野生のベリーは超ワイルドでした

道路脇では、様々な農産物の露店を見かけました。
夏だったので、スイカ!が多かったです。

はちみつやジャム、蒸留酒や帽子など、ホントに様々。


b0129725_14023567.jpg


山道に入っていくと、露店販売の内容も変わって来た。
一番、人だかりが出来ていたのは、

「きのこ売り」

これは、買えないのが残念だったけど、旅行中に食べたいな~


次に人気は、
ベリー売り!


b0129725_01174287.jpg


皆さん、車をガンガン飛ばすので、スピードが出ている時、
ふとした瞬間に現れるので、なかなか立ち寄れませんでした。

やっと車を停められたので、買いたい~


14~5歳くらいのキュートな笑顔の若者が売っていました。

超美味しそう!

お値段を訊いてみると、思ったよりお高めでした。

ま、でも、せっかくなので、買い求めました。


b0129725_01281270.jpg


支払いをすると、お金を受け取った若者の指が、ベリー色に染まっていました。
それは、昨日・今日で付いた色では無さそうでした。


毎日、山に入って、ベリーを摘んでいる、そんな積み重ねが見える
染まり方なんです。

「思ったより高い」なんて思った事を恥ずかしく思いました。

彼は、どこかから仕入れて来て、ただ売っているわけではない。
自分の足で山を歩いて、自分の手で摘んでいるのです。


勉強する時間あるのかな?
友達と遊ぶ時間は?


旅行者の勝手な感傷なのだけど、思わず考えてしまうのでした。
ベリーの、甘さと、酸っぱさは、そんな感傷と共に記憶に刻まれました。


[PR]
トラックバックURL : http://miccamiban.exblog.jp/tb/26261692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miccahang | 2016-10-09 13:22 | ・ルーマニア田舎旅行 | Trackback | Comments(0)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30