スパークリングワインで祝杯を挙げたいと思います♪
b0129725_1621362.jpg

とある資格試験の本にて、インタビューを受け、(多分・・・掲載されると思うのだけど 笑)
その謝礼として、頂いたのが、このスパークリングワイン。
ワタシが、チーズに関係した事で、初めて得たギャランティーです♪
祝杯を挙げるに、コレしかないでしょう~

そのインタビュー記事が、ちゃんと掲載されたら、ブログ記事に書くかもです(本の発売が、来年1月頃)
b0129725_16205189.jpg


シチリアに出張中だった、にゃお氏へは、メールで「サクラサク」と、報告。

すると、ご褒美に・・・・
チーズのマグネット!
b0129725_16301813.jpg

すっごいリアル!
可愛い過ぎる!

パルミジャーノのパッケージ、そのまんま!
右は、ペコリーノ・ロマーノ。
b0129725_1635489.jpg

パスタフィラータタイプの3種類
左の二つが、プロヴォローネ。
三つ編みの紐を見るたび、ラーメンマン(キンニクマンより)みたいだな~って思ってたのよね。
四角いのが、ラグサーノ(これ、ほんと、リアル!)
b0129725_16384280.jpg

羊さんのチーズ。
カゴの模様が精巧です!
b0129725_16394849.jpg

嬉しいご褒美でした。
b0129725_16205189.jpg

ご褒美とは別に、シチリア土産。
色々と依頼したのだけど、これだけしか買えなかったみたい。

マスカルポーネ、ラグサーノ、モッツァレッラ・ディ・ブッファラ・カンパーナ。
今日は、マルゲリータ焼くぞー。
b0129725_16431685.jpg

ラグサーノは、シチリアのラグーサの街で作られるパスタフィラータのチーズですが、
生産地区が狭く、地元で消費される量しか造られてない。
シチリアに行かないと買えないので、すごく嬉しい♪

フライパンで焼くと、良く伸びて、とっても美味しいの~
b0129725_16205189.jpg

エトナ・ロッソとマルサラも~
シチリアの物を色々と、感謝~
b0129725_16503050.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-10-24 16:53 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(10)

土鍋deチーズフォンデュ

涼しくなると、チーズフォンデュを食べたくなり~
フォンデュ用にチーズを買って来てもらいました!

b0129725_23311085.gif



スイスでは、エメンターラーとグリュイエールを 「半分半分」 で作るのがスタンダードなのだそうですね!
そして、 「半分半分」 を、フランス語で

モワチエ・モワチエ

と、言うのですって056.gif


チーズのお勉強会で聞いて、うふふ、笑みがこぼれました。
初めて聞く、その可愛らしい響きがたまらなく気に入った~!

そして、どうしても 「ワカチコ・ワカチコ」 が一緒に思い浮かんでしまうんだけど~~*^^*

b0129725_23311085.gif


エメンターラー (スイスのAOC)
大きなチーズ・アイが特徴的で、カワユイ!
b0129725_23324840.jpg

そして、グリュイエールが買えなかったそうなので、
代用に、オーストリアのベルクケーゼ(山のチーズ)を使ってみました
b0129725_23341897.jpg

見た目が、コンテにそっくりです。
味わいも、かなり、コンテに似ています。
b0129725_23494566.jpg

穏やかな味わいの物と、旨味がしっかりした物。
2種類選ぶと良いそうです。

2種類の違うチーズを使う事で、味わいに深みが出ますし、全体的なバランスが取れるようです。

b0129725_23311085.gif


道具持ちの我が家、チーズフォンデュ用のセットは、あるのだけど、
固形燃料を買うのが面倒で、どうしたもんかな~?

考えあぐねていると・・・・
ハタと、閃きました!

韓国のミニ土鍋で、代用してみよう~。

b0129725_23311085.gif


①土鍋ににんにくをこすり付けて、白ワインを入れて、火に掛けます。

②2種類のチーズを細かく切って、片栗粉をまぶしておきます。
  (こうすると、なめらかなフォンデュになります)

③チーズを鍋に入れて、混ぜ混ぜ。

んーーーーーーー056.gif
良い香り~~
b0129725_23463936.jpg

土鍋だと保温性があるから、コンロから降ろしても、最後まで、トロトロのまま楽しめて、ナイスでした。
土鍋deフォンデュ、準備が簡単で、すごく良いかも~。
b0129725_23531723.jpg

[PR]
by miccahang | 2013-10-22 00:26 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(13)
ワタクシ、チーズ好きが高じまして、
チーズプロフェッショナルと言う資格認定試験に挑んでおります~。

先日、1次試験を受け、結果がキターー!
無事合格!
b0129725_12595763.jpg

やったー!

二次試験の受験票も同封されていました。
二次試験は、テイスティングを含む、実践的なテスト。
これは、勉強だけではパス出来ない難しさがあるなーーー。

よーし!頑張って、チーズ食べまくるぞーー!066.gif
b0129725_10253575.jpg

てなわけで、1次試験合格のご褒美に、にゃお氏がチーズを買って来てくれた。
「これは、ミカハンも知らないと思うよ~。ドイツのチーズ!」
b0129725_1334321.jpg

包み紙から取り出した瞬間に、青カビが見えたので、
「あ!カンボゾーラ?」
「え!!知ってたの!?」
むふふ。勉強しましたから~~。
b0129725_133746.jpg

賞味期限が近かったので、ちょうど食べ頃を迎えているようです。



このカンボゾーラと言うチーズは、
外側が白カビに覆われていてカマンベールの状態。
内側に青カビを育てて、ゴルゴンゾーラの状態。
b0129725_1393080.jpg

そう!
カマンベールとゴルゴンゾーラを掛け合わせたネーミングなんですよね。


クリームを加えて造るダブルクリームのチーズ。
クリーミーで、バターの様な、生クリームの様な濃厚な旨みがあって、とーーっても、食べやすい。



チーズのお勉強会で食べた時は、青カビが少ない部分でした。
青カビ感が少なくて、青カビが苦手な人でも、大丈夫そう。
b0129725_1320384.jpg

↑ お勉強会で食べた時のカンボゾーラ



b0129725_1325455.jpg

今回のは、青カビがいっぱい生えてる物を選んだみたいで、
結構、しっかり、青カビ感を満喫できる感じ。

個体差があるのだなぁと、勉強になりましたわん。


それでも、クリーミーな甘みがあるし、とっても食べやすい。


難関の二次試験が残っているので、両手を挙げて喜ぶにはまだ早い!
一歩前進した喜びの美酒は、麦酒くらいにしておこうーって思ってたのだけど、
スパークリングワイン(お気に入りのちょっとお高めのCAVA)開けちゃいました。
b0129725_18115923.jpg

クリーミーな脂肪分の高めのチーズには、
スパークリングワインが合う、と学んだトコロだったので、
即、実践!

クリーミーなまったり感をスパークリングワインがすっきりとさせてくれる~。
ぁ~~~、美味しかった。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-08-05 11:13 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(8)
珍しく二回続けて、ポルトガル出張だったにゃお氏に、
アゼイタオンをリピートリクエスト♪
b0129725_2235110.jpg

またまた、リスボンのエルコルテイングレス(デパート)のチーズ売り場へ。

すると、前回、アゼイタオンを推してくれたお兄さんが、また担当に056.gif
3週間くらい経ってたんだけど、覚えててくれたようです。


「アゼイタオン、2個」

と、オーダーすると、ウィンクを投げて寄越したそう。

ラテンの御方の、リョーカイッ!って感じで投げてくるウィンク、カッチョ良いよねぇ。
男同士でもウィンクで返すって言うのが、とってもカジュアルにさりげなくて、ステキ056.gif
b0129725_22101252.jpg

今回は、内臓破裂しないように、気をつけて、持ち帰ってくれました。
b0129725_22163448.jpg

そして、今回の楽しみは、ポートワインと合わせること~~。
b0129725_2216162.jpg

FONSECA TAWNY PORT 10YEARS OLD
ポルトガルで飲んで美味しかったので、リクエストしてみました。

ポルトガルのお酒なのに、なんで英語なんだろう?って、最初不思議でした。

18世紀イギリスとフランスの関係が悪化した時代に、
フランスのワインを輸入出来なくなったイギリスは、ワインの輸入先を、イベリア半島へ求める。
ワインの腐敗を防ぐ為に、ブランデーなどを添加したのが始まりだとか・・・

デザート的にチビチビ呑むのに丁度良くて、
イタリアのマルサラ、スペインのシェリー、ポルトガルのポート。
どれも、好きデス♪


アゼイタオンの上面をパカッとな、蓋のように開けて、中身のトロトロを、イタダキマス♪

ぁー。美味しい!
そして、ポートワインと、合うわ~~。
やっぱり、同じ産地同士って、合うのねぇ。
b0129725_2216679.jpg

一晩で、ペロリと食べ切ってしまいました。
周りの部分は、それほど固くなってないけど、レンジで温めて、溶かしてみたら、コレもイイ。

ぁ~、チーズのある幸せかみしめる。


チーズ運び屋のにゃお氏は、只今、ノルマンディー&ブルターニュ上陸チュー。
週末には、どっさりチーズを抱えて帰ってくるかな。
今月は、1週間くらいしか日本に居なかったー。
友人曰く、仲良しの秘訣は、そこじゃない?とのこと。
確かに、一年の半分位、居なかったら、主婦業、半年分しかやってないんだもんねー。
アタシって、すごくラクな主婦なんだな~。ありがたや~~。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2013-06-26 23:01 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(4)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30