妻籠宿を歩く~

二段ベッドのお宿がある甲府を出発して、妻籠宿を目指します。

黄金色に輝く、稲が美しかったです~。
b0129725_16205475.jpg

こういう日本の里山の美しい風景が、大好きです。
お米がぷっくりと。
b0129725_16221258.jpg

お花も沢山咲いていました。
b0129725_16225159.jpg

b0129725_16252082.gif

妻籠宿の周りには、大きな駐車場が何箇所もあり、
すんなり停められて良かったです~。
早速散策!
b0129725_16194313.jpg


路地から、メインロードを臨む
b0129725_16261373.jpg


良い雰囲気。
b0129725_1626595.jpg


どっちを見てもステキ。
b0129725_16275747.jpg

三毛猫の方が雰囲気に合うのにな~
なんて、勝手なことを思いながら・・・
気持ち良さそうな、にゃんこ先生
b0129725_163044.jpg


松代屋さんのこの辺りは、映画の撮影所みたい
b0129725_16315817.jpg


泊まって見たかったな~
b0129725_16334378.jpg


階段を上がった辺りは
江戸の末期から、火事にも遭っておらず、当時のままの建物だそう。
b0129725_1636734.jpg


こんな山の中を旅して
宿場町に着いたら、さぞホッとしただろうな~
b0129725_16365526.jpg


マンガ好きの我が家の愛読書のうちの一つ、 「あずみ」の世界でした~。
b0129725_16252082.gif


妻籠宿は、「うだつ」がはっきりと良く解かる、町並みでした。
b0129725_16445043.jpg

防火壁の役割の「うだつ」
「うだつが上がらない」の語源だそうですね。
b0129725_16492076.jpg




にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://miccamiban.exblog.jp/tb/21092067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こんりえ at 2013-09-20 17:38 x
風情がありますね~。
たわわな稲穂に、下のアングルからの
メインロード…
ザ•ニッポンなステキな写真ですね!

さっそく、ひじき煮を作るのに
木べら使いました~❤︎
和の感じが和食を作るのにマッチんグ~。
Commented by miccahang at 2013-09-20 20:06
こんりえちん ∞ ニッポン大好き度って、歳を追うごとに高まるよね~*^^*
しみじみ、いいな~って、訴えかけてくるモノがあるよね♪
ステキな写真~うれしい~~ありがとぅ♪

木ベラも最初に作ってくれたのが、ひじき煮なんて、本望だワン^^
えがった♪


そして、妻籠で即、「松代屋」が出てくる辺り、さすがドメスティック旅行部!
羨望でしたわ~~*^^*
Commented by erikaboy1425 at 2013-09-20 20:33
江戸時代から変わらぬ街並みもあったりして、タイムスリップしたみたいですね。
本当に素敵な町ですね!!札幌とは全く異なる雰囲気は憧れです。
いつか行ってみたいです。
Commented by miccahang at 2013-09-20 22:30
erikaサン ∞ 本当にそうですね!タイムスリップですね^^
忍びの者、どこかに居ない?なんて話してました(笑)


北海道は、スキーに3回と、
昔、KLMの札幌線があった頃に、アムステルダムからの帰国で
乗り継ぎの数時間を過ごしたくらいで、
札幌にちゃんと行った事がないので観光に行ってみたいです~。
異国情緒溢れる雰囲気の町並みもスキです*^^*
by miccahang | 2013-09-20 16:49 | □ ドメスティック旅行 | Trackback | Comments(4)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31