ミステリーツアー的レストラン @カリアリ

カリアリの街で、夕食をどこでとろうか、ウロウロ歩いていて・・・

お店のシャッターは、半開き、入口の照明も点いてないレストラン。
そこそこ年配のカッポーが数組吸い込まれていくのを発見!





もしや、地元の方々に人気の穴場レストランでは!!
なんて思いましてね、入ってみました。


emoticon-0171-star.gif


店内には、漁の写真や、漁獲自慢の写真などなど。
ま、海の幸系のレストランだろうな~って、思いながら。
案内された席で待っていると・・・・

b0129725_21205043.jpg


え?何にも注文してないけど?
勝手に白ワインのボトルが運ばれてきました^^

他のテーブルにもメニューが来てないなとは、観察してましたけど、常連さんは、
「いつもの!」
みたいな、やりとりが、あったのかな?と思ったのですが。


後から、後から、やって来るお客さんで、ホントに、数分のうちに満席!
そして、どこにもメニューが来てないwww


そうこうするうちに、前菜の盛り合わせが・・・

b0129725_21265713.jpg
写真だと、どうってこと無い量にみえるけど、この一皿で、満腹になる品々が乗ってました。
(そして、んー、絶品ではナイ!笑)

次々と・・・

b0129725_21323227.jpg
パスタは、結構、美味しかった!

きっと、セットメニュー(しかも、選択できないヤツ)しかないんだろうなって、判って来たけど、
アタシ達的には、何品出てくるのか、幾らか?なのかも判らないまま、勝手に食事は進んでいきます。

数品、撮り損ねたあと、お魚さん。

b0129725_21430473.jpg
 
この、お魚さんが乗ってるボードが、コルクで出来ていて、サルデーニャの特産のボードなんですね。
コレに感激!

このお魚さんも、カナリ、でかいです。
添えてあるエビさんが、柴エビじゃないですしね~。


一体、何品、出てきたんだろう?


でも、デザートはしっかり食べて、
食後酒まで。

ミルト酒とリモンチェッロ。
(これもボトルで・・・笑)

b0129725_21460617.jpg
瓶が凍る程、ヒエヒエ。
冷えてると、甘さを感じづらいので、くいくい飲んじゃいました。


あー!死ぬほど食べた!
でも、かなり食べきれずに残してしまった!

途中までは、
ミステリーツアーだね~、どんだけ出てくるのかな?幾らなんだろう?
なんて、面白おかしく食べててたんだけど・・・

そんなに沢山食べられない日本人としては、
食べきれないのにじゃんじゃん運ばれてくる事が申し訳なくなって来て、
お魚さんたちへの謝罪の気持ちでいっぱい・・・

残してごめんね・・・

食べきれない私たちが来ては行けないお店だと思い知ったのでした。
(他のイタリアの御方は、皆さん完食!素晴らしい!)

ぜーーんぶで、45ユーロ。

胃袋の小ささを恨むお値段です。

ワケもわからず入店した私たちがイケマセンね。
何が出てくるのか判らない面白さは、ありましたが、
食べたいモノを食べれる量で食べなければ、と、心底、実感したのでした。

[PR]
トラックバックURL : http://miccamiban.exblog.jp/tb/22640396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by erikaboy1425 at 2014-05-19 09:56
大きな魚が二尾も!
もう少食な私は見ただけでギブアップです。
最後のドルチェの量もすごいですね〜。2人じゃなくて二家族分くらい(笑)。
でもわかっていたら覚悟して参戦できましたね!
Commented by miccahang at 2014-05-19 22:49
erikaサン ∞ ハイ!わたしもお魚さん2尾の前で、ギブアップ寸前でしたッ!
ほんとです。2家族で行って、キレイに平らげたいですね!
やっぱり、食べたいモノを少量、コレが良いですね*^^*
Commented by 職務経歴書の書き方の見本 at 2014-07-19 11:47 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
by miccahang | 2014-05-18 23:29 | ・サルデーニャの旅 | Trackback | Comments(3)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31