カテゴリ:・レダン島deヴァカンス( 12 )

レダンdeエステ三昧

ティオマンでエステの安さに味をしめたアタシは、
レダンでも連日エステで気持ち良くさせてもらった!
ティオマンでは出来なかった施術で。

ベルジャヤ・レダン・ビーチリゾートのスパのサイトへ→
1日目:ルルースクラブ (ライスパウダー・ターメリック・ハーブ・フラワーのスクラブでマッササージ)
お!洗練された雰囲気が漂うぞ♪な個室。
b0129725_0185518.jpg

2日目:アルガエ・シーウィードラップ(海草の・・泥のよう・・ナンでしょ?
写真下こちら↓を塗り、30分程あっためて、暑さの限界直前までラップした後、マッサージ)
b0129725_0215791.jpg

3日目:にゃお氏も一緒に受けた施術。
アユーヤ・シグニチャーマッサージ(写真下↓こんなヤツ・・ハーブとかなにやら良さげなモノをくるんだ感じの物でカラダに当てて暖めた後マッサージ)
b0129725_0262250.jpg

まぁー、とにかく、ほぐしてくれます。

ティオマンと違っていたのは、毎回、足湯に漬けて、ほぐして(ヨゴレを取って)から、施術だったこと。
これがまたキモチ良かった。
b0129725_0332270.jpg


リゾート内には、アロマオイルが焚かれてとっても良い香りでした。
b0129725_0395628.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
 
[PR]
by miccahang | 2009-09-22 00:44 | ・レダン島deヴァカンス | Trackback | Comments(8)
レダン島でのお食事編。
こんなにカリーを食べた日々があっただろうか?否、ない。

どれも、濃厚なカリーで、しっかり食べれるので、夜は一品で十分満足であった。
ナンが付いて来るのだが、ナンだけが、ちょっと残念な、薄ででパリパリであった。

美味しかったな、マレーシア!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
 
[PR]
by miccahang | 2009-09-17 15:44 | ・レダン島deヴァカンス | Trackback | Comments(12)

ヤバい風とヤバくない風

ベルジャヤレダンビーチリゾート内には、ブッフェのレストランとカフェ的な店、ちょっと小ジャレた店の3店のレストランがあった。

私たちは、小ジャレたレストランに通っていた。
ビーチを臨めるし雰囲気がステキだったので。
初日に予約を入れたら、こんなステキなテーブルセッティングが♪
b0129725_134231.jpg

b0129725_1342299.jpg

いや~ん072.gifかわいい~
砂浜でもテーブルをセッティングしてくれます。
それはとっても憧れるんだけど、やらしいハナシ、コース料理をオーダーしないとイカンらしく、、、
テラスでガマン。

天気は思わしくなく、いつ雨が降り出してもおかしくなさそう。
ぴゅーーっと変な風が吹いたので、アタシ達はビクビクしていたが、
気にする様子もない従業員の方々。

なんとか雨にも降られず。ホッ

翌日は、普通に伺い、テラスの普通席に。
b0129725_13151182.jpg

ビールをオーダーし、気持ち良く酔っていると、
変な風がぴゅーっと吹いた。

すると、ザワつき始める従業員の方々。
「雨が降りそうなので、店内へ移動をお願いします」
との事。

ホントに降るの?
と訝しく思いながら、店内へ移動したら、
一天にわかにかき曇り、レダン島を、大きな手で掴み取ろうとしているかのような雲。
b0129725_13215045.jpg

みるみる厚くして行く雲。
b0129725_1323567.jpg

あっという間に、どしゃぶりになった。

ヤバい風とヤバくない風。
判るんですねぇ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
 
[PR]
by miccahang | 2009-09-14 13:33 | ・レダン島deヴァカンス | Trackback | Comments(10)
夏も初めに行ったのに、
今や、秋の訪れを感じる虫の声。

記憶を呼び覚ましながら書く。

b0129725_21422537.jpgレダン島を一周するシュノーケリングツアーに参加した。

4つ程のポイントに連れて行ってくれた。
ティオマンの船同様、動力のガソリン臭がたまらず、にゃお氏も船酔い気味。

レダンの海、期待がデカ過ぎた為か、
珊瑚のお花畑やでー!とかじゃなかったので、正直、残念。

でも、不思議なものもいくつか観れた。
b0129725_2149752.jpg一番の不思議モノ。
6~7mほどの海底に50個くらい沈んでいた。
気味が悪い。
一つが直径1~1.5mくらいあるように見えた。

最初は、何だろう~♪
って好奇心があったのだが、潜って近くまで行って見ると、どうやら人工物のようで、薄気味悪くなった。
結局ナンなのか?解からずじまい。

b0129725_21551529.jpg一際、青く、異彩を放つ、イソギンチャク。



あら。
そんなトコロかしら?



b0129725_21573485.jpgこれはもう、
潜水の練習をするしかなかろう。

しかしながら、 ベルジャヤに帰って来た時の風景は、うっとりりーするほど美しかった~。


b0129725_21593845.jpg



ベルジャヤレダンビーチリゾートは、湾に建っている。
プライベートビーチから、1kmも行かないトコロに無人の砂浜が見える。

翌日は、そこまで行ってみることに。
b0129725_2255729.jpg砂浜の地が続き、景色に変化があまりない所を泳いで行く。

砂地には、白いサカナがぴゅーっと密かに泳いでいたりもする。

b0129725_2272452.jpg光が砂に映ってキレイでした。


b0129725_22111246.jpg無人のビーチなので、流木などが浜に打ちあがっていた。
やはり、有人のビーチは清掃されているからキレイなんだな~と実感した。


b0129725_22125962.jpg何かしら、観察したい標的は現れるもの。
ナニモノかを観察チュー。


b0129725_221421100.jpgニモは、観察するには、楽しい御方である。 



1/f のゆらぎに身を任せると、
なんとも気持ちが良く、
思い出しては、
ぁぁ、また感じたい。と思わせるのである。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
 
[PR]
by miccahang | 2009-09-03 22:25 | ・レダン島deヴァカンス | Trackback | Comments(8)
レダン島のホテル・ベルジャヤのレストランで食べた、ニョニャラクサが美味かった!
b0129725_17305842.jpg

メニューには、「ラクサ」とは書かれておらず、「ニョニャカリー」と書かれていた。

すっかり、ゴハンかロティで食べるものと思い込んでいたので、
「お箸は要りますか?」と聞かれた時は面食らった。
おかしいな、とは思ったのだが。

運ばれてみれば、太目の麺が入っていた。
ニョニャラクサや~~ん(嬉しい!)
箸が必要なわけも納得。

ラクサとは、お米を原料としたうどんのような麺、スープはスパイスの効いたココナッツ風味。(地球の迷い方より)
ぅぅ~~ん♪マサにその通り!
とうがらし~もいっぱい入っている割には、それほど辛くなく、ちょうど良い感じ。
にゃお氏もスープの残り一滴まで飲みそうな勢いであった。

これは美味かった!


帰国日、クアラルンプール市内ブキッ・ビンタン地区に立ち寄った際、
パビリオンという、巨デカなデパートの地下のスーパーで、お買い物。

スパイスとか欲しいな~と思い、物色。
すると、ニョニャカリーのレトルトを発見!

おおーーー!ニョニャラクサを再現出来るのでは?

ティオマン3人娘の旅のメンツは、皆、カリー好きなので、これは格好のお土産になるな!
カゴにどしどし入れ、にゃお氏にも褒めてもらおうと、見せに行く。

「ミカハ~ン、ダメだよ~。コレ液体物だから、機内に持ち込めないよ~」

あーーーーッ!!!

KLセントラル駅で、チェックインを済ませていた。
スーツケースを既に流してしまっていたのである・・・

ちょっとくらいダメかな?

「2個くらいなら良いんじゃない?賭けだけど。」
b0129725_180460.jpg

お咎め無く、持ち帰る事が出来た貴重な二つ。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
 
[PR]
by miccahang | 2009-08-04 18:11 | ・レダン島deヴァカンス | Trackback | Comments(14)
クアラルンプールで田鶏(ディエンジー)を初めて食べた~。
学生時代、中華料理屋サンでバイトしていたのだが、ソノ頃から興味はあった。

デンジー。カエルである。

夕食をとるべく、アロー通りの屋台街へ向かった。
b0129725_17273685.jpg

屋台と言っても、客席が道路に張り出しているといった感じで、
厨房などは、ちゃんとした店の中にあり、
お腹を痛くしないか心配だったにゃお氏も、
行ってみて、安心した模様。
b0129725_1741138.jpgb0129725_17422852.jpg

タイガービールの大瓶と小瓶。
バドガールを真似たような、タイガービールの衣装を着た、
タイガー姐さんが注いでくれる。

お気に入りのカイラン炒め牛肉のカシューナッツ炒め田鶏と青菜の生姜炒め、の3品を頼む。
b0129725_174818100.jpg

最初の2品は安全パイで、ハズレなし。
田鶏が初めての経験だったので、少々不安であったが、
なかなかどうして、美味しかった。

脂っこくない、鶏モモ肉って感じかしら?
すごくやわらかい、イカって感じもした。

イナ・カッペーのにゃお氏は、ひとくち食べ、
「ダメだ~。食べれない。味がどうのじゃなくて、存在が身近すぎる」

子供のころ、田んぼなんかで、つかまえたり、遊び友達のうちの一人だったのだろう。

「犬の鍋、食べれないでしょ?そんな感覚だよ」
との事であった。どんだけカエルが身近だったのかが、
うかがえる一言であった。

アタシは、カエル先生とは一切友達でもなかったが、
さすがに彼らの姿を思い出しながらは、食べれなかった。
極力、その姿を思い出さないようには、した。

また食べたいか?と問われれば、
「もう二度と食べれないよ」と言われても困らないくらいである。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
 
[PR]
by miccahang | 2009-07-30 18:06 | ・レダン島deヴァカンス | Trackback | Comments(16)
レダン島の宿泊は、Berjaya Redang Beach Resortに。

レダン島の空港に着くと、端っこに小さなイミグレーションが。
シンガポールからも便が飛んでいるので、ここで入国審査をするんですな。

送迎バスで、10分と掛からずにホテルに到着!
なかなかコジャレタ雰囲気のロビーがステキ。

ホテルのスタッフはとても気さくで、親切、丁寧である。
注意事項の紙を渡される。

「MONKEY BUSINESS!!」
の文字。
テラスに衣類などを出しっぱなしにしてると、お猿さんがイタズラしに来るらしい。
テラスのドアをロックしてないと、お猿さんが部屋に入ってきてしまうらしい。

ほほー。
ティオマンでも一度だけお猿さんを見れたけど、ココでは、ビジネスするおサルさんが見れるんね~。
ちょっと楽しみ。

ロビーの階段で、悠然と寝転ぶ仔猫を発見!
めっちゃカワイイので、サッとカメラを取り出す。

ネコちゃんって、こちらがカメラを出した気配に気づくと、サーーッと逃げちゃう場合が多い。
慎重に、サッと取り出す。
スクッと立ち上がるネコ。

あーー!逃げちゃう!
と、思いきや、カメラに近づいて来て、レンズに頭をゴイゴイ押し付けてくる。
b0129725_12132526.jpgぅぅーーむ。
近い!近過ぎる。
コレはコレで、上手く撮れないではないか。

←仔猫なのに、おじいちゃん?


b0129725_12181014.jpgb0129725_12211941.jpg
あちらにも仔猫が!
手に、スリスリ、なでてくれと言わんばかりでめっちゃカワイイんだけどね。

あたし達は、これを「ネコビジネス」と呼んでいた。

結局、滞在中、一度も、モンキーがビジネスをしている姿を見れなかった。
ジャングルの中で、平和に暮らしててくれたら良いな~。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
 
[PR]
by miccahang | 2009-07-27 12:29 | ・レダン島deヴァカンス | Trackback | Comments(8)
クアラルンプールには、新しい国際空港の他に、旧国際空港のスバン空港があった。
ベルジャヤ航空は、こちらのスバン空港に発着していた。
b0129725_10293033.jpg
日曜だった為か、道も空いており、20分程で到着。

早速、1時間ディレイの文字。
なんだよー。午前中にはレダンの海に飛び込んでる予定だったのにぃ~。

ベルジャヤ航空の困った点は、一人当たりの無料荷物の許容量が10kgなのである。
スーツケースが既に6~7kgあるのに、無理な相談である。
b0129725_10555451.jpg
ティオマンの時は、少々オーバーしてしまい、超過料金を支払った。
今回は、二人で一つのスーツケースに収め、極力荷物を抑えたので、
23.5kg。
一人当たり、
1kgちょっとのオーバーって事で、
大目に見てくれたようで、
超過料金を支払わずに済んだ。
b0129725_1113713.jpgエアーチケット代の支払いの件で、ゴタついたが、
無事に飛び立てる事にホッとした。

1時間ほど飛ぶと、レダン島が見えてきた!

4泊の滞在。満喫するじょーー♪
b0129725_1181980.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
 
[PR]
by miccahang | 2009-07-25 11:09 | ・レダン島deヴァカンス | Trackback | Comments(6)
セントラルマーケットで探したいモノ、それは、
ガマ石鹸

ランカウイ島名産のナマコの石鹸だそうで、皮膚再生効果があるらしいの!
売ってそうなお店を何軒か当たってみるも、
「ランカウイじゃないと売ってないよ~」のお返事。

え~!それを探しにセントラルマーケットまで来たのに・・・
失意の中、マーケット内をウロついていると、
欧米人のお父さんが、金魚すくいの屋台のプール(?かな?)に足を突っ込んでいる。

なんだ、なんだ?と近寄ってみると、
小さい魚がお父さんの足をつついているではないか!

おぉー!これは!
ドクターフィッシュでは!?

イチもニもサンもなく「やりたいッ!!」と意思表明。

その昔、「なるほど・ザ・ワールド」で、ひょうきん由美ちゃんが、
トルコか何処かで、チャレンジして、それは、ひょうきんにレポートしていたモンである。

それ以来気にかけていたのである!
大江戸温泉なんかでも体験出来る時代になったようだけど、
やらしいハナシ、お高いのである。

それが、ココクアラルンプールでは、
10分で5リンギット(150イェン)!

オドロキの安さであった。

早速、靴を脱ごうとしたら、店主のお父さん、
「コッチのプールでやりなさい」と。

プールは二つあった。ソッチのプールをひょいッと覗いてみると、
「デカイ!サカナがデカ過ぎマスッ!」
10センチくらいマメアジ程のデカさなのである。

欧米のお父さんがやってる方は、ワタシが想像するフィッシュセラピーのサカナの大きさ(2~3センチ)

10センチはあろうかと言うサカナには、歯がないのかい?かじられるんじゃないのかい?
不安が広がるが、既に、アタシは、ソッチのプールでやる人になってしまったようで、
椅子が用意された。

b0129725_20433429.jpg

ハッキシ言って、めっさ怖いのである。
絶対かじられそうだよ!

恐る恐る、水面に足をつけると、マメアジ達が足の裏を突き出した。

いっやーーん!怖い!
なかなか、足をどっぷり入れられず、大騒ぎしていると、
客寄せパンダになったのか、人だかりが出来、皆、面白そうに笑っていた。

いや!マジで!
笑ってる場合じゃないから!
めっちゃ怖いねん!

意を決して、足首まで入れると、もーーースゴイ!
くすぐったいやら、こわいやら。
何とも表現出来ない感覚!
b0129725_20421077.jpg

慣れた頃には、マメアジ達、アタシの足に興味がなくなった模様。

いやー。でも、面白かった!ひっさびさに、はしゃいだーー!って感じで楽しかったわ!

チャンスがあったら、ぜし、大きい魚の方で、トライしてみてくだされ♪

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
 
[PR]
by miccahang | 2009-07-22 20:53 | ・レダン島deヴァカンス | Trackback | Comments(8)
ティオマン旅行記はひとまずお休みして、レダン旅行記にとりかかることにする!

今回のクアラ滞在では、前回行けなかった、セントラルマーケットとチャイナタウンに行くことにした。
私達が泊まったベルジャヤ・タイムズスクエアホテルは、ブキッ・ビンタン地区にあり、
チャイナタウンへは、電車を2回乗り継いで行く事になる。
某黄色い表紙の地球の迷い方が書かれた本を参考に、ホテル目の前のKLモノレールのImbiインビ駅から乗車。
有人窓口でチケットを購入。

クアラ市内を8路線が走っているが、モノレールだったり、地下鉄だったりと、それぞれが連動してないっぽく、違う路線に乗り換える時は、ソノ都度、改札を出て、(しかも駅が離れていて、結構歩く)チケットを買わないといけない。

これは、少々面倒で、一駅乗っちゃ~乗換え、一駅乗っちゃ~乗り換えで、とっても時間が掛かった。

初めての体験だったので、面白かったんだけどね。
b0129725_15125028.jpg


2両編成のモノレールは既に満員御礼で、インビ駅に到着。
プラットホームに溢れ出しそうに人が待っているのに、コレは、強引に行かねば乗れない。
b0129725_1517237.jpg初心者のアタシ達は、あわわ、あわわ、してるうちに、乗りあぶれた。

次に来たモノレールは割りと空いていたので、無事に乗り込めた。b0129725_15215877.jpg

そんなこんなんで、目的地PasarSeniパサール・スニ駅に着いた時は、陽も落ちていた。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
 
[PR]
by miccahang | 2009-07-22 15:28 | ・レダン島deヴァカンス | Trackback | Comments(8)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30