淳昌 コジュジャン村

今旅で、最も行きたかった村、淳昌コジュジャン村

全州より車で2時間くらい掛かった。
その日は、ドラム缶をひっくりかえしたような大雨の日。
至る所で冠水しており、足止めを喰いながらようやく辿り着いた。

54軒のコジュジャン生産農家を一つの村に集結させたのが、ここの村。

まずは、コジュジャン博物館へと行ってみる。

日本と同じで、つい、こういう、ハコモノを作っちゃうんでしょうが、
日本語の「コジュジャンが出来るまで」の映像があったり、資料を頂けたり、
大して欲しくは無いけどオリジナル傘やタオルなどの色々なお土産まで頂けたり、
とっても為になったので、アリ、だな、と思えました。

ただ、映像が、4倍速だったのでは?と思うほど早口で、
理解の中枢に辿り着けない部分があったり、なかったり。

まぁ、ともあれ、ここで、コジュジャンを買う為にやって来たワケですから、
ドコで買おうか、悩みます。

コチラの村では、自然発酵によるみそ玉麹菌を使った、自然発酵&無殺菌のコジュジャンなので、国外には輸出が出来ない模様。


ならば、きっと、どこで買っても美味しいのでしょう。

でも、でも!
50軒も軒を連ねてると、ホント、迷います。

「いらっしゃい!いらっしゃい!」
「食べてけ!食べてけ!」

の応酬です。

たまたま、ここかな?と入った所は、有名店だったよう。

b0129725_2263959.jpg歩き方に掲載されてたお店がこちらでした。


庭には壺がぎっしり、麴玉(メジュ)が軒先にさがり、あたしのイメージ通りの画がソコにありました。

b0129725_22124957.jpg

何種類かのコジュジャンを味見をさせて頂き、チャンアチもとっても美味しかった。
コジュジャン500gを購入。

12,000ウォンと、決して安いわけではないけれど、
時間と手間を掛けて作られた、その愛情を感じられた。
それくらいの値段になるのは当たり前だと思えたし、
その美味しさには変えられないモノがありました。

韓国の人は、大抵、1kg単位で買うそうで、500gの用意が無い。
とのことで、なんと、壺から、詰めてくれた(らしい)。

あたしは、その時、この庭の撮影に勤しんでおり、壺から詰め替えてくれるサマを観れなかったのが残念。

b0129725_22261194.jpgそれがコチラ!

b0129725_2226416.jpgいつも食べてたものとは、色が違う!


もう一軒、違うトコロで買いたいな~。
と、ウロウロしていて、いつもの勘で、こちらに伺う。

b0129725_22285719.jpg気のいいお父さん。

梅のコジュジャンがとっても美味しかった!

500g購入。

b0129725_2234472.jpg

b0129725_22351992.jpg色が濃い目ですね。

これは、美味しい!

豚しゃぶなんかにして、ナムルとサンチュで巻いたりして、
このミソをつけたら、まぁ~~~~美味しいこと!

ヤバイです。
コジュジャンは、ココで買いたいデス。

ミソ買う為だけに、レンタカー借りるはめになりそうです。
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://miccamiban.exblog.jp/tb/13988212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こんりえ at 2010-09-14 16:02 x
「コチュジャン」とひとくちに言っても、奥が深いんですね~。
村まであるとは!!
梅コチュジャン、美味しかったです(^^)

インドネシアの世界遺産に行った時に、やはり説明の映像を見る
シアターみたいなのがあったんですけど、発音のおかしな日本語
が気になって、内容がほとんど入ってこなかった気がします・・・(笑)
Commented by miccahang at 2010-09-15 14:13
こんりえちん ∞ ホント、食文化って面白いわよね~♪
梅コチュジャン、無くなる前に、韓国料理の夕べ、やりましょう!

インドネシアのおかしな発音の日本語、めっちゃ気になるわん^^
発音が違うと、何の事を言ってるのかも判らなかったりするしね!
by miccahang | 2010-09-12 22:51 | ・全羅道喰い倒れ旅行 | Trackback | Comments(2)

チーズとワインと海外旅行


by micca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31