壊れかけた美しい村々 ⑤

アタシの中で、物悲しさナンバーワンの村、コルヴァーラ。
バールも商店も無い小さな村。


b0129725_1514242.jpg

岩山にへばりつく様にしがみついてるみたい。

b0129725_15145997.jpg

屋根を新しく直している御宅もありましたが、
半分以上の住民は、この村を後にしたんだと思います。

b0129725_1516176.jpg

ギブスをはめられて、補修されている村は、まだ良い方だったのでしょうか?
地震が起きた頃のままになっているお家も。

b0129725_15172471.jpg

村の中を闊歩していた、コッコ先生とニャンコ先生。

b0129725_15181423.jpg

すごく良い路地もあり、石の古さが良いのでした。

村の中は、山羊か、羊の家畜のかほりがして、
どこにいるのかな?
空き家になった御宅を家畜小屋にしていました。


b0129725_15192383.jpg

静か過ぎる村を歩いていると、
ちょうど昼食時、食卓からの笑い声が聞こえて、
なんだか、人の強さを感じたりして、
もう二度とココには来れない旅人が悲しむのは、
アタシの自分勝手なモノサシでしか見てない事なのだなと、思うのでした。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://miccamiban.exblog.jp/tb/17043538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ボラ at 2011-11-25 03:18 x
>半分以上の住民は、この村を後にしたんだと思います
悲しいね(;_;)/~~~
このような建物はやはり直すの大変なんだろうね。

コッコ先生&ニャンコ先生に癒される♪

ところでミカハン、このような村々は出発前に調べてから訪れているの?
通りがかって立ち寄る村(過去記事)などもあるよね~(^^♪
Commented by こんりえ at 2011-11-25 09:19 x
時々写りこんでいる紳士はにゃおりんですか?(^^)

慣れ親しんだ村を離れたくない気持ちと、
これまでどおり生活するには厳しい現実と・・・
ジレンマだったでしょうね。
Commented by miccahang at 2011-11-25 19:14
ボラさん ∞ コッコ先生、ゲンキいっぱい!
って感じで、美味しいタマゴ、産み落としてくれそうダスね~♪

このような村々は、そうだすね。
おっさる通り!^^ 調べて行く村と、通りすがりと♪
あとは、現地で売ってる本なんかを見て行ったりもするよ~ん。
ちょうど、この村は、一個前に書いた記事の村で、
「アブルッツォ州の小さな村」的な本を買って、
ステキだワンと思って行った所だったんだ♪
ボラサン、ほんとに、よく覚えてくれてて、
嬉しくてしょうがないわん♪
Commented by miccahang at 2011-11-25 19:18
こんりえちん ∞ でへへ!そう!にゃお氏だす~。
韓国人観光客じゃないだすよ~(笑)

ほんとにそうだよね。。。
東北の方々の事と重ねてしまって、
イロイロと思いをめぐらせてしまうよね;_;
by miccahang | 2011-11-23 21:00 | ・北イタリア食いしん坊旅行 | Trackback | Comments(4)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30