カテゴリ:@ 食べる!( 103 )

チェコといえば、ビールですわね068.gif
にゃお氏に、チェスキークロムロフの地ビール「エッゲンベルグ」を買ってきてもらった。
b0129725_2037285.jpg


黒ビールが殊の外、美味しかった。

ド・真夏に日本で飲むなら、ギンギンに冷やした日本のビールが美味しいと思う。
それ以外の季節だったら、チェコのビールかイギリスのエールが好きだす~056.gif

日本のビールってぬるくなったら、呑めたモンじゃないけど、
チェコのビールもイギリスのエールも最初から冷えてないし、
チビチビゆっくり呑む感覚が、日本酒っぽい気がして、
アタシ的に性に合う呑み方かもしれません。

こちらのビン、デポジット代が30円くらいだったらしくて、
ビール自体が100円~200円だと、結構、高いよね。

チェスキークロムロフにビン返却に行かなきゃ058.gifエコロジー、エコロジー068.gif

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2010-11-14 20:55 | @ 食べる! | Trackback | Comments(4)
初夏ににゃお氏がコルシカ島へ行った際、買ってきてもらった、
郷土菓子「カニストレリ」


b0129725_013661.jpg栗粉を使ったクッキーのような感じ?
かなり甘そう。

袋もでかいし。

開けたら最後?

夏にクッキーを食べる気がしなくって、未開封のまま。

そろそろ、開けてみるかー。



ひらめいた072.gif


b0129725_032197.jpg
クラッシュして・・・・・

b0129725_042899.jpgバニラアイスに乗せる!

超!激甘になったけど、イイ056.gif
ヨーロッパっぽい!
ん?いや、アメリカっぽいか!



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2010-09-26 00:09 | @ 食べる! | Trackback | Comments(2)
b0129725_12554988.jpgダイブ前に、

おおつき ちひろさんの
「スペイン熱い食卓」

というレシピ本をブックオフで購入したのだが、
なかなかチャレンジ出来ずにいた。

手に入らない食材がある時点で、
創作意欲がそがれよう。

今回たまたま、手に入ったもので作ってみた!

b0129725_1371010.jpgマッシュルームの姿焼き。

直径7~8センチのデッカイ・マッシュルームが手に入ったので、作る気が湧いた。

傘にみじんぎりのにんにく、生ハムのみじんぎりを入れ、焼くだけという、ごくシンプルなものだけど、
シンプルなだけに、マッシュルームの美味さが大事なのね。

生ハムのかわりにイタリアのサラミを入れてみた。


お、お、お、おーーーーーー! 

美味し過ぎて・・・・ビックリ!

ものすごい良いマッシュルームだったみたい。
ホントに美味しくて。料理のウデなくても大丈夫でした。


b0129725_13135789.jpgえびのにんにくオイル炒め。

えびとにんにく唐辛子をオリーブオイルで炒め煮にするだけ。

こちらもいたってシンプル。


あ~~~~~056.gif 

美味しすぎて・・・・タメイキ!

レシピには、「芝エビなどの小エビが向いている」とあったが、ブラックタイガーがお安く出ていたので、ブラックタイガーを起用した。
専門家の言う事は聞くべきだと思いました。

小さいエビのほうが、にんにくの風味を一緒に味わえ、より良いのだな、と思いました。
お皿に残る、にんにくオイルをバゲットにつけてみると・・・

美味しいに決まってた!

にゃお氏からも、絶賛の声をイタダキ、気持ちも満足!
cavaがゴイゴイ進んでしまいましたわ。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2010-05-01 13:27 | @ 食べる! | Trackback | Comments(4)

3fff miyamoto

今年の誕生日パーチーは、3fff miyamotoがイイ!と切望し、デナーに伺うことになった。

5月に六本木でカッシーナ展を観に行った際、初めてランチで訪れた。
めっちゃ感動して、すっかり虜になった。

今回の再訪まで4ヶ月の時間があいていたのに(しかもまだ2回目)、店内に入ると旧知の知り合いを迎えるような笑顔で迎えてくれるマダム。
サービスを担当しているマダムとアタシは名前が同じなので、
「美しいほうですか?私は実るほうです」などと他愛ない会話でほぐしてくれる。

デナーは、3コースであった。
全てその日のおまかせなメニューで、相談しながら、コースを組み立ててくれた。

ざくろとシャンパンのカクテルを食前酒に頂き、お料理スタート!

料理の写真をめっちゃ撮りたいのだが、ちょっと恥ずかしい・・気持ちも否めなく、
見栄っ張りなアタシ達は、今回はカメラを持参しなかった。

しかしながら、昨日の事なのに思い返そうとすると、既に記憶がほんわかとしてしまう。
食べた時は、どれも印象深く、美味しかったのに、細部が思い出せないのである・・・アルツ?

前回ですっかり虜になった一品。
フォアグラとトリュフの一口コロッケ(写真は前回の物)
b0129725_23215851.jpg

b0129725_232414100.jpg

これを頂くためだけにまた行きたいくらいである。
仕込みに1週間近くかかるらしいのだ!

シェフが修行していたレストランで、ブレス産のチキン料理は、何十種類もの料理法で出せるくらい
得意としているということで、メインの肉料理はそちらに。

胸肉なんだけどしっとりしていて、あっさりしていて、もーーぅ!ぐーー!
全く伝わらないやね~(汗)

独特な調理法だったのだが・・・何だったろうか?^^;


テラスに移ってエスプレッソと小菓子を頂く。

テラスではハーブが栽培されていた。
マダムが一葉摘んでくれたものを嗅いでみると、レモンのステキなニオイ!
マダム「レモン・ヴァーベナというハーブです」

ヴァーベナ? 
ぉーー!もしや、ロクシタンのあたくし大好きなシリーズでは!?

マサに、それ!
摘んだばかりの、レモンヴァーベナとレモングラスでハーブティーを頂いた。

めっちゃ栽培してみたい!
殺し屋の異名を持つアタシであるが、これは頑張ってみたい!
レモンヴァーベナの栽培方法などを根掘り葉掘り伺った。

美味しく、楽しく、為になる時間を過ごせた。

リッツカールトンのラウンジで、ちょこっと一杯飲んで、とてもイイ気持ちで帰宅の途についた。
こちらのレストラン、春夏秋冬で伺えたらいいな~なんて思いました。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2009-09-06 23:54 | @ 食べる! | Trackback | Comments(10)
伝統的な製法で作られる本物のモデナ産のバルサミコ酢様は、
Aceto Balsamico Tradizionale di Modena
(チェートバルサミコトラディツィオナーレディモデナ)と呼ばれる。

b0129725_19203060.jpg

写真はコチラのHPからお借りしました。
D.O.P(保護指定原産地表示)製品に認定され、
皆、同じこのガラス瓶に入れられ、製造者のラベルが違うらしいのだ。

そんなトラディツィオナーレに準ずる製品を買ってきてくれと、オーダーし、
我が家にやって来たのが、コチラです。

b0129725_20334927.jpg250mlで23ユーロ。
Leonardi の物。

更にわからなくなってしまったのが、
「8Travasi」
の表示。

にゃおが店主から聞いた話だと、
バルサミコ酢の製造過程で、1年に一度、違う素材の樽から樽へ移し換える作業があり、
その移し変えた回数だと言うのである。

これは、8回移し換えた。
という事らしい。

ふ~~む。
そうなのか。
う~む、もうちょっとちゃんと知りたいが、とにかく食してみるのが先よね~♪

Pontiの2ユーロと食べ比べをしてみた!
利きバルサミコである。

スプーンに出した瞬間に、もう、色・粘り具合が全く違ったので、
目をつぶって、クチに運んであげることに。
どこかのテレビ番組みたいだわ♪

まず一口。ふむふむ。
違うのを一口。

・・・・・・ん?

やべー。
同じ・・・全然大差ないんだけど!

「同じ?うそだろー・・・・・ むはは~、同じものでした!」してやったり顔のにゃお。
えーーーーーぃ!!そんな演出いらんのじゃー。

食べ比べるまでもないくらい、味の差は歴然でした。
Pontiのは酸っぱく、Leonardiは甘く、芳醇でした。

ならば、Pontiのとろみのある甘い一本と比較してみよう!
ぅぅぅぅぅむ!
やっぱし、全然違いました。
あんなに美味しいと思っていたPontiのとろみのある一本が、
なんとも嘘くさい味と、わざとつけたとろみが不自然である事が
露呈する結果となった。

まー、値段が、全然違うんだから、同じ土俵に立たせて戦わせたらかわいそうだよね。

Ponti諸君、君達は、惜しみなく使える、我らの味方、とても良い子だと思うよ。
そう、声を掛けてあげましたわ。

・・・・・・・・さらに、つづく (しつこい!)
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2009-05-30 02:10 | @ 食べる! | Trackback | Comments(12)
我が家にも日本のスーパーで買えるクラスのバルサミコ酢はある。

しかしイタリアには、12年物・25年物・50年物・100年物など、
熟成期間の長~いバルサミコ酢が存在する事は知っていた。

ま~庶民な我が家には手の届かないそんなバルサミコ様には縁がないけど、
もっとよく知りたいと思うようになった。

3月ににゃおりんぐがイタリアに行く際
「バルサミコ酢買ってきてよ~。やっすい物と、ちょっと良い物の2本!」
とてもアバウトなオーダーをあげた。

そして買ってきてくれたのが、
PONTIの普通の物。500mlで€2と破格な安さの一本と、
果物やアイスにかけてね♪と言わんばかりのイラストが描かれた、とろみのある一本。
(250mlで€3)


興味を惹かれるのが、
「果物やアイスにかけてね♪」のとろみのある一本である。
こちらのかたの本で読んだのだが、
本物のバルサミコ酢は、レストランなどでアイスに数滴たらすだけで€10ほどアップすることも・・・」
ということであった。

€3のとろみのあるバルサミコ酢でも十分楽しめたが、本物のバルサミコ様を味わってみたいものである。

そんな訳で、インターネットを駆使し、にわかに勉強してみました。
が、なかなか、よく解からないのであった。

まず、解かった事は、
①ワタシが普段食しているバルサミコ酢は、「バルサミコ風調味料」である事。
②本物のバルサミコ酢様には、着色料・香料・カラメル色素等の添加物を使用していないという事。
(12年以上の熟成など、細かな製法が法律で定められている)
③本物のバルサミコ酢様と製法や工程が同じだが、熟成期間が短いものがある、という事。

ものすごく要約すると、こんなトコロまで解かった。

本物のバルサミコ酢様、とまではいかなくとも、③くらいの物を食して見たい!
にわか勉強をふまえ、再度、にゃお氏にオーダーをあげたのでした。

・・・・・・・・・・つづく



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2009-05-27 18:20 | @ 食べる! | Trackback | Comments(8)

スペイン土産 カスエラ

スペインのバル気分を味わえるねぇ~。

b0129725_22295980.jpg


ん~~、これを使用するには、タパスのレシピ本買わないとかな!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2009-05-05 22:32 | @ 食べる! | Trackback | Comments(2)
b0129725_21452388.jpg

ナマ肉!
って感じですな。^^

バラが咲いたかのようなキレイな色ですわ。

うすーーーく、スライスされた、一枚一枚を、
丁寧に、フィルムでサンドしてくれて、
乾燥しちゃわない配慮、更に、真空パックにしてくれる。

お肉屋さんの、ニクへの愛情がうかがえるネ。


甘く溶けてしまう脂身が美味しく、なんて贅沢なんだー!
と思わずにはいられないッス♪

検疫受けてね!ナマだから。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2009-04-02 21:51 | @ 食べる! | Trackback | Comments(8)
にゃおりんぐが先日シチリア島に行っており、
買ってきて欲しい物リストの上位ワンツーが
ピスタチオアーモンドであった。

アーモンドにいたっては、パウダーで買ってきちくり。
と事細かにオーダーするも、市場でしか買えなかったらしく時間がなかったらしい。(無念)

ピスタチオのパウダーもあったよ!リストに無かったから買わなかったけど。

え!
ちーっとばかし想像力を働かせて、気を利かせて買ってこないかねー。

b0129725_13484939.jpg


親切に殻が剥いてあるんだね。
薄皮って紫色なんだ!

ぁー。すごく美味しい。
のだが・・・残念なことに、ちょいとシケってる。

で!アクの強い赤軸ほうれん草のサラダに、砕いて降りかけてみたよ。
オリーブオイルとバルサミコ酢で、食したところ、チョーマッチで、美味しかったわ。
コレはイイ!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2009-04-02 13:55 | @ 食べる! | Trackback | Comments(8)

紹興酒はイケるかい?

キャンドルの火で暖を取ることに少々の限界を感じてきた、今日この頃。
こりゃ、あったまる飲み物を呑んで、芯からあっためよ~作戦に以降していかねば。

というわけで、寒くなると呑みたいのが、紹興酒ですな。
今年のお初は、チバソゴウの中華料理「桃源」にて、甕だし紹興酒。
b0129725_8544665.jpg

いや~うまかったな~。ちょっとお高くて、懐は寂しくなったが、昼から身も心もあったまったわん。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2008-12-05 10:01 | @ 食べる! | Trackback | Comments(8)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30