カテゴリ:・ Chiba( 22 )

お待ちかねの夕食です。
部屋出しではなく、食事処です。
b0129725_14534345.jpg

半個室なので、ワサワサしてなくて、ゆっくり楽しめました。
※写真は、ROKUZA HPよりお借りしました。
b0129725_14581035.jpg

こちらのお宿は、もともと、南房総の網元の漁師さん。

   その日の料理に使う魚を
    自分の網で、自分の船で
       獲ってくるという究極の地産地消スタイルを今でも貫いています


なんという、徹底したこだわり。とっても楽しみ。
b0129725_15122218.jpg

寒鰤 大根西京煮       白子豆腐
b0129725_15142659.jpg

直営定置網 朝獲れ地魚大漁鉢盛り     伊勢海老
b0129725_1519578.jpg

・千葉県は御宿 岩の井 山廃仕込
・長野県 豊香 純米吟醸原酒生
どちらも、コクがあって、美味しかった053.gif
b0129725_15342289.jpg

鮫皮でおろすと、山葵がねっとりと滑らか。
b0129725_15395870.jpg

バターとお酒で蒸された鮑。やわらか~。
b0129725_1541431.jpg

前菜8品   ローストビーフ(写真がイマイチ美味しそうに撮れていない・・・)
b0129725_15422248.jpg

ルバーブのソルベ  おいしッ!
b0129725_15425755.jpg

館山といえば、キンメダイの煮付けでしょう!
わたしが、目玉をパクッと食べたら、驚きおののくにゃお氏。
b0129725_1544276.jpg

ナマコの酢の物撮り忘れましたが、ナマコ好きには堪らないデス。
ふぐご飯。
ご飯は、2合あり、食べきれない分は、おにぎりにしてもらえました。
b0129725_15455559.jpg

ヨーグルトのようなさっぱりした牛乳のアイスを求肥で包んで、イチゴのソースを。

バーへ移動。
シーサイド(バーテンさん気まぐれカクテル)
ロイヤルサルート 21年
b0129725_15485170.jpg


大満足のお食事でした056.gif

お部屋編へ →
朝食編へ → 

にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2013-02-06 15:56 | ・ Chiba | Trackback | Comments(2)
2月は、我が家の結婚記念日月間056.gif1泊旅行に行って来ました。

南房総は、館山にある、お宿です。

ROKUZA HP→へ

にゃお氏が探したのだけど、とってもステキ~~。
コンフォートツイン、露天風呂付きのお部屋。
厳選いいお宿プランにて泊まって来ました。

・ 伊勢海老とあわび付き
・ キンメダイの煮付け付き
・ バーにて、1ドリンクサービス
・ バーにて、特製パフェサービス


あらん♪ ステキ。

県内に住んでいるとは言え、館山は、ちょっと遠いので、旅気分味わえます。
15時のチェックインと同時に伺いました。

モダンな雰囲気が好みのタイプだわん。
b0129725_16502026.jpg

ウェルカムドリンクとパティシエ特製の生チョコ
b0129725_164432100.jpg

ラウンジとってもステキ。ステキな本を見つけたようで、読みふけるにゃお氏。
b0129725_16455281.jpg

プールもあるけど、もちろん泳げません~。
(でも、もしかして、何か想像もしない仕掛けがあって、入れるのでは?水着を一応持って行きました^^;)
b0129725_16475217.jpg

お部屋も広い~、52㎡。
b0129725_16521579.jpg

物凄く寝やすい!
ゴロゴロ寝返りを打つタイプのアタシですが、夜寝たまんまの姿勢で翌朝起きた、素晴らしきベッド。
b0129725_16532729.jpg

床暖房が入ってて、ぬくぬく。
b0129725_1715821.jpg

シャワーブースにも床暖房が入ってる~~。
このシャワー、ポールの部分からもシャワーが出る。
イタリアのステキホテルで何度か見掛けた事があるのだけど、
だいたい壊れてて、出ないのよね。
こちらは、しっかり使えました。
b0129725_1715443.jpg

部屋の露天風呂。目隠しで景色はあんまり臨めないけど、開放感、あります。
b0129725_16544888.jpg

早速、入りました。
つい、「極楽~」とクチを突いて出る年頃になって来たかも。

あと、嬉しいのが、冷蔵庫のドリンクがフリーだった事。
しかも、ハートランドビールが冷えていました056.gif
b0129725_16593480.jpg

夕食を満喫する為、お部屋に用意されていたスイーツは、持ち帰る事に。
b0129725_1715240.jpg

ちょっと、アマンリゾートっぽいなと、思ったのが、お部屋に用意されたカゴバッグ。
食事の時など、結構、持ち歩きましたわ。
b0129725_176384.jpg

浴衣を色々選べたので、ちょっとシブイ柄を選択。
男性は、作務衣に上着。
これが、どうも、アタシには、海原雄山(美味しんぼより)に見えて仕方が無く、
滞在中は、「海原雄山」と呼んでいました。
b0129725_1781844.jpgb0129725_1783095.jpg

ライトアップされたプールってロマンチックよね。
b0129725_1714975.jpg

b0129725_17185677.jpg


夕食編へ →
朝食編へ → 


にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2013-02-05 17:19 | ・ Chiba | Trackback | Comments(2)
小江戸佐原へ、どぶろくを買いに行ってきた~。

久しぶりの訪問だった佐原。
3.11で古い家屋にダメージがあり、工事をしている御宅が多数ありました。
また元の美しい町が戻るといいな~。
b0129725_14353596.jpg


伺った酒蔵は、東薫酒造
ご主人が、酒蔵を案内してくれ、社会科見学気分。

大きなタンク~。
一升瓶3710本分011.gif
蔵付きの菌が住んでますネ056.gif
b0129725_14403233.jpg

二階に上がる。
タンクの蓋をパカっとな開けて様子を確認。
b0129725_1443223.jpg

手絞りの機械。これを船と呼ぶそう。
じっくりゆっくり絞り出すお酒は、特級品~~♪
b0129725_1448288.jpg

機械絞りの物もやっぱり船なんだそう。
b0129725_1450639.jpg

丁度、にごり酒を瓶詰め中!!
b0129725_1451362.jpg

楽しい~~~!
でも、めっちゃ寒い~~!
大変な作業だわん。
有り難く頂かなくちゃ!

こちらでは、にごり酒が出荷出来る体制になったら、新しい杉玉を掲げるそう。
にごり酒にはちょっと早かった!(また買いに来ないと^^)

エッヘヘー056.gif
色々、利き酒。
b0129725_145512.jpg

どぶろく、美味し過ぎる~~。
1杯300円の『叶』という大吟醸も試飲。
しみじみ、美味しい。
この2本を買い求めた。

どぶろくは、要冷蔵・横倒し禁止なので、用意して行ったクーラーボックスの特等席に座らせて、持ち帰り。

現地で試飲出来なかったにゃお氏、帰宅するや否や、「飲むー」と言うので、じゃあ、アタシも037.gif
b0129725_1459593.jpg

つぶつぶ感とトロトロ感にヨダレ出ちゃう。
b0129725_1531735.jpg

酵母がぷくぷくとイキイキ生きてます。
お肌と腸の働きに効く~~。
b0129725_1514574.jpg

一週間くらいで呑みきった方が良いと聞いて来たのだけど、あっという間に、2日でペロリでした。

大吟醸『叶』
一番小さな瓶にしました。
b0129725_15165170.jpg



にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2012-12-26 15:24 | ・ Chiba | Trackback | Comments(0)
岩合光昭さんの写真展『いぬ』を見に行ってきたワン056.gif

東武百貨店 船橋店
2012年12月30日まで開催

チケットが骨のカタチでかわゆい。
b0129725_23434264.jpg

もぅ、メロメロでした。
仔犬の写真ばかりでなく、ワンコの人柄(?)が滲み出る写真や、
風景に欠かせない存在になっている写真や。
風景写真としてもステキでした。

気に入った写真のポストカードも買ったちゃ056.gif
なんて、凛々しいんでしょ。
b0129725_23455542.jpg

[PR]
by miccahang | 2012-12-22 23:49 | ・ Chiba | Trackback | Comments(0)
千葉県は、日本における酪農発祥の地なんですって♪
とっても意外!

チーズ工場見学が楽しくて仕方がないワタクシ。
我が千葉県に真面目にチーズ作りをしてらっしゃる小さな工房があると聞けば、
行かずにおれず、使命にも似た思いに駆られ、チーズ工房見学第三弾に行って来ました!
(過去の見学 パルミジャーノ前編 ・ 後編  / エストレーラチーズ編


チーズ工房IKAGAWA さんです。


056.gif056.gif056.gif



のどか~~な田舎道を走っていると、「チーズ工房IKAGAWA」さんの小さな看板が有り、
迷うことなく着けました。

ステキな、日本の農家の御宅。
b0129725_15505100.jpg

日本家屋には柿が一番似合うよね!
b0129725_15515560.jpg

落とす影までカワユイの。
b0129725_15524797.jpg

チーズとのご対面前に、既に、ステキな家屋に色めき立つワタクシ。


056.gif056.gif056.gif


ご主人の五十川さんは、スイスでチーズ作りを勉強されたそう。
「40で、言葉も解からず、行ったんです。どうです?今からやりませんか?」(笑)

チーズを食べる側から、作る側へ。そうそうカジュアルに転向出来るもんじゃぁ、ありません041.gif
でも、五十川さんのお話を伺っていると、出来そうな気持ちになってしまうから不思議です。

ムチュリという、ウォッシュタイプのチーズがこちらの工房の看板商品♪

そのチーズの熟成庫を、裏山の岩山を掘って、作ってしまったと言うのだから驚いてしまいます。
日本で、天然の熟成庫で熟成させてるチーズは、なかなかないでしょうね!

「わ~~~、見た~~~い」
「うーん、今、熟成中だから、ちょこっと覗くだけネ」
という事で、見せていただきました。

ここの岩山は、水分を含んだ岩質で、熟成するのにとても環境が良いそうです。
b0129725_1641297.jpg

熟成庫への入口。
二重構造の扉になっていて、外からの雑菌が入らない工夫。
b0129725_1651359.jpg

かわいいチーズがならんでる!
b0129725_1662012.jpg

うっすらと、ピンク色ともオレンジ色とも言えないようなかわいい色になって来てます。
かわいいいい!
b0129725_1664066.jpg

年明けには、出荷できる頃あいになるそうです。

1ホール予約して来ました066.gif
食べごろになったら、連絡を頂けるので、楽しみです。

こちらでは、牛さんを放牧しているそうで、逢いに行ってみました。
b0129725_1610254.jpg

のんびり、のびのびとしてました♪

チーズ工房見学、楽しかった~。
軽々しく「見た~~い」って言ってしまったけど、見せていただけて、本当にラッキーでした。

すぐに食べたいので、フレッシュチーズを4種類買い求めたので、つづく・・・・


『首都圏産直ガイド』でも紹介されたそうです!
面白そうな本です。
b0129725_15572960.jpg



購入したフレッシュチーズを楽しんだ記事へ→
『ムチュリ』を楽しんだ記事へ→

にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2012-12-13 19:14 | ・ Chiba | Trackback | Comments(2)

暴走しない汽車と田んぼ

千葉県も田植えの季節になりましたワ。

この季節、緑が美しいし、田んぼの営みがステキですわネ056.gif

暴走をのんびり走る汽車、小湊鉄道と、田んぼをテーマに、ドライブに出かけました。

シブ過ぎる、上総川間駅をターゲットにキメ、待ちます。
b0129725_23452823.jpg

一時間に一本の電車ですが、上下線があるので、なかなか忙しい。
b0129725_23595153.jpg

この駅は、写真愛好家、電車愛好家、が好む駅みたいで、玄人さん達がいっぱい来ていて、
いろいろ、教えてもらう事がいっぱい。ありがたや~~。

でも、好きに撮るのがいいよ、って、教えを鑑みてみたけど、なかなか難しい。
b0129725_23541141.jpg

私的には、田んぼの稲のうねうねとローカル電車が撮れたらから満足056.gif

んん056.gif
b0129725_013314.jpg

臨場感あります~056.gif
b0129725_01515.jpg

電車が来るまで、本を読んだり、ほんのりうたた寝したり056.gif

お昼にお腹がすいて、近くの食堂に。
b0129725_0103684.jpg

もうちっとインフォメーションしてくれると、ありがたいね!

おいしい定食は、朝取りの「自然薯とろろ定食」だったのだ。
自然薯、美味しい~。
それもさることながら、付け合せの、筍の煮付けと、筍の子の味噌汁が絶品!

美味しいな~~。


すると、竹の子、持って行って~~、と、3本も頂く。


これは、めちゃうれしい!

近所の精米所で持ち帰り自由のぬかを頂いて、炊いてみたよ。
b0129725_02989.jpg

むむ!アク抜きが上手くやれなかったーー!
うまいこと、やれるようになりたいな~。
[PR]
by miccahang | 2012-05-07 00:35 | ・ Chiba | Trackback | Comments(2)

黒湯に癒される~

養老温泉に浸かろうじゃないかと、思い立って、出掛ける。

房総は、ほんとに田舎で、ステキなのである。

線路がいいね~なんて車を停めて歩き出したら、
「チンチンチンチン」
鈴を手動で鳴らしている様な踏み切りの音が。


b0129725_0585343.jpg

カンカンカンの音じゃないのであった。

一両編成の小湊鉄道、シブ過ぎるんだよね~。

b0129725_1371415.jpg

b0129725_1374074.jpg

里山のこんな一風景も、好きなんだよね~(田舎好き~056.gif


まひなと何度か行ってる「ごりやくの湯」は無色の温泉なのだけど、
有色の温泉に行こうと、「福水」へ。

濃い茶褐色、黒湯と言われる温泉で、
湯上りがぬるっと、し過ぎない、やわらかいお湯で感じが良かった~。

b0129725_114521.jpg

b0129725_1173258.jpg

b0129725_122414.jpg

タジン鍋のような、脱衣カゴがかわいかった!

難点を言えば、家族風呂・露天風呂・大浴場とあるのだが、
それぞれが独立していて、いちいち着替えて、移動しなければならない点。
これは、ちと、めんどくさいかな。

んまー、あたし達は、あれば、全部入りたくなっちゃうから、
めんどうくさいって、なっちゃうけど、
ハシゴしなければ、全然オッケーだに!
(となると、露天風呂が風景が一番良かったかな)
[PR]
by miccahang | 2012-01-10 01:43 | ・ Chiba | Trackback | Comments(4)
南房総の鋸南町へ、水仙の香りを頂きに。

水仙って、冬のお花なんですね!
知らなかった〜!

まずは、鋸南駅前にある観光案内所へ。
伺ったのが大晦日だったので、お休み!
地図などを頂きたかったのですが、残念。

落胆していると、気のいい薬局のお父さんが声を掛けてきてくれた。
「鋸南、初めて?資料ね、うちにもあるから、あげるから、いらっしゃい。
ついでに、水仙も持ってって!」

房総、いいわぁ。
人も気候もあったかいわぁ。

さすがに大晦日、訪れる人も少なかったようで、
ぶらり、ぷらり、のんびりと歩いて回りました。
二足くらい早い春を感じました〜。
b0129725_2116764.jpg


一面に咲き乱れる水仙の香りが、風に乗って、お鼻をくすぐる。
たっぷり吸い込んで、爽快。
b0129725_21165448.jpg

ハンパな田舎っぷりじゃなかった!
たまらなく素敵♪
b0129725_21184931.jpg

たわわに実るみかん。もぎりたい。
柿ドロボーして、ゲンコツをくらう、坊主頭のガキんちょのように、みかんドロボーしたくなった。

老後は、パラオか、マニヒ、もしくは、南房総に住みたいねぇ~。
にゃお氏と、家の設計図まで、頭に描きながら。
房総の良さを再確認した一日でした。
[PR]
by miccahang | 2011-01-13 21:23 | ・ Chiba | Trackback | Comments(4)

八街のピーナツ畑

千葉県民としては、最も消費しなくてはならないナッツ類は、
ピーナッツでしょう!

我が家では、八街産の落花生の備蓄が底を突くと、 
「ますだ」という、落花生農家に買いに行きます。

年末は、御進物にも良いと思い、足繁く通いましたワ。
ピーナッツ畑、収穫後の風景がとってもステキ072.gif
b0129725_153498.jpg

落穂拾いのように、畑に落ちてる落花生を拾いたいくらいでしたわ。
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村
[PR]
by miccahang | 2011-01-09 01:59 | ・ Chiba | Trackback | Comments(2)

ホキ美術館

千葉県は、昭和の森にオープンした、
写実美術専門の美術館、 ホキ美術館に行ってきました。

最近だと、すごく流行ってる描き方だとか!

しかしながら、一眼レフのカメラが手に届く価格で所有できる昨今、
写実の絵画って、どうなんだろう?と思える。
(まあ、あたしは持っていませんがねぇ、一眼レフ・・・012.gif

所蔵の作品は、素晴らしく、今にも動き出しそうだし、ウデが立つ事は、容易にわかりやすい!

でもなんでしょう、
人物画は、ソコに、存在してる感じがビーンと来なかったり、
風景画は、その町のニオイが漂って来ず、生きてる町の空気が感じられなかったり。

写真みたいに上手だなぁと思うし、写真よりも主題を強調したりして絵画だなぁ、
って思えるんだけど、
個性を出しづらい分野なのかもしれない、と思いました。

何でもそうであるように、好きかどうか、ですよね。
私的には、描き手の個性を感じられるようなものが好きなんだ、と実感しました。

あと、気になったのは、作品にガラスが入っていること。
反射しちゃって、見づらいことこの上ない。

作品をよ~く観たいのに、ガラスに我が姿が反射しちゃうのだ。集中力を欠いちゃうのよねぇ。

ま、でも、また、時間をおいて、訪れたいなと思う。
きっと、その時、その時で、違う事を感じるのでしょうから。
[PR]
by miccahang | 2010-12-26 01:43 | ・ Chiba | Trackback | Comments(0)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31