廃村へ行く

恐竜の背中の様な渓谷
それに沿って、続く道を
走っていると

b0129725_21462512.jpg

対岸に、一瞬見えた、古そうな村
行ってみたいと、ガーミンで検索するも、それらしき村が無い・・・


何度も行ったり来たりしていると、小さな看板があった
舗装されていない細い道


行って見た


川へ出た


車が渡れる橋は無く、人が歩く専用の立派な吊り橋があった。
でも、この上流にも下流にも、これ以外の橋が見当たらない。


b0129725_21503205.jpg

つり橋が好きなワタクシ、ウキッとします。

b0129725_21564364.jpg

上流

b0129725_21572695.jpg

村が見えてきました
新しい屋根が見えた
ちゃんと人が住んでいる村かと思ったけど


b0129725_22005509.jpg

廃村でした

b0129725_22021378.jpg
村の名前の看板も
サビつくくらいね


b0129725_22025298.jpg
廃村と言うより
遺跡のよう

b0129725_22112964.jpg
イタリアで、南部と中部の廃村をいくつか巡りましたが、
この村との違いは、廃村となった原因が違うからですな


b0129725_22071394.jpg


ワタシ達が訪れたイタリアの廃村の原因は、地震が多かった。
なので、危険なタメ、村自体に入れない事もあった。


でも、この村は

b0129725_22053765.jpg

こんなに廃墟になっているのに、そのまま残ってて、自由に見学が出来る。


地震の為に廃村となったイタリアの村でこれだけ廃墟になってたら、
危険過ぎて、取り壊されてしまうんじゃないかしら。
そして、入村が出来ないようになっているだろうな。


この村の廃村の原因は、川の氾濫による水没のようです
橋げたの名残がありました


b0129725_22270318.jpg

廃村は、なんとも言えない気持ちになるけど、惹かれて止まない衝動があります。


b0129725_22104010.jpg

使われていないけれど、古い教会がある



b0129725_01113094.jpg

散策に来る人が多い事が、オドロキなのです


b0129725_22115093.jpg


ワンコを連れたファミリー

b0129725_22393958.jpg

そうそう、新しい屋根は、復興の兆し


b0129725_22401755.jpg
この町よ、再び!みたいなスローガン。
なかなな、遅々として、進んではいないようです。

wikipediaに写真がありました 

↓wikipediaよりお借りしました

b0129725_22524116.jpg
車を停めるスペースがないので、こんな写真を撮れませんでしたが、
ホントにこんな風に、一瞬見えるんです。

すごい、インパクトでした。


[PR]
トラックバックURL : http://miccamiban.exblog.jp/tb/23506025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by erikaboy1425 at 2014-10-05 10:30
沢山の方が散策されているとのこと。
良かった〜!
わたし、ここ一人では行けそうもありませんよ。
ちょっと怖いです。

でも写真を撮りたくなっちゃいますね。
Commented by miccahang at 2014-10-06 09:02
erikaサン ∞ ですね! ちょっと怖いですよね!
イタリアの廃村は、人っ子一人居ない村もあって、
やっぱり怖かったです!!
でも、キッチンの生活の名残が見えたりして、
悲しくもあり・・・なんですよね;_;
by miccahang | 2014-10-04 21:25 | ・カタルーニャ&アラゴンの旅 | Trackback | Comments(2)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31