ロックフォール + ソーテルヌ = 新境地への誘い

チーズとワインの相性で、鉄板的にベストマッチ!な組み合わせがあるそうです。


そのうちの一つが、ブルーチーズと甘口のワイン。
ロックフォールには、ソーテルヌ!


これは、鉄板的な組み合わせなんですって♪
チーズのお勉強会で、この組み合わせを試して、新しい世界が広がった感じでした。

b0129725_19303840.gif


ロックフォールは、中央高地の南部、
ルエルグ地方のロックフォール・シュル・スールゾン村で造られ、
その西側には、ワインの名醸地、ボルドー地方。

ボルドー地方で造られる、貴腐ワイン、ソーテルヌとは、
産地も近いし、相性の良い要素が揃っているのですね。
b0129725_17393350.jpg

貴腐ワインは、ちょっとお高いイメージです。

でも、20ユーロくらいのお手頃のソーテルヌもあり、
ロックフォールと併せて、買って来てもらいました。


ロックフォールは、塩味が強く、青カビ特有のピリッとした刺激があり、
それらを、ソーテルヌが優しく包み込んでくれるかのよう。


ゴルゴンゾーラのピッツァに、はちみつ。
そんなイメージですね♪
b0129725_19303840.gif

チーズとワインの相性は、
チーズを食べるタイミングによっても変わるかな?とも思いました。


フランス料理のように、デザートの前に食べるのなら、
貴腐ワインとロックフォールを少しの組み合わせは、ステキです。


でも、我が家では、食事と一緒に、チーズも並べるので、
しっかりした赤ワインと、バゲットとロックフォール。
やっぱり、この組み合わせの方が、我が家では定番だなぁと、思いました。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
トラックバックURL : http://miccamiban.exblog.jp/tb/20942833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by majubii at 2013-09-03 12:21 x
ブルーチーズと甘口のワイン!
なるほどそれでなのかどうか、JALの機内食のブルーチーズにハチミツが添えられてることがあったよ。
ブルーチーズの強さがやわらいで私でもおいしく食べられました。
そういえば貴腐ワインをすすめられたこともあったっけ・・・
チーズってほんと奥が深いなぁ・・・

ミカハン、コメントありがとね~m(_ _ )m
心強い応援すっごくうれしかったです♪
Commented by miccahang at 2013-09-03 18:41
majubiiさん ∞ ブルーチーズとはちみつ、本当に、良く合うよね*^^*
お!ブルーチーズの美味しさに目覚めちゃった?笑
(もう一息かな?^^)


チーズの学校では、客室乗務員さんも勉強されてたりして、
日本の航空会社のCAさんは、向上心が高いなァと関心しちゃった!
ソムリエのバッチとチーズプロフェッショナルのバッチを付けているCAさんが、
いらっしゃると思うので、次回のファーストクラスで観察してケロ~♪


いやん、わざわざお返事ありがとダス♪
つい、伝えたくなっちゃって、メッセージしちゃったワン。
by miccahang | 2013-09-03 09:46 | ☆フランスのチーズ達 | Trackback | Comments(2)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31