カテゴリ:・イタリアのチーズ達( 60 )

にゃお氏の出張シーズンが始まり、最初の行き先は、南イタリアでした。
何度か訪れている村に、お気に入りのチーズ工房があり、
そちらでチーズを買って来てもらう事が楽しみで、楽しみで♪


カチョカヴァッロの絵が掛かっているドアがお店の入口。(裏口じゃないよ)
通り過ぎてしまいそう。

b0129725_14273559.jpg


水牛さんのモッツァレラを依頼するも、買えなかった様で、三つ編みのモッツァレラを買って来てくれた。


b0129725_14250653.jpg

三つ編みにすると、水分が抜けやすくて、日本に持ち帰るにも、ピザに乗せるにも、良い!
繊維質の感じが良く判ります~


b0129725_14303084.jpg

で!
いつもオーブンレンジで焼いていたのだけど、
「お魚焼きグリルでピザが焼ける」と、リンナイの魚焼きグリル活用法に書いてあったので、焼いてみました。


b0129725_14331007.jpg

ぁ~、ナゼもっと早く試さなかったのだろう!って後悔した!
物凄く美味しいよ~~。

魚焼きグリルの中は、400度くらいの高温になるらしいし、ガスとは言え、直火ですものね。
美味しいワケだ~~~。


でも、説明書などを読むのが面倒くさいワタクシ、ちゃんと読まなかったので、
焼き上がったピザをアルミホイルから外すのに難儀しました。

「アルミホイルにオリーブオイルを塗る」

って書いてある事に気づいたのは、食べ終わった後でした。


お庭にピザ窯が設置出来るお家に住みたいッ!




同行者の方々の分のチーズも纏めて購入するタメ、
なかなかの量を買うのだけど



b0129725_15021809.jpg


そうするとね、オマケで、コレがもらえちゃいます♪


b0129725_14443366.jpg
リコッタチーズ♪
コレをね、ピザのミミに塗って食べました♪

「孫」唄っちゃいました♪
なんで~ こんなに 美味しいのか~よ~♪





リコッタチーズを2カゴ貰ったので、残りの1つでケーキを焼いてみました。


b0129725_14551381.jpg


愛読させてもらっている、北イタリア自然派生活 いつもいつも素敵なお料理の数々でウットリしちゃいます。
リコッタチーズを使ったスフレを作っていらしたので、真似してチャレンジしてみました。


卵白を泡立てる時点で失敗してしまったので、スフレの様に膨らまず、
ただのベイクドチーズケーキになっちゃいました。
しかも、コゲちゃいましたしね。

↓ なんだか虎柄だな~


b0129725_14544054.jpg


コゲた所を取り除こうと、アツアツを食べてみたら、目の玉が飛び出るくらい美味しかった。
失敗しても食べられるモノが出来上がるのがケーキ作りの良い所ですね。

[PR]
by miccahang | 2015-03-24 18:32 | ・イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(8)
冬になったら作ろうと、買って来てもらったのに、もう春になっちゃいました。
ポレンタの粉とフォンティーナ。

b0129725_13202371.jpg

こちらでレシピを見て、すごく美味しそうで作ってみたかったのです。


b0129725_13214893.jpg

ポレンタ・コンチャは、ピエモンテが有名みたいだけど、アオスタでは、フォンティーナを使って作るそうです♪
チーズとバターがたっぷり入って、栄養価が高そう♪
冬にピッタリのお腹にずっしりくる感じですね。


早速、レシピに則って作ってみたら、食べるのも冬が良さそうですが、作るのも冬が良いと実感。
分量通りに作ったのだけど、水が少なくて、混ぜると言うより、お餅を木ベラで捏ねている様な重労働。
それを40分間、火に掛けながら、捏ねるのです。


汗だくでした。



もう少しユルイ触感のポレンタが好きなので、次回は、水を多めにしてみよう。



b0129725_13305350.jpg
でもね、すっごーーーーーく、美味しかった!

食事のお供には、コレ。

b0129725_13321338.jpg
醸造家の夢が詰まっているそうです。


[PR]
by miccahang | 2015-03-21 15:35 | ・イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(2)
昨年の12月、にゃお氏がシチリア出張の際、買って来てもらったチーズ、やっと開けました。
なかなか買うことが出来なかった念願のチーズだっただけに、だい~ぶ、温めまちゃいました。


チーズを勉強して、教科書でしか知らないチーズは、この目で見てみたいッ!って、
ずっと、恋焦がれてたチーズです。

b0129725_19132614.jpg

「ヴァステッダ・デッラ・ヴァッレ・デル・ヴェリーチェ」
舌を噛みまくるよ。
この名前の覚えづらい事と言ったら、受験生泣かせ。
苦労して覚えた分だけ、可愛い存在となった。


イタリアの南部でよく行われる製法で、パスタ・フィラータと言うのがあるけれど、
この製法で造られるチーズなのである~。


パスタ・フィラータで造られるチーズには、カチョカヴァッロのように、牛乳製が多い中、
このチーズは、羊乳製なのである。
ヴァッレ・デル・ヴェリーチェと言う品種の羊さんのミルクから造られるのね。


羊さんのミルクから造られるチーズが大好き!
パスタ・フィラータのチーズも大好き!


大好き + 大好き = 昇天しそうなくらい好き~


そんな方程式を期待して、いざ、焼いてみます。


b0129725_19280398.jpg


冬場は、ストーブの上で、焼けちゃうのが便利だわん。



b0129725_19285313.jpg

焼けたチーズの香りが充満してきました。
この香りだけで、バゲット2本食べられそう。


b0129725_19302860.jpg

032.gif 昇天しました。



良く溶け、固くなりづらいので、オーブン料理にも、その秘めたる実力を発揮します。


b0129725_19332907.jpg
また我が家にやって来てね♪



[PR]
by miccahang | 2015-02-27 19:39 | ・イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(2)
シチリアチーズ3種類のうち、2つは、やっと出逢えたチーズでした。

「シチリアで買って来てねリスト」に入れる事、1年半!
ようやく買えた念願のチーズ。

シチリア産のチーズなのに、シチリアでも、なっかなか売ってないのであった。

b0129725_00110037.jpg

まずは、ピアチェンティヌ・エンネーゼというチーズから♪

b0129725_14333982.jpg

これまで、ラグーサとタオルミーナなどの都会の市場で探してくれたのだけど、
「エンナのチーズだよね、無いね~」と言われたそうなのである。

いくらシチリア島が大きい島だと言ったって、同じ島の中で作られているチーズくらいあるだろうと、日本人的には考えちゃうけどね。


今回は、ラグーサの大きなチーズ屋さんで、あっさり見つかったそうである。


b0129725_14422435.jpg


シチリア島固有種の羊さんのミルクに、エンナ県辺りに自生しているサフランを加えて、作られる。
黒いツブツブは、胡椒です。


コレ、モレッティのグランクリュと合うんじゃないかなぁと思いまして、ワクワク。


b0129725_14472195.jpg

わたくし、このチーズ、ただ、色づけ程度にサフランを入れているだけなんじゃないかと、思っていたんです。

ところが!

封を開けた瞬間から、サフランの香りが漂っていましたが、
ひとくち食べたら、
「サフランの味がする~~!」
にゃお氏と二人、感嘆の声を上げちゃいました。


b0129725_14584258.jpg

チーズ + サフラン = ミラノ風リゾット味
って感じの風味です。


美味しいな~。
こんなに美味しいのに全国区で売られてないのはナゼ?


サフランが高いから、このチーズもお値段高め。
だからなんじゃないかしらッ!?(勝手に想像してみた)





モレッティのグランクリュ、すごく美味しかった。
濁ってますね♪

b0129725_15053373.jpg








サフランの風味が繊細なので、赤ワインよりも白ワインの方が合いそう。
ってことで、翌日は、白ワインと合わせてみました。


b0129725_15081093.jpg




[PR]
by miccahang | 2014-12-08 15:18 | ・イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(4)

南イタリア土産

にゃお氏の南イタリア出張土産。
チーズ達沢山。わぁ~い♪

b0129725_23080087.jpg

まずは、このセットで。

b0129725_23094573.jpg


いつみても、アナタ、キュートですねぇ♪


b0129725_23105902.jpg

機械で作ると、この綴じ目が直線になるそうで、手作業で練って引きちぎると、綴じ目がV字になるんですってよ。
これは、ん~、どっちでしょう?


でも、ムラがなくて、美しい断面でした。

b0129725_23144433.jpg

たっぷり乗せて焼きます~


b0129725_23155279.jpg

にゃお氏、ネコの額の様な我が家の庭に、ピザ窯を設置したいと言い始めました。
(実現する時は、ボラさんのご主人にお願いしようかしら^^)

b0129725_23182670.jpg
水牛さんのモッツァレラは、美味し過ぎますね。


072.gif


とある村にあるチーズ工房で購入のバター。

b0129725_23211985.jpg
以前、山羊さんのバターを購入した時、と同じ工房で、今度は、牛さん。
ふわふわのバターでお気に入り。

こちらは、スーパで。
一回分づつ小分けになっていて、使いやすい~

b0129725_23250238.jpg

072.gif


ヴェンキの塩とアーモンドのチョコレート&キンボのカフェポッド


b0129725_23263919.jpg

カカオ率が高くて苦めで、チョコレート食べてるな!って言う満足感が高い!

ショコラショーに、しちゃいまショー。

b0129725_23300980.jpg

知人からもらった、プラハ土産のフランツ・カフカのマグカップで。結構お気に入り。
冬のプラハに行ってみたいな~

b0129725_23325229.jpg

072.gif

南イタリアを代表する品種のワイン達。

b0129725_23375978.jpg
ワインの勉強会で初めて飲んで気に入った「プリミティーボ」
そんな品種がある事もモチロン知りませんでした~

なんでも、アメリカの「ジンファンデル」と同一品種だという事が判ったのだとか。
南イタリアはプーリア州とアメリカのカリフォルニア州。
そんなに離れているのに同一品種だなんて不思議だなぁ~




[PR]
by miccahang | 2014-11-26 23:52 | ・イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(8)
にゃお氏が久々に、ミラノへ行くと聞けば、

ペック行くよね? (期待)
ペック行くよね? (願望)
ペック行・く・よ・ね!? (強制)


まず、確認したい事項である。



そして、買って来てもらったのは、コレ!
マスカルポーネ~♪

b0129725_22093901.jpg

以前買って来てもらって、 その美味しさに度肝を抜かれた!

ガルバーニのモノでも充分に美味しいと思っていたけど、ケタ違いの美味しさでした。
ペック自社製で、毎日仕込んでいるそうなんですよね!


ペックの店頭。
今マサに、店員さんがすくっているのが、マスカルポーネ。

b0129725_22150859.jpg


やっぱり、ティラミス作らなきゃ。

フィンガービスケットとマルサラも合わせて購入(ペックではない)ティラミスセットだな。
にゃお氏も、エスプレッソを淹れたり、混ぜ係りとして、参加。

b0129725_22172459.jpg


ティラミスに使うエスプレッソは、KIMBOと決めている。
カフェポッドも残り少なかったので、補充~

b0129725_22185206.jpg

エスプレッソのイイ香り~


b0129725_22194721.jpg

素材が違うと、一段と美味しい。


b0129725_22204409.jpg




072.gif



そして、そして!
大好きなコレ!
ぁ~、逢いたかったぞー!(前回はこんな感じ→

b0129725_22251260.jpg

マスカルポーネとゴルゴンゾーラを層にして重ねたチーズ♪
逢いたかったぞーー!

層が不揃いな所が、手作りっぽくて、いい~。
もちろん↑自社製のマスカルポーネ使用。


b0129725_22313810.jpg

ゴルゴンゾーラ部分が分厚くて良いのだけど、青カビさんの入り方が少な~い!
もっと、モサモサ、青カビさん生えてる部分が好きなのよね~。

ピリピリ感が物足りない。



ブルーチーズには、甘口のワインよね!
だいぶ前に買って、ずっと冷蔵庫に入っていた、ソーテルヌ。
ようやく、アナタ、出番です。


b0129725_22342360.jpg

幸せ。


072.gif


ビックリ、バローロがお土産053.gif


b0129725_22411277.jpg

マルサラもティラミスには20~30ccしか使わないので、残りと言うか、
ほとんど全部だな、食後酒に、飲んじゃいます。
[PR]
by miccahang | 2014-10-31 22:49 | ・イタリアのチーズ達 | Comments(6)
イタリア出張のにゃお氏。
チーズ屋さんで、どっさりチーズを買うと・・・
オマケにリコッタチーズを頂いた!

かつて、こんなに嬉しいオマケがあっただろうか?
否!無い!

ボッコンチーニを1おたま分、買う。
その手前、ザルに入っているリコッタチーズ。
コレをオマケでもらったようである♪
b0129725_14051707.jpg

リコッタチーズは、賞味期限が短く、足が速い。
帰国日の前日に貰って、ホテルの冷蔵庫で冷やして、スーツケースへ。


b0129725_14183902.jpg
傷んでませんように~ドキドキしながら開封。
大丈夫でした!


600gあったので、かなり食べ甲斐ありました。
嬉し過ぎる~~~!


b0129725_14210871.jpg

ふわふわ~~。

b0129725_14230181.jpg

オリーブオイルで頂きました。


072.gif



追熟中の洋梨。
まだ硬かったので、コンポートを作ってみた。


b0129725_11015060.jpg


それにリコッタチーズを添えてみました。


b0129725_10581411.jpg


ん~♪意外!
合う~♪
これもアリですな♪


072.gif




ワインのお土産~。
サフランを加えて、ミラノ風リゾットを作ってみた~。
イタリアから帰って来て更にイタリア食が続いても平気なにゃお氏。



b0129725_11152353.jpg

ランブルスコみたいにチョコッと発泡してました。



072.gif




あと2本違う品種のワイン~
楽しみだな~。


b0129725_11052989.jpg



[PR]
by miccahang | 2014-10-19 11:51 | ・イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(2)

うれしいチーズ

上期最後の出張は、イタリアだった、にゃお氏。
イタリアは、買って来てねリストがロングになっちゃう国デス。

でも、買えたのは、コレ + モロモロ。
シゴトで行ってるんだから、仕方ないよね~



b0129725_22555870.jpg

コレが買えたから、本人も満足。アタシも満足。

b0129725_22574711.jpg
サラダ用、バルサミコ。
これくらいの熟成具合がサラダにはピッタりなのよね。

そして、待望の、このチーズ!

b0129725_23023540.jpg

いや~~~ん!!
超・うれしい!


ヴェニス近郊へ行ったので、ベネト州のチーズを。
すっごくすっごく食べてみたかったチーズ。


もっちり、むちむち


ん~、初めて食べる事が出来ました!
コレ、良いよ!
万人受けするんじゃないかな~って感じの、クセが全くない、むちむちしたチーズ。



イタリアには、こういう、日本人的に食べやすいチーズが、いっぱいあるのに、なかなか入ってこない。
もうちょっと、販路が整えば良いのにな~


よーし、そこの販路をアタシが切り開く!
なんてね、そんな事がアッサリ出来たら、苦も無いですな。


072.gif


上期の出張が一段落ついたので、
夏休みのスペイン旅行へ向けて、ゴー!
出発まで、あと、10日ちょっとです♪

最初の3泊までは、わたしの行きたい所、にゃお氏の行かなければならない所で、
宿が決まりました。
あとは、気の向くまま、ゴーショウです。

でも、最後は、バルセロナで行きたい所があるし、
そろそろ、バルセロナでの泊数を決めて、宿を取らないとな。
車があるので、駐車場のあるホテル、バルセロナでの宿は、なかなか難儀してます。

072.gif


大好きな番組のテーマソングに乗って、スペイン気分盛り上がります
カタルーニャ編↓










[PR]
by miccahang | 2014-06-27 23:49 | ・イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(15)
500gのマスカルポーネ。
半分は、ティラミスに。
残りは、パスタに使いましょ♪


072.gif



トマト農家の友人から貰ったトマトがかなり完熟して来たので、それも使って、パスタのソース作ります。
パンチェッタを炒めて、トマトを入れて、マスカルポーネ、塩・胡椒で整えるだけの、簡単ソース。


ソースが濃厚なので、パスタは、細麺でなく、幅広のパッパルデッレが良さそうです。
我が家の、ハイテクパスタマシーンで打ちました♪

※包丁で切った方が早いんじゃ・・・なんて無粋な事は言ってはイケナイんです

b0129725_23292875.jpg
機械に頼らず延ばすワタシとしては、薄く延ばすのが、まず、難儀です。

イタリアのレストランで、テーブルクロスと見紛うくらい薄く延ばされたパスタ生地を見て、度肝を抜かれた事がありました。
アレ、素人には、無理な薄さです。

b0129725_23330272.jpg

美味し過ぎるんですよ~。
マスカルポーネのほのかな酸味、トマトのフレッシュな酸味があるので、全然くどくないです。
パスタソースのキモは、やっぱり、チーズですな!!
[PR]
by miccahang | 2014-05-05 21:05 | ・イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(6)
イタリアでマスカルポーネを買って来てもらった。
どどんと、500g入りのモノ。

b0129725_22411355.jpg
ティラミス1回分は、250gをたっぷり使って。

今日は卵白がうまく行った~。
これも、テンションが上がる一因。

b0129725_22442330.jpg

ティラミス、って、ワタシを引っ張り上げて~、ワタシを元気にして!
って、意味なんですってよ♪

チョコレートを削って、振りかけて、冷やします。

b0129725_22463106.jpg
以前は、ココアパウダーを振りかけて、冷やしてたのだけど、
最近は、食べる直前に、振りかけてます。

良い出来かな♪ って、自画自賛(笑)

b0129725_22484936.jpg

8年くらい前に、バジリカータの、とある村の素敵なレストランで。
ココアパウダーが、フォークの形になってて♪
素敵だったので、マネッ子してます。

b0129725_22475029.jpg



[PR]
by miccahang | 2014-05-03 22:54 | ・イタリアのチーズ達 | Trackback | Comments(5)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30