カテゴリ:・パラオdeシュノーケル( 14 )

Marina Cafe VITA @パラオ

パラオでの最後の夕食は、Marina Cafe VITA へ。
日本人シェフのイタリアンです。



b0129725_16523297.jpg


旅行の時は、その土地の料理を食べたいので、
その国以外の料理は、あまり食べないのだけど、
こちらは、地元の食材を使ったイタリアンでオススメ。
と聞きまして、行ってみました。


と、言うのも。。。
もぅね、ワインが呑みたくて。呑みたくて。


地ビールのレッドルースターが、絶品の美味しさでは無かった・・・
飽きてしまったのだ。
ビールに飽きる事って、なかなか無いのに~


b0129725_16544585.jpg

「ワインッ、ワインッ♪」
スキップしながら、入店。


b0129725_16552494.jpg

とってもオシャレなお店~♪


b0129725_16562102.jpg


ウェルカムドリンクのクーポンを提示して、ノンアルコールのカクテルを頂けました。
ベリーニの様なカワイイ色で、ピンクからオレンジ色のグラデーションがキレイでした。


夕焼けを眺めながらのロマンチックなロケーション。
素敵~。



b0129725_16590329.jpg


タロ芋とタピオカのアヒージョ。
おいし~~!
タピオカのムッチリ、ムチムチの触感が良い~。
タロ芋がホクホク♪


b0129725_17004244.jpg

グリーンパパイヤのサラダ。
さっぱりして、これも好きだわぁ~。


b0129725_17014153.jpg

こちらのお店も、
オプショナルツアーのダイビング会社のガイドさんに教えてもらったのですが。

絶対に行く~!
決め手となった耳寄りな情報が、

「20ドルで赤・白ワインがフリーフロー。時間制限無し!」
(現在は、終了しているイベントです)


赤・白、それぞれ、5種類づつ程のボトルが用意されていて、
選ぶ楽しさがあり、大満足。


b0129725_17091134.jpg

ローカルバナナのベーコン巻き アンチョビソースがけ
甘いとしょっぱいの黄金コンビ!
イイ!


b0129725_17104188.jpg

マングローブ貝のボンゴレ
貝の旨味がすごい~。



b0129725_17114222.jpg

丸!っと。
ぷっくり、ジューシー!


b0129725_17122632.jpg

地元で獲れたお魚のアクアパッツァ
シンプルで美味しかった。



★★★★




6日間のパラオの旅、あっと言う間でした。
恋したパラ男に逢いに行く為に、デルタのマイルを貯めようと思います。
次に行く時まで、直行便、無くならないでねー!

[PR]
by miccahang | 2016-03-24 17:30 | ・パラオdeシュノーケル | Trackback | Comments(4)

パラ男に恋して ②

パラオ最終日。

最北へ行くツアーが催行されるかどうか、一応、確認したけれど、
無常にも、催行中止。のお返事。

あ~、残念。


2日前に行った「バベルダオブ島の北へ行くツアー」に再度行くことにしました。
同じツアーに2回行くのもどうかな?

ほんのり思ったけど、サイコーにキレイだったから、同じツアーでも良いかなと思って。
これが、結果、大正解でした。


同じツアーと言えども、毎回同じポイントに行くわけではない事がわかりました。
天候や海の状況によって、シュノーケルポイントが変わり、
2日前には行けなかったポイントに潜れたりして、内容は、全く違いました。




★★★★


北部ツアー2日目。

この日の参加者は、ワレワレを含めて、10人の大所帯。
ダイビングの会社が主催するツアーなので、参加者はダイバーの方々がほとんど。
海の色々なお話が出来て、非常に楽しかった。


港に更衣室やトイレなど、あり。
そこで飼われている、フルーツバットちゃん。。


b0129725_19033944.jpg
黒くて、解かりづらいけど、黒目がくりくりしていて、すんごくカワイイ。
パラオでは、フルーツバットちゃん、食用なんですよね。。。

もうね、味がどうの、じゃないですよね。
このカワイイ顔を見ちゃったら、尚更、食べられない。



2日前と同じパラワンの船頭さんでした。
船頭さんの愛犬。

b0129725_19094014.jpg

2人ともまだ、8~10ヶ月のおこちゃま。


b0129725_19103027.jpg



出発!


b0129725_00233766.jpg

ロングビーチが現れる島へ向かうも、まだ潮が引いてなかったので、
パスして次のポイントへ。


マンタのポイントでしたが、今日は、潮の流れがすごく強くて速い。
気が付くと、かなり流されていて、
にゃお氏とも、はぐれていた事に気がつかなかった程。
海をなめたら絶対にイケナイと、心底思いました。。


1回目ではマンタに逢えず。。
次のポイントへ。


b0129725_00321511.jpg

動画から起こしたので荒いですが。
ドロップオフの際を潮の流れに乗って、シュノーケリング。
フィンで蹴って進まなくても良いので、ラクチンです。




b0129725_00571068.jpg

前回、ココでランチを取った時、カツオノエボシが沢山いて、海に入れませんでした。

でも!
今日は、カツオノエボシが全く居なかったので、ここからエントリー。


b0129725_00552218.jpg

海の男を気取りたくなる、ウィンドブレーカー。
胸には「大漁」のロゴ。(見切れてるけど)


b0129725_01011078.jpg

このコート。
めっちゃ良い。
海から上がって、濡れたまま、船に乗ってたら、どんどん、冷えて行っちゃう。
でも、コレを着てたら、風を受けないので、全然、寒くない!
こんなコートを常備しているのもダイビング会社ならではですね。




b0129725_18410464.jpg

全然解からないけど、サバの様な柄のお魚の群れ。
迫力~。


この後、バラクーダの群れも現れたのだけど、動画も撮れず、残念。
バラクーダの群れが見られるなんて思っても見なかったので、大感動でした。


b0129725_18480115.jpg


今日のマンタは、かなり近くで見れました!!


b0129725_18484427.jpg

あ!亀~?


b0129725_18495177.jpg

ワニ島を眺めながら、ランチ。

ワニ島、ワニの形に似ているからなのですって。
ホント、ワニだ~。



b0129725_18492354.jpg


ずっと、ココに居たい。



b0129725_18511715.jpg


船頭さん、寡黙ですが、とっても優しい御方でした。そして、シブイ。
そしてそして、日本語ぺらぺ~ら。

b0129725_18515889.jpg


昼食の後、ロングビーチへ向かいます。


b0129725_18534663.jpg


美し過ぎるー


b0129725_18541556.jpg


これは、



b0129725_18544570.jpg


恋しちゃうでしょー


b0129725_18552774.jpg


美し過ぎました。



港に戻って、シャワーを浴びて。

ストーンモノリスと言う、遺跡を見学。
高台から見る海の色が、何ともいえないグラデーション。


b0129725_19050574.jpg


信じられない色。



b0129725_19060370.jpg



パラ男の虜になりました。
帰りたくないよー!




b0129725_19070639.jpg



[PR]
by miccahang | 2016-03-22 19:09 | ・パラオdeシュノーケル | Trackback | Comments(6)
地元の食材が食べたい~と、
オプショナルツアーのガイドさんから、オススメのお店を教えてもらい、
伺ってみました。


どらごん亭 →HPへ



まずは、地ビールとタロイモコロッケ


b0129725_15374509.jpg


以前、チュークの無人島で3泊した際、
タロイモを蒸した物が供されて、食べられなかった思い出がありますが、
コロッケになってたら、里芋っぽいあっさりしたコロッケで、
美味しく食べられる。


b0129725_15460070.jpg

苦手なモノは、克服して行きたい。


マングローブ貝のココナッツ煮。
やっぱり、ココナッツミルク最強。

マングローブ貝がプリッっとしてて美味しい!

b0129725_15490148.jpg


我が家は2人ともココナッツミルクが大好きで
「ココナッツミルクで調理したら何でも美味しい」
ココナッツミルク最強説を唱えていたのですが、
こんりえちゃんから、こんな一言。

「男子って、ココナッツミルク苦手な人多いですよね」

えー!そうなのー!
全人類皆好きだと思ってた。


職場の男性にアンケートを取ってみた。
こんりえちゃんの言う通り、

・苦手          7人
・何それ?食ったことねー 1人


と言う結果でした。
アンケートのサンプル数が少な過ぎるけど、
「好き」の回答は、誰からも得られませんでした。

「ココナッツミルク最強説」あっさり引っ込めます。





魚のバナナの葉包み レモン風味
今日のお魚は、こちら。
お魚の名前を聞いたのに、失念・・・


b0129725_16012844.jpg




レモンの風味の葉が差し込まれて、蒸し焼きに。



b0129725_16084357.jpg


めちゃくちゃ美味しい!
シンプルなお料理って、最強だね!


こちら、お魚の大きさによって料金が変わりますが、1ポンド10ドル。
小さいお魚をリクエストしたら、1ポンドちょっとだったので、12ドルほどでした。

安くて美味しい!
このお店での一番のオススメ!




パラオのお魚のお寿司
貝や、ナマコも入って、白身のお刺身も新鮮で美味しかった~。

b0129725_16120699.jpg

プランテーションリゾートは、街から少し離れていますので、無料送迎のあるレストランはありがたいです。

[PR]
by miccahang | 2016-03-17 16:18 | ・パラオdeシュノーケル | Trackback | Comments(6)
2時間のナイトカヤック&ナイトシュノーケリングから戻ると、20時。
そのまま、ジャグジーへ直行。

満月を眺めながら、ジャグジーに浸かっていると、思わず出ちゃうわ、
ぁ~極楽。


b0129725_16035555.jpg


パラオプランテーションリゾート内にある、ジャングルバーで夕食にしました


b0129725_16042804.jpg

まずは、地ビールのレッドルースターのスタウト



b0129725_16075480.jpg

こちら、バーと言えども、お料理が充実していて、
しかも、地元の郷土料理なのが、楽しい。
毎晩、ココでも良かったくらい、お料理が美味しかった。



b0129725_16095930.jpg

サウサウミ、という、スパイシーなマリネ。
お魚は、マグロさん、でした。
青トオガラシが沢山入っていたので、カライ~。
トウガラシさん、強制退去。
美味しかった♪


こちらのバーの目玉は、シャコ貝~
こちらをお刺身で食べられるのです~。



b0129725_16143076.jpg

店内の真ん中に水槽があり、佇んでいましたので、
「むふふ。アタシ達のシャコ貝♪」
愛おしく眺め、店員さんにオーダーすると、


「たった今、他のお客様からオーダーが入ってしまって・・・。
最後の1個なんです・・・」


うっそーん!
アタシ達のシャコ貝だと思っていたのに・・・(涙)


調理人の方が、貝を差し込んで、クチを閉じさせて、連れて行ってしまいました。
捌いている所だけでも・・・!と、見せてもらいました。


b0129725_16202751.jpg


ぁ~、めっちゃ美味しそうでした。
パラオでの心残りであります。


気を取り直して。


b0129725_16224511.jpg

ティヌモ。と言うお料理。
挽肉をタロイモの葉で包んで、ほんのりピリ辛のココナッツミルクで煮込んだもの。
めちゃくちゃ美味しかった!!
これを食べる為に、パラオに来たい!と思えるほど美味しかった!!!


b0129725_16262533.jpg

サンガ。
千葉県民にはお馴染みの「サンガ焼き」
お魚は地元で獲れた物でしたが、何のお魚だったか・・・失念。
お味噌がちょっと濃い目でしたが、美味しくないわけがない!


b0129725_16290259.jpg

バナナの葉で包んで蒸し焼きになったチマキの様なもの。
これも、美味しい!



シャコ貝のお刺身は食べられなかったけど、どの料理も美味しくて、大満足!
また食べに来たいわ~。



b0129725_16324831.jpg

シャコ貝が売り切れちゃってゴメンネ。
と、店内に吊られていたバナナを1本づつ、デザートに頂きました。

ちょっと酸味があって、食べ頃の甘さで、美味しかった~。


お部屋のテラスで、また満月を見上げました。
夜のリゾート内もロマンチックです♪

b0129725_16354286.jpg



[PR]
by miccahang | 2016-03-09 16:44 | ・パラオdeシュノーケル | Trackback | Comments(4)
パラオ・プランテーション・リゾート内に、カヤックの発着所があり、
カヤックツアーが企画されていました。

早朝カヤック、ナイトカヤック、などのツアーがありました。
HPへ→


滞在中に満月の日があったので、
満月の夜にナイトカヤックなんて、神秘的~。
と、満月の日にナイトカヤックに参加しました。
ナイトシュノーケリングも出来るツアーです。


マリンシューズ、ライフジャケットを着用して、出発。


b0129725_16505558.jpg

夕焼けも見たかったので、18時出発のツアーに参加。
だいぶ暗くなって来ていたので、写真がブレブレ。



b0129725_16522450.jpg

マングローブの森の中を進んで行きます。
リアル・ジャンゴークルーズ♪



b0129725_16535513.jpg

マングローブの森を抜けると、
ぐるりとロックアイランドに囲まれた、マリンレイクに出ました。


b0129725_16532891.jpg

夕焼けが空をオレンジ色に染めていきました~
ここからは、動画から起こした写真です。


b0129725_16560790.jpg

だいぶ暗くなってきました。
ツアーに参加したのは、ワレワレを含めて8人でした。


b0129725_16582449.jpg



太平洋戦争時のゼロ戦などが沈んでいて、それらを見学していると、
雲が切れて、月が顔を出しました。


b0129725_16594269.jpg

神秘的で美しくて、見とれてしまいます。
月明かりに照らされていると、このまま遠くへ行けそうな気がして来ました 


海の上に作られた東屋のような休憩所に上がり、
シュノーケルセットを付けて、飛び込みます~

真っ暗な海の中へ飛び込むのって怖い!


b0129725_17070988.jpg

昼間とは全く違う、世界でした。


b0129725_17251726.jpg

懐中電灯も貸してくれます。
これがないと、何にも見えませんからね♪


b0129725_17263297.jpg

地面の色に同化した「ふぐ」さん、じっと佇んでいました。

夜の海は、エビさん、カニさん、が活発に動いていました。
一番驚いたのが、ナマコが機敏に歩いていたこと!
歩くって言っていいのか解からないけど。

あ、そうだ。
夜光虫も初めて見ました!
とーってもキレイでした!


懐中電灯の明かりに寄せられて、イカさんが来ました。


b0129725_17293672.jpg

皆の懐中電灯の明かりで、スポットライトを浴びているような、イカさん。
オメメが大きくて、可愛く見えました~

ナイトシュノーケリング、
正直、そんなに期待していなかったのだけど、思いの外、面白かった!


[PR]
by miccahang | 2016-03-07 17:37 | ・パラオdeシュノーケル | Trackback | Comments(2)

街までお散歩

町まで、ランチがてら、お散歩に出掛けました。
ユニクロとレ・トワール・デュ・ソレイユのコラボのワンピース。
こっちの色の方が自分的には合ってるかな~。↓

b0129725_18541684.jpg


ホテルを出ると、のんびりした雰囲気が漂っています。


b0129725_14073253.jpg



手造りの遊び道具

b0129725_14094773.jpg




洗濯物も色とりどりでいいな


b0129725_18445630.jpg





男の子が長い棒の先にナイフを括りつけて、木になっている実を採取しようと奮闘していました。
ママさんが赤ちゃんを抱いていたのだけど、めちゃめちゃ可愛くて。
抱っこさせてもらいました。
ぁ~ん、ホント、かわいかった。


b0129725_18450701.jpg



ハンカチの木
葉の数枚が白くなるという、不思議な木。
黄色い小さなお花が咲くけれど、白い葉が花びらのように見えます。

b0129725_14122452.jpg


b0129725_14300205.jpg



パラオの人ってふくよかな人が多いけれど、若い頃は、手足が長くて、細くて、
スタイルがバツグンに良いのね~。


b0129725_14113756.jpg



町まで距離はそんなにありませんが、



b0129725_15171744.jpg


アップダウンが、結構あります。
陽射しも強力に強いですし、地元の人は、歩かないようですね。

b0129725_15184973.jpg



タロイモ畑



b0129725_18482070.jpg


町までは、のんびり写真を撮りながら歩いて20分ほどでした。
アレコレ、興味深くて、飽きないですね。



★★★★


町の大通りまで来ました。


b0129725_15272390.jpg


海側へ降りてみました。


b0129725_15295553.jpg


パラオには、公共のビーチがほとんどなく、砂浜が続く海岸というのも無いのね。


b0129725_15320921.jpg


日本語のカタカナがカワイイ


b0129725_15343454.jpg




オプショナルツアーに参加した時のガイドさんに教えてもらったカフェにてランチ

b0129725_18504106.jpg


風が爽やかなので、オープンなお店が気持ち良かった


b0129725_15545011.jpg

アタシ:地ビールのレッド・ルースターのアンバー
にゃお氏:パラオ産のレモンを使ったレモネード
ロコモコ風ハンバーグ丼


★★★★



また歩いて帰ります。
うなだれるにゃんこ先生。


b0129725_18592172.jpg


まだ仔猫かな?
目が合いました。

b0129725_15584879.jpg


にわとりサン、漫画で見るような柄で、カッコイー
来年の年賀状に使わせてもらおうかしら


b0129725_16034272.jpg

迫力満点


b0129725_18435192.jpg


ジャクジーで汗を流して、お散歩終了。


[PR]
by miccahang | 2016-03-01 19:01 | ・パラオdeシュノーケル | Trackback | Comments(2)
パラオ・プランテーション・リゾート内のレストランには、地元の食材を使った地元の料理を出すレストランがありました。


プールを見下ろす「ザ・テラス」


b0129725_23425187.jpg


パラオの地ビールでカンパイ。
なかなかイイ雰囲気のレストラン。

b0129725_23433599.jpg


なんか、ちょっと二の腕が、ムキムキー。
昨夏のユニクロとレ・トワール・デュ・ソレイユのコラボのワンピース、
リゾートで着たいと温めていて、やっと着る事が出来た。
とっても着やすい。
レ・トワール・デュ・ソレイユ大好きなの~


ここで、食べたかったのは、こちら~。


b0129725_23443333.jpg

マングローブ・ガニ。
食べたかったの~。
身がしっかりしていて、美味しかった。


帰国して、何となく読んだ愛読書(美味しんぼ)に「マングローブ・ガニ」の事が書かれていた。
オーストラリアでは「マッド・クラブ」と呼ばれていると。


マッド・クラブは食べた事があったけど、それと同じだったとは!!
知らなかったー。
その本も何度か読んでるはずだけど、全く記憶になかったのよね^^;


b0129725_23452786.jpg

そして、ナシゴレン。
3~4人前くらいありそうな、大皿です。

ワタシが夢中でカニを食べている間に、にゃお氏が5分の4近く食べてしまい、
ワタクシ、全然、お腹がいっぱいになっていない。

瑣末な諍いの末、もう一皿、ナシゴレン追加し、満たされました。

[PR]
by miccahang | 2016-02-28 00:15 | ・パラオdeシュノーケル | Trackback | Comments(6)

パラ男に恋して ①

最北の秘境へ行くツアーは催行中止になってしまったけれど、
パラオで一番大きな島、バベルダオブ島の北へ行くツアーに2回行って来ました。



恋に落ちて withパラ男



であります。
いや、in パラ男か。feat.パラ男か。
どうでもいいわね。。。



あまりにも美しくて、2日後、もう一度ツアーに参加し、その時、完全に恋に落ちてしまいました。


★★★★

北部ツアー1日目。


この日の参加者は、ワレワレ2人だけ。
メインのガイドさん、サブのガイドさん、船頭さんの3人が、
ワレワレ2人の為に、動いてくれるという、なんとも贅沢なツアーとなりました。


船着場の少し手前に、ローカルのマーケットが出ていて、ガイドさん、ココナッツオイルとココナッツをお買い物。


b0129725_23463640.jpg
ココナッツオイル、買いたかったな~。
わたくし達、現金を持って来ていなくて、買えなかった~、残念過ぎる。


バベルダオブ島の北端から船に乗り、出発。
通称「ワニ島」と「ブタ島」と呼ばれる島があり、その2つの島の間に出来るロングビーチへ向かいます。


b0129725_23480651.jpg


船を降りて、海の中を歩いて、砂洲に上陸。
左の島が「ワニ島」個人の所有の島なのですって。


b0129725_23472711.jpg

自然が作り出すものって、ホントに美しい~


b0129725_23515992.jpg

右にあるのが「ブタ島」


b0129725_23501556.jpg

ロックアイランドに出現するロングビーチよりも広いのだそう。


b0129725_23510787.jpg



そして、見渡す限り、誰もいない。


b0129725_23534410.jpg


カツオノエボシと言う猛毒を持つクラゲさんが、ヒラヒラ漂っていて、気をつけながら歩く。
砂浜に打ち上げられても、絶対に触っちゃダメ!とガイドさんから注意がありましたので、


b0129725_23530124.jpg

「初めて見た~」
と感動気味のにゃお氏。
ワタシは、初めて聞いたわ~、そのクラゲのお名前。

青い触手がガラス細工の様にキレイでした。



b0129725_23544753.jpg


眩しー。
いつまででも眺めていられます。


★★★★




ロングビーチを後にして、シュノーケリングポイントへ。
かなりの深さ、潮の流れの速い、ポイント。

ガイドさんが、まず、リサーチに出掛けて、オッケーサインを出したら、
私たちが、海に飛び込む。


そこで目にしたのは!!!


b0129725_00003309.jpg

マンタの集まるポイントだったのですーー!
シュノーケリングでマンタが見られるなんて、思いもしなかったので、大興奮!


私たちの記念すべき、初マンタです♪


b0129725_00011229.jpg


ずーっと動画を回していて、写真を撮ってなかったので、動画からおこした写真。
かなり、荒い画像になっちゃいましたが、マンタのカタチが解かるかな。



悠々と泳ぐマンタの優雅なこと。
大感激でした。


★★★★


近くに上陸できる島が無いので、ガイドさんがパラオで一番好きな場所だと言うトコロで、ランチタイム。


b0129725_23575601.jpg

信じられない色のグラデーション。
(ツムラが協賛してるんちゃう?お正月にパラオへ行っていたジュニアの弁)
私たちも、この景色に、恋しちゃいました。


b0129725_23552783.jpg

船の先端で、お弁当を食べて、この海の色を、ずーっと、ぼーっと、ひたすら眺めていました。




★★★★




珊瑚の美しいポイント2箇所でシュノーケリング。



b0129725_23585649.jpg
オー!ノー!
珊瑚が見事だったのに、水中カメラ、バッテリー切れ。。。



やっぱり、パラ男が好きだー!
熱い思いが湧いた日となりました。


つづく・・・・・・・・・







[PR]
by miccahang | 2016-02-25 22:15 | ・パラオdeシュノーケル | Trackback | Comments(8)
パラオ・プランテーション・リゾートでは、スイート・ヴィラに泊まりました。
とにかく広かった。

b0129725_10442862.jpg


ダイニングセットの奥、バーカウンター内にキッチンがあり。
シュノーケリング前、朝食はあまり食べれないので、ホテルの朝食は付けませんでした。



天井も高いので、かなり広く感じます。


b0129725_10492775.jpg

リビングスペースのソファーは要らないかな。


b0129725_10514448.jpg


と、言うのも。
この、ソファーベッドのようなモノ。
ここに、ゴロンしたり、背もたれを上げれば、本を読むのに丁度良くて。


b0129725_10531827.jpg


毎日変わるベッドメイキングも楽しかった。


b0129725_10550374.jpg


おー!大作だ!


b0129725_10563772.jpg



寝室から、リビングスペースを見るとこんな感じ。


b0129725_10580479.jpg



お部屋は、東向きでしたので、朝日が眩しく、爽やかに目覚めます。
隣の民家のお庭には、ニワトリさんが元気に走り回り、「コケコッコー」目覚ましで起こしてくれました。



b0129725_10593744.jpg


テラスは狭かったけれど、眺めがサイコー!
湿度が無くて、サワヤカ過ぎる風が心地よく、ズーッとココでボーッとしていたい。


b0129725_11012607.jpg


何度と無く呟いてました。
「なんて、サイコーなんだろう~」

b0129725_11032124.jpg

足も投げ出せます。
丁度、手すりが目線の高さになっちゃうのだけど^^

b0129725_11045797.jpg



水着などは、こちらのキュートな物干しに干します。
ホント、手造り感。


b0129725_11063985.jpg


ウェルカムドリンクのココナッツジュース。
ジェリーフィッシュレイクのタコクラゲみたい。

b0129725_11081586.jpg

アメニティもホテルオリジナルの天然素材のもの。


b0129725_11100336.jpg

海から戻ると、そのままジャグジーに直行して、シャワーも浴びてしまったので、
部屋のお風呂には一度も入らずじまい。
バスルームの写真撮ってなかった。
結構広くて、毎日違う香りのアロマが焚かれていて、素敵だったのに。


b0129725_11130800.jpg


入浴剤は日本製でした。
使わなかったので、持ち帰りました。


b0129725_11152490.jpg


パラオ・プランテーション・リゾートのお部屋は、天然の素材を使っているので、どのカテゴリーのお部屋も大体同じ雰囲気。
スイートだからと言って、ゴージャスなワケではないけれど、


b0129725_20352514.jpg

この眺め。
スイートだけのモノ。
[PR]
by miccahang | 2016-02-19 11:22 | ・パラオdeシュノーケル | Trackback | Comments(16)
今回の宿泊は、パラオ・プランテーション・リゾートです。

3年の歳月を掛けて、自然の素材を用いて全て手づくりで築いたと言う、とってもナチュラルなリゾートでした。
ジャングルとタロイモ畑に囲まれていて、周りには、地元の方々の民家があり、のどかな雰囲気が漂います。

このロゴがとってもカワイイ。

b0129725_10300462.jpg

アバイという伝統的建築をモチーフにしたエントランス。


b0129725_10313245.jpg

b0129725_10330265.jpg


開放的なロビー
他の宿泊客と何故かあまり逢わないのが不思議。


b0129725_10344604.jpg




プールへと降りる階段。
この眺めが好きだった~


b0129725_10361931.jpg


プールの隣にジャグジーがあり、毎日入ったけど、ジャグジーでも誰とも逢わず、
このリゾートを独り占めしているんじゃないか?って思えるほど。



b0129725_10380381.jpg
↑ ホテルのHPからお借りしています。

リゾート内を探検。
自然との調和をテーマにしているとの事ですが、ホントに人工的な冷たさがどこにもなかったです。


b0129725_10405019.jpg

あら!これって、バード・オブ・パラダイス?


b0129725_10465722.jpg


南国に来ると、ハダシでペタペタ歩きたくなる。

b0129725_10493434.jpg

私たちのお部屋は、フロントの上、スィートヴィラです。

b0129725_10520082.jpg

ブーゲンビリアのお部屋。


b0129725_10534750.jpg


お部屋編へ続く・・・






[PR]
by miccahang | 2016-02-14 11:00 | ・パラオdeシュノーケル | Trackback | Comments(4)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30