サボってなかった、リアーチェの戦士。

わたくし、歴史とかめっぽう弱いモンで、全く知らなかったんだけど。。。
にゃおりんぐがどうしても見たいと言うので、見に行きました。

レッジョ・ディ・カラブリアの国立博物館に、ギリシャ古代美術を代表する(らしい)ブロンズ像、
『リアーチェの戦士』が収蔵されています。

b0129725_0472173.jpg閉館ガラガラの直前に滑り込んだ博物館は、来館者限りなくゼロに近く、ちょっと怖くなる。
すごく広い展示室に2体のブロンズ像は立っていた。

すっげーなと思ったのが、2mはあろうかと言う、背丈がありながら、
支柱などの支えなしで、彼らは自分の足で立っている事。

ブロンズで出来ているとは到底思えないよ。筋肉の盛り上がり具合とか、腕の筋とか。
目はガラス(?なのかしら?)が入ってて、ホンモノのニンゲンよろしく、ギラギラしてるし。
ホンモノのニンゲンじゃない?

よくさ、全身を銀色とかに塗って、「動かない」。お金を入れると、ポーズを変える。
ってパフォーマンスをする方がいらっさるけど、そんな感じなのよ。

客が居ない時はさ、サボってんじゃない?

戦士A: 「ずっと同じポーズ、やってられへんでー」
戦士B: 「ホンマやなー」
戦士A: 「あ、客、来よったでー」
戦士B: 「持ち場に戻らなー」
戦士A: 「オレ、左腕上げとった?」
戦士B: 「知らんがな」


とかさ、かったるそーに、どっかでくつろいでるんじゃない?

不信感を抱いたあたし達は、
「じゃ、帰るか」と二人に別れを告げ、帰るフリをして、物陰から、しばらく、二人の様子を伺ってみたんだけど、
ずっと同じポーズで頑張ってたわ。
プロだね。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ←ココ。ココ。ポチっとやってオクレ兄さん。
[PR]
トラックバックURL : http://miccamiban.exblog.jp/tb/8993694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by itatravel at 2008-07-09 00:45
この仮想トーク、私もよくやります。
お互いアホやで、と思いつつ、子供心に返れるのが何とも
楽しいですよねぇ。
Commented by こんりえ at 2008-07-10 09:10 x
最後の「プロだね」に
心をワシ掴みされましたー!
NYぼん、オモローですね、読んでます♪
Commented by まるこ at 2008-07-10 16:00 x
戦士ABの会話で笑ってもーた。
確かにそんな話してそうだねぇ。
帰るフリして見てて動いたら楽しいのにね(笑)
Commented by miccahang at 2008-07-15 15:36
itatravelサン ∞ あ!やっぱやりますよね?
そして、そんな時はエセ関西弁を使いたくなります!
Commented by miccahang at 2008-07-15 15:38
こんりえちん ∞ あら、あーたったら、嬉しいわ♪
NY本、フフッと笑っちゃうのよね~。あーたに貸さなきゃと前から思ってたのよん。
Commented by miccahang at 2008-07-15 15:39
まるちん ∞ 絶対二人で会話してるよね。
ほんと、台座に座り込むんじゃない?と監視したくなるよね。
by miccahang | 2008-07-08 01:00 | ・南イタリア旅行 | Trackback | Comments(6)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31