クラテッロを求めて① ~ジィベッロ村へ行く

ここから、夏休みの旅の始まり056.gif056.gif056.gif

とってもとってもとっても!
イタリアでやりたかった事を思う存分やって来た事を綴りま~す056.gif

やりたかった事①:クラッテロを食べに行く!

クラテッロという、イタリアで最高峰(最高級)の生ハムの事を読んだのは、とある書物であった。

その名も「美味しんぼ」(笑)。
あたしの愛読書。もうね~、1巻の「豆腐と水」から読んでるからね!

美味しんぼの81巻「イタリア対決!」で読んだのが10年ほど前。
まさか、その時は、そこへ行けるとは思っても見なかった。

クラッテッロは、ポー川西岸の8つの村で作られる。
豚さんのお尻の美味しいところだけを使って作る生ハムで、量産出来ない希少な所に
値段の釣りあがりがあるとか・・?

その8つの村の中の「ジィベッロ」という村が、クラテッロの一番有名な村。
そこへ向かう。

b0129725_2342693.jpg


ひたすら長閑な道を行く。
未舗装道路をガタガタと。

b0129725_2385827.jpg


クラテッロの郷!の看板が目に付いてくる。

b0129725_23131598.jpg


目的地に到着!
これがまた056.gif美味しんぼで描かれてたそのまんま!のトラットリア!

b0129725_23201219.jpg


ジィベッロの村を散策しに行く。
世界的に有名な、高価な食材を作っているとは到底思えない、ゆっくりとした時間が流れていた。

b0129725_23233578.jpg


ポー川がちょくちょく氾濫するらしいのだけど、そういった、気象環境によってクラテッロは出来るのだそう。

美味しんぼに書かれていたけど、川の氾濫で、ココまで水位が上がったのかなぁ?
すごい大変!

トラットリアのクラテッロの貯蔵庫を見せてもらって、
夕食まで、シエスタする事にした。

b0129725_23312518.jpg


クラテッロがいっぱいぶら下がってます!

b0129725_2330797.jpg


貯蔵庫の中は、空調管理は一切せず、自然環境のまま。
7月の超暑い時期でも、そのまま自然のまま。
湿度があり、クラテッロに付着してるモルトの匂いかな?
カビくさいと言えば、カビくさい感じ。

なるほどーーー!
こんな感じなのね!(感動072.gif

このクソ暑い中でも、お肉が腐らないっていうのが、本当に神秘。
人の知恵って、計り知れないですね。

すごいな~。

b0129725_23365767.jpg


貯蔵庫には、ランブルスコ(微発泡の赤ワイン)も貯蔵されてました056.gif

今日は、ランブルスコ飲むぞー!
と勢いいさんで、昼寝をして、のんびりと過ごしました。

余計な情報ですが016.gif

b0129725_23423851.jpg


ジィベッロの村は、お馬さんでの乗り入れ禁止らしいです041.gif

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://miccamiban.exblog.jp/tb/16078874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miccahang | 2011-08-07 23:54 | ・北イタリア食いしん坊旅行 | Trackback | Comments(0)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31