カテゴリ:・ちょいと東欧かじる旅( 36 )

b0129725_15185473.jpg石畳の道が濡れると、
すごくしっとりしますね。
丸みがくっきりとして
流れてきた時間を感じますな。
b0129725_15242694.jpg


b0129725_15324946.jpg旧市街を歩いていると、
ところどころに王冠のマークが埋め込まれていました。
聖マルティン教会で戴冠式を終えたハンガリー王が、市街をパレードしたルートを示しているそうです。マリア・テレジアもこのルートを。

どんな路地に出逢えるのか、それが楽しみで、ヨーロッパの旅は止められまへんな。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2009-02-11 15:44 | ・ちょいと東欧かじる旅 | Trackback | Comments(2)

美女の街ブラチスラバへ

いや~まいりましたよ♪
美女だらけでしたよ、ブラチスラバ
あっち見ちゃ、キャメロンディアスか?
こっち見ちゃ、グイネスパルトロウですか?

背がすらりと高く、スリムで、9頭身。モデルのよう。
肌のキメが細かく、透き通るように白い。

こんな完璧に美しい女の子達がいっぱいでした。

では早速、ウィーン空港からお隣の国スロヴァキアはブラチスラバへ向かいます。
♪ たらったったたた~らら~ら~ら~ ♪

ウィーンは小さな空港だと聞いてはいたが、アラ、もう出口?みたいな感じね。
ブラチスラバへは国際バスを利用。

どこで切符を買うのだ?と歩いていると、電光掲示板で時刻表がある。
10:40発。

おーーぅ!あと2分で出発だ!
えー!切符?わかんない!とにかくバスへ走る。

運転手さんが荷物を入れるボデーを閉めようとしている。
切符をまだ買ってない旨を告げるも、いいから早く乗れ、とばかり、
さっさかスーツケースをバスに詰め込んでくれた。

b0129725_9271298.jpg運転手さんから切符を買う。
国際バスとは思えないわ。
今更ながら、とってもカジュアルに隣国に行けるんだよね~。
再認識した感じ。
普通の路線バスのようにいくつかの街を止まりながら進む。
国境も今はスルーっと通過するのみ。不思議だ!止まってる車のナンバープレートが
SKに変わったよ!(当たり前)
b0129725_9534436.jpg
50分程でブラチスラバのバスターミナルに到着。

タクシーに値段交渉をしににゃおりんぐが行く。
アタシは一人ターミナル内で人間ウォッチングに精を出す。

b0129725_9384329.jpgな、な、なんだ!
この街は!

べっぴんサンばかりではないか!
べっぴんサン達は、歩くのが早く、さっさかどこかへ行ってしまう。
すると別のところから、またべっぴんさんがやって来る。

な、なんなんだ!
モデルの大会でもあったのか!


にゃおが戻ってくる。
タクシーは皆一様に「10ユーロ」であったそうな。
(ちょうど今年の1月1日よりユーロに変わったばかり)

結構、ふっかけて来るってハナシだったが、もうしょうがない。
タクシーとの値段交渉に不慣れだし。

今日の宿、HOTEL DEVINへ行ってもらう。

外観は地味であったが、フロントで待っていてくれる笑顔がとってもキュートな女の子がいるホテルです。
アタシの好みにどんぴしゃで、この街イチバンのべっぴんさんであった。


つづくよ。。。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2009-02-10 10:29 | ・ちょいと東欧かじる旅 | Trackback | Comments(5)
東欧の3古都をちょっとづつかじる旅になりました。
それぞれの国をもっとじっくりレンタカーで周りたい、
そう思わせるに十分なプロローグの旅となりました。

では早速、長い旅行記の始まりで~す。

エールフランスでパリ経由ウィーンに入りました。
成田を21:55に出発する、夜這い便。
初めて利用しましたが、コレはイイ!

機内食が出て、睡眠モードに入るのが深夜1時過ぎ。
普段の床につく時間と大差がないので、無理なく眠れる!

b0129725_1356137.jpg

さわやかに、早朝4時パリに到着。
多忙な空港の始動前の静かな時間。

この日、パリはストでした。
市内に行く公共交通機関はかなりの減便。
シャルルドゴールも25%の減便。
幸いウィーン行きのアタシ達の便は飛ぶ。
ヨカッタ(ホッ=3)

b0129725_14191321.jpg
Cターミナルにあるエアフラの乗り継ぎ(到着)ラウンジにはシャワーが有り、
更に、こざっぱりとしたキモチでブラチスラバへ思いを馳せる。

ウィーン行きの機内に乗り込むも1時間のディレイ。
ま、いいか、と、もう一眠り。目が覚めてもまだパリに居た。
更に、もう一眠り。目が覚めたら、ウィーン上空を旋回しているトコロであった。

もうそろそろいい加減ウィーンに着いてくれと、焦れる。
雲の中に突っ込む。揺れる。揺れまくる。
肝を冷やす思いを何度かし、「とにかく安全に着陸してくれ」
つい先程焦れた事を反省した。ぱっと視界が開けた。

雲を抜けると、ソコは雪国であった。

b0129725_14362746.jpg
にゃお「こ、ここは秋田空港か!」
きっと、そうだろう。
ポーランド航空が秋田に就航したとは思えないが、きっとそうだろう。

そこはかとない寒さとは裏腹に、雪に包まれたブラチスラバも美しそうだな、と、
ココロは温まって行く。

つづく・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2009-02-09 14:54 | ・ちょいと東欧かじる旅 | Trackback | Comments(4)

甘い誘惑に満ちた地へ

近所に住む旅行好きなファミリーから頂いた超強圧タイツ
これで機内での足のむくみとは無縁よ!
との事。
ブーツのチャックがすんなりあがるのかどうか、効果の程が楽しみダス。
ほな、ぼちぼち071.gif

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2009-01-28 14:13 | ・ちょいと東欧かじる旅 | Trackback | Comments(2)
ホント、なんて、タイムリーなのかしらッ!
先日Ginaさんから、この情報を頂いて、即、本屋さんへ走ったよね。
実際は走る体力はないから歩いたんだけど。
↓文藝春秋のサイトよりお借りしてます。
b0129725_9561155.jpg

やっぱし写真が美しい~。イメージが掻き立てられるぅ~~!
記事の内容は、やはし雑誌だから深くは突っ込まれていないけど、
行って見たい感がつのる雑誌でステキ!
第二特集のフィリピンの島々にも惹かれて即買いしてしまったわ。

今回は初めての地ばかりなので、出発前に随分と予習してます。
中でも参考になるし、読み物としても面白い本はコチラ。

b0129725_9542454.jpg
ウィーン[小さな街物語]
著:須貝 典子氏 片野 優氏


このお二方スゴイのが、ベルリンの壁崩壊後、
突き動かされるようにベルリン・ウィーン・ブダペスト等を旅し、
ウィーンに魅せられ、帰国後、ウィーン移住を決めた。
早ッ!
余計な事は述べず、めっちゃタイト!

b0129725_108515.jpg
ウィーンのカフェハウス
著:田部井 朋見氏


それぞれのカフェのアインシュペンナー比較など、
テーマを絞りに絞ってるだけに
かなりマニアックで面白い。

ウィーンのカフェの入り方というコラムで
①よし!入ろう!と気合を入れる。
というのが笑ったわ。

b0129725_10161448.jpg
ブダペスト旅物語
著:外山 純子氏


まだ読み始めたばかりですが、書き方が上手で引き込まれます。
この方の経歴が「ツアーコンダクターの仕事を経て・・・」との事。
にゃおにも印税生活でぬくぬくの可能性が?とやらしい事を考える。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2009-01-27 11:08 | ・ちょいと東欧かじる旅 | Trackback | Comments(8)

ルフト、質実剛健な御仁

どうでも良いハナシですが、マイルのハナシ。

28より東欧の旅に出掛ける。
一週間前にようやくウィーンのイン/アウトで決まった。
飛行機の予約をする。

にゃおがルフトに20万マイルを持っているので、ルフトと仲良しチーム、
オーストリア航空(OS)で直行便なとてもラクな旅になりそう♪ウフ。
とほくそ笑んだのも束の間、
当初29の出発を予定していたが、木曜はフライトが無いという盲点をつかれた。

どうせ経由便になってしまうのならば、エールフランスにも20万マイルがあるし、
28のエアフラのパリ行き最終の夜這い便で乗り継いで行けば現地での滞在が長く取れるじゃん!
我ながら天才的な機転を利かすも、帰りの便がエアフラでは朝がめっちゃ早いのしか取れないし、KLMではアムステルダムで5時間の乗り継ぎがかったるい。

OSならば直行で11時間半で帰れるのに・・・とよぎってしまう。

そんな事よりさ、ビジネスクラスで行きたいよね(イキナリだが)。
ロングなフライトならば尚更。

エアフラもルフトもどっちも二人でビジネスクラスに乗れるだけのマイルが無いのだから仕方がないのだが。
無い袖は振れないし。ノースリーブは振れないのであるが、なんとか方策は無いものかね。

!?
ヒラメイタ!
行きをエアフラ、帰りをルフトの仲良しOSで片道づつ取ればイイじゃん!
あったまいーー!
エアフラ、片道の利用可。半分のマイル(6万マイル)でOK。
ルフトの仲良しチームOS、片道利用の場合は、
往復必要マイル数の75%で利用可能。


え!75%って事は・・・9万マイル
ひょえ~~~。なんて質実剛健なんだ!

んーーー。んーーー。んーーー(苦悩)
3万マイル余計にかかってしまう。
そんだけあれば、近隣諸国に行けて、オツリまで出てしまう。

しかしながら、もうすでにキモチはビジネスクラスの座席に座ってしまった。
もう戻れないでしょう。
 「マイルは使うタメにある!」 潔いにゃおの一言で確定キーを押す。
ひゅー!やるーー!
またせっせと貯めて頂かないと。
ガンバレ、にゃお。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by miccahang | 2009-01-25 01:52 | ・ちょいと東欧かじる旅 | Trackback | Comments(8)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31