カテゴリ:・フランスのチーズ達( 39 )

小粒でカワイイ、シェーブルチーズ。
その名前がどうにもカワイイんだけど、風貌もキュートよ。
b0129725_13385721.jpg

しっかり3ヶ月熟成のデュルフィ(左)と、熟成期間の短いフレ(右)
熟成期間が長いと、水分が抜けて、身が締まり、ひとまわり小さくなってます。
b0129725_1339181.jpg

デュルフィは、びっしりと、青カビに覆われていて、
香りをかぐと、どこかで嗅いだ事のあるような香り。

なんだろう!なんだろう!
紐解いていくと!

はっちゃけた056.gif

クラテッロの貯蔵庫を見学させてもらった時の蔵の香りにそっくり!

早速食べ比べてみたよ。
この二つ、絶対にフレの方が好みだろうと思っていたのだけど、
デュルフィの方が、気に入った!

角が取れた丸い味わいの後に、ピリッと刺激が来る二段戦法!
栗のような、丸い味わいなの!

どちらも一個2ユーロ弱。
ヴァンスのチーズ屋さんにて購入。
[PR]
by miccahang | 2012-06-30 12:27 | ・フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(7)
フランスで最も愛されているチーズ、コンテ。
わたくしも、24ヶ月モノを食して、あまりの美味しさに、
とてもうなずけるキャッチフレーズだなと思いました。

前回(コンテ①コンテ②)熟成が若い物と24ヶ月の物を食べ比べて、
後者が断然好きになった056.gif
今回も、24ヶ月モノをリクエスト。
ヴァンスのチーズ屋さんにて購入(29.9ユーロ/kg)
600gあります。
b0129725_11233127.jpg

まずは、料理に使わず、そのまま、頂く。
なんでしょう?
24ヶ月も熟成してるのに、どことなくフレッシュ。
甘みがあって、石焼芋みたいな甘さを感じる~。
アミノ酸のジャリジャリ感が出てきそうなものですが、それはナシ。
これは、誰が食べても、絶対美味しいと言うに違いない!チーズですね!

さて、コンテのHPには、色々なレシピが載っていまして、見ているだけで、楽しいの056.gif

中でも、「コンテときのこのパイ包み焼き」 が美味しそうよ~。
材料を見ると、我が家に全部ある!
今すぐ出来るじゃない!

ぇぇ、ぇぇ、今の季節に全然そぐわないですわね。
24ヶ月モノをお料理に使ってしまうのが勿体無いけど、
でも、いいの、作ってみましたヮ♪

こんりえちゃんの結婚式の引き出物で頂いた、ル・クルーゼのココット♪
祝!初使用♪
b0129725_11394377.jpg

かわいいわ~~。
焼きますよ~~。

若干パイシートが小さかった。
b0129725_1141619.jpg

ありゃ~、パイがイマイチ、膨らみませんでした~。

でもでもでも!!!
美味し過ぎる!
そして、ものすごく簡単なレシピだというのが、とても良い056.gif

あ!でも、レシピ通りに「しょうゆ」を入れたのだけど、
しょう油、入れない方がいいかも、と思いました。

ぁぁコンテ056.gif大好きです~。
[PR]
by miccahang | 2012-06-10 12:01 | ・フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(2)
わたくしの入院中に、フランスへと旅立ったにゃお氏。
いつもだと、アレ買って来てリスト作りに余念が無いのだけど、
今回は、時間がなかったので、オーソドックスな物を、口頭で伝える。

初夏のフランスと言えば!
山羊さんのチーズが美味しい時季ですわね056.gif
迷わず、クロタンを所望しました!

このカワユイ風貌がたまりません!
b0129725_187536.jpg

直径6cm程で、高さは3~4cm。
手のひらにちょこんと乗っけたりして、
愛おしさを楽しむ。
「小さな馬糞」という、愛称があるそうですワ037.gif

クロタンが有名になったのは、
パリのカフェでサラダにアレンジされたのがきっかけだったそう。
軽くトーストしたバゲットの上に輪切りにしたクロタンを乗せて、オーブンで軽く焼く。
これをフレッシュサラダと盛り合わせたのが人気を博したのだそうですヨ。

って、ことで、倣って見ました。
b0129725_18125011.jpg

ちょっと加熱すると、山羊乳のチーズでも、すっごく食べやすくなる!
以前食べたサント・モール・ド・トゥーレーヌよりも更に、ピリッと感がなくて、
非常にまろやかで、フレッシュでした~。

ヴァンスのチーズ屋さんで、1個2ユーロ!
なんて羨ましいのだ~~072.gif
[PR]
by miccahang | 2012-06-05 18:27 | ・フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(4)
コンテのHPには、コンテを使ったレシピがふんだんに掲載されていて、どれも美味しそう056.gif

中でも、コンテのチーズフォンデュ「フォンデュ・コントワーズ」を是非とも試してみたい!
「コントワーズ」って響きが何ともカッチョ良いし(ただのミーハー)。

他のチーズフォンデュのレシピとも違っていて、興味深い。
ポートワイン(ルビーポート)を使う事と、オーブンで焼く点。

ワイン色のルビーポートを使うと仕上がりが、どうなっちゃうの?読めませんでしたが、
レシピの写真通りの出来上がり。(レシピこちら→コンテHPへ)
b0129725_10114569.jpg

見た目、イマイチですが、イイ香り~~016.gif

脂肪分とチーズ本体が分離し、黄色く液状になった部分は脂分で、浮き、
チーズ本体は、タロイモで作るポイみたいな色合いで、トロトロに。

コンテ自体は、割とあっさりしてるのに、ルビーポートが入ると、かなり濃厚。
野菜とは、ちょっと合わない感じ。バケットに付けるとサイコー072.gif
b0129725_10125290.jpg

固まる前に食べなきゃ~011.gif
忙しい、忙しい。

今回の発見は、オーブンで焼くと言うこと。新しい。
更に、フォンデュ用鍋の固形燃料を買うのが面倒だったので、
今後は、オーブンで焼く!これで行こうと思う。
b0129725_10141450.jpg


にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2011-05-24 10:14 | ・フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(2)

コンテ① 食べ比べ編

にゃお氏、久しぶりのフランス072.gif
ちょっと、やってみたかった、コンテの食べ比べ。

コンテの日本語のホームページが有るあたり、
フランスのプロモーションの素晴らしさですよね056.gif

4ヶ月以上熟成されるコンテですが、4ヶ月・6ヶ月・12ヶ月・18ヶ月・24ヶ月。
そのうち、若い物と熟成された物の二種類をオーダー。

まずは、モノプリで探すも、4ヶ月しか売ってなかったそうで、
とりあえず、ワカモノを。15.1ユーロ/Kg
b0129725_0564627.jpg


サンジェルマンのマルシェにて、24ヶ月モノを。24.0ユーロ/Kg
b0129725_144425.jpg

チーズプロフェッショナル協会のサイトにコンテの評価システムとラベルが変わった記事がありましたが、
エキストラの区分を廃止したそう。
新しいラベルには、EUのAOPマークが追加表示されるようになったそう。

ぐしゃっとなっとりますが、かろうじて、黄色のAOPマークが解かります。
b0129725_163622.jpg

包み紙がオシャレ056.gif


スライスして、食べ比べ~。
b0129725_172560.jpg


4ヶ月は、朝食のパンに、生ハムと一緒に挟みたい感じ。
もっちりと柔らかく、牛乳のチーズの優しい風味。
そのまま食べるより、肉類と合わせると良さそう。

24ヶ月は、香りが甘い。
熟成が深いわりに、硬くなく、アミノ酸のジャリジャリ感も少なめ。
お酒のアテにするには、こっちでしょうな~。
クセが全くなく、しょっぱくもなく、誰からも好まれそう。
ただ、こちらも塩っけがすくなく食べやすいので、どんどん食べちゃう037.gif

フランスで最も愛されてるチーズは、意外にも、あっさり、さっぱり系でした。

コンテ②へ続く。
b0129725_1232399.jpg


にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2011-05-23 01:25 | ・フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(0)
まぁー、どーしようもなく、覚えられない名前ダス。

山羊のチーズは、ちょっと前は、全然食べられなかったのだけど、
イキナリ!食べれるようになったかと、思えば、すっかり病みつき!
b0129725_23523780.jpg

やっぱ、コク、だね。
あっさり、より、コク、だね。

人生、コク、ですわね。

こちらは、山羊のチーズの中でも、比較的やさしい風味で、食べやすい。

アイスキャンデーの様に真ん中を貫くのは「藁」。
意外と柔らかくてビックリ。
お役目は、いろいろあるみたいです。

チーズは、食べ方が問題だよね。
もちろん、そのまま食べて美味しいのもあるけど、ベストな食べ方を模索したい。

シェーブルといえば、焼いて、ナッツとオリーブオイルで食べるサラダが、
思い浮かぶ。


ナッツは、八街産のピーナッツがあったので(千葉県民には常備させたい!)
鞘から出して、砕いてパラリ。

チーズもオーブンで焼いて。

ワォ!

おパリのカフェで頂くランチみたい!(にゃおうじ絶賛056.gif

美味しかったなー。
パリのモノプリで、5ユーロ前後だったと思う。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2010-10-07 00:04 | ・フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(6)
コルシカ島のチーズで、フルール・デュ・マキというのがある。

b0129725_14514196.jpg


潅木(マキ)に咲く花、という意味のチーズ。
というのは、商品名のようで、姉妹品に「サヴール・ドゥ・マキ」というのもあるらしい。

羊乳のチーズで、乾燥したローズマリー等のハーブ、唐辛子が覆う。

かなりさっぱり系。
ハーブの風味が浸透し、チーズの風味があまり感じられない。

そのまま食べるには、ちょっと厳しい系(飽きる)。

ラタトゥユをたっぶり作った翌日は、ゴハンを入れて、
エダムかゴーダを乗せてオーブンで焼くのだが、
今回は、こちらを乗せて焼いてみた。
b0129725_14521176.jpg


見事にマッチング!

ハーブの風味の効いた、イイ感じになった。

チーズの食べ方に困ったら、兎に角、焼く!
これに尽きるね!
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2010-10-05 14:55 | ・フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(2)
b0129725_0103211.jpg

コルシカ島で唯一、A.O.Pを取得しているチーズ、ブローッチュ。

容器は二重になっていて、内側は、カゴ状になっている。
保冷材を持たせた甲斐があったのか、
朝、コルシカのスーパーで購入、パリで9時間程過ごし、AFの午後便で帰国。
なんとか、もちこたえました!

少々、水分が抜け、ポロポロ感が増しましたが、美味しくいただけました。

前回の、ポルトガルの生チーズより塩分を感じ、コルシカの蜂蜜をかけると、
塩分と糖分のバランスが、めっちゃうまい。

「生」ゆえ、早く食べなければという、ケツカッチンの焦りから、
料理に使う術を思いつかなかったが、
ラビオリの具にしても良かったなー!

今更ながらに思うのであった。

はちまきを巻いた『ムーア人の横顔』 は、フランスのコルシカ島とイタリアのサルデーニャ島の旗になっている。
コルシカ産の加工品には、このマークが付されている事が多く、地元の愛を感じた。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2010-06-21 00:19 | ・フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(6)
ロックフォール。羊乳のニクイヤツ。
大好物だぁ~。

久々に海浜幕張へ行ったので、カルフールでロックフォールを買わずして、
この地を去れるかと、勇んで乗り込む。

しかしながら、カルフールが撤退してジャスコが後継するようになってから、
カルフール自体、セコくなったのは否めない。

仕方が無いのかもしれないけれど、
ローストチキンもワインもパンもチーズも価格が上がったし、質が落ちた。

カルフールがフランス資本だった時は、なんと!
ロックフォール、100g500円以内で買えたのだ。
今から思えば、これはスゴイ事だったな~と思う。

今日行ってみたら、 なんですって!100gで898円!?
また値上がりしとるやんけ~!

b0129725_18184574.jpgカビがいっぱいあるヤツを吟味して選び抜く。家の近所のパン屋さんでバゲットを購入し、ワインのアテにしたらサイコーですわ~ん♪

[チーズ] ブログ村キーワード
[PR]
by miccahang | 2009-01-13 18:32 | ・フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(11)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30