とろとろトルタ・デル・カサール&バルっぽい楊枝

チーズ運び屋が指令書通りに買って来てくれた、トルタ・デル・カサール056.gif

b0129725_15282586.jpg

ダイスキなチーズとの久しぶりのご対面に、感激です!

前回は、マヨルカの市場で購入したのだけど、賞味期限ギリギリの物を掴まされてしまった。
それは、水分が飛んでしまって、カチンコチンに固くなってて、かなり小さくなってた~。
状態が悪い物だと、あんな風になってしまうのだなと、良い勉強になりましたけどね。

前回の反省を活かして、触ってプニプニ柔らかいものを!と指示しましたわん。


b0129725_15504817.jpg
ぁ~~~~ん053.gif
とろとろ053.gif
これよこれ!
トルタ・デル・カサールの真骨頂ですな。


クリームチーズの様に濃厚な味わいで、ちょこっと苦味があって、ウォッシュタイプの様な香りがあります。
「ツウ」向けのチーズって言われますが、すっごく食べやすいんですけどね~^^
臭さを「良いかをり」と感じてしまうワタシなので、アテにならないかも。


羊さんのミルクから作られるチーズですが、
特徴的なのは、チーズを固める酵素が植物性だと言う事!

朝鮮アザミの雄しべ(アーティチョーク)を使うチーズは、スペインとポルトガルに広がってます。
聞けば、イスラム文化と一緒にスペインに渡って来たとか・・・面白いな~~


ワインが、ゴイゴイ進んでしまいました♪
b0129725_16041039.jpg


072.gif


これは、何度か、指令書にリストアップするも、なかなか買えなかったもの。

b0129725_16062683.jpg
平べったい爪楊枝。
スペインのバルで良く使われてますよね、コレが可愛くて。
「やっと、見つけたから」
と、どどんと3箱。
うれしー!


この爪楊枝が手に入ったから、アレやっちゃいましょう♪

b0129725_16104337.jpg

スペインで食べるマッシュルームは、大きいので、爪楊枝を2本クロスさせて刺して出てきますね。
カスエラに残ったマッシュルームのエキスがたっぷりのオイルをパンに浸して・・・至福以外の何ものでもありません~

はぁ~~、バルのハシゴしたい。


[PR]
トラックバックURL : http://miccamiban.exblog.jp/tb/22221035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by erikaboy1425 at 2014-03-08 18:38
箱からはみ出しそうにプックリ。
前回のは確かに縮んでいましたね。

臭い
ウオッシュ
ヤギ

やけに反応しちゃう私です。

両サイド鋭い爪楊枝が雰囲気UPですね。アメリカのもそうですよね?日本だけ、何故か片側が余計な「コケシ頭部」状態。
怪我しないような配慮なのでしょうか?余計ですけれど(笑)。
Commented by miccahang at 2014-03-08 23:28
erikaサン ∞ ハードタイプを作る為に水分を飛ばすのと
水分を残したいのに飛んじゃったのとでは、違って来ますよね。
「悪い子」を知らないと「良い子」が判らないの典型だったな~と思いました!
「臭い」は美味しい言葉ですよね。「風味」って言うくらいですもんね~^^
このタイプの楊枝、アメリカでも使われてるのですね。
ヨーロッパでも他の国ではそれほど見かけなかったで、
ワタシのイメージが完全にスペインの爪楊枝になっちゃってました~*^^*
by miccahang | 2014-03-08 16:18 | ・チーズ(日・仏・伊以外) | Trackback | Comments(2)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30