カテゴリ:・サルデーニャの旅( 28 )

この街の旧市街は、オープンしてるレストンが多くあり、選ぶのが楽しみ♪
旅のイチバンの楽しみは、食事とお酒ですから、気合入れて、探します~。


一軒目に見たお店がとても良さそうだったので、即、決定!
開店前だったので、お店の方々が「まかない」を食べてらっしゃるところで
その厨房から漂ってくる香りが、絶対美味しい!と確信させる香りを放ってました。


072.gif


プロセッコ~
イタリアで飲むと、何でこんなに美味しく感じるんだろう?

b0129725_16072163.jpg


こちらのプロセッコのメーカー専用のワインクーラー。


b0129725_16090589.jpg

ムール貝とアサリのトマト煮込み
シンプルで、美味しい。
トマトソースが旨みの宝庫で、パンに浸して・・・
んもぅ!サイコー!
パン!おかわりッ!

b0129725_16141146.jpg

本日のオススメが、サービス係りの御兄さんの口頭で伝えられる。
ワタクシのダイスキな、「ウニ」の単語が聞き取れましたので、絶対食べた~~い♪

ウニのパスタ

b0129725_16184301.jpg

なんて、贅沢に、ウニさんを。

b0129725_16192382.jpg
20卓近くある店内。
あっという間に満席になったのだけど、
サービス係りは御兄さん一人。
それを、キビキビ、颯爽と、でも優雅にスマートにサービスする御兄さんにホレボレしちゃいました。


はぁ~~~053.gif
美味しい~

b0129725_16213023.jpg

海の幸のフライ盛り合わせ~

b0129725_16223266.jpg
今日ある素材で作りますしね、新鮮~
お魚のお名前も判らない、小さな子は、全員違う子だったりして楽しい。

エスプレッソで締めて。
とっても口福感のあるレストランでした。

御会計を見て、びっくり!
70ユーロ!
プロセッコが20ユーロだったので、食事&エスプレッソで、50ユーロだなんて!お安い~!
安くて、美味しいお店、流行るワケだね~。

b0129725_16471024.jpg


お隣のテーブルでは、お誕生日会が行われてました♪
誰のお誕生日かと言うと・・・・

ミーナちゃん♪
b0129725_16380474.jpg
とっても大人しくて、ずっとチョコンと座ってました。





[PR]
by miccahang | 2014-02-15 11:08 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(4)

眺めの良いホテル

なかなか無いのが、旧市街を上から眺められるホテル。
規制が多いでしょうから、高い建物を建てられないでしょうしね、当たり前なのですかね~。


旧市街の中のホテルは、んもぅ、トリップ感ハンパないですから、素敵度高いですが、
それを外から眺めるっていうのも、ほんと、良いです。



それを鑑みると、こちらのホテルは、稀有な存在かもしれないな~と思うのであります。


b0129725_16324440.jpg

どどんと、17階建て!
なかなか、無いでしょう!

泊まったお部屋は、16階。
わぉ!感動しちゃう!


b0129725_16335709.jpg

城壁もちょこっと見えます。


b0129725_16350967.jpg


朝食会場は、最上階のレストラン。
手すりが、丁度、目線の高さで、お邪魔だけど、
夏は、ガラス窓が開かれるそうで、オープンに・・・。
ステキ過ぎるーーーー!

でも、
それは、手すり、必要ですな。

b0129725_16380560.jpg

朝の光が差し込んでくるサマを眺めながら。
良い一日が始まりそうなキモチになります♪
b0129725_16402339.jpg

[PR]
by miccahang | 2014-02-14 01:15 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(4)
ホテルの朝食では、ラッテ・マッキャートをお願いする事が多いのだけど、
これが、大抵、ガラスのグラスに入っていて、なんだか、オシャレなんだよね~

b0129725_15154323.jpg


たっぷりのミルクにエスプレッソ。
日本人が想像するカフェラテですな。


b0129725_15242958.jpg
だいぶ前ですが、バールで「カフェラテください」とオーダーすると、
「・・・・?(ハテナ顔で)カプチーノで良いの?」
と聞き返されたことがある。→コチラ

カフェラテは、米製イタリア語なのね。

カフェラテ的飲み物が「ラッテマッキャート」だと知ってからは、
もうイタリア人を困惑させていません。


b0129725_15272042.jpg
これもだいぶ前ですが、
こんな事があった~

ホテルの朝食でラッテマッキャートを飲んでいると、
隣の席にはアメリカ人っぽい男性が、こちらのテーブルをチラと見て

「カフェラテください」

サービス係りのお姉さん、「かしこまりました」と厨房へ。

あら!カフェラテ通じた!と思ったら、
お姉さん再び現れ、
「ラッテは温めますか?」
と確認に。

・・・?(ハテナ顔の男性)
「は・・・い」

すると、カフェ(エスプレッソ)と、温められたラッテが、別々のカップで運ばれてきました。

困惑する男性。
こちらをチラチラ。
「どのように注文したらソレが飲めるの?」
教えてあげると、早速、再オーダー。

飲みたい物が飲めて、ハッピー顔。親指を立てて、ウィンクの男性でした。
良かった。良かった。


072.gif



そして、サルデーニャの牛乳は、なんだか、すごく美味しかった気がする。
ウシくん、のびのびしてたからかしら。


道路脇で佇むウシくん。
ヒッチハイクかな?

b0129725_16035353.jpg

超・ワイルドなウシくん!


b0129725_16051519.jpg


モコモコした毛並みが、天パーみたい


b0129725_16064339.jpg

立派な角も♪
日本だと、角は、切っちゃうそうですね。

b0129725_16083444.jpg

川を渡る、ウシくん達。


b0129725_16093176.jpg


ウシくん、ジャンプ!
身軽だ~~


b0129725_16114762.jpg

ぅ~~ん。
イキイキした青草と湧き水で出来たようなキレイな川。
ミルクが美味しい訳だな~
[PR]
by miccahang | 2014-02-12 16:19 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(6)

ぁ~♪ 生ハム♪

Bosaの町で宿を取り、夕飯へと出掛けます。

今回の旅で非常に困ったのは、食事でした。

サルデーニャの町では、レストランの絶対数が少ない!
その上、リゾートの島なので、冬はお休みのレストランが多い。

人通りが全く無くなってしまった旧市街。
色々と路地をウロウロ歩いて探したのだけど、開いているお店が無いのであるよ。

通りすがりの女性に聞いてみる。
「んーーーーーー」
と搾り出すように考えてくれて。
あのお店ならやってるかも、と、1軒教えてもらい、行ってみる。

開いてるお店があった!
それだけでこんなに嬉しいなんて。

072.gif

店内は、とっても可愛らしく、素敵!
まずは、イックヌーサで♪

b0129725_00091613.jpg


写真を撮っていると、サービス係りの女性が、奥の客席は、もっと素敵だよと招き入れられ、

「ほら!」と。


b0129725_00124707.jpg

うんうん。美しいです。
天井の絵が自慢のようです。




そして、サルデーニャの名物パン!

パンとは言い難い、ナンだろう?
パリパリの薄~~~い、インド料理屋さんで出てきそうなヤーツです。
スナックみたいな軽さ。


b0129725_00375418.jpg

これがね~。
美味しいったらないのね~056.gif
パーネ・カラザウって言う、パンです。


ワインは、サルデーニャのDOC、モニカを頂きました!
奥でお客人(たぶん友達)とお話ししてる御方が、シェフだったようです。

b0129725_00174662.jpg

モニカ~。
ちょいと、風味が強いな~なんて、思いましたが・・・


もぅ!
この盛り合わせに、合うったらない!

b0129725_00222354.jpg
4種類の生ハムの盛り合わせ。
特に、何のハムかとは、問わずに食べてみた。


オリーブの実の右側から

・フィノッキオーナ
・ラルド
・プロシュート(サルデーニャ産)
・コッパ

・ペコリーノ(そこそこ熟成したモノ)

コッパは、チンギアーレ(イノシシさん)かと思うくらい力強くて、
びっくりしました!

コッパも何度も食べた事があるのにチンギアーレと間違え~、利き生ハムは、75点~023.gif

切り立ての生ハムは、この上なくふっくらジューシーでとろける~~~~幸せ。。。。
この一皿で、永遠にワインを飲んでいられる~~



バジリコとピスタッキオのパスタ
こんな感じでプレートに出てくるのは珍しいですね!

b0129725_00500849.jpg
パスタは、乾燥パスタでしたけどね、耳の奥の内耳みたいな形のパスタでした。
ソースが、美味し過ぎました。


肉ダイスキなにゃお氏は、サルシッチャのグリル


b0129725_00594257.jpg

付け合せのチーズが、メニューにはブッラータとあったのですが、
今日は、入荷がなかったそうで、普通のモッツァレッラ。
ざんね~~~ん!!


締めに、エスプレッソ。
サルデーニャらしい小菓子が付いてきました♪


b0129725_01033524.jpg
満腹だったので、1っ個しか食べられず。
お持ち帰りしたいくらいでした。


[PR]
by miccahang | 2014-02-10 10:31 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(4)

カラフルな村 ①

フランスに「最も美しい村協会」があるように、イタリアにもあります。

サルデーニャでは、4つの村が登録されていて、3つの村へ行って来ました。

072.gif


イタリア本土で、「美しい村協会」の村を訪れて感じるのは、
フランスのソレと比べて、あまりヤル気がなさそうという事043.gif


実際、登録基準など、フランスの様な厳格さが無い為か、
行ってみて、ガッカリする事も、あるっちゃ、ある。


そして、イタリアの人が、「美しい村協会に認定されている村」を、
全く気に留めてない感じがするのよね。


これは、「オラが村がイチバン!」なイタリア的考えなのかな~?

072.gif


まずは、こちらの村へ。

b0129725_15374073.jpg

「最も美しい村」と認定された村が掲げられるマークですが、
村外れに建っていました。

ホント、気にして無いな~


この村は、丘の上にカステッロがあり、
その下にカラフルな旧市街が広がり、
その周りに、背の高い平面的な新市街の建物が取り囲む様に建つ。

b0129725_15405770.jpg
なので、少し離れた、高台から見下ろす感じでないと、旧市街のカラフルさが見えないのである。

天気が悪かったのもあり、ズキュン度低し・・・
スコンと晴れてる時に、また来たいな~


072.gif
旧市街の中は、なかなか良かった。
雨に濡れて光る石畳
(左隅に小さなワンコが佇む)

b0129725_16070600.jpg

感じの良い路地が沢山あり、路地フェチには、たまらないです


b0129725_15475934.jpg

このボロさの味が、イタリアらしい感じ


b0129725_15485469.jpg

選挙ポスターの看板さえも、味があるな~。


b0129725_15514835.jpg

お父さんも野菜、買いに行き来ます

b0129725_15530349.jpg

海が近いので、お魚屋さんが賑わってる~


b0129725_15541166.jpg

グレーのチンクエチェント!しぶい!

b0129725_16055224.jpg

そして、カステッロの方から、若きイケメンの修道士さま、マントを翻し。
色白な美しい御方でした。
携帯電話で夢中でしゃべっていた。
持ってるのね、ケータイ(笑)

b0129725_16113624.jpg




[PR]
by miccahang | 2014-02-07 16:13 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(8)
カリアリの空港にて、ロストバゲージの手続き。
そして、レンタカーの事務所へ。


今回は、大手のレンタカー会社でなく、象さんのマークの小さな会社(名前忘れ・・・汗)
大手と100ユーロ近く料金差があった為、象さんマークの会社に決定!


当初チンクエチェントクラスを予約していたのだけど、
なんと!プジョーの208にアップグレード♪

カックイーー!

b0129725_17195046.jpg

あたくしは、自宅のマーチしか運転出来ませんので、よくわかりませんが・・・

ピラーっつーんですか?
アレが見辛い位置にデカクあり、視界がイマイチ良好じゃなかったみたい。
左右後方確認に、身を乗り出しておりました。



でもね~、助手席で居眠り専門の者にとっては、
シートが快適で、ゆったりドライブ(居眠り)を楽しめました~。


そして、8日間で、140ユーロ(保険代別)破格のお安さ♪


072.gif


ホテルへ向かいます。
旧市街近くのホテルは、車が乗り入れできないエリアにあった為、
大通りに車を停め、手ぶら感でチェックイン。
ロストバゲージも悪くないなァ~039.gifなんてね・・・

072.gif


ホテルに入ったのが22時頃。
ちょっと小腹が空いたし、早速バールで一杯やろうと、繰り出します~。

サルデーニャの地ビール「イックヌーサ」♪

b0129725_17410227.jpg

サルデーニャの旗「ムーア人の横顔」がロゴマークです。
お隣コルシカ島の旗は、ムーア人が一人ですが、サルデーニャは、4人なんですね。

ちょっと薄めでさっぱりしたビール。夏の陽射しギラギラのビーチで飲んだら、すんごく美味しそう~~~。

b0129725_17461784.jpg

ピタパンに似たパンに、プロシュート・クルドとエメンターラーの様な軽いチーズ。

b0129725_17480989.jpg

ぁ~。
生ハムの美味しさがイタリアへ来た~を実感して、しみじみ。
美味しい物との出会いを予感させますな。


サルデーニャ特産のリキュール「ミルト酒」も。
甘くて、ちょっと薬草っぽくて、チビチビ食後酒に飲むにピッタリ~~。

b0129725_17555814.jpg



シブイの。

b0129725_18010440.jpg
イカチイお兄さんも、とってもフレンドリー。

b0129725_18022078.jpg


サルデーニャの人って、なんだか、物腰が穏やかで話し方も優しい人が多いような感じがしました。
[PR]
by miccahang | 2014-02-04 18:16 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(8)
サルデーニャの旅から戻しました~。
彼の地は、じんわりと、染み入るように、いいな~と思わせる底力がありました!

イタリアは、その持っている魅力をいつでも存分に魅せてくれて、
新たな発見だらけの旅。
イタリアをますます好きになっちゃいました!
ホントに楽しかった056.gif


072.gif


サルデーニャへは、KLとAZで、2回乗り継ぎ。

成田 → アムステルダム → ローマ → カリアリ

それぞれの空港での乗り継ぎ時間は、50~55分程。
ミニマムコネクティングタイムは割っておらず、
最小の乗り継ぎ時間で繋げたのだが・・・

にゃお氏の勘では、

「ロストするんじゃ・・・・?」

出発前から、心配しておりました。


そして、ホントに、カリアリの空港で荷物が出て来なかった時は、
「知ってたの?」
って思うくらい、当たり前のように出て来なかったのでした。


考えてみると、行きのフライトでロストしたのは、初めて。


072.gif


翌朝、来ましたぜ~の電話を貰った時は、当たり前のことが、
ホントにありがたいな~と、心底ホッとしたッ。

私達の旅は、移動の旅なので、ホテルへの荷物の配達を待つより、
空港まで取りに行った方が確実に早いので、取りに行き、旅をスタート。


072.gif


荷物が出てこなくて、一番困るのは、コンタクトレンズ用品と化粧品とハミガキ用品でしょうか。
それ以外は、なんとかなるよね~。


ワタクシ的に、
幸い、ロングなフライトでは、途中でコンタクトを外して、化粧を落としたいので、
ケア用品を機内持ち込みにしていたので、何とかなった。


あとは、下着類かね~。

これも、下着に付けるライナーを持っていたので、不自由はあれど、なんとかしのげるね。


それも1日や2日だったら良いけどね・・・
にゃお氏の経験で、5日出てこなかった時があったらしいし。

やっぱり、コンタクト用品とメガネ、薬、現地でなんとかならない物は、持ち歩くに越した事は無いな~と思ったわん。
荷物がちゃんと届く事の有り難味を感じた旅のハジメでした。

b0129725_22380959.jpg






[PR]
by miccahang | 2014-02-01 22:39 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(11)
明日からサルデーニャの旅へ~
とにかく楽しみ~~056.gif

昼下がりにプロセッコ♪飲むどーー♪
ではでは、行って来ます。

b0129725_20430804.jpg




[PR]
by miccahang | 2014-01-20 20:44 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(6)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31