カテゴリ:・ルーマニア田舎旅行( 33 )

昨夏のルーマニア旅行記、まだ終わってなかったの?
と言う感じですが、完結編です。


早朝、ブカレストを出発し、ミュンヘン、フランクフルトと経由して帰国しました。
ミュンヘン・フランク、どちらからも直行便で成田まで繋げなかったので2回乗り継ぎ。

しかも、ミュンヘンで乗り継ぎに6時間空いてしまうので、
ビールを飲みに街に出掛けました。



b0129725_10164330.jpg


ヒトラーが演説をした事もあると言うビアハウス。


b0129725_10183408.jpg


市内観光ツアーに組み込まれているようで、
音声ガイドを付けて観光にやってくる人が沢山いました。



b0129725_10225631.jpg


とっても美しいので、見るだけでも楽しめます。


b0129725_10190714.jpg

中庭も美しい。


b0129725_10193242.jpg

でもね、やっぱり、ビールですよ~。


b0129725_10200523.jpg

青いテーブルクロスの柄に合うな~。


b0129725_10243824.jpg

ミートローフと

b0129725_10250267.jpg

白ソーセージと。


b0129725_10251908.jpg

ルーマニアのゴハン、美味しかったな~と既に恋しくなっていました^^
でも、やっぱり、ビールが最高に美味しいので、
2杯づつ飲んで、プラっと街を歩きました。



b0129725_10155016.jpg

広場は、自転車の走行が禁止だそうですが、時間帯によるのかな?
朝早い時間では、自転車に乗っている人がいましたが、
ビールを飲んで出て来る頃には、観光客で一杯でしたので、確かに走行は危険ですよね。

自転車走行している人は、根こそぎ捕まえられて、罰金を取られていました。
広場を抜けるか抜けきらないかの所で、自転車を漕ぎ出した女性。
2~3m走行しただけでもしっかり捕まってました^^
さすが!ドイツ!


b0129725_18422134.jpg


ラウンジで食べたかったけど、お腹いっぱい過ぎて断念したもの。


b0129725_18431189.jpg

パリっとハジけてる感じ、すごく美味しそう。

b0129725_18444021.jpg

b0129725_18445127.jpg



b0129725_18450790.jpg


今年の夏休みは、スペインかイタリアに行けたら良いな~と目論んでいます。
ルフトハンザでマイレージバーゲンのキャンペーンが開催される事を切に願う!!

[PR]
by miccahang | 2017-01-13 09:50 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(8)

ルーマニアで買った物

地球の歩き方で紹介されてて、すごく気になったのが、ジェロピタールと言う化粧品。


b0129725_20364001.jpg


長寿大国であるルーマニアで生まれたアンチエイジング治療。
なのだそうです!
アンチエイジングemoticon-0171-star.gifたまらない響き♪
効果のほどは・・・
それほど実感が無いけど、使用感が良いので、
もっと買ってくれば良かったな~と思いました。



b0129725_20423815.jpg

手作りのハチミツ、バラのジャム、ベリーのジャム。
山の方へ行くと、養蜂箱を良く見掛けました。
濃厚で美味しいはちみつでした。



b0129725_20444962.jpg

スーパーで購入したサワークリームのような脂肪の旨みがたっぷりなチーズ。


b0129725_20453687.jpg

スモークされたセミハードのチーズ。


b0129725_20464781.jpg

よく溶けて、固まりづらくて、食べやすい。

b0129725_20481570.jpg
でもやっぱり、ワイルドなチーズが好きなんだよなー。


[PR]
by miccahang | 2016-12-07 19:35 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(2)

ヒッチハイクする主婦

すっかり忘れていたけど、ハタと思い出した事があった。
記憶に残すために記録しておこう。


マラムレシュの辺りでは、ヒッチハイクする人をよく見掛けました。
それが、旅行者ではなく、
買い物帰りのお母さんだったり、散歩帰りのおじいちゃんだったり。

地元の人が、日常の行為として、
気軽にヒッチハイクして、
気軽に乗せてあげているんです。


カーシェアリングの最先端を行ってる!!


最初に見掛けた時は、スーパーの袋を提げたお母さんが、
親指を立てて、正統的ヒッチハイクスタイルで、スーパーの前に立っていました。

最初は、お迎えの車を待っているのかと思っていたんです。
ワレワレは、ルーマニアに到着したばかりの朝だったので、
銀行探しの為、右往左往して、何度も同じ場所を通りました。

すると、ヒッチハイク主婦が増えてる!
4~5人のお母さんが、親指を立てている光景は、面白かったです。

ヒッチハイクと主婦。
対極にある気がして。


ワレワレも何度となく親指を立ててのアピールを受けたのだけど、
勇気が無くて止まってあげられなかった。


ある時、小さな村の小さな商店でアイスを買って、商店の前のベンチで食べていました。
バールなどの気軽なお店がほとんど無いため、
商店の前にテーブルとイスとパラソルが常設されている事が多かったです。


b0129725_17451296.jpg

こんな感じで。


すると、ベンチに座っていたおじいちゃんが近寄って来て、
「隣の村まで乗せてくれ」と。
ルーマニア語なので、何と言っているか解らなかったのだけど、


b0129725_17470363.jpg

もう一つのパラソルでビールを飲んでいた若者が通訳してくれました。
残念ながら反対方向だったし、
異国の地で見知らぬ人を乗せる勇気が無いしね。
ルーマニア語も解らないし。

おじいちゃんも良くワレワレに依頼して来たな~。
と感心すらしてしまう出来事でした。

おじいちゃん、すぐに帰れたかな~


[PR]
by miccahang | 2016-12-02 17:58 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(2)
旧市街に、食材をオーガニックにこだわったレストランがありました。
ルーマニアでの最後の食事はそちらにキメました!



b0129725_16102956.jpg


お店全体から漂ってくるナチュラルな雰囲気で、
店名を見なくても、きっとココだなと解っちゃう。


眼に優しく飛び込んでくる白が清潔感があって爽やかです。
テラス席に案内してもらって、人間ウォッチングゥ~を楽しみながら最後の晩餐。


もーね、美しい女性が多すぎるのよ~。



ルーマニアの女性は、美しい人が多かったけど、
ブカレストはやはり、都会。

洗練されたファッション。メイクもバッチリ華やか。そして、スタイル抜群。
モデルさんですか?と聞きたくなる美女だらけなのでした。




b0129725_16133731.jpg


ムサカ~


b0129725_16143621.jpg

美味~~♪
こんなオシャレなムサカ食べた事ない!



b0129725_16164959.jpg


マッシュルームのスープ。
きのこの味が濃厚です。


b0129725_16175258.jpg

黒い乙女が飲みたかったけど、品切れ。
仕方なく、メルローをグラスで。
あら、美味しいわ。


b0129725_16185818.jpg

春巻きの皮でひき肉を包んで揚げたような。
料理名をメモってませんでした。


最後の夜って、本当に悲しい。


ワタシ達にとっては、最後の夜だけど、
明日も、明後日も、同じように時間が過ぎるんだよね。


当たり前だけど、もの悲しい。


ただただ、パッと見たなんでもない風景も、切なくなっちゃうのよね。




[PR]
by miccahang | 2016-12-01 00:52 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(0)
旧市街にある由緒ある建物。


b0129725_15372175.jpg

隊商宿だった建物がレストランになっています。


b0129725_15380637.jpg


白いパラソルがリゾートっぽくて開放的な気分が盛り上がって来たな~。
ビール飲まなきゃ♪


b0129725_15392212.jpg


ランチの時は、二階席はクローズしていて、中庭の席に案内されました。


b0129725_15401739.jpg


車が無いんだし、飲まなきゃソン!
くらいの気分になってしまう。



b0129725_15415045.jpg

ノンフィルターのビール(^^♪
なので、酵母がイキイキしてる感じ。


b0129725_15440444.jpg

お豆さんのペースト。
イタリアでも良く食べているそうで、にゃお氏の大好物らしい。
そんな話、初めて聞いたワ。

これ、めっちゃ美味しい!
お皿まで舐めちゃう勢いで食べちゃいました。
レシピも簡単そうなので、自宅でも作ってみたい!



b0129725_15454664.jpg


これまでミティティーーーばかり食べていたけど、やっとメニューに見つけました!
キフテーレ。
羊さんのハンバーグって感じですかね。
つなぎがほとんど入っていない、羊さんのお肉の美味しさがダイレクトでした。


b0129725_15541953.jpg


定番のサルマーレ。

気付いた事。
ママリガは、都会に近付けば近付く程、水っぽくなる。
トウモロコシの風味が全然なーい。
田舎のママリガは、美味しかったんだな~。


でも、こちらのレストランは、
ルーマニアのスタンダードな郷土料理が多くて、食べたい物だらけでした。



[PR]
by miccahang | 2016-11-29 17:36 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(0)
ルーマニアで購入したお菓子。


b0129725_22022194.jpg

この菓子、色々なメーカーから発売されていて、
大きさや形が様々あり。
スーパーの棚では、大きく場所を取っていて、その愛されっぷりが存分に解る。

でも、
外観からその全容が解らない。

唯一解るのは、その重さ。
小さい割りに、ずっしり重い。

一体どんなお菓子なのか?
中身を少しも見せてはくれないので、全く分からないままだけど、

失敗してもいいじゃない
こんだけ愛されてるんだもの・・・(みつを風 ←しつこい)

1個買ってみました。


ワクワクして封を開けると、予想だにしない色のモノが出て来ました。


b0129725_10384134.jpg


カッチカチに硬いのかと思えば、そうでもない。



b0129725_10451820.jpg

ナイフで切るとすんなり切れるのだけど、
一口、入れてみると・・・・


おぅ~~~


何と言ったらよいのかしら?
味はね、めっちゃ美味しいんです。
ゴマ、ナッツの風味が香ばしくて。


でも、触感がダメだぁ~。


時々、りんごを嚙む時の触感が鳥肌が立っちゃう、
その触感が苦手だと言うのを聞きますけど、

そんな感じ。


ショリ


おぅ~、やっぱり、ダメだー。
非常に惜しい。
味が好きなだけに、ひたすら残念。



[PR]
by miccahang | 2016-11-25 13:25 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(4)

ブカレスト街歩き

ブカレストの旧市街を散策~♪
まず、目に入ったのが、行列しているパン屋さん。


b0129725_13230199.jpg

あ!
これ!
本に載ってた「コヴリグ」っていう、ゴマ付きのパンでは!


b0129725_13280298.jpg


1個買って、朝食にしました。


b0129725_13283762.jpg

この細さが、絶妙な歯ごたえとなり、美味し~。
食べながら、散策開始。


b0129725_13311889.jpg

旧市街は、小ぶりで、散歩に丁度良く。


b0129725_13370059.jpg


旧市街らしい昔ながらの建物や雰囲気。



b0129725_13325052.jpg

でも。
すぐ隣に近代的なビルディングがあったりして。



b0129725_13335913.jpg


1841年に出来たという、美しいパサージュ。


b0129725_13495517.jpg

社会主義時代のおカタイ建物も多かったルーマニア。

b0129725_13502241.jpg
四角くて、硬そうなんだよね。
滑らかな丸さが無いって言うかね。

b0129725_13503940.jpg

四角い建物の代表が国民の館ですね。


b0129725_13414366.jpg

とにかくデカくて、四角くて、硬かった。
デカさで圧倒してくる。

ルーマニア国民の血税を使って、どれだけ贅を尽くしたのか、観てみたかったけど、
ツアーでの見学のみだったのね。
下調べが甘過ぎた。
外観だけ見学。


b0129725_13444723.jpg

街中を走る年季の入ったトラムがシブかった。



[PR]
by miccahang | 2016-11-16 18:49 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback(3) | Comments(0)
ブカレストでは、街歩きに便利な旧市街の中で宿を取りました。


b0129725_16012540.jpg


大理石の市松模様は格調が増してます。


b0129725_16052125.jpg


お部屋もシンプル。


b0129725_16072924.jpg

b0129725_16082266.jpg


バスルームも市松模様タイル。


b0129725_16093601.jpg


アメニティーはオーガニック。


b0129725_16101619.jpg


ロケーション的にもお値段的にも良し!でした。


[PR]
by miccahang | 2016-11-14 13:06 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback(1) | Comments(0)
ブラン城を後にして、ブカレストへ向かう。
途中気になった村に立ち寄り、給油。


b0129725_09273821.jpg



ブカレストの空港でレンタカーを返却。
21時の返却でしたが、滑り込んだのは、20:40。
良かったー、間に合って。


b0129725_09291867.jpg


借りた時は、ピカピカだったコルサくん。
1877キロを逞しく走ってくれました。
ありがとう。

それにしても、ルーマニアの人。
シゴト出来過ぎ、早過ぎ。
コルサくんとの別れを惜しみつつ、メーターなどの写真を撮りたかったのだけど、
サッサカ仕事を進めてくれるもので、慌てて最後に撮ったコルサくん。





空港からブカレスト市内のホテルまで、タクシーで向かう。
ブカレストは、やはり都会ですね。
ネオンがキラキラしてました。

タクシーを降りると、早速、大声で怒鳴っている人がいて、こわい。
やっぱり都会なんだなと思い、気を引き締めなければと肩に力が入った。

荷物をホテルに置いて、すぐさま、夕食を食べに出掛ける。
既に22時。腹ペコです~。


ブカレスト、夜の旧市街、どんな雰囲気なのか?
ワクワクしつつも、ビビリながら、
カバンは持たず、カメラと財布だけ持って出掛けた。


オシャレなレストランやバーが沢山あり、観光客も多く、
治安が悪そうな空気は感じられなかった。

オシャレなレストランの隣にいかがわしいお店があったりして、
クリーンとダークが混在していて、混沌とした雰囲気を醸し出していた。


にゃお氏の職場の後輩で、DJをやっていた人がいるらしく、
「ルーマニアの音楽、今、スゲー、アツイっす!」
と言っていたそうで、確かに、クラブも沢山あり、若者で賑わっている店が目立った。


お目当てのレストランは、1879年から続く老舗レストラン(地球の歩き方より)



b0129725_10212894.jpg

歴史的建造物です!と威厳を放つ雰囲気。
スタッフの皆さんが民族衣装を着ているのも素敵です。
↓床のモザイクがキレイだったのに写真が無い。


b0129725_10200250.jpg

まずは、ピルスナー系のビールで。

b0129725_10265251.jpg


ワインに漬け込んだブドウの葉で包んだサルマーレ。
黒くて、良く分からない。


b0129725_10271517.jpg

焼いたママリガが上品。
添えられたサワークリームは濃厚。


b0129725_10294319.jpg

ミティティーーと


b0129725_10302716.jpg

ソーセージを追加。
黒ビールとノンフィルターのURSUSに合う~


b0129725_10312773.jpg

店内ではショーが行われたりするそうです。
ワレワレは、22時過ぎに伺いましたので、観れませんでしたが、
料理もビールも美味しかったです。



[PR]
by miccahang | 2016-11-11 10:59 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(2)
ルシュノフ要塞を後にして、ブラン城へ向かう。
道中で見掛けた、巻貝みたいなお城。


b0129725_00292398.jpg


ワレワレ、ブラン城の人気ぶりを、なめきっていました。

これまで、村人からも何しに来たの?と不思議がられる素朴な村々を巡っていましたので、
旅行者にあまり会わなかったんですよね。



なので、ルシュノフ要塞の賑わいに非常に驚いたのだけど、
ブラン城は、それ以上の大盛況ぶりでした。

駐車場は、長蛇の列。

この後、ブカレストへ行き、レンタカーを返却しなければならないので、
並んでいられない!
お城から少し離れた所に路上駐車して見学に向かう。

にゃお氏がお気に入りだと言う場所から、ブラン城を見上げる。


b0129725_23481993.jpg
木々が生い茂っていて、あまり良く見えない。
葉が落ちている時期にはカッコ良くお城が見えたそうです。


お城の周りには、レストランやお土産屋さんが出ていて、楽しげでした。

b0129725_23525284.jpg


ミティティやソーセージを鉄板で焼いてます。


b0129725_23543225.jpg

香ばしい香りにつられて、ミティティをパンに挟んでもらって、
ミティティドッグ。

b0129725_23554844.jpg

ミティティーーーーー!!!
安定の美味しさ(^^♪


b0129725_23564062.jpg

チーズのお店も沢山あって、ウキウキしちゃうーーー!
お城を見学した後、買おうと思います。


ところが!
お城に入るにも長蛇の列。

b0129725_23580592.jpg

先頭が見えない・・・・
これに並んでいたら、レンタカーの返却時間に間に合わない・・・
泣く泣く、見学を断念。
ホント、なめきっていた。

その分、チーズのお店をじっくり見る時間が出来た^^


b0129725_00010234.jpg


気になるチーズがいっぱい。


b0129725_00014252.jpg


スモークされたチーズを1個、買い求めた。


b0129725_00023094.jpg


違うお店も覗いてみる。


b0129725_00032676.jpg

丸い木箱の様な容器に入っているチーズが気になったので、試食させてもらった。
クセがスゴイ(千鳥風)

ワタクシ、「食べられないチーズは無い!」と豪語していたけれど、
謙虚になりました。

それでも、初めましてのチーズは、試してみたい。


b0129725_00175436.jpg

アレコレ、試食させてもらって、
結局、酸味とスモークの香りが美味しかったこちらを連れて帰ってきました。


b0129725_00194377.jpg

直径20センチくらいあります。


b0129725_00204988.jpg


焼いてみよう~


b0129725_00213271.jpg

かなりあっさりしているので、パンチェッタと一緒に食べたり、
ハチミツをかけたりしてみました。


b0129725_00225135.jpg

野菜の煮込みにトッピングゥ~してオーブンで焼いてみました。
チーズがさっぱりしてるので、もう少し、肉肉しい煮込みでも良かったな。


わたしにとってのブラン城は、ドラキュラではなく、チーズの思い出となってしまいました。


[PR]
by miccahang | 2016-11-10 00:38 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(2)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31